FC2ブログ

ACCUAIR  1955 BUICK EL-CLASSICO VINTAGE and ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > ACCUAIR SUSPENSION > ACCUAIR  1955 BUICK

ACCUAIR  1955 BUICK



 Hさんの 1955 BUICK ROADMASTER


エンジンが掛からなくなったのと

ACCUAIRの修理などで預かりまして


202403201333086689 (2)


フロントのハイトセンサーの移設を終え

リアのセンサーに進みまして


リアは、車高の変化による上下だけでなく


tehehe7h8e8et (37)


路面に合わせて、デフが傾くサイドトゥの

状態も考慮しないといけないので


様々な動きを再現しながら模索していき


tehehe7h8e8et (16)


どこに組むのが良いのか決めたら


センサーを固定するブラケットは

ボディからフレームに変更して


59595gfds99daf98adafad (11)


設計したブラケットを溶接していき

ロワーアームにもタブを溶接


センサーを移設した付近には


59595gfds99daf98adafad (12)


ブレーキのホースも通る部分で


ブレーキホースは、ロワーアームの

下を取り回されており


kdsmkkmggadf_9 (22)


車高を上げても下げても、地面や何かに

当たったり擦れることはありませんが


移設したハイトセンサーも、ロワーアームの


kdsmkkmggadf_9 (24)


kdsmkkmggadf_9 (23)


下に出る構造になるので、万が一

地面に出っ張りなどがあっても


センサーやブレーキホースを守れるよう


kdsmkkmggadf_9 (25)


kdsmkkmggadf_9 (26)


ガードを製作して、アームに溶接しておき


溶接したブラケットに錆び止めを塗り

乾いたら、組み立てていきまして


kdsmkkmggadf_9 (27)


次はサイドトゥしたときにロワーアームと


車高を下げていくとデフと干渉する

マフラーの手直しを進めていきます


[ 2024/03/29 12:30 ] ACCUAIR SUSPENSION | トラックバック(-) | コメント(-)