FC2ブログ
ホーム > カテゴリー - ACCUAIR SUSPENSION

ACCUAIR 1956 BUICK



 Y室さんの 1956 BUICK "565 SPECIAL”


ACCUAIRのENDO-CVTに内蔵されている

コンプレッサーが壊れてしまったので


kflこfぐおいよyt (3)


内蔵されているコンプレッサーを撤去して


コンプレッサーとバルブ内臓のCVTから、

電磁バルブのみ内蔵のVTに変更し


kflこfぐおいよyt (2)


VIAIRのコンプレッサーを外付けして使う

システムに組み変えていくことになりまして


「自分でやるけ、送ってくれんかの!?」 と


kflこfぐおいよyt (1)


この4連休を利用して作業したいとの事で


先日、CVTをVT化する対策品の準備を進め

ENDO-VT、外付けコンプレッサーマウント、


kflこfぐおいよyt (4)


コンプレッサーリレー、変換ハーネスを用意して


それらに組み変える手順を記載した資料と、

作業要領書を 製作して、発送しまして


kflこfぐおいよyt (5)


あとはY室さんが作業してみて、不明な点が出たら


その時に連絡もらえれば説明しますと、作業時に

リモートでサポートすることにしてましたが


kflこfぐおいよyt (6)


連休に突入して2日目も終わろうとしてますが、

いっこうに連絡が来ないので、連絡してみたら


「 いま仕事が終わったもんで、これからやりよるけ 」 


kflこfぐおいよyt (8)


との事で、4連休なので、朝からじっくり作業して

4日あれば何とか終わらせられるだろう


という腹づもりでいるのかと思っていたら


kflこfぐおいよyt (7)


仕事を終えてから、職場の工場スペースを使って

VT化の作業を行い、終わり次第 乗って帰るんだと、、、、


おまけに、明日も朝から仕事があるんだそうで、、、


kflこfぐおいよyt (11)


今日VT化を終わらせて、工場からクルマを出さないと

工場はクルマが邪魔で操業が出来ないとの事です。。。。


てっきり、4日間の作業日があるのかと思ってたら


ydjyudfyddy (21]) (3)1


実際は数時間で終わらせないといけないという、

クイック作業で進められると知り、ビックリ。。。。。


CVTを分解して、コンプレッサーを摘出するのは


kflこfぐおいよyt (9)


時間が掛かり、ミスすると動かなかったり、エア漏れするので


こちらでVT化を済ませて、作動テストした物を送って

積み替えればいい段取りにしておいて良かったです。。。。。


kflこfぐおいよyt (13)


手順書に従って、作業を進めてもらいながら


ポイントごとに、ここはコレでいいのか!? 

と、しっかり確認をとりあいながら進めていき


kflこfぐおいよyt (10)


6時間ほどで作業と、カリブレーションが完了し 

「おー、腹減った」 と、無事に乗って帰って頂き、一安心。。。。


この日は、VT化して乗って帰れるところまで進めるのが


ydjyudfyddy (21]) (4)


最優先だったので、配線、配管を綺麗にまとめるのは


また後日、時間があるときに作業して頂くこととして

翌日はスマホでACCUAIRを操作できるようにする


ydjyudfyddy (21]) (3)


WIFIモジュールの追加と、設定も完了しまして

難しい作業をやり遂げてもらったY室さんに感謝です


VIVA! S庭道場!!! VIVA! Y室さん !!!!!!!!!




[ 2021/07/25 01:27 ] ACCUAIR SUSPENSION | トラックバック(-) | コメント(-)

ACCUAIR 1956 BUICK



 Y室さんの 1956 BUICK "565 SPECIAL”


先日、ACCUAIRのENDO-CVTが

動いているとこの動画が届きまして


ydjyudfyddys (2)


「 こんなにコンプレッサーの作動音、

  うるさかったっけのー!? 」


と、確かに作動音がうるさくなってまして


jrituiruiryuik7 (7)


毎日の通勤で使っていると、ちょっとした事や

ささいな事でも、すぐ気付くんですね


ACCUAIRのENDO-CVTは、コンプレッサーを


jrituiruiryuik7 (8)


タンク内に内蔵しているので、作動音が

とても静かで、振動も無いのがウリでしたが


のちに構造の不備で壊れやすいことが発覚し


jrituiruiryuik7 (9)


今回の565 BUICKのように、作動音が

大きくなってくるのが、逝く予兆でして、、、、


このまま乗っていると、エラーが出て動かなくなるのと


jrituiruiryuik7 (10)


