FC2ブログ

EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > アーカイブ - 2023年12月

良いお年を!



 今年も1年、 みんなでよく頑張りまして


クルマを通じて沢山の人たちと新たな

出会いや刺激を沢山頂きまして


20210kkijoお92903443611いd (45)


今年も新しい事や難しい事に挑戦したり

地道に積み重ねる仕事も頑張り


技術、知識、経験や意識も大きく

進化することができまして


d5afqfq (3)1


今年も良い仲間、お客様に恵まれて

FITらしい1年を送れたと思います 


来年もみんなで沢山挑戦して、


hjfhjfjrykjrykrykiutir (5)


沢山努力して、沢山反省しながら


よく働き、よく遊び、よく笑い  

家族、仲間、お客さまを大切に


utiotyiotyioryi (1s7) (2)


皆さまに評価される、求めらる

人間達になれるように頑張ります


今年一年、どうもありがとうございました


utiotyiotyioryi (1s) (2)


来年も皆様にとって良い年であることを

フィット一同、心よりお祈り申し上げます 


良いお年をお迎えください


[ 2023/12/30 16:46 ] EL-CLASSICO | トラックバック(-) | コメント(-)

1962 メルセデス 220SEb カブリオレ



 1962 MERCEDES W111 カブリオ


ブログの更新が追い付いてませんが

ショー前の作業の様子を少々


3rt3ork@ok3r@tk3pr (15)


トランクには、オリジナルだとゴムの

マットが敷いてありましたが


カーペットの方が使い勝手がよく 


ujsryisr9yuaet5u97 (5)


高級感もあって好みなので

カーペットへ変更することに


マットメーカーに頼むと、クルマの


ujsryisr9yuaet5u97 (6)


トランクの形状に合わせた

カーペットを作ってくれるので


62と64の2台分を注文しまして


ujsryisr9yuaet5u97 (4)


カーペットが届きましたが、ひな壇に

エアサスユニットを搭載したので


エアサスユニットを固定している


ujsryisr9yuaet5u97 (3)


防振ゴムがあって敷けないので


いつも革や内装の作業をお願いしてる

BASIC TRACSさんに持ち込んで


ujsryisr9yuaet5u97 (8)


カーペットがエアサスユニットの下で

終わりになるように加工を依頼


カーペットをどこで切ればいいか伝えたら


ujsryisr9yuaet5u97 (7)


カーペットの縁に縫い付けてある

糸をほどいて、廻縁を分離したら


お願いした位置でカーペットを切断し


og;uifiu59_5ii7 (7)


切りっ放しだと、端からほつれてくるので


糸をほどいて摘出した廻縁を

切断したあとの外周に縫い戻し


og;uifiu59_5ii7 (4)


og;uifiu59_5ii7 (5)


トランクフロアのカーペットの

切り詰め加工が完了しまして


室内と同じ色でコーディネートして


og;uifiu59_5ii7 (6)


クルマにぴったりの形でマッチ

したのでトランクを開けた時も


気持ちが良くて最高です


[ 2023/12/29 07:44 ] 62 MERCEDES 220SEb CABRIOLET | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 MERCURY



 M本さんの 1940 MERCURY ”BREEZEE”

アッセンブリー作業を進めてまして


エンジンとオートマの搭載を終えて


ryqetqeteryete988trwe98yr9ewhrtf (2)


ステアリングコラムの変更に伴い


ステアリングシャフトのルートを

確保するため、ヘダースを加工し


ryqetqeteryete988trwe98yr9ewhrtf (3)


これまでのマフラーは、車高が

べったり下がるスラムド仕様で


取り回せるルートがないので、


ghatjet464etj (10)


ヘダース下で左右のバンクを合流させ

1本でデフの手前まで引いたのち


デフの手前で終わっていたので


ghatjet464etj (13)


音質を良くするように、デュアルで

引き直しをしていきます


マフラーは燃料タンクと近くなって


ryqetqeteryete988trwe98yr9ewhrtf (33)


熱害が出ないよう、燃料タンクを

設置してクリアランスを確認しながら


取り回す位置を決めていくので


ryqetqeteryete988trwe98yr9ewhrtf (23)


新しい燃料タンクを用意したら


FITECH EFIで使用予定だったので

インタンク式の燃料ポンプは


ryqetqeteryete988trwe98yr9ewhrtf (71)


EFI用が組み込んであったのを


キャブレター仕様へ変更になったので

ポンプもキャブレター用に組み換えし


ryqetqeteryete988trwe98yr9ewhrtf (24)


マフラーはタイコはチェリーボムの

エキストラロングを使用し


車検の時は触媒を付けられるように


ryqetqeteryete988trwe98yr9ewhrtf (25)


ボルトオンで触媒を付けられるよう

前後にフランジを付けておき


普段は触媒を外して、中間パイプに


ryqetqeteryete988trwe98yr9ewhrtf (8)


組み換えて乗れるように設計しまして


ヘダースの下には、エンジンの振動を

吸収するフレキシブルジョイントを入れ


ryqetqeteryete988trwe98yr9ewhrtf (13)


ryqetqeteryete988trwe98yr9ewhrtf (14)


触媒までのフロントパイプを製作


フロントパイプはエンジンや

オートマの近くを取り回すので


ryqetqeteryete988trwe98yr9ewhrtf (12)


スターターのメンテナンスの際に


マフラーを外さなくてもスターターが

交換できるように取り回していき


ryqetqeteryete988trwe98yr9ewhrtf (10)


のちに、オートマのシフトリンケージや

クーラーラインの取り回しも


やり易いようにマフラーを製作していき


ryqetqeteryete988trwe98yr9ewhrtf (27)


タイコを設置できるスペースや


車高を下げた時にタイコと地面の

クリアランスを確保できる位置で


ryqetqeteryete988trwe98yr9ewhrtf (26)


なおかつ、フロアとタイコが近いと

床が熱されて、車内が熱くならないよう


フロアともクリアランスを確保できる位置で


ryqetqeteryete988trwe98yr9ewhrtf (30)


タイコの設置場所を決めて固定したら


クロスメンバーを避けたりしながら

触媒からタイコまでの部分を製作


ryqetqeteryete988trwe98yr9ewhrtf (29)


クルマのセンターから、マフラーの左右の

位置が完全に同じで、形状も


左右対称の形状になるよう製作され


ryqetqeteryete988trwe98yr9ewhrtf (4)


脱着やメンテナンス性も良くなるように

途中で分解できるようにフランジを設置


次はタイコから後ろの部分に進みます


[ 2023/12/28 10:00 ] 40 MERCURY *BREEZEE | トラックバック(-) | コメント(-)

1962 メルセデス 220SEb カブリオレ



 1962 MERCEDES W111 カブリオ


ブログの更新が追い付いてませんが

ショー前の作業の様子を少々


etqyeqetyw116 (14)


etqyeqetyw116 (15)


ワイパーも鏡面レベルに仕上げていき


狭い奥の部分も、隠れる部分も、

見えない部分も丁寧に磨いていき


etqyeqetyw116 (16)


etqyeqetyw116 (18)


etqyeqetyw116 (17)


ワイパーブレードも、ワイパーアームも

裏のテンションスプリングも


表も裏も、全部磨いて本鏡面仕上げに


etqyeqetyw116 (1)


etqyeqetyw116 (2)


etqyeqetyw116 (3)


クルマに取り付けすると、周囲の

クロームのモールと同じ輝きになり


光り物が増えて、ビカビカ感が増したので 


hfsjfyjsuat5ua5et5__ety__etety (33)


hfsjfyjsuat5ua5et5__ety__etety (34)


ショー映えするようになりましたし


運転席から見えるワイパーも

ピカピカになって最高です




[ 2023/12/27 10:13 ] 62 MERCEDES 220SEb CABRIOLET | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 MERCURY



 M本さんの 1940 MERCURY ”BREEZEE”

アッセンブリー作業を進めてまして


エンジン周りの作業と並行して


yjsjarsyuaetu4a6etu4aetuaet (1)


ダッシュ周りの組み立ても進めまして


ダッシュやゲージなどは、ダッシュ裏の

ハーネスの引き直しが終わってから


ghatjet464etj (14)


組み立てを開始しますが


ヒューズボックスの設置や

ハーネスの引き直しの前に


yjsjarsyuaetu4a6etu4aetuaet (2)


yjsjarsyuaetu4a6etu4aetuaet (3)


ファイヤーウォールの室内側に

断熱材の施工を進めていきます


エンジンルームからの熱や騒音を


yjsjarsyuaetu4a6etu4aetuaet (11)


yjsjarsyuaetu4a6etu4aetuaet (12)


出来るだけシャットアウトすることで


エアコンの効きも良くなり、騒音も

少なくなって、快適になるので


yjsjarsyuaetu4a6etu4aetuaet (13)


ファイヤーウォールをどれだけ断熱、

遮音対策しておくかは重要でして


ファイヤーウォールはスムージングしたり


yjsjarsyuaetu4a6etu4aetuaet (16)


yjsjarsyuaetu4a6etu4aetuaet (17)


エアコンのユニットやステアリングコラム、

サイドブレーキ、ペダル類を固定する


ブラケット類が多く設置されているので


yjsjarsyuaetu4a6etu4aetuaet (14)


yjsjarsyuaetu4a6etu4aetuaet (15)


