FC2ブログ

55 BUICK ROADMASTER EL-CLASSICO VINTAGE and ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > カテゴリー - 55 BUICK ROADMASTER

1955 BUICK ROADMASTER



 Hさんの 1955 BUICK ROADMASTER


エンジンが掛からなくなったのと

ACCUAIRの修理などで預かりまして


sd8wdwf8f4fefqf (13)


ACCUAIRのハイトセンサーの移設と


車高を下げるとデフと、アームに

当たっていたマフラーの手直しを終え


sd8wdwf8f4fefqf (10)


sd8wdwf8f4fefqf (12)


リアのハイトセンサーは、ブレーキの

ジョイントとホースと同じように


アームの下に少し出るので


sd8wdwf8f4fefqf (11)


sd8wdwf8f4fefqf (9)



万が一に備えて、ガードを追加しておき


センサーの設置状況から推測して

車高を上げた時や、下げた時に


tehehe7h8e8et (10)


右リアにエラーが出るならツジツマが

あいますが、ライドハイトで走行中に


左後ろのセンサーのエラーが出て、


kjhvgddrdtgjl;546995 (1)


一度イグニッションをオフにすると


エラーが消えて、その後乗っていると

ランダムに再発するという症状は


kjhvgddrdtgjl;546995 (2)


不可解なエラーのケースをこれまでの

何台か見て来ましたが、それらは


どれもECUも壊れていたので


tyusryujsry15uae5u9 (4)


今回もECUを新品に交換して


新しいセンサー位置、新しいECUで

カリブレーションして、修理が完了


tyusryujsry15uae5u9 (3)


エンジンの始動不良は、純正のポイント式の

デスビを電子光学式に変更する


イグナイターキットのモジュールが壊れてたので 


tyusryujsry15uae5u9 (5)


tyusryujsry15uae5u9 (6)


同じキットをアメリカから取り寄せし


イグニッションコイルも、イグナイターの

メーカーが推奨している抵抗値の


tyusryujsry15uae5u9 (27)


コイルを取り寄せて、交換しまして


モジュールを交換し、火も飛ぶようになり

エンジンを掛けようとしたら、


tyusryujsry15uae5u9 (15)


”ぎゅーるっ” っと、クランキングが

異常に重く、回りませんの刑。。。。


バッテリーが弱いのかと充電したり


tyusryujsry15uae5u9 (13)


スターターが悪いのか、補機類が悪くて

回らないのか、エンジンオイルが固いのか


点火タイミングが悪いのかと、色々調べたら


tyusryujsry15uae5u9 (14)


エンジンが掛からなくなってから

動かしていない時間が長かったのか


エンジン内部の回りが重くなっており


tyusryujsry15uae5u9 (16)


あれこれやって、スムーズにクランキング

するようにしたら、エンジンを始動させ


点火タイミングとキャブを調整したら


tyusryujsry15uae5u9 (2)w


試運転でクルマを走らせて確認しながら

再度、エンジン調整を行い


エンジン始動不良の修理も完了


トヨタ博物館所7蔵車 (4)


sd8wdwf8f4fefqf (21)


バッテリーのおさえが無かったので

鉄板を切り出して製作しておき


「 燃料キャップの当たりのゴムが 


kdsmkkmggadf_9 (28)


kdsmkkmggadf_9 (29)


 ダメになっている 」 とのことで

新品の燃料キャップに交換


付けてほしいと言われたスイッチも


kdsmkkmggadf_9 (30)


滅多に使わないスイッチなので、


足が当たったりして誤操作して

しまうことがないように


tyusryujsry15uae5u9 (25)


ダッシュの一段、奥に設置する

ブラケットを作って取り付けしまして


装着していたスターワイヤーの


tyusryujsry15uae5u9 (17)


スリーバースピンナーは外して、


センターキャップに変更をとの事で

組み換えしたら、これにて作業完了です



[ 2024/04/04 16:47 ] 55 BUICK ROADMASTER | トラックバック(-) | コメント(-)

1955 BUICK ROADMASTER



 Hさんの 1955 BUICK ROADMASTER


エンジンが掛からなくなったのと

ACCUAIRの修理などで預かりまして


tehehe7h8e8et (34)


