FC2ブログ

58 CHEVY IMPALA EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > カテゴリー - 58 CHEVY IMPALA

1958 インパラ



 Y崎さんの 1958 IMPALA COUPE


ハーネスの 引き直しや、 FITECHの対策、

他、様々なアップグレードで預かりまして


IMG_5275554554555554549 (10)


クルーザースカートや、ハーネス引き直し、

DAKOTA DEGITALのHDX化が終わり


最後にサイドガラスの交換作業に進みまして


IMG_5275554554555554549 (2)


サイドガラスが白っちゃけていた部分があったので

交換したいと、Y崎さんが新品のガラスを用意してたので


それらを預かって、交換作業を進めていきまして 


IMGteye_5005 (4)


三角窓、三角窓フレーム、サイドガラス、

クォーターガラスを交換しますが


アメリカで新品のガラスにクロームの枠を組み付けて


IMGteye_5005 (5)


三角窓のフレームは、オリジナルをリクロームした

キットを入手出来たとの事で預かりまして


窓枠、フレームに、新品ガラス、新品ゴムが組まれており


rqrtqwrtqw (2)


それなら、割と簡単に交換出来るかと思ったら


オリジナル品なので、リクロームした時なのでしょうか、

形がこれまでのモノとは変わっており


rqrtqwrtqw (1)


全然付きませんの刑。。。。。。結局窓枠、フレーム、

ゴム、ガラスを全部分解して、単体にして


それから、きちんと付くように加工し直しとなり


IMG_5275554554555554549 (3)


フェルトやチャンネルも新品に組み換えし


ガラスの建付け、ドアチリ、閉まり調整も

全部やり直しになり、超大変でして、、、


IMG_5275554554555554549 (8)


無事にガラス、フェルト交換も終えて

内装、ドアパネルも組み戻したら


これまでの作業の総合チェックと試運転へ


IMG_5275554554555554549 (11)


IMG_5275554554555554549 (12)


DAKOTA DEGITALの HDXゲージも

仕様に合わせて設定、調整しまして


照明色や機能が満載なので、HDXはいいですね 


IMG_5275554554555554549 (1)


試運転しながら、スピードメーターを合わせていき

ゲージの作動テストも完了。


モールやエンブレムが満載のクルーザースカートが付いて


IMG_5275554554555554549 (4)


IMG_5275554554555554549 (5)


とてもゴージャスになりましたが、お陰で逆に

コンチ周りがちょっと物足りなく感じてしまったので


セーフティースターを取り付けして、配線しまして


IMG_5275554554555554549 (6)


エングレ入りで、照明も点灯するようにしたので

これでコンチ周りも華やかになりまして


すべての作業を終えたタイミングで梅雨も明けたので


IMG_5275554554555554549 (7)


暑い日でしたが、Y崎さんと高速巡行での試運転と、


ロックアップ調整がてら、常磐道を爆走し

茨城県土浦市の LOWRISEさん まで行ってきまして


IMG_5275554554555554549 (j7) (3)


エアコンもよく効くし、クルマの調子も良く

楽しいドライブになりまして


無事、一通りの作業を終えて、納車となりました


VIVA !  S庭 道場 !!!!!
   VIVA !  Y崎 さん !!!!!!!!!!!


[ 2020/08/07 05:57 ] 58 CHEVY IMPALA | トラックバック(-) | コメント(-)

1958 CHEVY IMPALA



 Y崎さんの 1958 IMPALA COUPE


ハーネスの 引き直しや、 FITECHの対策、

他、様々なアップグレードで預かりまして


IMGteye_5005 (1)


Mりさんにクルーザースカートの面出しと

塗装してもらいまして、完了したので


続きの作業に取り掛かりたいけど


IMGteye_5005 (9)


18日連続、雨で濡らしたくないので

輸送できませんの刑、、、、、、


ようやく晴れた日に運搬してもらい、作業再開


IMG_5fgregwetyw213 (1)


60年前のハーネスは、全部引き直して


スイッチやカプラー、電球、ソケットなども

全部新しいものに変えていきますが


IMG_5fgregwetyw213 (2)


58インパラのイグニッションスイッチは


ダッシュベゼルに取り付けする

ブラケットが一体成型されていて


IMG_5fgregwetyw213 (4)


58インパラの専用設計になっているので、


ハーネスを新調するのに合わせて

スイッチも新品にしたいけど、


IMG_5fgregwetyw213 (3)


希少品なので新品が見つかりませんで、、、、、


せっかくハーネスを引き直したのに

スイッチが60年前の中古では意味ないので


IMG_5fgregwetyw213 (8)