それらの妨げにならないように、出来るだけ

全ての面積を貼れるように施工したら


続いて、フレッシュエアーを取り込む


ndgh46h4h64h6s45sfg (1)


ndgh46h4h64h6s45sfg (2)


スクープや、そこから雨水が入っても

車内に雨漏りせず、外に排水する


”とい”の部分も、塗装してもらったので


ndgh46h4h64h6s45sfg (3)


隙間から臭いや水も入ってこないよう


エプトシーラーをシール剤として使用し

組み立てを進めていきまして


ndgh46h4h64h6s45sfg (5)


ndgh46h4h64h6s45sfg (4)


スクープの蓋や、側面部分のパネルも


しっかりシール剤を組み込みながら

組み立てを進めていき


ndgh46h4h64h6s45sfg (6)


ndgh46h4h64h6s45sfg (7)


ステアリングコラムの下側を

ファイヤーウォールに固定する


ベースプレート建、ブラケットも


ndgh46h4h64h6s45sfg (10)
 

コラムを挟み込む部分の隙間は

エプトシーラーを使ってシールし


コラムシフトのリンケージは動くので


ndgh46h4h64h6s45sfg (11)


ぴったり、シールしてしまうと


リンケージが動かなくなり、

シールも千切れてしまうので


ndgh46h4h64h6s45sfg (13)


ndgh46h4h64h6s45sfg (12)


出来るだけ隙間を埋めつつ


可動部から、ゴミや臭いが入らないよう

ダストシールを組み付けしまして


hegwrtqmerq;lqerq488g (4)


ステアリングコラムや、ブレーキブースター


ヒューズボックスや、ダコタデジタルの

モジュールのマウントブラケットなど


hegwrtqmerq;lqerq488g (5)


hegwrtqmerq;lqerq488g (6)


あらかじめ、ファイヤーウォールに

エアコンユニットを固定するブラケットを


溶接して取り付けしてあるので


hegwrtqmerq;lqerq488g (7)


そこにぴったり組みつけできて

ボルト止めできる構造なので


組みつけや整備性作業もしやすく


ndgh46h4h64h6s45sfg (9)


ndgh46h4h64h6s45sfg (8)


エアコンの配管や、バッテリーの隔壁用の

ターミナルも、しっかりシールしながら


どんどん、取り付けが進んでいきます


[ 2023/12/26 10:18 ] 40 MERCURY *BREEZEE | トラックバック(-) | コメント(-)

1959 CHEVY APACHE アパ太郎


 I原さんの 1959 アパッチ、” アパ太郎 ”


先日、富士の麓っぱらでキャンプの

イベントに行ってきたそうで


hjeurywuywr98et946tey (13)


いつも奥さま、愛犬達も一緒で

楽しそうでナニヨリです


以前は1970年の4X4ブレーザーで


hjeurywuywr98et946tey (5)


hjeurywuywr98et946tey (6)


キャンプに行っていたそうですが


今はオートキャンプ場は、キャンプ場への

道や、場内の道も整備されているので


hjeurywuywr98et946tey (7)


RV車でなくても問題なく行けるので


むしろ、スラムド車のアパ太郎でも

キャンプ行くのは全然問題ないことが


hjeurywuywr98et946tey (4)


hjeurywuywr98et946tey (9)


hjeurywuywr98et946tey (10)


解ったのよと、今はブレーザーを手放し


アパ太郎でキャンプ、アウトドアを

満喫してるそうで、嬉しいかぎり


hjeurywuywr98et946tey (1)


hjeurywuywr98et946tey (3)


hjeurywuywr98et946tey (2)


キャンプは夏より冬の方がいい

という人も多いと聞きますね


VIVA! I原さん !!!!!!!


hjeurywuywr98et946tey (11)


hjeurywuywr98et946tey (12)

[ 2023/12/25 10:34 ] 59 CHEVY APACHE *アパ太郎 | トラックバック(-) | コメント(-)

1962 メルセデス W111 220SEb カブリオレ



 1962 MERCEDES W111 カブリオ


ブログの更新が追い付いてませんが

ショー前の作業の様子を少々


etqyeqetyw116 (9)


ショーに出展するにあたり


他がピカピカになってきたので

ワイパーがくすんでいるのが


etqyeqetyw116 (4)


etqyeqetyw116 (5)


気になるようになってしまい

ポリッシュを進めまして


ワイパーブレード部分を磨き終え


etqyeqetyw116 (10)


etqyeqetyw116 (12)


etqyeqetyw116 (11)


アーム部分のポリッシュ作業に進みまして


表側を綺麗に仕上げるのはモチロン

アームも裏側の溝の中が


etqyeqetyw116 (6)


etqyeqetyw116 (7)


運転席から丸見えになるので


アームの裏の溝の中まで

磨いていくことになりまして


etqyeqetyw116 (8)


hfsjfyjsuat5ua5et5__ety__etety (31)


黒い1962 メルセデスと、白い1964 の

2台分のアームを同時に進めていき


表も裏もピカピカに仕上げたら


hfsjfyjsuat5ua5et5__ety__etety (32)


さらに、ワイパーをガラス面に引き寄せて


テンションを掛けるスプリングも

運転席から常に見えるので


hfsjfyjsuat5ua5et5__ety__etety (2)


確認したら、スプリングもステンレス製で

磨けば光らせられる事が解ってしまい


アームやブレードの裏側にとどまらず


hfsjfyjsuat5ua5et5__ety__etety (9)


hfsjfyjsuat5ua5et5__ety__etety (10)


スプリングもポリッシュすることに、、、、


そこまでやらなくても、、、、という声が

聞こえてきそうですが、ショーカーらしく


etqyeqetyw116 (13)


”光らせられるところは光らせる”


という、普段ショーカーレベルのクルマを

作っているアメ車屋としてアプローチですね


[ 2023/12/24 10:01 ] 62 MERCEDES 220SEb CABRIOLET | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 MERCURY



 M本さんの 1940 MERCURY ”BREEZEE”

アッセンブリー作業を進めてまして


オーバーホールしたエンジンの搭載し


yjsjarsyuaetu4a6etu4aetuaet (21)


ギアボックスをパワステ化したのと


ステアリングコラムを社外品の

コラムに変更して位置が変わったので


yjsjarsyuaetu4a6etu4aetuaet (18)


ステアリングシャフトの取り回しを

変更となりまして、以前から付いている


パイプヘダースだと、外に出っ張るので

ステアリングシャフトのルートが無くなり


yjsjarsyuaetu4a6etu4aetuaet (19)


パイプヘダースの使用をやめて

鋳物のエキマニに変更を試みるも


マフラーにつながるフランジの位置が


yjsjarsyuaetu4a6etu4aetuaet (22)


どのエキマニでも、シフトリンケージに

競合してしまい、使う事が出来ず、、、、


ステアリングシャフトの関節を増やし

迂回させる取り回しにすると


yjsjarsyuaetu4a6etu4aetuaet (23)


ステアリング操作時にゴリゴリしがちなので


残された解決策は、パイプヘダースを

ステアリングシャフトを避けるよう


yjsjarsyuaetu4a6etu4aetuaet (24)


加工するという道しかなくなりまして


元々付いていた、サンダーソン製の

パイプヘダースの4番シリンダーの


yjsjarsyuaetu4a6etu4aetuaet (25)


パイプ部分の取り回しを加工していき


ステアリングシャフトにつく角度と

関節を最小限で取り回せるように


yjsjarsyuaetu4a6etu4aetuaet (26)


余裕をもったクリアランスも確保されました


加工を終えたエキマニは、仕上げの

セラミックコート処理に出します


[ 2023/12/23 10:32 ] 40 MERCURY *BREEZEE | トラックバック(-) | コメント(-)

1962 メルセデス 220SEb カブリオレ



 1962 MERCEDES W111 カブリオ


ブログの更新が追い付いてませんが

ショー前の作業の様子を少々


hfsjfyjsuat5ua5et5__ety__etety (11)


hfsjfyjsuat5ua5et5__ety__etety (16)


ショーに出展して遜色がないよう


ワイパーアームとブレード部分の

ポリッシュ作業を進めていき


hfsjfyjsuat5ua5et5__ety__etety (12)


hfsjfyjsuat5ua5et5__ety__etety (13)


普段は重なって隠れているけど


可動部分すると動いて見える部分や

奥まった部分まで丁寧にポリッシュし


hfsjfyjsuat5ua5et5__ety__etety (14)


hfsjfyjsuat5ua5et5__ety__etety (15)


本鏡面レベルまで磨き上げていたら

続いて、裏側の溝の中へ


通常は裏側まで磨くことはありませんが


hfsjfyjsuat5ua5et5__ety__etety (26)


運転席からアメ車ではほぼ見えないけど


メルセデスは、ワイパーの裏側が

常に見えてしまう構造なので


hfsjfyjsuat5ua5et5__ety__etety (27)


hfsjfyjsuat5ua5et5__ety__etety (28)


表側が綺麗でも、裏側がくすんでるのが

丸見えだと、カッコ悪いので


裏側の溝の中も、ひたすらポリッシュ。。。


hfsjfyjsuat5ua5et5__ety__etety (29)


hfsjfyjsuat5ua5et5__ety__etety (30)