車高を下げていくとマフラーにデフが

当たるのと、サイドトゥすると 


ロワーアームとマフラーが当たることが


tehehe7h8e8et (35)


解ったので、マフラーの修正へ


当たる部分以外は問題ないので

最小限の手直しで済むように進めます


tehehe7h8e8et (36)


マフラーはデュアルマフラーではなく

エンジン下で左右バンクから集合し


助手席側から1本でデフの後ろまで


kdsmkkmggadf_9 (2)


いったのち、デフの後ろで左右に

別れる作りになっていまして


全て溶接されて繋がっている


kdsmkkmggadf_9 (3)


1本物で作ってあるのでデフの

前後を手直ししたいけど


一部分だけ分解できない構造なので


kdsmkkmggadf_9 (4)


サイドトゥすると、ロワーアームに当たる

デフの手前の前の部分で切断し


後ろ側はデフの後ろの集合部分の


kdsmkkmggadf_9 (6)


手前で切断して摘出したら、


切断した部分には、ジョイントを設けて

加工後、フランジをボルト&ナットで


kdsmkkmggadf_9 (1)


組み戻せるようにしていきます


摘出した部分は、サイドトゥしたときに

ロワーアームが当たる部分を回避できる


kdsmkkmggadf_9 (7)


kdsmkkmggadf_9 (8)


形状に手直しするので、今のパイプは

出来るだけ使いながら進めることで


作業の時間と、使う材料が少なく済むよう


kdsmkkmggadf_9 (5)


進めていき、車高が全下げに

なった状態でも当たらないよう


デフを上げた状態や、サイドトゥで


kdsmkkmggadf_9 (14)


kdsmkkmggadf_9 (13)


デフが傾いた状態を再現しながら

その状態で当たらないルートに変更し


デフの手前から、デフをまたいで後ろまで


kdsmkkmggadf_9 (17)


kdsmkkmggadf_9 (21)


いく部分の取り回しを変更したら


パイプの前後にフランジを取り付けし

錆び止めの塗装を施しまして


kdsmkkmggadf_9 (16)


kdsmkkmggadf_9 (18)


手直しを終えたマフラーは、フランジで

簡単に組み戻せるようにしたので


ガスケットを入れて組み立てしていき


kdsmkkmggadf_9 (19)


kdsmkkmggadf_9 (20)


車高が全下げまでいっても、デフが傾いても

どこも干渉しない取り回しになりまして


次はエンジン始動不良の修理に進みます


kdsmkkmggadf_9 (15)


[ 2024/04/01 13:30 ] 55 BUICK ROADMASTER | トラックバック(-) | コメント(-)

1955 BUICK ROADMASTER



 Hさんの 1955 BUICK ROADMASTER


エンジンが掛からなくなったのと

ACCUAIRの修理などで預かりまして


202403201333086689 (2)


フロントのハイトセンサーの移設を終え

リアのセンサーに進みまして


リアは、車高の変化による上下だけでなく


tehehe7h8e8et (37)


路面に合わせて、デフが傾くサイドトゥの

状態も考慮しないといけないので


様々な動きを再現しながら模索していき


tehehe7h8e8et (16)


どこに組むのが良いのか決めたら


センサーを固定するブラケットは

ボディからフレームに変更して


59595gfds99daf98adafad (11)


設計したブラケットを溶接していき

ロワーアームにもタブを溶接


センサーを移設した付近には


59595gfds99daf98adafad (12)


ブレーキのホースも通る部分で


ブレーキホースは、ロワーアームの

下を取り回されており


kdsmkkmggadf_9 (22)


車高を上げても下げても、地面や何かに

当たったり擦れることはありませんが


移設したハイトセンサーも、ロワーアームの


kdsmkkmggadf_9 (24)


kdsmkkmggadf_9 (23)


下に出る構造になるので、万が一

地面に出っ張りなどがあっても


センサーやブレーキホースを守れるよう


kdsmkkmggadf_9 (25)


kdsmkkmggadf_9 (26)


ガードを製作して、アームに溶接しておき


溶接したブラケットに錆び止めを塗り

乾いたら、組み立てていきまして


kdsmkkmggadf_9 (27)


次はサイドトゥしたときにロワーアームと


車高を下げていくとデフと干渉する

マフラーの手直しを進めていきます


[ 2024/03/29 13:33 ] 55 BUICK ROADMASTER | トラックバック(-) | コメント(-)

