FC2ブログ

48 CHEVY FLEETMASTER CONV EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > カテゴリー - 48 CHEVY FLEETMASTER CONV

1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE



 1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE


75年前のクルマですが、快適仕様へ

アップデートする作業を進めてまして


pdfapkfekgdlkgdgsg98f9dafa (2)


ボディのレストアと鈑金作業を終えて

組み立てを進めまして


フロントガラスやクォーターガラス、


pdfapkfekgdlkgdgsg98f9dafa (1)


トランクリッドにリアフェンダー、


コアサポートにフロントフェンダー、

インナーフェンダーと組み立てが進み


99qeqe88fefe44f4fepor (25)


フロントフェンダーとインナーフェンダーを

連結して固定するブラケットは


表からボルトを入れて、裏側でナットで


99qeqe88fefe44f4fepor (26)


固定する構造ですが、裏側が狭く

手や工具を入れるのがタイヘンなので


この段階で裏側にナットを溶接して


99qeqe88fefe44f4fepor (27)


周りに何もなく、広々と作業が出来る

表側からボルトを取り付けるだけで


ブラケットを固定できる構造にしておき


99qeqe88fefe44f4fepor (28)


ブラケットに開いている穴は、


皿ネジ用でテーパー状になっており

ネジを入れれば芯が出るつくりですが


99qeqe88fefe44f4fepor (29)


フェンダーやインナーフェンダーの

穴位置とピッタリと合わず


1箇所、皿ビスの収まりが悪くて


99qeqe88fefe44f4fepor (30)


コアサポートの横につくブラケットで


皿ビスが1本、綺麗に穴に収まって

いないと、見えてしまって残念なので


99qeqe88fefe44f4fepor (31)


ブラケット側を切断して、3つの穴の

芯がピタリと合って、皿ビスが


全部綺麗に収まる位置で再溶接


sdfapfpefppepp;l887 (5)


加工を終えたら、再び強い錆び止めの

エスコを塗ってから組み付けしまして


綺麗に本番の塗装を終えてから


99qeqe88fefe44f4fepor (33)


組み付け中にこのような事態に気付いても

綺麗に塗装を終えていたら


切ったり、溶接したりと加工ができず


srwertewrtwe (24)


建て付けが合わせきらなかったり

無理をした組み付けになったりするので


すべて分解して部品ごとに修復したり


srwertew114rtwe (13)


カスタムを進めてきたので、それらを

一度全て組み立てしていき


組み立てる時に問題がある部分がないか


gywteywetyq5eywrt (29)


確認しながら、問題がみつかれば

この段階で対処しておきます


エンジン、オートマも変更になって


99qeqe88fefe44f4fepor (20)


純正の直6&マニュアル3速ミッションから

LS3エンジンと、4L60Eに変更になり


マニュアルミッション用のコラムシフトは


99qeqe88fefe44f4fepor (21)


純正コラムがフリートらしくてカッコいいので


純正コラムをそのまま使って、4速オートマを

操作できるようにカスタムしてきたので


99qeqe88fefe44f4fepor (23)


カスタムした純正コラムも組み付けし

オートマのシフトリンケージと接続


V8とパワステ化でスペースが無くなり


99qeqe88fefe44f4fepor (22)


それでもスムーズにギア操作ができるよう


ハイムスジョイントや振り角が増える

テーパー状のカラーを入れたり、


99qeqe88fefe44f4fepor (24)


省スペースで組めるように旋盤で

カラーを作って接続しまして


純正コラムを使ったシフターが完成です



[ 2024/02/04 16:18 ] 48 CHEVY FLEETMASTER CONV | トラックバック(-) | コメント(-)

1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE



 1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE


75年前のクルマですが、快適仕様へ

アップデートする作業を進めてまして


fhjfjfjryjryjeryyusdg65598gdh (5)