ブレードのホルダーの裏側を磨いたら


ワイパーゴムは新品に交換し

ブレード部分のポリッシュが完了


hfsjfyjsuat5ua5et5__ety__etety (25)


次はワイパーアーム部分の

ポリッシュ作業に進みます


hfsjfyjsuat5ua5et5__ety__etety (23)


hfsjfyjsuat5ua5et5__ety__etety (24)
[ 2023/12/22 10:29 ] 62 MERCEDES 220SEb CABRIOLET | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 MERCURY "BREEZEE"



 M本さんの 1940 MERCURY ”BREEZEE”

アッセンブリー作業を進めてまして


オーバーホールしたエンジンの搭載を進め


ghatjet464etj (12)


エンジンを積んでから色々やると


綺麗に仕上がったボディを汚したり

傷が付いたりするリスクがあるので


ghatjet464etj (11)


事前にエンジン台を作ってブレークインと

エンジン調整を終えてから搭載し


以前はマニュアルステアリングでしたが 


ghatjet464etj (2)


パワステ化したので、パワステポンプが

必要になり、フロントランナーも


ショーカーらしく、MARCH製に一新しまして


ghatjet464etj (1)


ボディにリジットマウントされていた

ラジエーターも、ファンシュラウドと


電動ファン、ATクーラーをセットした


ghatjet464etj (3)


グリフィンラジエーター製のものに変更し


1940 MERCURY用というラインナップは

存在しないので、サイズ的にあうものを


ghatjet464etj (4)


ボディにリジットマウントすると


走行中にボディがたわんだシワよせが

ラジエーターにいって、割れるので


ghatjet464etj (5)


ghatjet464etj (6)


BREEZEEのボディ側を加工し


ボディの補強と、ラジエーターを

取り付け出来るコアサポートを製作し


ghatjet464etj (7)


ghatjet464etj (9)


新しいラジエーターを取り付けしまして


エンジンはレース用に近いインマニと

ハイカムが組まれていたので


hegwrtqmerq;lqerq488g (2)


アイドリングが安定せず、ストリート

ユースで乗るには乗りづらいので


純正インマニとマイルドカムに組み換え、


yjsjarsyuaetu4a6etu4aetuaet (4)


ウォーターネックの位置も変わったので


新しいラジエーター、新しいインマニを

接続するラジエーターホースを設計し


yjsjarsyuaetu4a6etu4aetuaet (6)


アッパーアームの形状が決まりまして


ロワーホースはラジエーターとエンジンの

距離が近く、ラジエーターから


yjsjarsyuaetu4a6etu4aetuaet (5)


ネックが真っ直ぐに出て、そこから

ホースで曲げて取り回すには


スペースが足らず、不可能だったので


yjsjarsyuaetu4a6etu4aetuaet (8)


yjsjarsyuaetu4a6etu4aetuaet (7)


ラジエーターのネック部分を

上に向ける加工を施すことに


アルミの板をロワーホースの内径と


yjsjarsyuaetu4a6etu4aetuaet (9)


yjsjarsyuaetu4a6etu4aetuaet (10)


同じになるように丸めて


突き合わせ部分を溶接して、

ネックに使うパイプを製作したら


hegwrtqmerq;lqerq488g (1)


エンド部分をホースの抜け止めを

専用のビードマシンを使って作り


元々ラジエーターについていた


ryqetqeteryete988trwe98yr9ewhrtf (73)


ロワーホースの真っ直ぐのネックを

切断して、BREEZEE用に製作した


エルボパイプを溶接していきまして


ryqetqeteryete988trwe98yr9ewhrtf (72)


ギアボックス、エンジンとの狭い隙間で


ロワーホースを取り回すためのネックの

加工と、ホースも接続が完了です


[ 2023/12/21 09:47 ] 40 MERCURY *BREEZEE | トラックバック(-) | コメント(-)

1962 メルセデス 220SEb カブリオレ



 1962 MERCEDES W111 カブリオ


ブログの更新が追い付いてませんが

ショー前の作業の様子を少々


hfsjfyjsuat5ua5et5__ety__etety (1)


ワイパーのアームとブレードは


それなりに綺麗で、気にならない

コンデイションですが


hfsjfyjsuat5ua5et5__ety__etety (4)


hfsjfyjsuat5ua5et5__ety__etety (5)


ショーに出展するにあたり、他の部分を

ピカピカに仕上げてきてるので


ワイパーのくすみ具合が気になるように、、、、


hfsjfyjsuat5ua5et5__ety__etety (6)


hfsjfyjsuat5ua5et5__ety__etety (8)


hfsjfyjsuat5ua5et5__ety__etety (7)


確認したら、ワイパーはステンレス製で

ポリッシュしたら光らせることが可能


そこで、2台のメルセデスのワイパーは


hfsjfyjsuat5ua5et5__ety__etety (17)


それなりに綺麗ですが、くすんできて

同じようなコンディションだったので


2台ともポリッシュして綺麗にすることに


hfsjfyjsuat5ua5et5__ety__etety (18)


hfsjfyjsuat5ua5et5__ety__etety (21)


狭い部分や、奥の部分まで磨くので


小さなバフや研磨剤など、様々な

道具を駆使しながら磨いていき


hfsjfyjsuat5ua5et5__ety__etety (20)


hfsjfyjsuat5ua5et5__ety__etety (19)


hfsjfyjsuat5ua5et5__ety__etety (22)


ショーレベルまで磨きこんだものと

市販品の通常の状態を比較すると


どのくらい綺麗になったか

解りやすいかと思います


hfsjfyjsuat5ua5et5__ety__etety (16)


hfsjfyjsuat5ua5et5__ety__etety (12)


まずはワイパーブレードのホルダーの


表側を磨き終えたら、次はアームの

ポリッシュ作業を進めていきます


[ 2023/12/20 11:24 ] 62 MERCEDES 220SEb CABRIOLET | トラックバック(-) | コメント(-)

1936 FORD "BLUE ECHO"



 S田君の 1936 FORD "BLUE ECHO"


元々、ウインカーというものが

無い時代のクルマなので


ghetyhwrujwyri68l (10)


安全に乗るためにウインカーを

アメリカで追加してありましたが


純正のステアリングコラムを生かし

MUSTANGⅡ化してあることもあり


er56r5wrt2w6rtrg3g (40)


社外品のステアリングコラムのように

ウインカーのスイッチがコラムになく 


ダッシュにトグルスイッチで組んであって

それでは、ちょっと残念な感じなので


ghetyhwrujwyri68l (2)


ウインカーが無い時代にウインカーを

追加する為に作られていた


社外品のウインカースイッチがあるので


ghetyhwrujwyri68l (3)


古い電装品は、そのままでは使えないので 


アメリカでレストアしてあるというものを

昔に買って、在庫していたので


ghetyhwrujwyri68l (4)


納車の時に、御祝いS田くんに進呈しまして

S田くんが取り付る前にテストしたら


ニュートラム位置がシビアすぎて

使い物にならなかったそうで、、、、


ghetyhwrujwyri68l (5)


スイッチの接点の調整をするために


分解したら、接点スイッチの爪が折れて

組み戻せなくなり、心も折れたそうで、、、、


ghetyhwrujwyri68l (1)


なんとかアルミの板で作り直して

掃除とグリスアップをしたら


ウインカーを出した状態でブレーキを

踏んでもウインカーが点滅し続けるよう


ghetyhwrujwyri68l (6)


リレー回路を考えて、リレーを2個買って

回路を組んだら、ちゃんと作動せず、、、、、


調べたら、買ったリレーが2個とも新品ですが


ghetyhwrujwyri68l (7)


製品不良で正しく作動しないので、

別のメーカーのリレーを買い直して


ビンテージのウインカースイッチを

使用できるようになったそうで


ghetyhwrujwyri68l (8)


僕があげたもので、まさかこんなに苦労

しているとはつゆ知らず、、、、、


難しいことも自分で解決して凄いねと

褒めちぎっておきましたが


ghetyhwrujwyri68l (11)9


”タダほど高い物はない”ということと


”レストア済”と言われても信じてはいけない

ということを思い知らされたようでナニヨリ



[ 2023/12/19 13:11 ] 36 FORD *BLUE ECHO* | トラックバック(-) | コメント(-)

1964 メルセデス 220SEb カブリオレ



 1964 MERCEDES W111 カブリオ


ブログの更新が追い付いてませんが

ショー前の作業の様子を少々


eereehhjIMG_0827kfj (2)


ドアの下の、前から後ろまでいってる

クロームのロッカーパネルモールに


傷や凹みが多いので、ショーに出す前に


dたrwytwry4 (7)


dたrwytwry4 (9)


綺麗に直しておこうとなりまして


このロッカーパネル部分は、クルマに

乗り降りする際に足が当たったり


dたrwytwry4 (8)


dたrwytwry4 (10)


走行中に擦ったりしやすい場所なので、


そんな事からボディを守るガードの

役目もしている装飾品でして


dたrwytwry4 (1)


dたrwytwry4 (2)


傷や凹みがあって当然の部分なのですが


ショーに出すのに、このままではあまりに

みすぼらしいじゃないかということで


dたrwytwry4 (3)


dたrwytwry4 (4)