1955 BUICK ROADMASTER



 Hさんの 1955 BUICK ROADMASTER


エンジンが掛からなくなったのと

ACCUAIRの修理などで預かりまして


Ieeegee9989g87MG_6395 (5)


走行中にハイトセンサーにエラーが出て、

一度キーをオフにすると、エラーが消え


しばらく乗っていると、またエラーが出るという


tehehe7h8e8et (14)


症状を直すため、ハイトセンサーの

取り付け状況を確認しまして


車高の変動に合わせて、センサーが


tehehe7h8e8et (9)


どう動くのかを確認するため、4輪を台に

載せてタイヤ設置の状態でも


人が下に入れるスペースを作ったら


Ieeegee9989g87MG_6395 (7)


エアサスの配管を外して、エアバックが

電磁弁やバルブを介さずに


フリーで動く状態にしたら、クルマをリフトで


Ieeegee9989g87MG_6395 (8)


上下させると、タイヤが地面についたまま

サスペンションが動く状況を


クルマの下からチェックしていきまして


tehehe7h8e8et (17)


足回りの動きを実際に目視しながら、


現状のセンサー位置だとエラーが出る

可能性があるのか検証しまして


tehehe7h8e8et (28)


4輪が同時に車高が上下するときだけでなく


片側だけが車高が上がる”サイドトゥ”の

状態も再現して確認を進めていき


tehehe7h8e8et (27)


問題があるところがないかチェック


車高を下げていくと、車高が下がり切る

手前40ミリで、ホーシングが


teheh777h8e8et (19)


マフラーに当たり、車高を下げていくと

マフラーを押し上げているのと


マフラーの取付は吊りゴムではなく


tehehe7h8e8et (22)


ゴムブッシュを介して、リジットマウントで

取り付けしてある構造なので


マフラーがホーシングで持ち上げられると


tehehe7h8e8et (21)


マフラーやガスケット、ブラケットやボルトに

無理が掛かっていると思われ


サイドトゥの状態になると、マフラーと


tehehe7h8e8et (20)


アームが干渉することが解ったので

マフラーの手直しも進めることに


ハイトセンサーをより良い位置への


Ieeegee9989g87MG_6395 (18)


移設を検証していき、足回りの動きと


それをACCUAIRが推奨している

75ミリから100ミリの間という 


Ieeegee9989g87MG_6395 (21)


センサーの可動域と合致させながら


サスペンションがフルストロークしても、

どこかに干渉したり、センサーや


tehehe7h8e8et (30)


アームが引っ張られることがなく

設置できるスペースを探していき


アライメント調整をする基準点となる


tehehe7h8e8et (33)


ロワーアームが平行のときが

ライドハイトになるので


ACCUAIRの設定も、その位置が


tehehe7h8e8et (23)


タッチパッドの②を押した時に

調整される車高になるように


設置したハイトセンサーのストロークの


tehehe7h8e8et (24)


ちょうど中間地点になるように設計


そうすることで、ACCUAIRのECUを

交換して初期設定するときや


tehehe7h8e8et (25)


タッチパッドの②のボタンを誤って

長押ししてしまって


アライメント調整してある車高と


59595gfds99daf98adafad (6)


違う車高を②と上書きしてしまうと


アライメント調整してある車高の

位置が解らなくなってしまいますが


59595gfds99daf98adafad (8)


ロワーアームとハイトセンサーが

リンクするように設計しておけば


②の位置が解らなくなっても、


59595gfds99daf98adafad (9)


ACCUAIRのECUの初期設定を行えば


自動でアライメント調整してある車高を

②の位置に再認識するようになります


59595gfds99daf98adafad (1)


フロントのハイトセンサーは、これまで

アッパーアームと連動するよう接続して


検知していましたが、ロワーアームと


59595gfds99daf98adafad (3)


接続するように変更し、検証して

導き出した位置に設置できるよう


ブラケットも新しく作って、フレームと


59595gfds99daf98adafad (13)


ロワーアームに設置していきまして


仮組みしたのち、センサーとアームを

組んで作動が問題ないか確認したのち


59595gfds99daf98adafad (10)