車高が下がるように、リアフレームを

逃がす”Cノッチ”をしていきますが


Cノッチと合わせて、乗り心地が向上するよう


fhjfjfjryjryjeryyusdg65598gdh (6)


リアの板バネを、4リンク化していきまして


通常、リアは5.5Jのスタンダートリムしか

履けないクルマですが


fhjfjfjryjryjeryyusdg65598gdh (2)


リアにも7Jリバースホイールを履いて

フェンダースカートも付けられるよう


幅の狭いデフを使用することになり 


fhjfjfjryjryjeryyusdg65598gdh (3)


それに合わせて、フレームもナロード化


ロワーアームとアッパーアームの

設定を終えて、デフが傾いたときに


pdfapkfekgdlkgdgsg98f9dafa (3)


ブレーキが一番メインフレームに近づき

その時でも当たらない形状で設計して


メインフレームの加工を進めていき


pdfapkfekgdlkgdgsg98f9dafa (6)


pdfapkfekgdlkgdgsg98f9dafa (9)


トライアングル4リンクの設定も終え

動きに問題がないことを確認したら


フレームやブラケットの本溶接を終えまして


pdfapkfekgdlkgdgsg98f9dafa (8)


pdfapkfekgdlkgdgsg98f9dafa (7)


フレームをCノッチとナロードしたので


ボディを搭載するときには、高くなった

フレームとボディが当たるようになるので


pdfapkfekgdlkgdgsg98f9dafa (5)


pdfapkfekgdlkgdgsg98f9dafa (4)


ボディ側もひな壇とインナーフェンダーを


フレームやタイヤが当たらないように

逃がす加工が必要になりまして


99qeqe88fefe44f4fepor (14)


ひな壇とインナーフェンダーは、


ボディの剛性の要なので、現状の

ボディのパネルと補強などの構造を


99qeqe88fefe44f4fepor (15)


よく確認して、どこがどのような役目を

果たして、どう支え合っているのか


よく検証したうえで、それを踏まえて


99qeqe88fefe44f4fepor (16)


99qeqe88fefe44f4fepor (17)


ボディをどこで切り離して、作り直すときは

どう接続していくのが最適か決めたら


インナーフェンダーとひな壇の接続部分は


99qeqe88fefe44f4fepor (2)


スポット溶接されている構造だったので


スポット溶接を剥がして分離することで

オリジナルのパネルを最大限残しまして


99qeqe88fefe44f4fepor (1)


フロアやトランクとひな壇の接続部分は

プレス成型された大きなパネルなので


こちらが切り離したいところで都合よく


99qeqe88fefe44f4fepor (18)


スポット溶接されている構造ではないので


逃げるように作り直すときに、よりよい

構造で作れる部分で鉄板を切断していき


99qeqe88fefe44f4fepor (4)


フレームとボディが当たる部分が無くなったら


フレームにボディマウントをセットして

ボディと合体させていきまして


99qeqe88fefe44f4fepor (19)


Cノッチしたフレームには、一旦仮で

コイルを取り付け出来るように加工し


タイヤ接地できる準備も整いました


FUNK STA 4 LIFE !!!!!!


[ 2024/01/31 14:08 ] 48 CHEVY FLEETMASTER CONV | トラックバック(-) | コメント(-)

1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE



 1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE


75年前のクルマですが、快適仕様へ

アップデートする作業を進めてまして


yuetuwryuewrt95rt (6)


車高が下がるように、リアフレームを

逃がす”Cノッチ”をしていきますが


Cノッチと合わせて、乗り心地が向上するよう


yuetuwryuewrt95rt (7)


リアの板バネを、4リンク化していきまして


通常、リアは5.5Jのスタンダートリムしか

履けないクルマですが


yuetuwryuewrt95rt (8)


リアにも7Jリバースホイールを履いて

フェンダースカートも付けられるよう


幅の狭いデフを使用することになり 


yuetuwryuewrt95rt (9)