綺麗にしても、僕がまたすぐ傷を付ける

自信しかありませんが、作業を進めることに


凹みや傷を直すには、クルマから外して


dたrwytwry4 (5)


dたrwytwry4 (6)


鈑金が必要なので、ロッカーモールを

外す前に、先に外さないといけない、


すぐ下のカバーを取り外していき


dたrwytwry4 (11)


ロッカーパネルモールを外したら


モールの素材は真鍮で、真鍮に

メッキが掛けてあると判明しまして


dたrwytwry4 (12)


鈑金するときに、メッキはダメになるので

修理後にリクロームが必要ですが


この長いモールが入るメッキ漕がある


dたrwytwry4 (13)


メッキ屋さんが、なかなかないのと


大きなメッキ漕があるメッキ屋さんでも

真鍮はメッキ漕の中で溶ける可能性が高く


dたrwytwry4 (15)


溶けてしまうと、リクロームどころか

原型がなくなり、再生不能になるのと


メッキ屋さんのメッキ漕が汚れてしまい


dたrwytwry4 (14)


槽の中の薬品を交換しないといけなく

なるそうで、どこのメッキ屋さんでも


真鍮の再メッキは、お断りしますの刑。。。。。


dたrwytwry4 (16)


フィットで凹みや傷は綺麗に直せても


リクロームできるメッキ屋さんが

みつからないので、困りまして


dたrwytwry4 (18)


ロッカーパネルモールは新品を見つけ

修理ではなく、左右とも新品に交換とし


下のパネルは、ジャッキを掛けた際に 


dたrwytwry4 (17)


潰れたり、凹ませたと思われる変型や

飛び石や擦り傷もあったので


それらは鈑金で綺麗に修正し、塗装へ


rtくぇりぇちぇy (11)


フロントガラスの周囲についている

エクステリアトリムの両コーナーが


欠品していたので探していましたが


rtくぇりぇちぇy (12)


一向に見つからないので、ショーの時に

欠品したままだと、それもみすぼらしいので


欠品部分を見つけて買うのは諦めて


rtくぇりぇちぇy (13)


フィットで作って取り付けることになり


ステンレスの板を切り出して、

モールと同じ形状に成形していき


rtくぇりぇちぇy (14)


ぴったり合う形に作ったら、周りの

モールと同じ質感にポリッシュして


フロントガラスのコーナーモールが完成


rtくぇりぇちぇy (16)


車に取り付けし、カタチも建付けも

ぴったりでナニヨリです


困っていた欠品パーツは解決できましたが


rtくぇりぇちぇy (15)


ワンオフ製作で、手間も時間も掛かって

既製品を買う、何十倍の請求が来るので


それをどう捻出するか、未解決です。。。。。


[ 2023/12/17 10:03 ] 64 MERCEDES 220SEb CABRIOLET | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 MERCURY "BREEZEE"



 M本さんの 1940 MERCURY ”BREEZEE”

アッセンブリー作業を進めてまして


エンジンの搭載準備と並行して


sdwふぇふぇr89w8 (17)


ダッシュ周りの組み立てを進めまして


1940年のクラシカルなダッシュに

現代のオーディオや、エアコンの


sdwふぇふぇr89w8 (18)


操作パネルを組み込んで

雰囲気が崩れるのを懸念し


普段はそれらはダッシュ内に


sdwふぇふぇr89w8 (19)


見えないように納まっているけど


乗っている時には操作できるよう

カバーが開いて、出てくるように


sdwふぇふぇr89w8 (20)


可動式のギミックを仕込んでおり


製作したカバーなどのパーツも

ボディ同色に塗装してもらったので


sdwふぇふぇr89w8 (3)7


あらためて組み立てを進めまして


エアコンの操作パネルはスイッチが

光って視認性がいいモデルを 


sdwふぇふぇr89w8 (2)7


オーディオのヘッドユニットは、のちに


ドットワンさんでフルオーディオを

セットアップするそうなので


sdwふぇふぇr89w8 (24)


ダッシュを組む段階で、ヘッドユニットを

組み付けしておいた方がいいので


使用するヘッドユニットを送ってもらい


sdwふぇふぇr89w8 (21)


組み込みしておき、あとはドットワンさんで

配線してもらえばいいようにしておきます


出てきたり、戻ったりするギミックの動きは 


sdwふぇふぇr89w8 (22)


沢山のリミットスイッチや、リレーを使って

制御し、位置の調整もあるので、


ダッシュに組み込む前に事前に作動させて 


sdwふぇふぇr89w8 (23)


テストしながらチェックと調整を済ませ


メンテや修理の際に困らないように 

配線図も作成し、保管しておきます


[ 2023/12/16 10:56 ] 40 MERCURY *BREEZEE | トラックバック(-) | コメント(-)

1964 メルセデス W111 220SEb カブリオレ



 1964 MERCEDES W111 カブリオ


ブログの更新が追い付いてませんが

ショー前の作業の様子を少々


eereehhjIMG_0827kfj (23)


ぱっと見、フロントグリルは綺麗ですが


よくよく見ると、格子部分のモールが

曲がっているものがあったり


ちぇyうぇtyうぇyqwty (2)


モールクリップが外れてしまい


細い針金でグリルに縛って

固定してある部分があったり


ちぇyうぇtyうぇyqwty (3)


ちぇyうぇtyうぇyqwty (5)


グリル自体のシルバーに塗ってある

塗装が浮いてきてたりするので


ショー前に修理することになりまして


ちぇyうぇtyうぇyqwty (4)


グリルの外側の大枠部分と

中の格子部分を分離していき


中の格子部分を摘出したら


ちぇyうぇtyうぇyqwty (6)


ちぇyうぇtyうぇyqwty (11)



格子に取り付けされている


モールは曲がったり、クリップが

欠品しているので、新品を用意し 


ちぇyうぇtyうぇyqwty (8)


付いているモールを外していきまして


新品のモールは、1970年代になると

グリルの幅がワイドになるので


ちぇyうぇtyうぇyqwty (9)


ちぇyうぇtyうぇyqwty (10)


それにも対応できるように、

長さがやや長く作られており


このクルマのグリルの幅に合わせ


ちぇyうぇtyうぇyqwty (12)


ちぇyうぇtyうぇyqwty (13)


長さを切り詰め、片側の端は


グリルの大枠との隙間に入るので

潰れた形に成型しまして


ちぇyうぇtyうぇyqwty (17)


モールを外した格子部分を良く見ると

塗装が下からブツブツと浮いてきており


グリルの素材は、アルミの鋳物で


ちぇyうぇtyうぇyqwty (14)


ちぇyうぇtyうぇyqwty (37)


いわゆる、 ” アンチ ” と言われる

合金製なので、製造から時間が経つと


酸化が進み、メッキした際に内部に


ちぇyうぇtyうぇyqwty (15)


ちぇyうぇtyうぇyqwty (16)


閉じ込められたガスが表面に出てきて


メッキや塗装の層を浮かせる

クラシックカー特有のブツブツ。


ちぇyうぇtyうぇyqwty (22)


ちぇyうぇtyうぇyqwty (18)


こうなると、塗装やメッキを剥がして

表面に出てきたブツを処理しないと


みすぼらしくなっていく一方なので


ちぇyうぇtyうぇyqwty (19)


このタイミングで処理を進めていきます


格子部分をチェックしていると、

変型して凹んでいる部分も見つかり


ちぇyうぇtyうぇyqwty (21)


凹みを修正して、正しいカタチにしたら


格子の中の側面にもブツブツが出ていて

そこも綺麗にしないと外から見えるので


ちぇyうぇtyうぇyqwty (20)


格子の表面と、中の側面の塗装と

ブツブツを削り落としていきまして


格子の穴は約1200個、四角い穴なので


ちぇyうぇtyうぇyqwty (30)


ちぇyうぇtyうぇyqwty (31)


1個の穴に4辺あるので。それを

綺麗にしていくと、4800辺あるので


数日掛けて、果てしない数の穴の 


ちぇyうぇtyうぇyqwty (24)


側面を綺麗にして、アルミ地が

出るまで表面も研磨を進めたら


グリルを見た時に、格子の側面が


ちぇyうぇtyうぇyqwty (23)


シルバーだと、格子の表面も

シルバーでぼやけて見えるので


格子の穴の側面を黒に塗装すると


ちぇyうぇtyうぇyqwty (26)


表面のアルミ地のエッジが際立って

シャープに見えるようになるので


グリルがパリッとして見えるようになります


ちぇyうぇtyうぇyqwty (27)


と、簡単にいうと実際に作業してくれた人に

怒られますが、約1200個の穴の


4辺全て塗っていくと、4800辺を再び。。。。


ちぇyうぇtyうぇyqwty (28)


刷毛塗りではなく、格子の中の

側面に色が入るようにガン吹きして


乾いたら表面を削ろうとすると


ちぇyうぇtyうぇyqwty (29)


表面の塗装だけ綺麗に剥がすのが

難しかったり、側面が剥がれないよう


目の細かい研磨剤を使って削ると、


ちぇyうぇtyうぇyqwty (32)


