FC2ブログ

40 MERCURY *BREEZEE EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > カテゴリー - 40 MERCURY *BREEZEE

1940 MERCURY "BREEZEE"



 M本さんの 1940 MERCURY ”BREEZEE”


2リンク&ラテラルロッド構造だった

リアサスペンションを改良を進めまして


gdahtesrsartaet98th98th (5)


既に完成しているボディとペイント、


Cノッチフレームと2リンク&ラテラルの

足回り、それに合わせて作ってある 


gdahtesrsartaet98th98th (4)


ひな壇の形状に合わせて、リアシートも

骨格、取り付けベースも作ってあるので


それらを加工となると、超大事に発展


gdahtesrsartaet98th98th (1)


また年単位での作業が生じてしまうので


現在のボディ、メインフレームを変えず

限られたスペースの中でリンク化するため


gdahtesrsartaet98th98th (2)


アッパーアームは、フレーム側は2点支持、

デフ側は1点支持の構造で設計し、


いわゆる、”Yボーン”タイプで製作しまして


gdahtesrsartaet98th98th (3)


デフが並行に上下するようになり


ホーシングが上がってきた時にくる

バンプストップの位置も変更したら


gdahtesrsartaet98th98th (20)


デフにはアッパーアームのブラケットが

追加され、エアバックの位置と


リアショックの位置も変更したので


gdahtesrsartaet98th98th (7)


gdahtesrsartaet98th98th (6)


以前のデフと、リンクに合わせて作った

ブレーキパイプが合わなくなり


新しく、引き直していきまして


gdahtesrsartaet98th98th (8)


デフの上の分岐から、左右のドラムへの

パイプを作り直したら


メインフレームから、デフとの間の


gdahtesrsartaet98th98th (15)


gdahtesrsartaet98th98th (9)


ブレーキホースの手前までのパイプも


アッパーアームのブラケット用の

クロスメンバーの追加や


gdahtesrsartaet98th98th (11)


gdahtesrsartaet98th98th (10)


エアバックの位置の変更に伴い


デフを上下させて動きを確認しながら

潰れたり、挟まる事がない位置で


gdahtesrsartaet98th98th (16)


gdahtesrsartaet98th98th (17)


マフラーに近くなって、熱害が

出ない位置を探りながら


新しく作り直していきまして


gdahtesrsartaet98th98th (18)


リアサスペンションの変更に伴う


ブレーキパイプとエアバックの

チューブの引き直し、ACCUAIRの


gdahtesrsartaet98th98th (19)


ハイトセンサーの配線と、近接スイッチの

配線の取り回しの変更を終えたら


次は燃料ラインの引き直しを進めます


[ 2024/02/27 16:42 ] 40 MERCURY *BREEZEE | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 MERCURY "BREEZEE"



 M本さんの 1940 MERCURY ”BREEZEE”


2リンク&ラテラルロッド構造だった

リアサスペンションを改良中


products-r-joint_exp_view_s_j93o-lk.jpg


アッパーアームは、フレーム側は2点支持、

デフ側は1点支持の構造で設計し、


いわゆる、”Yボーン”タイプで製作しまして


RideTech-PRI-Show-2017-new-products-2.jpg


デフ側の接続部分は、リンクの支点部分で

使うのには最適な、”R-JOINT”を使用


R-JOINTを取り付ける雌ねじ部分は


ghdh5e6tyh5etyre6w5h65et6h (1)


溶接の熱で歪みが出るので、ねじ山が少し

渋くなったので、リタップしておきまして


R-JOINT側も、仮組みした際にねじ山が


ghdh5e6tyh5etyre6w5h65et6h (2)


傷んだ可能性があるので、こちらも修正


車高を下げた時に、デフが上がってきて

フレームに金属どうしで直接当たって


ghadhadhghaehaeta.jpg


壊れないようにする、バンプストップは


リンク方式が変わって、車高の変動で

デフが前後したり、傾かなくなったので


ghdh5e6tyh5etyre6w5h65et6h (4)


ghdh5e6tyh5etyre6w5h65et6h (3)


これまで取り付けてあった位置と

ずれて合わなくなったので


Cノッチしたフレームの下にあった


ghdh5e6tyh5etyre6w5h65et6h (5)


バンプストップは、新しく追加した

クロスメンバーに移設することに


今度はホーシング側にバンプストップの


ghdh5e6tyh5etyre6w5h65et6h (6)