週末はトラックマスターズに行くというので

対策を急ぎたいと思います


CVTは構造の不備で壊れやすいことが発覚するも


jrituiruiryuik7 (11)


解決する対策品が出来る前にACCUAIRは破産、、、、


ACCUAIRは、ARNOTT AIRというアメリカの

サスペンションパーツの会社が買収し、


jrituiruiryuik7 (12)


今年の春に再開したACCUAIRは前経営者のHEON兄弟と、

主要メンバー数名を残して、当時のスタッフは解散し


カリフォルニアのオフィス、工場も引き払われて


jrituiruiryuik7 (13)


製品はARNOTTの中国工場で生産するようになり


最高傑作と思われた、ENDO-CVTは

不具合を改善させて再リリースされず


jrituiruiryuik7 (14)


ACCUAIRのラインナップから消えまして


CVTは、今後ARNOTT AIRが対策品を開発し

再びカスタムカー業界に投入するのではなく


jrituiruiryuik7 (15)


TESLAのEV車にOEM供給を目指すみたいです


壊れずに使えているCVTもありますし、

あの静粛性と充填スピードは何にも代えがたいので


jrituiruiryuik7 (17)


できれば、これからもCVTを使っていきたいので

FITにはまだ沢山在庫を持っていますが、


ENDO-CVTは、コンプレッサーが壊れたら


jrituiruiryuik7 (16)


丸ごと新しいCVTにアッセンブリー交換しても

補修用の新しいコンプレッサーに組み変えても


対策されていない、同じコンプレッサーなので


jrituiruiryuik7 (21)


再び、短命に終わる可能性が高く


高額なCVTや補修用コンプレッサーの購入費と、

組み変える作業の手間が無駄になるので、


jrituiruiryuik7 (20)


それでも、CVTを使っていきたいという場合以外は


壊れたら中のコンプレッサーを交換するのではなく

コンプレッサーは取り外してしまい、


jrituiruiryuik7 (19)


コンプレッサーとバルブ内臓のCVTから、

4輪独立用のバルブのみ内蔵のVTに変更


壊れる要素のあるコンプレッサーと、

コントロールモジュールは取り外すことで


jrituiruiryuik7 (25)


ACCUAIRのE-LEVELと、ほとんどの配管、

配線はそのまま使用できるようにして


VIAIRなどのコンプレッサーを外付けして使う

システムに組み変えていくようにしまして


jrituiruiryuik7 (26)


Y室さんは広島県なので、簡単にクルマを

預りに行ったり、作業しに行けないのと、


「自分でやるけー、送ってくれんかの!?」 と


jrituiruiryuik7 (27)


来週の連休を利用して作業したいとの事で

CVTをVT化する対策品の準備を進めまして


565 BUICKに組んであるのと同じ、5ガロンタンクで


jrituiruiryuik7 (28)


色も同じグレーのセラコートのCVTを分解して

コンプレッサーとモジュールを摘出し


バルブのみ内蔵した4輪独立用VTを準備。


jrituiruiryuik7 (29)


これだと、今のCVTを外して、加工することなく

そのまま差し替えて組み付けできまして


CVT用の回路になっている車両をVTタンク化して

使える配管部材と、ハーネスを製作し


jrituiruiryuik7 (30)


VTタンクにVIAIRの400Cコンプレッサーを

ボルトオンできるVTタンク用のマウントブラケットと


VIAIRの400Cコンプレッサーを2機、


jrituiruiryuik7 (31)


外付けコンプレッサーからの供給に切り替える部材、

電源リレー、配線などと、それらに組み変える手順を


Y室さんが悩む事なく、進められるようにまとめた


jrituiruiryuik7 (32)


”VT化の資料”と、”作業要領書” を 製作しまして


カプラー内のターミナルを差し替えたりする

作業もあるので必要な工具も同封し


jrituiruiryuik7 (23)


VT化に合わせて、スマホ操作できるようにしたい

との事でしたので、WIFIモジュールと


「アプリをダウンロードして使う場合はどうたらという

 注意事項の意味がよく解らんけのう、、、」


jrituiruiryuik7 (24)


との事でしたので、その説明も作って発送しまして


実際に作業する時は、流行りのリモートで

説明、質疑応答しながらサポートしていきます


VIVA! S庭道場!!! VIVA! Y室さん !!!!!!!!!