すぐ目詰まりしてしまい、進まないので


時間と手間が掛かりますが、4800辺を

刷毛塗りしていきまして、、、、、


ちぇyうぇtyうぇyqwty (33)


格子の素材はアルミ鋳物なので

塗装しなくても錆びないこともあり


表面の仕上げは高級感をだしたいので 


ちぇyうぇtyうぇyqwty (34)


アルミ素材を生かし、質感を良くするため

ヘアライン仕上げで処理しまして


格子の中を黒に塗ると、表面のアルミ地の


ちぇyうぇtyうぇyqwty (35)


シルバーが際立って、パリッとしたのが

お解り頂けるかなと思います


格子部分に新しいモールを取り付けし


ちぇyうぇtyうぇyqwty (1)


外側の枠を付けて、クルマに組み戻して

グリルのレストア作業が完了


次はロッカーパネルの作業に進みます


[ 2023/12/15 10:44 ] 64 MERCEDES 220SEb CABRIOLET | トラックバック(-) | コメント(-)

FITECH EFI 1940 MERCURY



 M本さんの 1940 MERCURY ”BREEZEE”


アッセンブリー作業に進む前に

フルオーバーホールしたエンジンを


ytuwryueryuery5uryu59ru594 (14)


クルマに積んで、配線をしたあとに

エンジンや補機類に異常が見付かると


エンジンルームまでピカピカに仕上げた 


sdwふぇふぇr89w8 (4)


ショーカーのエンジン脱着は


綺麗に仕上げたボディやエンジンを

傷めるリスクが高いので


sdwふぇふぇr89w8 (3)


クルマに搭載する前に、クルマの外で

エンジンや実際に使用するモノを組み 


エンジンを始動させてエンジンの調整や


sdwふぇふぇr89w8 (1)


クルマに積んでしまうと、目視できない

部分から漏れがないかの確認を進め


以前に用意したFITECH EFIは


sdwふぇふぇr89w8 (2)


実際に使用するようになるまでの間に


プログラムやハンドヘルドも進化したので

現行のものにアップデートしまして


sdwふぇふぇr89w8 (15)


FITECHは、暖気運転や電圧に合わせて

エンジン回転を調整したり


点火タイミングのコントロールや


sdwふぇふぇr89w8 (14)


電動ファンの発停制御、エアコン使用時の

自動アイドルアップ機能など、


様々な機能が付いてて使い勝手が良い反面、


sdwふぇふぇr89w8 (13)


冷たい空気を吸気させないと、エラーが

出てエンジンを停めてしまうので


マッスルカーやインパラなどのような


sdwふぇふぇr89w8 (11)


ボンネットが低く、熱だまりが出来づらい

構造のクルマには良いと思いますが


マーキュリーやベルエアなど、フードが高い


sdwふぇふぇr89w8 (12)


クルマはエアクリーナーの上に熱溜まりが

出来やすく、エラーが出易くなるので


エンジンルーム内の熱い空気を吸わないよう 


sdwふぇふぇr89w8 (9)


コアサポートの前などから、エアクリーナーに

ダクトを接続する必要がありまして


エンジンルームの雰囲気がクラシックカーに


sdwふぇふぇr89w8 (10)


合わなくなるのが、悩ましいところで


BREEZEEも気温や湿度が高めの

沖縄で乗るのと、M本さんが使いたいと


sdwふぇふぇr89w8 (7)


用意してくれたエアクリーナーを組むと


エラーが出て、エンジンを止めてしまう

可能性が高いので、今回はFITECHは


sdwふぇふぇr89w8 (8)


使用を見送り、キャブレターで組むことに


その分、電動ファン、エアコン、エアサスの

コンプレッサーが動いて、負荷が掛かっても


sdwふぇふぇr89w8 (5)


電圧不足に陥らないよう、アイドリングでも

モリモリ充電するオルタに変更するなど


対策を施していきたいと思います


[ 2023/12/14 10:47 ] FITECH EFI | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 MERCURY "BREEZEE"



 M本さんの 1940 MERCURY ”BREEZEE”


アッセンブリー作業に進む前に

フルオーバーホールしたエンジンを


ytuwryueryuery5uryu59ru594 (14)


クルマに積んで、配線をしたあとに

エンジンや補機類に異常が見付かると


エンジンルームまでピカピカに仕上げた 


sdwふぇふぇr89w8 (4)


ショーカーのエンジン脱着は


綺麗に仕上げたボディやエンジンを

傷めるリスクが高いので


sdwふぇふぇr89w8 (3)


クルマに搭載する前に、クルマの外で

エンジンや実際に使用するモノを組み 


エンジンを始動させてエンジンの調整や


sdwふぇふぇr89w8 (1)


クルマに積んでしまうと、目視できない

部分から漏れがないかの確認を進め


以前に用意したFITECH EFIは


sdwふぇふぇr89w8 (2)


実際に使用するようになるまでの間に


プログラムやハンドヘルドも進化したので

現行のものにアップデートしまして


sdwふぇふぇr89w8 (15)


FITECHは、暖気運転や電圧に合わせて

エンジン回転を調整したり


点火タイミングのコントロールや


sdwふぇふぇr89w8 (14)


電動ファンの発停制御、エアコン使用時の

自動アイドルアップ機能など、


様々な機能が付いてて使い勝手が良い反面、


sdwふぇふぇr89w8 (13)


冷たい空気を吸気させないと、エラーが

出てエンジンを停めてしまうので


マッスルカーやインパラなどのような


sdwふぇふぇr89w8 (11)


ボンネットが低く、熱だまりが出来づらい

構造のクルマには良いと思いますが


マーキュリーやベルエアなど、フードが高い


sdwふぇふぇr89w8 (12)


クルマはエアクリーナーの上に熱溜まりが

出来やすく、エラーが出易くなるので


エンジンルーム内の熱い空気を吸わないよう 


sdwふぇふぇr89w8 (9)


コアサポートの前などから、エアクリーナーに

ダクトを接続する必要がありまして


エンジンルームの雰囲気がクラシックカーに


sdwふぇふぇr89w8 (10)


合わなくなるのが、悩ましいところで


BREEZEEも気温や湿度が高めの

沖縄で乗るのと、M本さんが使いたいと


sdwふぇふぇr89w8 (7)


用意してくれたエアクリーナーを組むと


エラーが出て、エンジンを止めてしまう

可能性が高いので、今回はFITECHは


sdwふぇふぇr89w8 (8)


使用を見送り、キャブレターで組むことに


その分、電動ファン、エアコン、エアサスの

コンプレッサーが動いて、負荷が掛かっても


sdwふぇふぇr89w8 (5)


電圧不足に陥らないよう、アイドリングでも

モリモリ充電するオルタに変更するなど


対策を施していきたいと思います


[ 2023/12/14 10:45 ] 40 MERCURY *BREEZEE | トラックバック(-) | コメント(-)

1962 メルセデス 220SEb カブリオレ

 

 1962 MERCEDES 220SEB カブリオ


ホットロッドカスタムショーを終えて

テストドライブをはじめまして


wtwtwrtw464e6tqe (2)


クルマはショー前に完成していましたが


走らせて、万が一事故や傷を付けたら

ショーまでの修理する時間が足らず


wtwtwrtw464e6tqe (3)


ショーに出せなくなって穴を開けたり


傷がある状態で出展するのは

見て頂く方に申し訳ないので


wtwtwrtw464e6tqe (1)


フィットではショー前の試乗は御法度


ショー会場への搬入も、ナンバー付いてる

登録済みのクルマであっても


ujsryisr9yuaet5u9.jpg


会場までの道中に事故や故障が

起きる可能性があるので、


大きなイベントは自走搬入も禁止


;kj@ゆお@pつい (5)


そんな事もあって、ショーが終わり

やっと走らせられるようになったので


いざ、テストドライブに出掛けまして


wtwtwrtw464e6tqe (5)


メルセデスのオリジナルの

サスペンションの乗り心地は


とても柔らかく、ふわっとしており


wtwtwrtw464e6tqe (4)


せっかく乗り心地の良いクルマに


エアサスを組むと、乗り心地が固くなり

跳ねたりして不快になりがちなので


3rt3ork@ok3r@tk3pr (15)


3rt3ork@ok3r@tk3pr (16)


このメルセデスには、エアバック内の

空気量を増やすシステムを組んだので


その効果の検証し、結果から必要があれば


wtwtwrtw464e6tqe (6)


さらなる対策を施そうとしていましたが


実際に乗ってみたら、とても柔らかく

ビックリするくらい、乗り心地が良いので


;kj@ゆお@pつい (9)


乗り心地を向上させるためのシステムは


大成功だったようで、メルセデスらしい

乗り心地のエアサスが組めて良かったです


[ 2023/12/13 10:23 ] 62 MERCEDES 220SEb CABRIOLET | トラックバック(-) | コメント(-)

1936 FORD "BLUE ECHO"



 S田君の 1936 FORD "BLUE ECHO"


運転席のサイドガラスが割れてるので

「 交換はやるから、ガラスを取り寄せて」  


fgwgwrwrgwrg98r999grwgs (12)


と、アメリカからガラスが届いたので

S田くんにガラスを送ったら


交換したけど、レールが腐ってて


fgwgwrwrgwrg98r999grw (1)


「俺の鼻くそ溶接で直したら動きが重い」

との事で、次は新品のレールを頼まれ


届いたから送ったよと連絡したら


fgwgwrwrgwrg98r999grw (2)


自宅に業務用ミシンを導入し、奥さんの

Y美ちゃんにシート作ってもらったよと


写真が送られてきまして、シートよりも


fgwgwrwrgwrg98r999grw (3)


Y美ちゃんの水着姿の写真を送ってくれ!