タブ ブラケットを取り付ける構造に設計し



車高を下げた時にちょうどいい高さで

バンプストップラバーに当たる寸法と


ghdh5e6tyh5etyre6w5h65et6h (7)


ホーシングの形状に合わせて作った

タブ ブラケットを溶接していき


バンプストップの移設作業も完了


ghdh5e6tyh5etyre6w5h65et6h (8)


この後、色々と仕様変更となったホーシングに

合わせてブレーキパイプを製作したら


リアサスペンションのアップデートが完了です


[ 2024/02/25 17:00 ] 40 MERCURY *BREEZEE | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 MERCURY "BREEZEE"



 M本さんの 1940 MERCURY ”BREEZEE”


2リンク&ラテラルロッド構造だった

リアサスペンションを改良中


あさえうrhflpf998656 (23)


リンク方式を変更して、車高が上下しても

デフが傾かないようにしたので


デフが傾くのが前提の構造で作ってあった 


あさえうrhflpf998656 (21)


エアバックがブラケットは、新しいリンクでは

位置や角度が合わなくなりまして


既に位置を直すためでしょうか、幾つも穴が

開いてたり、長穴に加工した跡がありますが


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (19)


新しいリンクの動きには、どれも適合せず

新しい穴を開けないと合わないのですが


穴だらけだったり、隣の穴にかぶったりするので


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (17)


強度も落ちて、見た目も悪くなるので


フレーム側のエアバックの上側を固定する

”エアバックマウント部分”も作り直し


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (25)


リアフレームのクロスメンバーにエアバックを

取り付ける穴を開けた鉄板を渡して


溶接してある構造のエアバックマウントなので


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (27)


これまでの鉄板と同じ寸法で鉄板を切り出し


新しいリンク方式で、エアバックが正しく

伸縮する位置に穴を開けたら


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (15)


これまでのプレートを全て切り取って摘出し

新しい鉄板に差し替えて、接合しまして


事前に検証して位置出しをしたショックマウントや


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (14)


今回、新しいリンクのアッパーアームを

取り付けるための長いクロスメンバーは


たわみやねじれへの耐性をあげるため


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (18)


中間部分で既存のクロスメンバーとも

タブを作って接合しておきまして


追加したクロスメンバーの両端部分は


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (16)


フレームにしっかり溶接していきますが


フレームの内側を本溶接するときに

溶接の熱歪みが出る方向が


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (26)


フレームの外側が離れる方向に反る力が働くので


内側を本溶接する前に、外側に動かないよう

鉄板を溶接して、くさびも入れて抑えながら


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (23)


フレームの内側部分を溶接したら、


溶接しろを増やして、接合部分の強度を

上げるため、クロスメンバーの内部と


フレームを溶接して接合していき


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (24)


クロスメンバーの端の部分は、フレームと

渡すサイズで鉄板を切り出して、


断面を蓋をして補強しながら、フレームとの

接合部分を増やして補強したら


ghdheth216eth (1)


フレーム側の加工と本溶接が完了となり


インナーフェンダーがあるとクロスメンバーを

追加する作業でアクセス出来ないので


ghdheth216eth (2)


一度インナーフェンダーを切り取って

サービスホール化していた部分を戻し


インナーフェンダーの再生も完了です



[ 2024/02/24 17:00 ] 40 MERCURY *BREEZEE | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 MERCURY "BREEZEE"



 M本さんの 1940 MERCURY ”BREEZEE”


2リンク&ラテラルロッド構造だった

リアサスペンションを改良中


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (1)


新しいアッパーアームと、デフの動きを

現物でも動かしながら確認を行い


デフに取り付けるエアバックやショック、


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (3)


アッパーアームのブラケットや


フレーム側に付けるブラケットの

仮溶接を済ませたら、


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (6)


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (12)


本溶接を行うため、デフをクルマから

外して単体にして、溶接がし易い状態で


ラックに固定して、準備しまして


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (7)


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (10)


ホーシングに付ける、アッパーアームの

ブラケットは、車高が下がった時に


デフが上がってきても、ブラケットと


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (22)


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (31)


クロスメンバーが干渉しないように


ブラケットを設置しても、出来るだけ

高さが出ない設計になっており


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (39)


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (34)