[ 2021/07/11 05:48 ] ACCUAIR SUSPENSION | トラックバック(-) | コメント(-)

ACCUAIR 1940 MERCURY



 M本さんの 1940 MERCURY ” BREEZEE ”


アメリカから輸入した車両の 不具合部分の修正と

好みに リメイクプロジェクトを 進めてまして


n, (7)


エアサスのユニットをACCUAIRのENDO CVT化し


CVTには、ACCUAIRのマークが光る色や、

点滅回数でCVTの作動状況を確認できる、


ういyついい (1)


ダイアグノーシス的な役割を果たす

CVTアダプターなるものが付属しますが


取り付けするブラケットが付属しておらず、


ういyついい (2)


自分で作るしかないので、以前 K藤さんの

1940 ZEPHYR用で、ECUと一緒に設置できる


ECU&CVTアダプターマウントを製作しまして


ういyついい (3)


製作の様子は コチラから ⇒ 1940 ZEPHYR


その際に、同じモノを3個 作っておいたので

BREEZEEでも使用していくことになりまして


sdfq3rfg3rgr3gfggr3うぇf (22)


1940 ZEPHYRでは、CVTがブラックの

セラミックコーティングのものを使いましたが


BREEZEEは、ブロンズのタイプを使うので


ふゃryってyくぇwt (12)


ブロンズのCVTのユニットに取り付けても

雰囲気が合うように同じ色でコーディネート


タンクと同じブロンズ色のタッチパッドを


wふぇfrふぇr (1)


三協ラジエーターさんに送って、


現物を確認しながら、近い色の

コーティング剤を探してもらい


ふゃryってyくぇwt (1)


ECU&アダプターマウントをブロンズに

コーティングしてもらいまして


” E-LEVEL” の抜き文字の化粧プレートは


ふゃryってyくぇwt (2)


本番はアルミカラーで行くか、ブロンズでいくか

最後に決めますが、あとから化粧プレートも


と、コーティングしてもらうのは手間だと思うので


ふゃryってyくぇwt (3)


使うかは解りませんが、念のため今回

1枚一緒にコーティングしておきまして


どう組み上がるのか、楽しみです


door-sill_collahge (1)


続いて、先日製作したドアシルプレート

アクセントとして取り付けるパーツの製作へ


シルプレートは、ドアを開けたところの化粧プレートで


door-sill_collahge (2)


クルマに乗り降りするときに踏んでも、ボディが

傷付かないようにするプロテクトの役割と


カーペットの端をおさえる役目がありますが


ふゃryってyくぇwt (13)


ドアを開けた時に見える部分なので、見栄えも重要


アメリカのクラシックカーでは、ボディを作っていた

FISHER社のエンブレムが付いてたりしますが


ふゃryってyくぇwt (4)


BREEZEEのシルプレートにも、カッコいい

バッジを作って取り付けようということで


バッジのデザインや寸法も決めていき


ふゃryってyくぇwt (7)


シルプレートはバッジを取り付けできる

デザインに製作してありまして


バッジは、ワンオフ感より、大量生産しているような 


ふゃryってyくぇwt (5)


あたかも製品らしい仕上がりになるように 

機械加工屋さんに依頼して製作を進めており


自動で工作機械が削り出していくので 


ふゃryってyくぇwt (8)


製作してほしい内容のデータを作って

機械加工屋さんにデータを送りまして


データに基づいて、工作機械で加工してもらい


ふゃryってyくぇwt (6)


出来上がったサンプル品が届きまして


HRCSにBREEZEEを出展したときの

ショーボードのデザインを少し変えて


ふゃryってyくぇwt (9)


ダッシュやステアリングコラム周りに真鍮パーツを

使ってることもあって、バッジも素材は真鍮で削り出して


シルプレートにあてがってみると、いい感じです


ふゃryってyくぇwt (10)


と、思ってたのは僕だけで、試作品を見たS庭師範と

デザイナーさんは却下だそうで、、、、


デザイン変更でM本さんも賛同し、作り直しだそうです。。。。


VIVA! M本さん & S庭道場!!!!!!!!!!




[ 2021/04/05 02:55 ] ACCUAIR SUSPENSION | トラックバック(-) | コメント(-)

ACCUAIR 1940 MERCURY



 M本さんの 1940 MERCURY ” BREEZEE ”


アメリカから輸入した車両の 不具合部分の修正と

好みに リメイクプロジェクトを 進めてまして


seatknob_jpveg (14)


開口やメンテナンス口がなく、整備性が

著しく悪かったひな壇の作り直しを終え、


ACCUAIRのENDO-CVTが設置され

配管のレイアウト作業も進んでいるようで


seatknob_jpveg (11)


それに合わせて、ACCUAIRのE-LEVELで

使用するハイトセンサーのセットアップも開始


これまで設置されていなかった、フロントの

スウェイバーも同時にセットアップとなり


seatknob_jpveg (13)