と、頼んでいますが、届くのは


シートか、猫の写真で残念ですが


fgwgwrwrgwrg98r999grw (4)


クルマのシートを張り替えてくれる

奥さんなんて、羨ましすぎます


ヘッドライトをシールドビームではなく


fgwgwrwrgwrg98r999grwgs (13)


ハロゲンにするレンズが付いていますが

スモール灯がないというので、


バルブに抱かせるスモール灯を


fgwgwrwrgwrg98r999grwgs (17)


これを組んだら!? と、送ったら


隙間が全然ないのに、どうやって

入れろっちゅうねん! と


fgwgwrwrgwrg98r999grwgs (15)


怒りのラインが来ましたが、、、、、


それはミスターマリックに頼んで

イリュージョンで即解決ですって話です


fgwgwrwrgwrg98r999grwgs (16)


あいにく、ミスターマリックは琵琶湖の


水が干上がっているのを解決する

イリュージョンで忙しいようで


fgwgwrwrgwrg98r999grw (7)


S田くんが自分でレンズのリフレクターに

スモール灯を取り付ける加工をしたそうで


僕に相談するだけ無駄と悟って


fgwgwrwrgwrg98r999grw (8)


PATINA先輩と同様に、今後はなんでも

自分でやっちゃうカーガイ行き確定


そんなS田くんから、山の中の写真が届き 


fgwgwrwrgwrg98r999grw (5)


徳川埋蔵金を探しに行ったのかと思ったら


36 FORDだろうが、車高が低かろうが、

キャンプ行っちゃうそうで、やっぱりカーガイ


fgwgwrwrgwrg98r999grw (6)


早く、見つけた埋蔵金かマツタケか、


Y美ちゃんの水着姿の写真が送られて

くることを首を長くして待ちます


[ 2023/12/11 18:26 ] 36 FORD *BLUE ECHO* | トラックバック(-) | コメント(-)

ホットロッドカスタムショー 2023



 ホットロッドカスタムショー


早朝から搬入、セットアップを進め

お昼過ぎにディスプレーを終えて


utiotyiotyioryi (1s) (2)


みんなで昼食にいきまして


搬入日の昼食は、毎年同じ

台湾料理のお店なので


utyyrituir74tiu (7)


みんなで向かっていたら、道中に

ランボルギーニのディーラーに出くわし


さっきまで、「 うーん、俺は次は絶対


fsgqrweqwer4r6rr9999rg (11)


コンバーに乗るけ、死ぬ気で働くわ 」

と、言ってた某Y室さんでしたが


みんなで展示を終えたメルセデスに


1E9A2110-DFA1-4581-A156-FB74B34D79C7C (8)


刺激されたのだったら嬉しいのですが


通り掛かったランボルギーニの

ショールームで、店員がドン引くくらい


1E9A2110-DFA1-4581-A156-FB74B34D79C7C (21)


fsgqrweqwer4r6rr9999rg (6)


ガラス越しに食いついてまして


「 ええのー! これ欲しいのー!」 と

かぶり付いてるY室さんを引き剥がし


utyymrituir7tiu (22)


utyymrituir7tiu (21)


みんなで台湾料理でランチしたら


フィットでメルセデスカブリオレを

作っているのは知っていたけど


utyymrituir7tiu (23)


完成形をまだ見ていないT江さんが


「 スゲー見たいんで、今からいきます 」

と、群馬県から56コンバーで合流し


fsgqrweqwer4r6rr9999rg (18)


ホットロッドショーの会場に戻って

照明の点灯テストをしたのち


他の出展車を見て回ったら


fsgqrweqwer4r6rr9999rg (16)


ホテルにチェックインして一休み


その後、昨年はパシフィコのとなりの

東急ホテルで懇親パーティーでしたが


fsgqrweqwer4r6rr9999rg (17)


今年はクルーザーで横浜界隈を

ディナークルーズという企画で


赤レンガの横から出航して2時間の


fsgqrweqwer4r6rr9999rg (10)


fsgqrweqwer4r6rr9999rg (9)


ディナークルーズにみんなで出掛け


サザンオールスターズの曲にもなった

クルーザーの個室を貸し切りにして


fsgqrweqwer4r6rr9999rg (13)


みんなで食事会を開催しまして


昼間のセットアップまでで帰る方もいれば

夜から合流して、翌日ショーを見て帰る方


fsgqrweqwer4r6rr9999rg (15)


皆さんの都合で自由に参加頂き

今年も楽しい時間を過ごしまして


クルーザーでの食事会のあとは


fsgqrweqwer4r6rr9999rg (14)


中華街のバーで飲んだり、ホテルで

飲んだり、各々楽しく過ごして


翌日は朝7時起きで会場に行き


fsgqrweqwer4r6rr9999rg (20)


夜のうちに付いたホコリの掃除と


ディスプレー用の照明をオンにし

いよいよ、ショーの開幕となりまして


utyymrituir7tiu (26)


ムーンアイズのカーショーで、アメリカ車の

カスタムを楽しみに来場される方が多いはずで


そこにドイツ車のメルセデスを2台出展だと


utyymrituir7tiu (17)


酷評も多いだろうと覚悟していましたが


ショーが始まってみたら、実際には

賛同の声を多く頂き、アワードも2つ


utyymrituir7tiu (24)


自分達がいいと想った事が、見てくれた方に

共感頂けて、とても嬉しかったです


これからも、フィットらしいクルマ作りで


utyymrituir7tiu (29)


いこうと確信できた良い機会になりました


ショーへの出展をサポート頂いた皆さま、

会場でお立ち寄り頂いた皆さま、


どうも、ありがとうございました


[ 2023/12/10 17:34 ] EVENT & CAR SHOW REPORT | トラックバック(-) | コメント(-)

ホットロッドカスタムショー 2023



 ホットロッドカスタムショーが終わると

師走の年末に切り替わり


急に年末感が増す、今日この頃


1E9A2110-DFA1-4581-A156-FB74B34D79C7C (23)


なんて、ブログが滞った言い訳を

探してみましたが、見付からないので


ただの怠慢で、申し訳ございまめん、、、、、


1E9A2110-DFA1-4581-A156-FB74B34D79C7C (22)


先週末はホットロッドカスタムショー


今年もみんなで出展しに行ってきまして

その時の様子を少々


1E9A2110-DFA1-4581-A156-FB74B34D79C7C (3)


今年は会場のパシフィコ横浜に

朝7時に搬入の枠だったので


朝5時にフィットで車を積載車に積み


1E9A2110-DFA1-4581-A156-FB74B34D79C7C (4)


みんなで6時前に出発して横浜へ


今年もセットアップ作業に広島から

1956 BUICKのY室さんや  


utyyrituir7tiu (3)


沖縄からDOT.ONEのK橋川さんも

金曜に横浜入りし、参加してくれまして


自身もオールドメルセデスを所有してて


1E9A2110-DFA1-4581-A156-FB74B34D79C7C (7)


今年レストアを終えて乗り出した、

1960 IMPALA乗りでもある、N島さんや


1956 BELAIR CONV1955 CHEVY 210


utiotyiotyioryi (1)


1937 ZEPHYR COUPEアパ太郎など


FITのプロジェクトカーや、他にも沢山の

クルマの塗装を担当してくれたり


utyyrituir7tiu (4)


utyyrituir7tiu (5)


今回はショー前に白いメルセデスの

ボディを綺麗に磨いてくれた


H末自動車のMりさんも参加いただき


utyyrituir7tiu (6)


今年は4台分のスペースを使って

2台のメルセデスの展示を進めます


会場内にクルマ2台を降ろしたら


utyyrituir7tiu (7)


1E9A2110-DFA1-4581-A156-FB74B34D79C7C (15)


まずは床に木目調のシートの施工へ


ホットロッドカスタムショーでは

会場の床がコンクリートなので


utyyrituir7tiu (8)


1E9A2110-DFA1-4581-A156-FB74B34D79C7C (12)


クルマの雰囲気や、演出したいイメージに

合わせて、床にはカーペットやファー、


白砂を敷いたりしてきましたが


1E9A2110-DFA1-4581-A156-FB74B34D79C7C (5)


1E9A2110-DFA1-4581-A156-FB74B34D79C7C (10)


今年はメルセデスを展示するにあたり


どのような雰囲気で展示するかで

見てくれた方の印象も変わると思うので


1E9A2110-DFA1-4581-A156-FB74B34D79C7C (11)


みんなで事前によく相談して決めていき


クルマのエレガントさを活かすように

当時のメルセデスディーラーのような


1E9A2110-DFA1-4581-A156-FB74B34D79C7C (28)


高級感のある演出の展示を目指しまして


イメージを共有できるように、事前に

CGでイメージ画像を作ってもらい


utyyrituir7tiu (15)