それに合わせて、フレームもナロード化


ロワーアームとアッパーアームの

設定を終えて、デフが傾いたときに


yuetuwryuewrt95rt (10)


ブレーキが一番メインフレームに近づき

その時でも当たらない形状で設計して


メインフレームの加工を進めていき


yuetuwryuewrt95rt (13)


トライアングル4リンクの設定も終え

動きに問題がないことを確認したら


フレームやブラケットの本溶接を進めまして


yuetuwryuewrt95rt (14)


メインフレームは、Cノッチ部分の前後は

オリジナルのフレームを使うので


つながりに違和感が出ないように


yuetuwryuewrt95rt (15)


オリジナルと同じ構造で作っていき


溶接方法も、同じようにスポット溶接で

接合する部分も忠実に再現しまして


yuetuwryuewrt95rt (11)


溶接の熱が冷めたら、塗装していきます


フロントのMUSTANGⅡ化した部分の

フレームなども錆びないように塗装し


yuetuwryuewrt95rt (12)


コイルやブレーキキャリパーなども

組み付けを進めていきます


FUNK STA 4 LIFE !!!!!!


[ 2024/01/14 20:22 ] 48 CHEVY FLEETMASTER CONV | トラックバック(-) | コメント(-)

1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE



 1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE


75年前のクルマですが、快適仕様へ

アップデートする作業を進めてまして


9BC3886B-FD14-446B-A972-D964F0DD2E9o8 (13)

 
貴重なバンジョーステアリングが

装着されていましたが


経年劣化で全体にひび割れがあったり


9BC3886B-FD14-446B-A972-D964F0DD2E9o8 (15)


ホーンリングが割れていたりと


クルマを綺麗に仕上げるのに

合わせて、ステアリングも


9BC3886B-FD14-446B-A972-D964F0DD2E9o8 (16)


レストアしないといけない状態で


アメリカでレストア済のバンジョー

ステアリングを購入しようと


9BC3886B-FD14-446B-A972-D964F0DD2E9o8 (17)


アメリカのSNSや、POMONAの 

SWAP MEETで探してもらったら


レストア済が$2800と、価格上昇中。。。。


9BC3886B-FD14-446B-A972-D964F0DD2E9o8 (14)


ボロボロのレストアベースのモノでも

$1500するというので、


アメリカで購入するのは中止して


9BC3886B-FD14-446B-A972-D964F0DD2E9o8 (1)


これまで付いていたモノを送って

それをレストアしてもらうことに


M本さんの 1940 MERCURY ” BREEZEE ” や


9BC3886B-FD14-446B-A972-D964F0DD2E9o8 (3)


S原さんのサバーバン、Y澤さんのウィニー

S木さんの1937 LINCOLN ZEPHYRなどの


CUSTOM STEERING WHEELを作ってもらった


9BC3886B-FD14-446B-A972-D964F0DD2E9o8 (2)


KLISに今回も依頼して、ひび割れだらけの

ステアリングは、キャストし直してもらい


ホーンリングもNOSか、リキャストへ


9BC3886B-FD14-446B-A972-D964F0DD2E9o8 (4)


これまで、クルマのボディカラーに

合わせてステアリングを製作したり


社外のチルトコラムに組めるように


9BC3886B-FD14-446B-A972-D964F0DD2E9o8 (10)


スプライン加工したり、乗り降りや

運転がしやすいように小径化など


様々なカスタムに対応してもらい


9BC3886B-FD14-446B-A972-D964F0DD2E9o8 (11)


今回はレストアがてら、ステアリングの

中の骨の部分にエングレービングを入れ


クロームとゴールドのコンビで仕上げる


9BC3886B-FD14-446B-A972-D964F0DD2E9o8 (8)


という仕様でカスタムしてもらいまして


FITでも、DAYTONやZENITHのホイールや

ノックオフにエングレービングを入れたり


9BC3886B-FD14-446B-A972-D964F0DD2E9o8 (7)


