FC2ブログ

49 MERCURY *Merc9* EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > カテゴリー - 49 MERCURY *Merc9*

1949 MERCURY "MERC9"



 K田さんの 1949 MERCURY ” MERC 9 "


塗装に何箇所か、割れや浮きがあるので

直したいとの事で、柄やパターンが入った


202307071833472deo (2)


キャンディーペイントが施されているので


この塗装を施工したキャルトレンドさんに

補修をお願いしていまして


202307071833472deo (1)


それと合わせて、K田さんが乗っていたら


キーをオフにしてもエンジンが

止まらない時があったので調査と


202307071833472deo (3)


助手席側のパワーウインドウが動かい

修理をフィットで担当させてもらい


それぞれの修理が完了して、引き取りへ


202307071833472deo (5)


来週、MERC9のオーナーのK田さんとは


横須賀の米軍基地で開催される

フレンドシップデーに一緒に行くので


202307071833472deo (6)


それまでに修理を終えれてナニヨリ


K田さんとMERC9を引き取りに行ったら

綺麗に直ったのはモチロン 


202307071833472deo (4)


ルーフとトランクに入っている模様を

新しいパターンに変えたりと


新しいデザインに進化させたそうで


202307071833472deo (7)


その後、静岡の御自宅まで乗って帰り

無事着いたよと連絡を頂き、一安心


明日の横須賀海軍基地でも楽しみです


[ 2023/10/18 10:05 ] 49 MERCURY *Merc9* | トラックバック(-) | コメント(-)

1949 MERCURY MERC9



 K田さんの 1949 MERCURY ” MERC 9 "


塗装に何箇所か、割れや浮きがあるので

直したいとの事で、柄やパターンが入って


6yu346uu161おい (2)


キャンディーペイントしてある塗装なので


キャルトレンドさんにお願いして

補修で預けることになりまして


rtqwrtwqtq (8)


それと合わせて、K田さんが乗っていたら


キーをオフにしてもエンジンが

止まらない時があったので調査と


rtqwrtwqtq (3)


助手席側のパワーウインドウが

動かなくなったそうで


調べたら、スイッチがダメだったので


rtqwrtwqtq (7)


御自身でアメリカから取り寄せて

交換したら直ったそうですが


ちょっと乗ったら、また動かなくなったので


rtqwrtwqtq (6)


直しておいてほしいと頼まれまして


キャルトレンドさんでの修理は

2~3ヶ月くらい掛かるそうなので


rtqwrtwqtq (4)


作業の邪魔にならないタイミングで

お邪魔しながら、同時に進めることに


調べたら、パワーウインドーモーターの


rtqwrtwqtq (1)


回路にリレーが入っていなかったので


スイッチに負荷が掛かり過ぎて

今後もスイッチが頻繁に壊れるので


rtqwrtwqtq (2)


左右のパワーウインドーにリレーを追加


ロックアップのスイッチを入れていると

キーをオフにしてもエンジンが止まらず


rtqwrtwqtq (10)


ロックアップを解除するブレーキスイッチと

リレーの回路を変更して改善


ブレーキスイッチの調子も良くなかったので

新品のスイッチに交換しておき


rtqwrtwqtq (9)


配線を色々と解明しながら進めていたら


イグニッションの回路にレジスターが

入っていなかったので、こちらも追加し


rtqwrtwqtq (11)


先日外して持ち帰ったダミスポも

組み戻したら、僕たちの作業が完了


あとはCAL TRENDさんの塗装の

補修作業が終わるのを待ちます


[ 2023/08/12 08:00 ] 49 MERCURY *Merc9* | トラックバック(-) | コメント(-)

1949 MERCURY MERC9



 K田さんの 1949 MERCURY ” MERC 9 "


塗装に何箇所か、割れや浮きがあるので

直したいとの事で、柄やパターンが入って


6yu346uu161おい (3)


キャンディーペイントしてある塗装なので


そんなのを直せるのは、塗った人しか

いないでしょうということで


6yu346uu161おい (2)


