FC2ブログ

ROADSTER SHOP CHASSIS EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > カテゴリー - ROADSTER SHOP CHASSIS

ROAD STER SHOP 1954 SUBURBAN


 S原さんの 1954 SUBURBAN


これまでの、オリジナルフレームを

カマロクリップ化して、Cノッチ加工


efくぇtがうぁs (8)


エアサスを組んであるシャシーから、


ロードスターショップで作ってもらった

スラムドシャシーに変更となりまして


efくぇtがうぁs (12)


試運転を重ねて、ダメ出しと対策を

繰り返しながら、かなり走り込んでいき


エンジンは調子良いのですが 


efくぇtがうぁs (9)


信号待ちの時に、時々ブルったり 

回転がハンチングするときがあり


燃料フィルターを見ると、燃料が


efくぇtがうぁs (11)


きちんと来ていない時があるので

燃料ポンプを新品に交換しまして


燃料はきちんと来るようになるも


efくぇtがうぁs (10)


まだ、たまにエンジンがブルつくので

ミクスチャーやタイミング調整をするも


改善しきらないので、キャブの分解調整へ 


efくぇtがうぁs (2)7


エーデルブロックのキャブは、フロートレベルの

調整が外から出来ない構造なので


キャブを分解する必要があり、分解すると 


efくぇtがうぁs (2)


紙のガスケットがベリべりになってしまい

組み戻せなくなるので、


ガスケットキットを取り寄せして、分解となりまして


efくぇtがうぁs (3)


各部の点検と清掃をしながら分解し、

フロートレベルを調整して組み戻し


再度エンジン調整を煮詰めていき


efくぇtがうぁs (4)


ハンチングとブルつきが改善されまして


一通りの作業を終えたので、S原さんに

クルマを納車する準備に進みまして


efくぇtがうぁs (4)7


ロードスターショップのフレームには


1台毎に製造番号が入ったプレートが

付いてくるので、取り付け場所を


efくぇtがうぁs (3)7


S原さんと相談しながら決めていき

リアのメンバーの右側に取り付け


沖縄にクルマを送る船に船積みする際


efくぇtがうぁs (1)


船会社の人に運転させたくなかったり


エアサスやハイドロが付いていると

車高が下がってきてしまうので


efくぇtがうぁs (6)


自走で船に載せ降ろしするのではなく、


大きな台のパレットにクルマを載せて

そこにクルマをベルトで固定したら


efくぇtがうぁs (5)


パレットをフォークリフトで持って

船に積み降ろしするので


パレットにクルマを載せたあとに


efくぇtがうぁs (7)


船が揺れたときに、パレットのうえで

クルマが動いてしまわないよう、


四方向にベルトで引っ張って固定しますが


efくぇtがうぁs (13)


ベルトをクルマに掛ける作業を船会社の

人にお願いすると、掛けやすい位置にある


アームやバンパー、ホイールに掛けてしまい


efくぇtがうぁs (14)


船で輸送中の3日間のうちに、エアサスや

ハイドロが下がってしまうと


ボディにベルトが食い込んで壊れたり


efくぇtがうぁs (15)


ベルトで引っ張られて、アライメントや

ホイールのバランスが崩れたりと


色々なトラブルを経験してきたので


efくぇtがうぁs (16)


パレットへの乗り込み、ベルトの固定まで

フィットのスタッフが行うようにしますが


迅速に作業が出来て、クルマを傷めないよう


efくぇtがうぁs (18)

 
ベルトを掛けて引っ張っても問題ない位置に

目立つ赤いベルトを取り付けておきまして


試運転中にブレーキダストで汚れた


efくぇtがうぁs (19)


ホイール、タイヤは取り外して綺麗にして


約9ヶ月間、様々な作業が続いたので

ボディや室内に傷や汚れがつかないように


efくぇtがうぁs (20)


ぜんぶ、養生をして作業していたので

養生も撤去して、綺麗に掃除をしていき


見た目こそ変わらないものの、外装以外


efくぇtがうぁs (21)


全てに手が入ったので、操作方法や

取り扱い方が変わったり内容に合わせ


新しいオーナーズマニュアルを作成


efくぇtがうぁs (22)


使用したパーツの説明書や、取付要領書、

引き直したハーネスの回路図に


設定したアライメントの数値などもファイルし


efくぇtがうぁs (23)


スペアのフューズもファイルに入れたら


ボディカラーに合わせて特注で作った

ステアリングホイールに変えたので


efくぇtがうぁs (25)