ブラケットを本溶接していき、溶接後に


錆び止めを塗って、フロントの

センサーブラケットの移設が完了


次はリアのセンサー移設に進みます


[ 2024/03/26 09:04 ] 55 BUICK ROADMASTER | トラックバック(-) | コメント(-)

1955 BUICK



 Hさんの 1955 BUICK ROADMASTER


エンジンが掛からなくなったのと

ACCUAIRの修理などで預かりまして


dfgfdgfgqf (79)


Hさんは、超レアなスターワイヤーの


GOLD ダイヤモンドスポーク仕様を

装着している1955 BUICK乗りの方で


Ieeegee9989g87MG_6395 (5)


広島の 1956 BUICKのY室さんとも


50’S BUICK乗りどうしで、お付き合いが

あるそうでナニヨリです


トヨタ博物館所7蔵車 (1)


そんなHさんから、BUICKがエンジンが

掛からなくなったのと、ACCUAIRの


エラーが出るので、直してほしいとの事で


トヨタ博物館所7蔵車 (5)


クルマを預かりまして、作業を進めていきます


Hさんから、 「 エンジンが掛からないのは

火が飛んでないようだ 」 と伺ってましたが


トヨタ博物館所7蔵車 (6)


調査してみたら、確かに点火しておらず


純正のネイルヘッドエンジンは、純正の

デスビが付いていましたが 


dfgfdgfgqf (6)


中身がポイント式からペトロにクス社の


電子式にコンバージョンするキットに

組み換えてありまして


dfgfdgfgqf (77)


そのモジュールが壊れて、点火しなく

なっているので、要モジュール交換


1955-1956 BUICK用のモジュールは


トヨタ博物館所7蔵車 (4)


日本に在庫を持っているところはないので


アメリカで在庫を持ってて、一番早く出荷して

くれるところに注文して、到着待ち


Ieeegee9989g87MG_6395 (20)


Hさんから、「 乗っていないときに、バッテリーが

すぐにあがってしまい、先日もバッテリーを


新品に交換したけど、またあがってしまった」


tehehe7h8e8et (12)


とのことで、修理依頼があり、キーをオフに

していても、どこかで電気が流れている


”暗電流”があるようなので調査を進めたら


Ieeegee9989g87MG_6395 (19)


ACCUAIRの回路がキーをオフにしても


常時0.3A程度、電気が流れ続ける

組み方になっていたので、対策しまして


Ieeegee9989g87MG_6395 (15)


続いて、ACCUAIRのエラーの調査へ


走行中に、ACCUAIRのタッチパッドに

左後ろのハイトセンサーの異常を


Ieeegee9989g87MG_6395 (14)


知らせる警告が出るそうで、警告が

出たらキーをオフにすると、


警告は消えて、普通の状態に戻るけど


tehehe7h8e8et (18)


乗っていると、また同じ警告が出るそうで


調査を進めていくと、サスペンションは

オリジナルの足回りにエアサスを組んで


tehehe7h8e8et (16)


フロントはドロップスピンドルを追加し、


リアは純正のトルクチューブとアームの

構造にエアバックを組んでありまして


tehehe7h8e8et (5)


リアのハイトセンサーを点検したら


ハイトセンサーは、アームとボディを

渡すように組んでありますが


tehehe7h8e8et (6)


センサーのストロークが、アームの動きに

対してちょっと足りないようで


車高を上げつつ、デフが傾いたときは


tehehe7h8e8et (7)


センサーが可動域を超えて、反転してしまい


車高を限界近くまで下げた時には

センサーがボディに当たるのと


tehehe7h8e8et (8)


センサーの可動域が、ACCUAIRが

想定している可動域を超えてしまうので


検知精度に問題が出るのかもしれません


Ieeegee9989g87MG_6395 (22)


これだと、センサーが車高をかなり上げたり


全下げに近いくらい下げた時にエラーが

出るのならツジツマが合いますが


Ieeegee9989g87MG_6395 (17)


Hさんに確認したら、そんな時ではなく、


走行姿勢で乗っている時にエラーが

出るそうなので、なんとも不可解です


引き続き、調査と対策を進めていきます


[ 2024/03/24 09:00 ] 55 BUICK ROADMASTER | トラックバック(-) | コメント(-)