キャルトレンドさんにお願いして

補修で預けることになりまして


それと合わせて、K田さんが乗っていたら


6yu346uu161おい (1)


助手席側のパワーウインドウが

動かなくなったそうで


調べたら、スイッチがダメだったので


6yu346uu161おい (4)


御自身でアメリカから取り寄せて

交換したら直ったそうですが


ちょっと乗ったら、また動かなくなったので


6yu346uu161おい (5)


直しておいてほしいと頼まれまして


キャルトレンドさんでの修理は

2ヶ月くらい掛かるそうなので


6yu346uu161おい (7)


作業の邪魔にならないタイミングで

お邪魔しながら、同時に進めることに


またスイッチがだめになったか、


6yu346uu161おい (10)


今度はモーターがダメかもしれないと  


K田さんが新品のスイッチと、モーターを

取り寄せて、積んでおいてくれたので


6yu346uu161おい (12)


調査してそれらがダメなら交換しようと

原因を調べたら、スイッチの軸部分が


緩んでしまっており、正しく接点を押さず


6yu346uu161おい (13)


接触不良になっていることが解りましたが

点検中に配線が異常に熱くなるので


モーターが過負荷気味になってて、


6yu346uu161おい (14)


過電流になっているの可能性を疑い


パワーウインドウユニットを調べてたら

リレー回路が組んでいなかったので


6yu346uu161おい (15)


スイッチが過負荷になり、壊れたり

配線が熱を持つと推測されるので


後日リレー回路を追加しようと思います


6yu346uu161おい (11)


パワーウインドユニットは外して持ち帰り


フィットで点検したら、モーターは問題さそうで

動く部分の古いグリスを拭き取って、


6yu346uu161おい (8)


新しいグリスに入れ替えて、再利用とし


ハイドロスイッチが表記通りに動かない

との指摘も受けたので、調査しまして


6yu346uu161おい (9)


ダミスポのレンズが割れているので

それも直して欲しいと頼まれたので


ダミスポは外して丸ごと持ち帰って


6yu346uu161おい (16)


レンズ部分を摘出したら、見える部分は

縦に走った大きなクラックだけでしたが


カバーで隠れる部分にも沢山のクラックが


6yu346uu161おい (17)


レンズを交換したくても、この形状の

ダミスポは既に廃盤になっており


分解してみて解りましたが、色々と


6yu346uu161おい (18)


加工して作ったダミスポのようで


窓ガラスの傷を直すように、レンズの傷を

直せないかと自動車ガラス屋さんに


6yu346uu161おい (19)


見せて相談するも、アクリル製は無理と

断られてしまったので、


K田さんと相談して、アクリル用の接着剤を


6yu346uu161おい (20)


6yu346uu161おい (21)


クラックに流し込んでみて、少しでも

良くなればと挑戦してみましたが、


既にクラックの隙間に出来た黒ズミは


6yu346uu161おい (22)


掃除する事が出来ず、変わり映えせず


フィットにあったLUCASのレンズが

サイズがとても近かったので、


6yu346uu161おい (23)


組み換えできないか試みましたが、


僅かにLUCASの直径が2mm大きく

それだと取り付けできない構造で


6yu346uu161おい (24)


残念ですが、クラックは消せず組み戻しに


どなたか、同じレンズを入手できる先を

知っていたら、教えてください。。。。。


[ 2023/07/11 11:41 ] 49 MERCURY *Merc9* | トラックバック(-) | コメント(-)

1949 MERCURY MERC9



 K田さんの 1949 MERCURY ” MERC 9 "


タイヤがダメだったので、交換が必要ですが

スカートの脱着がタイヘンな構造なので


sfdkjglakgkfweqkwepqewrf588ef (19)


フィットにあるうちに交換しておこうと

スカートを外そうとしたら


まっすぐ立ってなければいけない


sfdkjglakgkfweqkwepqewrf588ef (21)