ホーシングへの接合部分も、横方向や

引っ張られる荷重に対しての


強度を考慮し、ベースプレートを介して


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (35)


接合する構造に設計されており


ただ溶接で付ければよいのではなく

溶接の特性を熟知しての構造ですね


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (28)


エアバックのブラケットは、これまでと

リンク方式が変わったので


車高の変動に伴う、デフの傾きが変わり


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (9)


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (8)


今までのエアバックのブラケット位置と

角度だと、綺麗にストロークしなくなり


新しいリンクでのデフの動きに合わせた


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (37)


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (36)


エアバックのマウントブラケットを

上下とも新しく作り直して本溶接


ショックのマウントのロワー側も 


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (29)


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (21)


既存のブラケットを摘出して、新規で

適切な位置と角度になる場所に移設し


ショックのスタッド部分とホーシングに


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (30)


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (38)


少し距離が出来るので、横方向の

荷重に負けないように


ホーシングとブラケットの隙間に合わせ


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (32)


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (33)


鉄板を切り出して、隙間にいれて

溶接することで補強していき


ホーシング側の本溶接が完了


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (5)


この後、ショックのロワーマウント

ブラケットの溶接跡は仕上げして


フレーム側の本溶接に進みます


[ 2024/02/20 16:09 ] 40 MERCURY *BREEZEE | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 MERCURY "BREEZEE"



 M本さんの 1940 MERCURY ”BREEZEE”


2リンク&ラテラルロッド構造だった

リアサスペンションを改良中


あさえうrhflpf7998656 (25)


Cノッチして、2リンク&ラテラルロッドで

作ったサスペンションの構造に合わせて


クロスメンバーやボディのひな壇が作ってあり


あさえうrhflpf7998656 (26)


それらを壊して作り直しせずに


スペースの制限をクリアしながら

どう作るか検証して設計した


あさえうrhflpf7998656 (28)


アッパーアームの構造で問題ないことを

仮付けの状態で実際に可動させ


確認を終えたので、本溶接を進めまして


あさえうrhflpf7998656 (29)


開先部分は深くまで溶かしながら

1周しっかり溶接したのち、


さらにその上から溶接していき



あさえうrhflpf7998656 (6)


パイプの接合部分も、リブが入る部分も

リブに切り欠きを作っておき


その隙間から1周巻くように溶接し


あさえうrhflpf7998656 (7)


しっかり強度を出していきまして


ホーシングに付ける、アッパーアームの

ブラケットは、車高が下がった時に


あさえうrhflpf7998656 (21)


デフが上がってきても、ブラケットと

クロスメンバーが干渉しないように


出来るだけ高さが出ない設計にしたので


あさえうrhflpf7998656 (22)


ホーシングに取り付けしたあとは

裏側はクリアランスがなくなり


錆び止めの塗装が入らないので


あさえうrhflpf7998656 (23)


ホーシングに溶接する前に塗装しておき

再度、ブラケットをホーシングに仮組みし


リンク方式が変わったので、これまでと


あさえうrhflpf7998656 (15)


あさえうrhflpf7998656 (16)


車高の変動に伴う、デフの傾きが変わり


今までのエアバックのブラケット位置と

角度だと、綺麗にストロークしなくなり


あさえうrhflpf7998656 (18)


あさえうrhflpf7998656 (17)


リアショックもほぼ垂直に組んであったので

それだときちんとストロークしなくなるので


新しいリンクのデフの動きに合わせながら


あさえうrhflpf7998656 (14)


エアバックのマウントブラケットを

上下とも新しく作り直していき


ショックのマウントもアッパー側は新規で


あさえうrhflpf7998656 (11)


あさえうrhflpf7998656 (10)


ロワー側は、既存のブラケットを摘出して

適切な位置と角度になる場所に移設


デフを動かして、車高の変動を再現しながら


あさえうrhflpf7998656 (8)


あさえうrhflpf7998656 (12)


エアバックが綺麗にストロークして

周囲との干渉がない位置に仮付けし


リアショックもサイドトゥの動きをしても


あさえうrhflpf7998656 (9)


あさえうrhflpf7998656 (13)


ロッドに無理が掛からず、どの車高でも


ホーシングや周囲と干渉しない位置に

仮付けしたら、次は本溶接に進みます


[ 2024/02/14 17:00 ] 40 MERCURY *BREEZEE | トラックバック(-) | コメント(-)