床は木目調のシートを施工し、


今年も12mx6mとブースが大きいので

床が曲がってしまわないように


1E9A2110-DFA1-4581-A156-FB74B34D79C7C (1)


レーザーレベルを使って墨だししたら

固定用の両面テープを張りながら


シートにシワが出来ないように

みんなで試行錯誤で敷いていきまして


1E9A2110-DFA1-4581-A156-FB74B34D79C7C (9)


床材を敷き終えたら、クルマを置きますが


床のシートの上をタイヤが通ると

シートが汚れたり、切れたりしないよう


1E9A2110-DFA1-4581-A156-FB74B34D79C7C (13)


養生しながらクルマを乗り込みまして


メルセデスは車高を下げると、タイヤが

大きくハの字を切っていくので


1E9A2110-DFA1-4581-A156-FB74B34D79C7C (16)


ライドハイトで乗り込んだ後に車高を

下げるとリアタイヤが外に広がり


床材を引っ張るので、切れないように


1E9A2110-DFA1-4581-A156-FB74B34D79C7C (26)


車高を下げた状態で走らせて乗り込み


フロントタイヤもステアリングを切ると

床材を引っ張ってしまうので、


1E9A2110-DFA1-4581-A156-FB74B34D79C7C (27)


タイヤ跡や床材がちぎれないように


床材の上でステアリング操作しないよう

車高を下げた状態で真っ直ぐ進入


1E9A2110-DFA1-4581-A156-FB74B34D79C7C (25)


クルマを展示位置に入れたら


輸送中にクルマに付いたホコリや

汚れを掃除して、仕上げする人達と


1E9A2110-DFA1-4581-A156-FB74B34D79C7C (24)


照明や、ディスプレー品のセットを

進める人達に分かれて進めていき


今回、照明はスポットライトは使わず、


hufdyguuii7454544456565656 (2)


高級感を演出するために

外周だけに間接照明を配置


クルマの紹介は、ショーボードではなく

カーショーには不向きかもしれませんが


utyyrituir7tiu (12)


あえて商業的なデザインの

インフォメーションパネルを使用し


記載する内容も、行ったカスタムの内容を

箇条書きにするショーボード式ではなく


hufdyguuii7454544456565656 (6)


車名と年式と、なぜホットロッドショーに

メルセデスを持ってきたのかに絞り
 

アメリカ車のカーショーを見に来る方は


hufdyguuii7454544456565656 (3)


ドイツ車に興味や、知識がある方は

少ないかもしれないですし、クルマを見て


「おっ!? かっこいいじゃん」 と、

今までドイツ車に興味もなかったけど


hufdyguuii7454544456565656 (4)


クルマを見たら、アメ車以外でカスタム

するのもありだねと思ってくれた方が


抵抗なく、さっと読めるように 20秒で

コンセプトを伝える文字数に設定


hufdyguuii7454544456565656 (5)


頑張って作ってきた車だからこそ、

伝えたいことが多過ぎて、


書くことが増えてしまいがちですが

読むのが面倒になったら、かえってマイナス


hufdyguuii7454544456565656 (1)


イメージとしては、美術館に行くと


展示してある絵画には、横に小さな

説明のパネルがあるのと同じような


utyyrituir7tiu (10)


最低限の文字数で作られた簡単な

説明の文言を目指して、作成を進め


”読むより見る” で、感じてもらえたらと


utyyrituir7tiu (9)


デザイナーさんにパネルを作ってもらいまして


ムーンアイズのショーにドイツ車を展示という

フィット史上、最大の問題作でしたが


utyyrituir7tiu (11)


それでも、なぜメルセデスを出展するのか

みんなで頭を捻ってプランニングし


サポートしてくれたクルーのみんなで

ショー会場で形にしていきまして


utyyrituir7tiu (2)


フィットらしい、いいクルマに仕上がったからこそ


見てくれる方々、興味を持ってくれた方に

言葉にしないメッセージを込めてディスプレー


utiotyiotyioryi (2)


クルマの詳細や、内容を沢山書けば

伝わりやすいと思いますが


伝えたいけど、あえて書かないと決めて


utyyrituir7tiu (13)


それなら、どう演出するのか考えるのは


新しい挑戦だったので良い経験になりましたし、

やれることの幅が広がったと思うので


utyyrituir7tiu (14)


ロッドショーにメルセデスという問題作も、

今回のディスプレーも、大きな収穫でした


セットアップ後の様子はまた後日!


サポート頂いた皆さま、ありがとうございました!



[ 2023/12/08 10:26 ] EVENT & CAR SHOW REPORT | トラックバック(-) | コメント(-)

FOR SALE 1962 Mercedess 220SEb



 FOR SALE の お知らせです


1962 メルセデス 220SEb カブリオレ

2023年のHRCSに出展した車両です


hufdyguuii7454544456565656 (12)


1961年にダイムラーベンツ創立75周年の

記念モデルとして誕生した車で


中でもカブリオレは、1961~1965の5年間で


hufdyguuii7454544456565656 (6)


オールハンドメイドで、2700台だけしか

製造されなかった超希少車


ドイツの超有名オールドカースペシャルショップ、


hufdyguuii7454544456565656 (2)


THIESEN automobileでフルレストア済みの車両を


日本のオールドメルセデスの会の会長さんが

THIESENで購入して輸入、以後、日本では


hufdyguuii7454544456565656 (3)


京都府の老舗オールドメルセデス専門店

WERKEさんがサポートしていたクルマで


沢山のオールドメルセデス愛好家の中でも


hufdyguuii7454544456565656 (4)


限られた人で構成されている、


メルセデスベンツベテランクラブ

所属している前オーナーの愛車でもあり


IMG_2862.jpg


フルレストア済で、機関系の整備も行き渡った

由緒正しき極上車を譲り受けまして


あっという間に、カスタムしたりエアサスを


IMG_2861.jpg


組んだとは口が裂けても言えませんが


フィットがアプローチするとこうなったという

カッコいいクルマになったと思います


IMG_2860.jpg


そんな1962 メルセデス カブリオレ カスタム、

カスタムしている様子は下記から御覧頂けます

            ↓
http://fitkustoms.jp/blog-category-108.html


hufdyguuii7454544456565656 (9)


機関良好、クーラーもビンビンに効きますし

エアサスも快適に乗れるようにセットアップ済み


全国陸送、名義変更手配も可能ですし


hufdyguuii7454544456565656 (8)


購入後のサポートも、日本全国どこであろうと

しっかり対応していきます


車検は25年7月まであり、すぐに乗れます


utyymrituir78tiu (16)


車両は フィットで保管中ですので

現車確認をご希望の場合も


お気軽に問い合わせください


utyymrituir78tiu (15)


THANK YOU SOLD !

E-MAIL : info@el-classico.com 
PHONE : 048-933-9703


FUNK STA 4 LIFE!!!!!!!!


[ 2023/12/07 18:09 ] FOR SALE * SOLD * | トラックバック(-) | コメント(-)

FOR SALE 情報


FOR SALE 情報


≪当社在庫車両≫


ちぇtyくぇえt (1)


1947 CHEVY FLEETMASTER CONVERTIBLE


216 & 3MT, HYDROLICS, NEW PAINT, NEW INTERIOR,

NEW CHROME, NEW GLASS, NEW HARNESS, 

VISOR, SKIRTS, SPOT LIGHTS, MANY ACCESSORIES


1480万+TAX 

通関済 国内未登録





yruryuyruutuwr6uw (2)


1971 WINNIEBAGO F17  


REBUILD LS MOTOR& REBUILD 4L60E, ELECTRIC POWER BRAKE,

DAKOTA DIGITAL RTX GAUGE, CUSTOM CRYSTAL STEERING,

TILT STEERING COLOMN、 APPLE CAR PLAY AUDIO SYSTEM,

KICKER SPEAKER、AROUND VIEW SYSTEM 、ETC、DIGIAL MIRROR 

NEW INTERIOR、NEW WINDSIELD、 CYCLE RACK、 OTHER


8ナンバー 車検令和7年5月迄 1100万+TAX




dfrgwgqwrg (3)


1949 CHEVROLET SUBURBAN  


235 & 3MT, FULL RESTORERATION, NEW PAINT, NEW INTERIOR,

VISOR, FENDER SKIRTS, TRIM, MANY ACCESSORIES


ROADSTER SHOP CHASSIS, LS3&4L60E SWAP予定

BIG PROJECT CAR! Coming Soon

通関済 国内未登録





fsfgsfgasfgsaf (8)


1950 CHEVROLET SUBURBAN  


235 & 3MT, FULL RESTORERATION, NEW PAINT, NEW INTERIOR,

VISOR, FENDER SKIRTS, TRIM, MANY ACCESSORIES


ROADSTER SHOP CHASSIS, LS3&4L60E SWAP予定

BIG PROJECT CAR! Coming Soon

通関済 国内未登録




20170630_092940.jpg


1937 LINCOLN ZEPHYR  


ROADSTER SHOP CHASSIS, LS3&4L60E, ACCUAIR, FULL RESTORERATION

NEW PAINT, NEW INTERIOR, NEW CHROME, NEW GLASS,

BIG PROJECT CAR! ASKING!