ように組んであるはずのシリンダーが

ずれてコケ気味で斜めになっており


原因を調べてみたら、コイルの形状が


sfdkjglakgkfweqkwepqewrf588ef (23)


歪んでて、カップごと傾いてしまうので

コイルの歪みを直す修理が必要


2リンク+ラテラルという構造上から


sfdkjglakgkfweqkwepqewrf588ef (26)


車高が上下するのに合わせて

デフの傾きが大きくなる特製上


コイルに歪む力が掛かってしまい


sfdkjglakgkfweqkwepqewrf588ef (32)


経年の影響で、歪んだのと思われます


歪んだコイルは正しく伸縮しないので

元の形状に戻していくため


sfdkjglakgkfweqkwepqewrf588ef (33)


ガスで炙って、コイルを一度延ばして

再び正しいカタチに巻き直していき


コイルに回転する向きの力を掛けられるよう


sfdkjglakgkfweqkwepqewrf588ef (34)


コイルの先端にディープカップを溶接し

カップの上にクロス状のバーを溶接


一人がコイルをガスで炙って温めて


sfdkjglakgkfweqkwepqewrf588ef (27)


もう一人がクロスバーをひねって

正しいカタチに巻き直していきまして


バネ鋼は炙って熱を入れてしまうと


sfdkjglakgkfweqkwepqewrf588ef (28)


組織が変わって、普通の鉄になってしまい


荷重が掛かってもねばるバネではなくなると

車重が掛かると折れてしまうので


sfdkjglakgkfweqkwepqewrf588ef (38)


ガスで炙ってカタチを直したあとは


オイルの中に入れて1時間くらい漬けて

ゆっくりと温度をさげていく、


sfdkjglakgkfweqkwepqewrf588ef (35)


焼きなましという作業をすることで

組織変化せず、折れないようにしまして


左右のコイルを正しい形状に直したら


sfdkjglakgkfweqkwepqewrf588ef (39)


クルマに組み戻していきますが


デフの上に付いている、コイル受けに

コイルをセットするときに座りが浅いので


sfdkjglakgkfweqkwepqewrf588ef (40)


デフが傾いたときにコイルが横に

逃げようとする力が掛かり


外れることはないとは思いますが


sfdkjglakgkfweqkwepqewrf588ef (41)


念の為、分解しているついでに

コイル受けも延長しておきまして


コイルを取り付ける受け部分には


sfdkjglakgkfweqkwepqewrf588ef (42)


コイルの上下とも、コイルが回ってしまうのを

防ぐ”回り止め”がないので


コイルのはじまり部分の当たりを  


sfdkjglakgkfweqkwepqewrf588ef (43)


厚い鉄板を切り出して、コイル受けに

溶接して、回り止めも追加したら


歪みを直したコイルを組み戻していき


sfdkjglakgkfweqkwepqewrf588ef (44)


斜めになっていたシリンダーも

真っ直ぐに戻りました


大きなスカートを取り付けして、


sfdkjglakgkfweqkwepqewrf588ef (45)


内装も組み戻したら、名義変更も終えて


前オーナーのH城さんに教わった

各部のスイッチ、操作方法を印刷して


teqyeyrtyrtuito079pityyituiruiry (39)


K田さんに届けにいく準備が完了

天気にも恵まれてナニヨリでした


VIVA! K田さん!
     VIVA! H城さん!


[ 2023/03/14 09:26 ] 49 MERCURY *Merc9* | トラックバック(-) | コメント(-)

1949 MERCURY



 H城さんの 1949 MERCURY ”MERC9”


昨年、欲しい人がいるようなら売ろうかな

と連絡を受けたので、SNSでFOR SALEしたら


sfdkjglakgkfweqkwepqewrf588ef (46)


K田さんが購入してくれることとなり


FITで沖縄から輸送と、車検が切れて

いたので、車検の手配を担当することに


sfdkjglakgkfweqkwepqewrf588ef (47)


海上輸送時のラッシングのトラブルが

起きないように、パレットの固定には


対策用ベルトを取り付けて固定してもらい


sfdkjglakgkfweqkwepqewrf588ef (1)


