FC2ブログ

59 CHEVY IMPALA EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > カテゴリー - 59 CHEVY IMPALA

1959 CHEVY IMPALA



 A田さんの1959 インパラクーペ

車検と整備でお預かりしまして


問題がないか一通り点検して欲しいとの事で


kjfrdyikIMG_9428 (5)


各部の点検作業を進めまして


オートマのリアシール、スピードメーターの

センサー部分からのATF漏れと


dtwreyqeryewyt (j1) (x25) (2)


エンジンのリアシールからのオイル滲み、


デフのアクスルシャフトのベアリングが

左はベアリング自体のシールから


dtwreyqeryewyt (j1) (x25) (3)


右がバックプレートの合わせ面から

デフオイルが漏れているのが発覚


エンジンオイルの滲みは微量なので


kjfrdyikIMG_9428 (6)


今後悪化したら交換することとして


他は対処しておいてほしいとの事で

修理作業を進めていきまして


kjfrdyikIMG_9428 (7)


ペラシャフトを抜いて、ヨークの摩耗を確認したら

摩耗や段付きは発生していないのと


ブッシュの摩耗でのガタはないのでヨシとし


kjfrdyikIMG_9428 (22)


リアシールを新品に交換して、


スピードメーターのプラスチックのギアは

摩耗してやや段が付いていたのと


IMG_9609.jpg


スピードメーターも合っていないので

なるべく合う歯数に変更し、交換


ギアとハウジングが、リプロどうしだと


IMG_9610.jpg


相性が悪くて、はめ合いがきつかったり

緩かったりすることが多々あるので


TCI製の品物で統一して交換としまして


kjfrdyikIMG_9428 (23)


ハウジングを固定するプレートのネジ穴が

傷んでいたので、リタップして修正しておき


デフオイルが漏れているアクスルベアリングは


kjfrdyikIMG_9428 (4)


左側はベアリング本体のシール部分がダメで

オイルがドラムブレーキ内に漏れてくるので


ベアリングASSYの交換が必要だったので


kjfrdyikIMG_9428 (3)


アクスルシャフトを抜いて、ベアリングと

リテーナーを打ち替えしたら、


バックプレートのリテーナーガスケットも交換


kjfrdyikIMG_9428 (8)


右側のシャフトは、ドラム内に漏れはなく

バックプレートの裏側に漏れているので


アクスルシャフトを抜いて、ベアリングと


kjfrdyikIMG_9428 (10)


ホーシングのはめ合い部分のシールと


バックプレートのリテーナーガスケットを

新品に交換して、組み直しとなりまして


kjfrdyikIMG_9428 (9)


この辺のインパラは、ベアリングの外周の

細いOリングだけだと漏れることが多いので


ベアリングの外周に液体ガスケットも塗っておきます


kjfrdyikIMG_9428 (18)


フロントのハブベアリングを点検したら


歪でたり、鉄粉だらけで焼けた跡も

あるので新品に交換となりまして


kjfrdyikIMG_9428 (19)


前後のブレーキも分解して点検していき


フロントのキャリパーも分解して

よく掃除し、グリスアップしていき


kjfrdyikIMG_9428 (24)


かなり汚れていたブレーキオイルは

新しいオイルに入れ替えまして


乗っていても、普通に乗れて異常を感じない 


kjfrdyikIMG_9428 (20)


壊れるまで気付かない部分も多いので


車検という2年に1回のタイミングを利用し、

よく点検して、整備しておくのは良い機会ですね


kjfrdyikIMG_9428 (21)


燃料を満タンにすると、ガソリンタンクから

ガソリンが漏れるので修理をとの事で


実際に満タンにして、どこから漏れるのか点検したら


kjfrdyikIMG_9428 (16)


燃料計のセンサーのシール部分から漏れるので

燃料を抜いて、センサーを取り外してシール交換


センサーを外したついでに、フロートの腐食や


kjfrdyikIMG_9428 (17)


センサーの抵抗値に異常がないかも

チェックして、組み戻しまして


割れていたウインカーのキャンセルカム機構の


kjfrdyikIMG_9428 (15)


リペアキットも届いたので、組付けていき

ウインカー、ホーンの作動不良も修理完了


雨が降っているので、試運転は後日にして


kjfrdyikIMG_9428 (14)


試運転しながらステアリングのセンターを

合わせたら、車検と点検、整備が完了です


FUNK STA 4 LIFE !!!!!!!