レーザーで左右で誤差が出ないように確認しながら、


どこにどのような構造で取り付けるか

検証を進めまして、エアサスで


seatknob_jpveg (10)


スラムドするMUSTANGⅡクリップは


フロントショック、スウェイバー、ハイトセンサー

エアバックと、狭いスペースに密集し


ストロークも大きいので、よく検証が必要


seatknob_jpveg (12)


MUSTANGⅡクリップでは毎度苦労しますが

それぞれのセットアップを終えて


アライメントを調整したら、タイヤを取付て


seatknob_jpveg (7)


ライドハイトの状態に設定して、ステアリングの切れ角を

確認したら、1939-40 MERCURYはフェンダーの


アーチが小さいのに、BREEZEEは16インチの

外径の大きなバイアスタイヤを履いてるので


seatknob_jpveg (6)


ハンドル切ると、すぐタイヤがフェンダーに当たりますの刑。。。


自動車工学に基づき、ロワーアームが水平の

位置をライドハイトとして設定すると


seatknob_jpveg (3)


タイヤでは全然ステアリングが切れないと判明し


なるほど、だから昔のオーナーは走行する時

やたらと車高を上げて走ってたワケですね、、、、


seatknob_jpveg (4)


車高を上げないと、タイヤがフェンダーに当たって

ステアリングが切れないから仕方ないですが


やたらと高い走行姿勢が、ミョーにカッコ悪いですし、、、


seatknob_jpveg (8)


そこまで車高を上げて走ると、ロワー&アッパーアームの

位置からアライメントは大きく崩れてしまい


エアバック内の空気圧も高くなり過ぎて


seatknob_jpveg (9)


乗り心地が硬すぎて、跳ねてまともに乗れないので

うーん、さて どうしたものでしょうか。。。。


VIVA! M本さん & S庭道場!!!!!!!!!!


[ 2021/03/16 02:56 ] ACCUAIR SUSPENSION | トラックバック(-) | コメント(-)

ACCUAIR 1940 MERCURY



 M本さんの 1940 MERCURY ” BREEZEE ”


アメリカから輸入した車両の 不具合部分の修正と

好みに リメイクプロジェクトを 進めてまして


wetsdgeywety (12)


S庭師範がシルプレートを製作している間

DAICHIがひな壇の加工を進めてまして


ひな壇にエアタンクを設置していきますが


op[op[op[9 (3)


これまでひな壇は蓋がされてる構造だったので


エアバックやチューブ、ショックのメンテの際

上からも下からも目視が出来ない構造なので


n, (1)


下から手探りで作業するしかなく、工具を振るスペースも

まともになかったので、メンテナンス性が最悪


位置を確認しながら蓋部分を切開していき、


op[op[op[9 (2)


補強の角パイプを入れたら、今後はエアタンク兼

コンプレッサー、電磁弁を内蔵している


ACCUAIRの、ENDOーCVTを設置するため


n, (7)


蓋部分の強度を上げていきつつ、今後は

上からも作業できる構造に変更となりまして


位置出しや、現物合わせで確認が必要な作業に


n, (10)


本番で使うものを使うと、傷や汚れを

付けてしまう恐れが有るので、


検証用のモックアップのENDO CVTを使いながら


n, (9)


新しい蓋を設計し、鉄板を切り出したら


補強のリブを入れていき、エアバックの上は

メンテナンスの際に開口部になるように


n, (13)


n, (12)


蓋が脱着できる構造に作られまして


タンクの前面には、ENDO CVTの

運転状況や、異常時にはその内容を


n, (6)


光る色や点滅回数で知らせる、ダイアグノーシスと


ACCUAIRのE-LEVELシステムを動かす

ECUをマウントするボックスを製作し、取り付け


n, (11)


n, (3)


今回、本番で使用するENDO CVTは

ブロンズカラーでセラミックコートされてるので


ECUマウントは黒よりブロンズの方がいいか


n, (5)


n, (4)


それとも、ボディ同色がいいか、M本さんと相談し

まずはタンクと同じ色にセラコートしてみることに


ケースとマウントを三協ラジエーターさんに送り


erqeくぇr (2)


タンクに組み付けても、色味が変わらない色に

仕上がるブロンズカラーのセラコートを見つけて


施工してもらえる事を期待します


VIVA! M本さん & S庭道場!!!!!!!!!!



[ 2021/03/07 02:57 ] ACCUAIR SUSPENSION | トラックバック(-) | コメント(-)