これまで付いていたステアリングや


車検用の触媒、タッチアップ用の

塗料など、S原さんに送る物を準備


efくぇtがうぁs (28)


タイヤとホイールを2セット預かってたので


車体に装着してない方のセットは

汚れないよう、袋に入れたのち


efくぇtがうぁs (26)


シートの上に積むことになるので


シートが汚れたり、跡が付かないように

養生して積み込みしていきまして


efくぇtがうぁs (17)


最後の試運転のあとに、リフトで上げて

ボルトやナットの緩みがないか点検し


フレームや足周りをはじめ、外装、


efくぇtがうぁs (30)


内装、エンジンルームをみんなで綺麗に

掃除して、納車準備が完了となりまして


長い時間が掛かってしまいましたが


efくぇtがうぁs (24)


フレームスワップと、様々な部分の

対策や補修、カスタムが完了し


とても良いクルマに仕上がったと思います


VIVA! S原さん! VIVA! S庭道場!


[ 2023/09/23 09:55 ] ROADSTER SHOP CHASSIS | トラックバック(-) | コメント(-)

ROAD STER SHOP 1954 SUBURBAN


 S原さんの 1954 SUBURBAN


これまでの、オリジナルフレームを

カマロクリップ化して、Cノッチ加工


yujrwrte6t56reyethet;htlhmrt,h;thekpe (1)


エアサスを組んであるシャシーから、


ロードスターショップで作ってもらった

スラムドシャシーに変更となりまして


ghh9r99rt6wrお (10)


試運転を重ねて、ダメ出しと対策を

繰り返しながら、かなり走り込んでいき


走行中の制動や、ブレーキ、エンジンと 


ghh9r99rt6wrお (11)


完成度の高いクルマになりましたが

ちょっと残念な部分が乗り心地。。。


今回使用したロードスターショップをはじめ


d23d3d97-1cb2-4a05-b62b-07408f938e94.jpg


アートモリソンなど、一流シャシーメーカーの

エアサス仕様のシャシーの構造は


フロントがマスタング2の構造になりますが


0b3c033b-4694-433d-9072-d11778649129.jpg


当時のクルマの純正フレームと比べると

上下のアームやコイルポケットが小さく


スウェイバーやショックも付くので、


14495551-4760-4aaa-9401-2b8331c802f3.jpg


エアバックを組むスペースが狭く、


周囲と干渉しないように使用するエアバックは

かなり小さいタイプが採用されていて


ghh9r99rt6wrお (27)


リアのエアバックはスリーブタイプを使用


小さいエアバックやスリーブタイプはバックの

容積にともなって空気量が少なく


ghh9r99rt6wrお (12)


車高を上げるには高い空気圧が必要になり


例えば大きなタイプのエアバックを使用すれば

ライドハイトまで車高を上げた時が65PSIでも


ghh9r99rt6wrお (13)


小さいタイプやショックウェーブなどだと

同じライドハイトにすると、110PSI。。。。


圧が高くなると、エアバックはパンパンで固くなり


ghh9r99rt6wrお (14)


走行中は跳ねるし、路面のデコボコを

吸収しきらなくなって、乗り心地が悪く


柔らかいショックを組んでも、沈み込む前に

跳ねてしまうので、跳ねが解消されず


ghh9r99rt6wrお (15)


固いスポーティーな乗り味が好き

という方も多いとは思いますが


沈み込みがない、跳ねるだけの足周りは

スポーティーとも違うと思いますし


ghh9r99rt6wrお (16)


僕たち的には、エアサスを組んだ足でも 

できるだけ、ふわっとした乗り味が理想


出来るなら大きなエアバックを組んで


ghh9r99rt6wrお (17)


低いエア圧で乗れれば、乗り心地も

良いクルマになりやすいのですが


スウェイバーやショックを組まずに


ghh9r99rt6wrお (19)


大きなエアバックを組んだら、本来の

性能以下になるので本末転倒。。。。


では、どうしたら乗り心地が良くなるか


ghh9r99rt6wrお (18)


これまでの経験や、知識を持ち寄り

みんなで相談した結果


完成しているフレームやエアサスの 

システムを大きく変えることなく


ghh9r99rt6wrお (21)


比較的簡単に追加できて故障しづらい

空気量を増やすシステムの骨太が完成


その構想をもとに、まずはこれまでの


ghh9r99rt6wrお (20)