クロームとゴールドのコンビで仕上げる

仕様を製作することがよくあるので、


KLISにステアリングの骨部分を摘出したら


9BC3886B-FD14-446B-A972-D964F0DD2E9o8 (6)


いつもホイールやノックオフに彫ってもらう

エングレーバーに届けてもらい


骨部分にエングレービングの施工と

クローム&ゴールドに仕上げたら


9BC3886B-FD14-446B-A972-D964F0DD2E9o8 (9)


KLISに送って戻してもらい、エングレと

クローム&ゴールドコンビの仕上げが


よく見えるように、KLISに無色のクリアで


9BC3886B-FD14-446B-A972-D964F0DD2E9o8 (5)


成型してもらい、ホーンリングも新品に変更し


1946-1948 FLEET用のバンジョーステアリングの

レストアとカスタムが完了です





[ 2023/11/18 08:19 ] 48 CHEVY FLEETMASTER CONV | トラックバック(-) | コメント(-)

1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE



 1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE


75年前のクルマですが、快適仕様へ

アップデートする作業を進めてまして


kkdkkfjgjjkrll;e7w (30)


車高が下がるように、リアフレームを

逃がす”Cノッチ”をしていきますが


Cノッチと合わせて、乗り心地が向上するよう


kkdkkfjgjjkrll;e7w (33)


リアの板バネを、4リンク化していきまして


通常、リアは5.5Jのスタンダートリムしか

履けないクルマですが


kkdkkfjgjjkrll;e7w (34)


リアにも7Jリバースホイールを履いて

フェンダースカートも付けられるよう


幅の狭いデフを使用することになり 


kkdkkfjgjjkrll;e7w (36)


kkdkkfjgjjkrll;e7w (35)


それに合わせて、フレームもナロード化


ロワーアームとアッパーアームの

設定を終えて、デフが傾いたときに


kkdkkfjgjjkrll;e7w (40)


ブレーキが一番メインフレームに近づき

その時でも当たらない形状で設計して


メインフレームの加工を進めてまして


kkdkkfjgjjkrll;e7w (38)


フレームは底板と立ち上がり部分、

側面まで完成した段階で


強度を上げるため、中に補強を入れて


kkdkkfjgjjkrll;e7w (37)


kkdkkfjgjjkrll;e7w (39)


側面、底面に溶接して接合したら


上面の型紙をとって鉄板を切り出し

アーチの形状に合わせて曲げたら


kkdkkfjgjjkrll;e7w (41)


蓋をするように被せて、点付けしていき


作業の邪魔になるので、外していた

アッパーアームのブラケットも溶接し


kkdkkfjgjjkrll;e7w (42)


一旦、4リンクのロッドも組み付けして


車高をめいいっぱい下げた位置から

めいいっぱい上げた位置まで作動させ


kkdkkfjgjjkrll;e7w (43)


問題ないことを確認しておきまして


スラムド時には、ロワーアームが

上がってきて、フレームに当たる部分も


kkdkkfjgjjkrll;e7w (44)


kkdkkfjgjjkrll;e7w (48)


メインフレームを、アームが当たらないように

ノッチする加工を施したので解決


フレームに当たるので、ココには付かないと


kkdkkfjgjjkrll;e7w (45)


ロワーアームの取付位置を変えてしまうと


ジオメトリが変わってしまい、正しく機能する

サスペンションでなくなってしまうので


kkdkkfjgjjkrll;e7w (46)


タイヘンな加工が必要になるけど

避けられなかった部分ですが


うまくいって良かったです


kkdkkfjgjjkrll;e7w (47)


Cノッチ部分のメインフレームの仮付けが

終わったので、次は本溶接に進みます


FUNK STA 4 LIFE !!!!!!





[ 2023/10/19 09:21 ] 48 CHEVY FLEETMASTER CONV | トラックバック(-) | コメント(-)