ハーネスキットに入っている、新品の

汎用イグニッションスイッチを


58インパラのダッシュベゼルに付けられるよう


IMG_5fgregwetyw213 (9)


マウントブラケットを製作して、取り付けしまして


続いて、DAKOTA DEGITAL GAUGESの

HDXゲージの取り付け作業へ


IMG_5fgregwetyw213 (6)


これまでも、DAKOTA DEGITAL GAUGESの

VFDが取り付けされていましたが


HDXになって、モジュールも変わってくるのと


IMG_5fgregwetyw213 (5)


HDXには、TFTスクリーンにシフトインジケーターが

内蔵されるので、シフト位置を検出する


センサーと、モジュールを土台を作って設置しまして


IMGteye_5005 (8)


ダッシュ、ステアリングコラム、アンダーダッシュと

複雑に絡み合ってるダッシュ周りを組み立てていき


HDXゲージの取り付け、配線の引き直しが完了


IMGteye_5005 (2)


IMGteye_5005 (3)


HDXゲージは、TFTスクリーンが2つ内蔵され


シフトインジケーターも追加されているので

TH700R4の全ギア位置を検出し、表示できたり


IMGteye_5005 (7)


照明はLEDなので 明るくて球切れすることも無く


30色以上、切り替えが出来るLED照明から

好きな色に選んで点灯させられます


IMGteye_5005 (6)


ハーネスの引き直し、HDXゲージの取り付けが完了し

次はサイドガラスの交換に進みます

 
VIVA !  S庭 道場 !!!!!
   VIVA !  Y崎 さん !!!!!!!!!!!




[ 2020/07/31 05:21 ] 58 CHEVY IMPALA | トラックバック(-) | コメント(-)

1958 CHEVY IMPALA


 Y崎 さん の  1958  IMPALA COUPE


クルーザースカートのプレスラインの変更や

取り付け方法のカスタムを終えまして


fgsfgsdfghsgfj (7)


1937 ZEPHYRや、 アパ太郎の塗装や


以前も、この58インパラの ダッシュを

カスタムした際にも 塗装をお願いしている


fgsfgsdfghsgfj (8)


Mりさんの工場に、クルマごと持ち込みまして


ボディとの建付けと、色合わせをバッチリ

やってもらい、塗装と組み立てが完了


fgsfgsdfghsgfj (6)


ボディに取り付けて、ロックした時と外した時の

形の違いは、ほとんどなかったそうで


S庭師範のメタルワークでのフィッティングが


fgsfgsdfghsgfj (5)


精巧だったこと、物語っているようでナニヨリです。


フィッテングや脱着作業を繰り替えすので

クルマに傷が付かないようにと 


fgsfgsdfghsgfj (2)


僕の養生作業が良かったのもキモと思いますが


「  それは全然関係ないですね 」 

との事で、ナニヨリです。。。。。。


fgsfgsdfghsgfj (1)


クルーザースカートの塗装、取り付けも完了しまして


梅雨 真っ最中で雨が多い今日この頃ですが

雨を避けて、Mりさんの工場からフィットへ輸送したら


fgsfgsdfghsgfj (3)


来週には、ダコタデジタルからゲージが届くので

残すはゲージのセットアップと、試運転ですね


VIVA!  Mりさん !!!!!
   VIVA !  Y崎 さん !!!!!!!!!!!


[ 2020/07/01 05:31 ] 58 CHEVY IMPALA | トラックバック(-) | コメント(-)

1958 CHEVY IMPALA



 Y崎 さん の  1958  IMPALA COUPE


クルーザースカートのプレスラインの変更や

取り付け方法のカスタムを終えまして


yfoyiofyi (3)


1937 ZEPHYRや、 アパ太郎の塗装や


以前も、この58インパラの ダッシュを

カスタムした際にも 塗装をお願いしている


yfoyiofyi (2)


Mりさんの工場に、クルマごと持ち込みまして


クルマごと持ち込むのは、ボディとの色合わせを

バッチリやってもらう為と、


yfoyiofyi (1)


スカートをボディに取付けて、ロックしたときに

テンションが掛かって、スカートが歪むので


その状態で面出しをしてもらう為でして


yfoyiofyi (5)


外してロックをフリーの状態で面出しして

クルマに取り付けると、ロックした瞬間に


歪んで波打ってしまったり、建付けが悪くなるので


yfoyiofyi (4)


スカートは必ずボディに取り付けてロックし

テンションを掛けながらが必須です


面出ししたのちの、サフェーサーの肌を整えて


yfoyiofyi (8)


ボディと合うように塗料を調色してもらい

スカートの塗装を終えたようです


乾いたら、磨いて肌を整えてもらい


yfoyiofyi (7)


覗くと見える部分の、カスタムした取付金具も

ボディ同色に塗ってもらったら


モールやスター、ポートなどの装飾品を取り付けし 


yfoyiofyi (6)


ボディへの取付けして、最終チェックを終えたら

Mりさんの工場からフィットへ輸送します


VIVA!  Mりさん !!!!!
   VIVA !  Y崎 さん !!!!!!!!!!!