エアバックと電磁弁の間にチーズを入れ


エアタンク代わりのエアバックを設置し

配管を接続して試運転したら、


ghh9r99rt6wrお (22)


実際に乗り心地がよくなったので

もっと乗り心地を良くできるか、


さらに大きなエアバックに組み換えて

試運転したら、さらに乗り心地が向上。


ghh9r99rt6wrお (23)


続いて、エアバックをサブタンクに使用すると

路面のバンプに合わせて、サブタンク側でも


伸縮してくれるので、より乗り心地が

より良くなるかと思ったら


ghh9r99rt6wrお (24)


沈み込みとは違い、ポワンポワンして

なんとも微妙な乗り味になったので


固いエアタンクの方が適しているようです


ghh9r99rt6wrお (25)


その後、小さなエアタンクと大きなタンク

どちらが乗り心地が良くなるかもテストし


大きなエアタンクの方が良かったのですが


ghh9r99rt6wrお (26)


サブタンクを追加すると、車高を上げる際

これまでよりも多くのエアが必要になり


車高が上がるまでの時間や、コンプレッサーが


ghh9r99rt6wrお (28)


動く時間も長くなるというデメリットも

生じる事になるので、実際にどれくらい


時間が長くなるのかテストしてみて、

あまりにも長くなるようだと


ghh9r99rt6wrお (2)


不便なので、このシステムを追加するのは

現実的ではないと判断しようよと検証


各作動の時間の計測も行ってみたら、

まぁ、許容範囲かなということで


ghh9r99rt6wrお (3)


ゴム製のエアバックは劣化し、常に動く

エアバックを設置する場所的にも


トラブルや故障がないエアタンクが最適となり


ghh9r99rt6wrお (3)


空気量を増やすためのエアタンクは

出来るだけ、エアバックの近くのほうが


空気が行き来し易く、効果が高くなるので


ghh9r99rt6wrお (5)


フェンダーの裏にあるスペースを利用し

エアタンクを設置するブラケットを製作


フェンダーとタイヤの隙間から手を入れて


ghh9r99rt6wrお (7)


コックに触れるように組付けしていき


タイヤの後ろに設置すると、タイヤが

巻き上げた小石などが当たって


ghh9r99rt6wrお (6)


ドレンコックが緩んだり、フィッティングが

破損して、エア漏れがおきないように


フィッティングは壊れづらい金属製を使用し


erqeroqerpqkf565 (2)


跳ね石、水が掛かるのを防ぐために

泥除けのフラップも取り付けまして


エア漏れが起きないか、3連休の間、


erqeroqerpqkf565 (1)


動かさずに様子を見たら、一般道と高速道路で

試運転して、作動確認も完了


不快だった固い乗り味は、かなり改善され


ghh9r99rt6wrお (4)


乗り心地がよくなるので、今後エアサスを組む

クルマにはこのシステムもお勧めしたいと思います


VIVA! S原さん! VIVA! S庭道場!


[ 2023/09/20 09:57 ] ROADSTER SHOP CHASSIS | トラックバック(-) | コメント(-)

1955 SUBURBAN



 S原さんの 1954 SUBURBAN


これまでの、オリジナルフレームを

カマロクリップ化して、Cノッチ加工


teqyeyrtyrtuito079pityyituiruiry (45)


エアサスを組んであるシャシーから、


ロードスターショップで作ってもらった

スラムドシャシーに変更となりまして


teqyeyrtyrtuito079pityyituiruiry (47)


ボディの搭載と、ロードスターフレームに

合わせたフロアの製作と


エンジン&オートマの搭載が終わり


teqyeyrtyrtuito079pityyituiruiry (48)


フレームに合わせて作り直すフロアは


形状が変わっても、できるだけ

これまでのカーペットがそのまま


teqyeyrtyrtuito079pityyituiruiry (5)


使えるように設計しているので

うまく張り直ししていきまして


teqyeyrtyrtuito079pityyituiruiry (3)


続いて、新しい位置のギアボックスとの

ステアリングシャフトの接続に進みまして


これまで使用していたステアリングコラムは


teqyeyrtyrtuito079pityyituiruiry (4)


社外品のチルトコラムで、操作性も良いので

そのまま継続して使用しながら、


ロードスターフレームのラック&ピ二オン


teqyeyrtyrtuito079pityyituiruiry (6)


ギアボックスに接続していきますが


以前、アメリカでコラムを交換した時に

ファイヤーウォールからコラムが出る


teqyeyrtyrtuito079pityyituiruiry (63)