[ 2022/11/18 15:10 ] 59 CHEVY IMPALA | トラックバック(-) | コメント(-)

1959 CHEVY IMPALA



 A田さんの1959 インパラクーペ

車検と整備でお預かりしまして


修理と他の部分も点検して欲しいと言われてから


dtwreyqeryewyt (j1) (9)


先に予約やお待たせしている方がいて


結局1年近く、お待たせしてしまっての

預かりになり、申し訳ありませんなので


dtwreyqeryewyt (j1) (10)


その分、作業を全速前進で進めていきます


こちらの59インパラ、日本でフレームオフして

しっかりレストアされたクルマだそうで


dtwreyqeryewyt (j1) (11)


とても綺麗で、乗っていても調子いいそうでナニヨリ


修理は、右にウインカーが出なくなったのと

ホーンが勝手に鳴ってしまう時があるので、


dtwreyqeryewyt (j1) (22)


ホーンの配線を抜いて、鳴らないようにしてある


燃料を満タンにすると、燃料タンク辺りから

ガソリンが漏れてくるのを直してとの事で


dtwreyqeryewyt (j1) (12)


他にも一通り点検して、不具合がないか

チェックしてとの事でしたので


目が節穴の僕以外で進めてもらいます


dtwreyqeryewyt (j1) (13)


早くお返しできるように、預かる翌日に

車検場に持ち込む予約をいれてあるので


まずは車検を通るようにするところから着手し


dtwreyqeryewyt (j1) (15)


右にウインカーが出ない、勝手にホーンが鳴る

原因調査を進めていきましたら


古いクルマは、ウインカーを出して曲がった後に


dtwreyqeryewyt (j1) (14)


ウインカーを消す、キャンセルカム機構の

パーツが壊れていることが多く、


そうすると、ウインカーの作動不良になるので


dtwreyqeryewyt (j1) (18)


その辺りを疑って進めたら、部品の一部が割れてて

そこに取り付けるパーツが脱落してしまい


右にウインカーが出ないのと、脱落したパーツが


dtwreyqeryewyt (j1) (17)


dtwreyqeryewyt (j1) (16)


コラム内でホーンの接点に接触してしまい

勝手にホーンが鳴ってしまうので


新品を注文して、届いたら交換としまして


kjfrdyikIMG_9428 (12)


ヘッドライトがシールドビームなので、

光量不足で車検が通らないので


ハロゲンのライトに変更しますが


kjfrdyikIMG_9428 (13)


ライトを固定するリングの取り付けタブが

壊れて、光軸調整が出来なくなっていたので


新しいリングに交換して、ライト交換し


kjfrdyikIMG_9428 (11)


リングで固定したライトをごと、光軸を

調整するアジャスター部分も、


プラスチック部分が劣化なのか、割れてて


dtwreyqeryewyt (j1) (20)


光軸調整が出来なくなっていたので


ライトバケットごと取り外してリベットを壊し、

アジャスターも新しいものに交換


dtwreyqeryewyt (j1) (19)


車検場で排ガス検査をして、規定値内でないと

車検が通らず、帰らされるので


事前にテスターでチェックし、規定値外であれば


dtwreyqeryewyt (j1) (21)


エンジン調整して、対策しないといけませんが

排ガスは優秀で、そのままでいけそうで


検査に持ち込んだら、残りの作業を進めていきます



[ 2022/11/16 15:11 ] 59 CHEVY IMPALA | トラックバック(-) | コメント(-)