東京港に到着したら、積載車で引き上げて

その足で、予備検査屋さんに預けまして


今回、8ナンバーから3ナンバーに変更しつつ


sfdkjglakgkfweqkwepqewrf588ef (2)


今後、K田さんのほうで車検時に困らないよう


エンジンのラベルがなくなっていたり

公認を取得していない部分をやり直してもらい


sfdkjglakgkfweqkwepqewrf588ef (4)


予備検査屋さんでは、フレンチングライトの

光軸調整のやり方が解らないとか


車体番号の打刻場所が解らないなど


sfdkjglakgkfweqkwepqewrf588ef (6)


連絡があったら、フィットから作業に行き


最近は車検場がとても厳しいので

構造変更と車検に時間が掛かりましたが


sfdkjglakgkfweqkwepqewrf588ef (5)


ようやく、車検の取り直しを終えて戻りまして


光軸調整の手伝いに行ったときに

タイヤの山がないことに気付いたので


sfdkjglakgkfweqkwepqewrf588ef (10)


リアタイヤの交換には、スカートの脱着が

タイヘンと前オーナーから聞いていたので


納車前にフィットでやっておくことになり


sfdkjglakgkfweqkwepqewrf588ef (9)


タイヤはK田さん本人がアメリカに

手配して、フィットに送ってくれたので


到着したら、履き替えてバランス取りしまして


sfdkjglakgkfweqkwepqewrf588ef (8)


タイヤの交換を行う時はリフトで

クルマを持ち上げると作業が楽ですが


MERC9は、ボディにフロントフェンダー、


sfdkjglakgkfweqkwepqewrf588ef (7)


グリル周りが繋がって一体化されてるのと


チョップトップでルーフやリアガラス周りの

ボディをカスタムしてあるので


sfdkjglakgkfweqkwepqewrf588ef (11)


リフトアップすると、ボディの前後に重みが掛かり

塗装が割れたり、シワがよったら


取り返しがつかないことになるのでと


sfdkjglakgkfweqkwepqewrf588ef (22)


細心の注意を払って、リフトを使わず

タイヤ荷重になる位置でジャッキアップし


上げている時間も、出来るだけ短時間にして


sfdkjglakgkfweqkwepqewrf588ef (30)


ボディにダメージを入れないようにするので


F1のピット作業のように人海戦術で

5人で手分けして、同時進行で進めまして


sfdkjglakgkfweqkwepqewrf588ef (12)


リアのスカートは、取り外さないと

リアタイヤが外せないのですが


カスタムメイドされているスカートで


sfdkjglakgkfweqkwepqewrf588ef (18)


後部座席の内張りと、トランクの内張りを

外したところに固定ボルトがあるので


室内は、リアシートとサイドパネル、


sfdkjglakgkfweqkwepqewrf588ef (16)


トランクは内装を全部外さないと

いけないそうなので、ボディや塗装に


傷や汚れを付けてしまわないよう


sfdkjglakgkfweqkwepqewrf588ef (24)


sfdkjglakgkfweqkwepqewrf588ef (25)


よく養生をしたら、大きなスカートを外しまして


その際、トランクの内装を外したら

リアのハイドロシリンダーが傾いており


sfdkjglakgkfweqkwepqewrf588ef (14)


sfdkjglakgkfweqkwepqewrf588ef (15)


まっすぐ立ってなければいけない

シリンダーがずれてコケ気味で


斜めになってしまって、きちんと動かないので


sfdkjglakgkfweqkwepqewrf588ef (37)


原因を調べてみたら、コイルの形状が

歪んでて、カップごと傾いてしまうので


コイルの歪みを直す修理が必要となり


sfdkjglakgkfweqkwepqewrf588ef (20)


急遽、コイルの修理をすることになり


コイル修理も短時間で終わらせるため、

引き続き、F1ピット作戦で進めていきます



[ 2023/03/08 09:46 ] 49 MERCURY *Merc9* | トラックバック(-) | コメント(-)