部分の造り方がイマイチだったので


これではしっかり固定が出来ないのと

エンジンルームの熱気や臭いも


teqyeyrtyrtuito079pityyituiruiry (64)


室内に入ってきてしまうので対策へ


ダッシュ側のコラムマウントは、ブレーキの

ブースターマウントを兼ねており


teqyeyrtyrtuito079pityyituiruiry (10)


これではファイヤーウォールにマウントする

パワーブースターが付いており


ロードスターフレームでは、フレームマウント式


teqyeyrtyrtuito079pityyituiruiry (14)


今回、ブースター位置が変わるので


それに伴い、ブレーキペダル位置も

変わってくるので、踏みづらくならないよう


teqyeyrtyrtuito079pityyituiruiry (9)


それぞれの位置を事前にチェックしたら


これまでのブレーキペダル位置と

アクセルペダルも左側に寄っていて


teqyeyrtyrtuito079pityyituiruiry (8)


ステアリングコラムも、ファイヤーウォール部に

いくに従って斜めになっていて


どうも様子がおかしいことになっているので


teqyeyrtyrtuito079pityyituiruiry (11)


正確な計測が必要なので、レーザーを

飛ばしながら、1ミリ単位で計測したら


右側に約15ミリ弱、ずれていることが判明


teqyeyrtyrtuito079pityyituiruiry (12)


以前はフロントフレームがカマロの

フロントフレームを移植してあったので


その時のギアボックスの位置に合うように


teqyeyrtyrtuito079pityyituiruiry (13)


ステアリングコラム側を斜めにして

合わせるように取り付けしたか


ダッシュ側のコラムを固定するブラケットも


teqyeyrtyrtuito079pityyituiruiry (16)


teqyeyrtyrtuito079pityyituiruiry (19)


違うクルマのものを、サバーバンの

ダッシュに合うように加工してあるので


加工しやすい形状なりにコラムを組んだか


teqyeyrtyrtuito079pityyituiruiry (15)


teqyeyrtyrtuito079pityyituiruiry (18)


はたまた、どちらでもなく、深く考えずに

なんとなく真っ直ぐにと組んだのか


真相は解りませんが、コラムが斜めに付いてて


teqyeyrtyrtuito079pityyituiruiry (20)


ステアリングホイールも斜めになりますし


アクセルもブレーキもペダルが全体的に

左に寄っていたので、S原さんも乗っていて 


teqyeyrtyrtuito079pityyituiruiry (62)


違和感があったかもしれないので


コラムやペダル位置も修正しながら

作業を進めていきます


VIVA! S原さん! VIVA! S庭道場!



[ 2023/03/11 14:14 ] ROADSTER SHOP CHASSIS | トラックバック(-) | コメント(-)

1954 SUBURBAN



 S原さんの 1954 SUBURBAN


これまでの、オリジナルフレームを

カマロクリップ化して、Cノッチ加工


lskgpslgw665fgpkkhe (1)


エアサスを組んであるシャシーから、


ロードスターショップで作ってもらった

スラムドシャシーに変更となりまして


lskgpslgw665fgpkkhe (2)


リアのインナーフェンダーのカスタムと


ロードスターフレームに合わせた

フロアの製作を終えたら


yeuryueryuwrertwytwuruwr (1)


新しい断熱、防振材を施工していき


ロードスターフレームに合わせて

これまでよりも、ひな壇部分が


lskgpslgw665fgpkkhe (3)


高さが高くなって、なおかつ立ち上がる

部分が後ろに広がったので


仕上げてあった内装も手直しが必要に


lskgpslgw665fgpkkhe (5)


室内の側面に張ってあったレザーは


高い位置にきたインナーフェンダーに

合わせて張り直していき


lskgpslgw665fgpkkhe (4)


カーペットは、ひな壇の面積が大きくなり

インナーフェンダーの高さも増した分が


これまでのままでは寸法が足りなくなり


lskgpslgw665fgpkkhe (9)


継ぎ足すにも、日本で手に入るカーペットだと

アメリカ製の生地と質感や色が合わず


綺麗なので、全部新しく作り直すのも勿体ない。。。。


lskgpslgw665fgpkkhe (10)


ということで、今のカーペットを使ってナンとか

出来るようにアレコレ施して対処中


続いて、エンジン&ミッションの搭載作業へ


lskgpslgw665fgpkkhe (11)