[ 2020/06/27 05:34 ] 58 CHEVY IMPALA | トラックバック(-) | コメント(-)

1958 CHEVY IMPALA



 Y崎 さん の  1958  IMPALA COUPE


クルーザースカートのプレスラインの変更や

取り付け方法のカスタムを終えまして


rdarysetywet (28)


クルーザーモール、スター、エキゾーストポート、

スカッフパッドの位置決めと、取り付けに進みまして


Y崎さんから、希望の位置を聞いてあるので


rdarysetywet (26)


それに合わせて、位置出しをしていきまして


エキゾーストポートが2個、スターも2個でとの

要望で、前後位置も割り振り、ケガキを入れまして


rdarysetywet (27)


クルーザーモールもクリップを取り付けて

固定する位置を決めて、マーキング。


全ての穴位置が決まったら、それぞれの径で


@ipio@[i-[0[8 (4)


穴を開けていき、 装飾品の取り付け準備が完了。


作業中に位置出しや仮組みを繰り返すのと

この後、塗装前の鈑金段階でも


@ipio@[i-[0[8 (13)


@ipio@[i-[0[8 (12)


装着して確認して、また面出ししては確認と


何度も脱着を繰り返すので、装飾品に

傷をつけてしまわないように、養生したまま


@ipio@[i-[0[8 (11)


@ipio@[i-[0[8 (17)


穴開けを終えたら、組付けしていきまして


ボディとの合わせ面には、ゴムシールが

入りますが、58年用よりもフィット感がいい


@ipio@[i-[0[8 (9)


@ipio@[i-[0[8 (8)


別の年式用を取り寄せし、シールも仮組みしまして


シールは塗装後に接着しますが、塗装が終わるまで

テープで仮り固定して、作業を進めます。


@ipio@[i-[0[8 (7)


@ipio@[i-[0[8 (5)


スカートを固定するロックレバーの先端部分は

丸棒を切ったままの状態だったので


操作するときに手が痛くないよう、削って丸めまして


@ipio@[i-[0[8 (6)


レバーの上側の先端部分も、切りっ放しよりも

穴に入り易いように、丸めてガイドするように処理。


@ipio@[i-[0[8 (1)


ボディに固定するブラケットは、見えなくなる部分は

シャシーブラックで塗装し、見える部分は


スカートと同じボディ色に塗ってもらいます


@ipio@[i-[0[8 (3)


@ipio@[i-[0[8 (2)


ボルトや、ナット類は、雨や洗車の際に濡れても

錆びないように、全てステンレスを採用しまして


工具無しで脱着できるように、ナットは蝶ナッですね


@ipio@[i-[0[8 (15)


@ipio@[i-[0[8 (14)


装飾品と、シールを組んだら、ブラケットを取り付けして

スカートを車体に組付けしまして


タイヤに当たらないように、ロック部分をカスタムしたので


ggsdstyetyeryqeytr (3)


ggsdstyetyeryqeytr (2)


7J リバースのデイトンホイールを履いても

ロックが干渉しなくなりまして


無事に装着できるようになって、ナニヨリです


ggsdstyetyeryqeytr (4)


ggsdstyetyeryqeytr (5)


ボディとのフィッティングも、合わない部分は

全部直したので、建付けもバッチリ。


これで全ての加工と、取り付けの準備を終え


@ipio@[i-[0[8 (19)


スカートの面出し作業は、スカートを外してやると


ボディに取り付けて、ロックのテンションを掛けると

建付けが合わなくなってしまうので 


@ipio@[i-[0[8 (20)


ボディに取り付けた状態でやってもらうのと


途中、何度も仮組みしながらチェックするので

装飾類も含めて、全て組んだ状態にして


@ipio@[i-[0[8 (24)


この後、塗装屋さんに持ち込みまして


取り付け後の状態と、仕組みを見てもらい

理解してもらったら、分解してもらい


@ipio@[i-[0[8 (22)


いざ、面出し作業に取り掛かって頂きます


この後、Mりさんの工場に輸送しまして

面出しと、塗装作業を進めて頂きます


VIVA !  S庭 道場 !!!!!
   VIVA !  Y崎 さん !!!!!!!!!!!



[ 2020/06/18 06:47 ] 58 CHEVY IMPALA | トラックバック(-) | コメント(-)