FC2ブログ

1961 IMPALA CONVERTIBLE EL-CLASSICO VINTAGE and ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 61 CHEVY IMPALA CONV *T/L > 1961 IMPALA CONVERTIBLE

1961 IMPALA CONVERTIBLE



 I川さんの 1961 IMPALA CONVERTIBLE

不具合の修理作業で預かりまして


組んであったTUFのハイドロユニットを


へつえつうりゅ6567う57いryk (2)


SKIPPERのマニフォールドを使った

システムに載せ替えまして


トランクにはオーディオとモニターを設置して


へつえつうりゅ6567う57いryk (16)


内装を作ってあり、その内装の裏に

ハイドロユニットが組んであるので


トランクに組んである内装パネルの


へつえつうりゅ6567う57いryk (1)


形状は変えられないので、内装に

影響が出ないように収めようと


出来るだけ小さくレイアウトしましたが


へつえつうりゅ6567う57いryk (4)


ユニットとアキュムレーターを

脇のスペース内で配置を終えて


内装を仮り合わせしてみたら、


へつえつうりゅ6567う57いryk (3)


へつえつうりゅ6567う57いryk (5)


内装の裏側の前方に、大きく三角に

出っ張っている部分があり


アキムレーター類に当たってしまうので


へつえつうりゅ6567う57いryk (7)


へつえつうりゅ6567う57いryk (8)


アキュムレーターの位置を変更し


どうにか限られたスペース内で

収まるようにしようと頑張るも


へつえつうりゅ6567う57いryk (9)


三角の出っ張りの先端が、ホースの

金具部分に近くなって擦るのと


減衰力の調整で操作するバルブの


へつえつうりゅ6567う57いryk (10)


ハンドルが出っ張りに隠れてしまい

手が入らないので触れなくなってしまい


この先、アキュムレーターの調整を


へつえつうりゅ6567う57いryk (11)


したいときには、そのたびにモニターや

内装を分解しないといけなくなるので


三角の出っ張り部分は、何かと接続したり


へつえつうりゅ6567う57いryk (12)


へつえつうりゅ6567う57いryk (13)


補強のために作られているようではなく

反対側には出っ張りもないので


構造的に残す必要がない部分なので


へつえつうりゅ6567う57いryk (14)


I川さんに了解をもらって、出っ張り部分の

先端部分をカットさせてもらいまして


切断した部分は、違和感が出ないように 


へつえつうりゅ6567う57いryk (17)


へつえつうりゅ6567う57いryk (19)


周囲と馴染むように滑らかに削ったら


車両に仮組みして、クリアランスや

ハンドル操作ができるかチェックし


へつえつうりゅ6567う57いryk (18)


へつえつうりゅ6567う57いryk (20)


問題ないことを確認しまして


それでもハイドロの各部と内装の

クリアランスはギリギリですね


へつえつうりゅ6567う57いryk (21)


確認を終えたら、最後に切断した

部分を周囲と同じ色で塗装して


このクルマのハイドロは、バネ無しの


へつえつうりゅ6567う57いryk (15)


アキュムレーター組みのシステムで


アキュムレーター内のガスの圧力を

車重に合わせて調整して 


へつえつうりゅ6567う57いryk (22)


緩衝装置になるようにセットアップします


預かったアキュムレーターも、マニ同様

中古品との事なので、正常に使えるのか 


へつえつうりゅ6567う57いryk (23)


別のクルマで使っていたもので、このクルマに

合わせて調整はされていないはずなので


その辺りの点検、確認も進めていきます


[ 2024/04/21 10:30 ] 61 CHEVY IMPALA CONV *T/L | トラックバック(-) | コメント(-)