ロードスターショップにフレームを注文する際


当初はフレームを変更するのに合わせて

LS3エンジン&4L60Eオートマに変更する


lskgpslgw665fgpkkhe (12)


予定だったので、作ってもらったフレームは

LS3エンジン用に作ってありますが


S原さんから、これまでの350エンジンと


lskgpslgw665fgpkkhe (13)


TH350オートマが調子良いので、

それをそのまま使いたいと変更になり


マウントブラケットは、LSエンジンと


lskgpslgw665fgpkkhe (14)


350は合わないので、350に合うように


実際にエンジン&オートマを搭載する

位置にセットして、製作していきます


lskgpslgw665fgpkkhe (16)


これまで搭載していたエンジンなので


ファイヤーウォールとエンジンや、

フロントランナーとラジエーターの


lskgpslgw665fgpkkhe (17)


位置関係をまったく同じに組めば、


ファイヤーウォールの加工や補機類の

変更もなく、そのまま使えるようになるので


lskgpslgw665fgpkkhe (6)


事前に計測しておいた位置になるよう


レーザーレベルを2機使いながら

センター位置、傾きを合わせていき


lskgpslgw665fgpkkhe (8)


lskgpslgw665fgpkkhe (7)


エンジン&ミッションんも位置出しをしたら


ロードスターフレームのマウントに合うように

中間部分を作っていきます


lskgpslgw665fgpkkhe (23)


lskgpslgw665fgpkkhe (22)


エンジンにエンジンマウントを取り付けし


フレーム側にはマウントブラケットの

ベースプレートを固定して、


lskgpslgw665fgpkkhe (24)


lskgpslgw665fgpkkhe (25)


それぞれの位置関係が狂わないように

仮付けしたら、狭い部分なので


クルマから取り外して作業台に持っていき


lskgpslgw665fgpkkhe (19)


それぞれを渡す部分を、強度を考慮した

構造と厚みの鉄板で作っていき


塗装して、350用のエンジンマウントが完成 


lskgpslgw665fgpkkhe (26)


完成したエンジンマウントを組み付けて、

エンジン位置を固定したら、


LSエンジンで設計したフレームなので


lskgpslgw665fgpkkhe (18)


エキマニの位置や形状が350になると、

ステアリングシャフトを通す所がなくなり


続いて、それらの検証作業に進みます


VIVA! S原さん! VIVA! S庭道場!




[ 2023/03/06 10:34 ] ROADSTER SHOP CHASSIS | トラックバック(-) | コメント(-)

1954 SUBURBAN



 S原さんの 1954 SUBURBAN


これまでの、オリジナルフレームを

カマロクリップ化して、Cノッチ加工


IMG_2fsgs4949f941 (20)


エアサスを組んであるシャシーから、


ロードスターショップで作ってもらった

スラムドシャシーに変更となりまして


IMG_2fsgs4949f941 (1)


リアのインナーフェンダーのカスタムと


ロードスターフレームに合わせた

ボディマウントの追加と、


IMG_2fsgs4949f941 (21)


フロアの製作を終えたら、新しいフロアと

ひな壇の形状に合わせて


サードシートの加工も行いまして


IMG_2fsgs4949f941 (19)


再びフレームオフしないと、スペースが無くて


ボディの裏側や、フレーム側の本溶接が

出来ない部分は仮溶接になっているので


rtyaeryeatryu (8)


フレームオフして、本溶接を進めていき


ファイヤーウォール下のボディマウント

付近のボディが両側とも穴が開いており 


rtyaeryeatryu (9)


rtyaeryeatryu (10)


腐食して穴が開いたのか、以前アメリカで

カマロクリップ化したときに


ボディマウントボルトが緩まず切ったのか


rtyaeryeatryu (1)


rtyaeryeatryu (3)


そこは鉄板を張って、蓋をしておきまして


ボディ側に追加したボディマウントや

フロアの補強などの本溶接を終えたら


rtyaeryeatryu (4)


rtyaeryeatryu (11)


ボディの裏側やインナーフェンダーに

錆び止めを塗ったら、その上に


アンダーコートを塗って処理しまして


rtyaeryeatryu (13)


rtyaeryeatryu (12)


ボディマウントの追加と、新しいフロア、

それに合わせたシートの加工が完了です


VIVA! S原さん! VIVA! S庭道場!


[ 2023/02/28 15:33 ] ROADSTER SHOP CHASSIS | トラックバック(-) | コメント(-)