通関済 国内未登録





≪委託車両≫

1A635BAD-2853-4B11-994B-5E7BA7D4D4Bh6 (7)


1966 LINCOLN CONTINENTAL


LS2 MOTOR&4L60E SWAP, AIR SUSPENSION, ACCUAIR

CUSTOM 20" BILLET WHEEL & W/W TIRES,

CUSTOM DASH, CUSTOM INTERIOR, CUSTOM STEERING WHEEL,

DAKOTA DIGITAL GAUGE, AIR CONDITIONING, OTHER


車検付き 1780万+消費税



opuiorftuys (2)


1963 CHEVROLT C10


LS MOTOR&TH350 SWAP, AIR SUSPENSION,

PORTER BUILT MUSTANG2 IFS & C-ING 4LINK

22" WHEEL & VOGUE CUSTOM BUILT W/W TIRES,

AIR CONDITIONING, TILT COLUMN, OTHER



1968 SPOTTY SLAMMED TRAILER

VINTAGE CAMPING TRAILER,

C-ING & Z-ING CUSTOM FRAME

AIR RIDE, NEW INTERIOR


どちらも車検付き セットで1180万+消費税




kudtuituitutuiululyyu (9)


1940 CADILLAC LASALLE


CHOP TOP&HARD TOP、40 FORD HEADLIGHT 

TAIL LAMP CONVERSION、OTHER MANY BODY CUSTOM

CADILLAC MOTOR&TH400 SWAP、CAMARO FRAME SWAP,

REAR 4 LINK, POWER STEERING、 POWER BRAKE

AIR SUSPENSION, ACCUAIR, W/W TIRES & HUBCAPS

車検付き 450万+消費税



お気軽に お問合せ ください
      
E-MAIL : info@el-classico.com  

PHONE : 048‐933-9703




[ 2023/12/06 21:59 ] FOR SALE | トラックバック(-) | コメント(-)

1964 メルセデス W111 220SEb カブリオレ



 1964 MERCEDES W111 カブリオ


ホイールキャップを純正をレストアして

本鏡面仕上げで綺麗になりまして


bfdghrg (5)


ホイールアーチに付くモールを

取り付けすることとなり


新品を探して取り寄せまして


fhsjfywrsyurtsyet99y (1)


素材はステンレス製で、パッと見

綺麗で光ってはいるのですが


ステンレスのモールやトリムでは


fhsjfywrsyurtsyet99y (2)


fhsjfywrsyurtsyet99y (3)


ポリッシュの仕上げ具合が 

標準的なレベルなので


バフ目が残っていたり、光具合もイマイチ 


fhsjfywrsyurtsyet99y (5)


fhsjfywrsyurtsyet99y (4)


普段使いのクルマに付けるなら

気にならない仕上がりですが


ショーn出すクルマには、ビカっと


fhsjfywrsyurtsyet99y (7)


光っているモノを付けたいですし


すぐ近くの御ィールキャップは

本鏡面で、その近くのトリムが


fhsjfywrsyurtsyet99y (9)


光り方が鈍く、くすんでいると

違和感も出てしまうので


フェンダーアーチトリムも磨き直しへ


fhsjfywrsyurtsyet99y (8)


トリムをあらためてフィットで磨き直し

本鏡面仕上げまでもっていき


手前が磨き直したもの、奥が磨く前の新品


fhsjfywrsyurtsyet99y (11)


写真を見て、「 うーん、よく解らん 」

という方も多いと思いますが


実際に肉眼で現物を見ると


fhsjfywrsyurtsyet99y (10)


くすんで曇ったビレットホイールと

新品のクロームのホイールの違いの


5分の1くらい、差があると思います


fhsjfywrsyurtsyet99y (12)


余計にわからんとなりそうですが、


ホイールキャップもトリムも人生も

光っている方が良いですねという事で


bfdghrg (6)


残り3箇所のホイールアーチトリムと、

人生のポリッシュも頑張ります


FUNK STA 4 LIFE !!!!!!!



[ 2023/12/03 08:04 ] 64 MERCEDES 220SEb CABRIOLET | トラックバック(-) | コメント(-)

1962 メルセデス 220SEb カブリオレ

 
 1962 MERCEDES 220SEB カブリオ


塗装の補修と、ボディの磨き作業を

オートコネクションさんにお願いして


fgsfggr7 (1)


右側のドアと、クォーター部分に塗装が

密着不良で浮いてしまった部分があり


その周辺を剥がして、塗装のやり直しと


fgsfggr7 (4)


リアバンパーをぶつけたときに押されて、


バンパーの先端がボディーを突いたと

思われる凹みも修理してもらい


fgsfggr7 (2)


ワイパーカウルの塗装にだけ

小さいブツブツがあったので


塗装を剥がして鉄板を出して確認


fgsfggr7 (3)


錆び止めを施して、塗装してもらい


他のエリアの塗装も磨いてもらい

綺麗になってフィットに帰ってきまして


fgsfggr7 (5)


リアバンパーは、凹みの修理と、

ブラケットの加工を終えたら


その日のうちにメッキ屋さんに持ち込み


dhthetety8ty7yet5 (2)


リクロームのお願いをしてきまして


ショーに間に合わなくならないよう、

メッキ屋さんには、2ヶ月前くらいから


dhthetety8ty7yet5 (3)


dhthetety8ty7yet5 (4)


お願いしてあったので、すぐに進めてもらい

預けた2日後に完成してきまして


仕上がりを確認したら、映り込みを見ても


dhthetety8ty7yet5 (5)


dhthetety8ty7yet5 (6)


歪みやゆらぎもなく、巣穴やピンホールも無い

完璧な状態で仕上がりまして


車が塗装と磨きから戻ってきたので


E75D3D37-437C-4723-9BE7-12652D336766.jpg


dhthetety8ty7yet5 (1)


リアバンパーの組み付けを進めていき

無事、リアバンパーの修理も完了です


FUNK STA 4 LIFE !!!!!!!



[ 2023/12/02 07:34 ] 62 MERCEDES 220SEb CABRIOLET | トラックバック(-) | コメント(-)

1964 メルセデス 220SEb カブリオレ



 1964 MERCEDES W111 カブリオ


ホイールと、ホイールキャップは変更せず

純正を綺麗にして使いますが


used-1964-mercedes_benz-220se_cabriolet--5973-2194246.jpg


4枚どれをとっても、ガリガリのボコボコ


乗ってた人は、そんなに運転下手なのか⁉ 

って、馬鹿にしてたけど 


dgywetywetet65656et (1)


僕の足車も、見ると4枚ガリガリ君。。。。。


メルセデスのホイールキャップは

綺麗に仕上げ直したいけど


dgywetywetet65656et (2)


周囲のガリ傷は、裏側が折り返して

耳になっているので、裏から叩けず


鈑金するのが困難な構造だったり


dgywetywetet65656et (3)


傷や凹みも沢山あって、直すのが

タイヘンだなぁなんて言ってたら


60 IMPALA乗りのN島さんが同じ

ハブキャップを沢山持ってるから


dgywetywetet65656et (4)


この中で使えるのがあればと

10枚くらい持ってきてくれまして


全部のホイールキャップを掃除して


dgywetywetet65656et (5)


真ん中部分がボディーカラーに合わせ

塗装されているのも剥離して


全面の傷や凹みを確認して見極めし、

綺麗に仕上げて使うベースを選定


dgywetywetet65656et (6)


傷や凹みを鈑金して修理したあと

ポリッシュしていきますが


ポリッシュした後にマークを残して

その中を塗装しようとすると


dgywetywetet65656et (7)d


円の周りをマスキングすると


マスキングテープのカクカクした跡が

塗装に出てしまい、カッコ悪いと


dgywetywetet65656et (8)d


塗装するか、全面ポリッシュ仕上げか


悩んでいたら、マスキングのカクカク

跡が出ないようにカバーする


bfdghrg (1)


マスキングツールなるものが存在し


それを被せて塗ればいいらしいので

試しに買って、取り寄せてみまして


bfdghrg (2)


塗って仕上げるか、塗らずに全面を


ポリッシュして仕上げるかで、ホイール

キャップの修理の仕方や


bfdghrg (3)


掛かる時間も変わってくるので、試しに

1枚を全面ポリッシュで仕上げて


クルマにあてがって、雰囲気を確認して

決めようという事になりまして


bfdghrg (4)


ピカピカのテロテロにしても、歪みや

ゆらぎがでないように丹念に鈑金し


素手で持つだけで傷が付くほどに


bfdghrg (7)


磨きこまれた本鏡面で仕上げ

ホイールキャップが完成し、


それはそれは息を飲むほど美しく


bfdghrg (9)


ボディカラーと同じ色だと可愛いなあ

なんて思っていましたが


とてつもない時間と手間を掛けて

仕上げてくれた職人に、


bfdghrg (10)


「 やっぱ、白く塗ります!」 とは、

とても言える雰囲気ではなく、、、、


残り3枚も、途方もない手間と時間をかけ


bfdghrg (8)


本鏡面仕上げに向けた鈑金と

ポリッシュ作業を進めてもらいます


FUNK STA 4 LIFE !!!!!!

[ 2023/12/01 08:21 ] 64 MERCEDES 220SEb CABRIOLET | トラックバック(-) | コメント(-)