FC2ブログ

1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE EL-CLASSICO VINTAGE and ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 48 CHEVY FLEETMASTER CONV > 1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE

1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE



 1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE


75年前のクルマですが、快適仕様へ

アップデートする作業を進めてまして


fぐぇgへhうぇt4465え (3)


ボディ側の見付かった、過去の修理跡や

質の悪いレストア作業の跡は


本来のあるべき姿に修正していき


fぐぇgへhうぇt4465え (2)


ボディの形や位置も少し変わったので


それに合わせてコンバーチブルトップも

正しい位置に、正しく機能するように


hkfguhlhilhpiuj56565989899 (26)


取り付けし直しを進めまして


以前、アメリカで張りなおした幌は

ボディ側がおかしい部分があるなりに


hkfguhlhilhpiuj56565989899 (24)


張ってしまってあるので、幌の骨格の

取り付け位置を調整して合わせたら


幌の生地を固定している部分を分解し


hkfguhlhilhpiuj56565989899 (25)


位置やテンションを合わせ直して

固定し直していきまして


コンバーチブルトップを開閉するときに


fぐぇgへhうぇt4465え (p1) (1)


幌の生地と、クォーターパネルの

ボディ部分が擦れる部分の


保護と化粧も兼ねたタックモールを


hkfguhlhilhpiuj56565989899 (20)


ボディに取り付けるビスの穴が

ボディ側の穴と合っておらず


長穴に広げた跡がありますが


hkfguhlhilhpiuj56565989899 (19)


それでもボディ側の穴と合わないので


無理してビスで固定すると、モールが

歪んだり、浮いてしまうので 


hkfguhlhilhpiuj56565989899 (21)


さらに穴を広げてしまうのではなく、


穴の形に合わせて、モールと同じ

板厚のステンレス板を切り出して


hkfguhlhilhpiuj56565989899 (22)


hkfguhlhilhpiuj56565989899 (23)


モールの穴にはめこんで溶接して


既存の穴を埋めたら、溶接の熱歪みを

とって、溶接跡を綺麗に仕上げまして


fぐぇgへhうぇt4465え (p1) (24)


ボディ側のビス穴に合わせて、


モールに正しい位置に穴を開けて

タックモールの修理も終えまして


fぐぇgへhうぇt4465え (p1) (5)


塗装やパテを剥離して、状態の確認と

手直しが必要な箇所の確認をしていた


FULTONのアウトサイドバイザーも


fぐぇgへhうぇt4465え (p1) (6)


組み付けしていき、建て付けや位置を確認。


リアバンパーもバンパーフィラーや当たりの

バンプストップを取り付けたら


fぐぇgへhうぇt4465え (p1) (8)


車体に取り付けていき、建付けを確認し


次はトランクハンドルと、バンパーの

プルダウンの作業に進みます


[ 2024/04/20 10:31 ] 48 CHEVY FLEETMASTER CONV | トラックバック(-) | コメント(-)