FC2ブログ
ホーム > カテゴリー - 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 *

1940 LINCOLN ZEPHYR



 K藤 さん の  1940 ZEPHYR 進めて まして


ボディ 全体 にある、 腐食 した 部分 の 修復 と

リジット マウント から  ボディ マウント化 を 進めてまして


klkj585899 (73)


ひな壇 から 後ろの フロア の ブレス 兼

ボディ マウント が 完成し


ブレスの 上に張る、 フロア の 製作 に 進みまして


klkj585899 (67)


型紙 を とったら  鉄板 を 切り出していき


平面 と 円すい の 複合 パネル や

裾を テーパー状 に 広がるように 加工 したり


klkj585899 (68)


複雑な 形状の パーツ を 沢山 作っていき


折り曲げる 部分 も、 角が 立たないように

緩やかに 曲げる 作っていき

 
klkj585899 (69)


ブレス に 乗せて 建付け を 確認。


円すい や 3D 形状 に せず、 角も 鋭角に 曲げて

全部 平面 になるように 作っていけば


klkj585899 (66)


型紙 を とるのも、  パネルの 切り出しも 曲げ加工も

全ての 製作行程 が かなり 楽になりますし


”  作った感 ” が  強調された フロア に なりますが


klkj585899 (64)


角かく になる分、 インナー フェンダー や ブレス を

避ける 部分の パネル が 角ばって 大きくなってしまい


トランク の 面積 が 減って、 有効 活用 出来なくなるので 

 
klkj585899 (63)


最大限 トランク スペース を 確保 しようと すると


出来るだけ ブレス や ボディ の 形状 に 沿わせて

ぴったりに 作らないと いけないんですね


klkj585899 (65)


お陰で 平面 と 円すい、  リブ に 裾広がり と

複雑に なった パネル は  建付けを 確認 したら


全周を しっかり 本溶接 していきまして、  ん!?、、、、


C6CSGaIXQAEVV1p.jpg


むむむ !?  インナー フェンダー と ボディ マウント の

部分 が ナニかに 似てると 思ったら


ガンダム の 足 に そっくり ですね。。。。。。。


klkj585899 (60)


続いて  トランク の 大きな 面になる パネル は

後端 の 両端 が ボディ マウント に なるので


ボディ マウント の ボルト を 締めても 潰れないように


klkj585899 (58)


ブレス に ガイド 兼、 補強 の パイプ を 入れて 溶接。


フロア側 は 平らな ままだと、 ボディ マウント の ボルト の

頭分 が 出っ張ってしまい、 内装を 貼れないので


klkj585899 (57)


ボルト の 頭と ワッシャーの 厚み分 が フロア より 

沈み込むように 計算して、  凹ませる 加工を 施し


トランク フロアの 下に 設置する 燃料タンク の
 

klkj585899 (54)


燃料ホース の 接続 ポート、 燃料計 の センサーが

ある 部分の 上を 切開 しておき、  


メンテナンス が 出来るように サービス ホール を 設置。


20190410224541bd71.jpg


トランク 中央 の 真ん中 部分 には


スペアタイヤ を 置く スペース に なるので

走行中 に スペア タイヤ が 動いて しまわないよう


klkj585899 (55)


固定用 の スタッド ボルト を 設置 しまして


給油口 から 燃料 タンク までを つなぐ 

フューエル パイプ の 接続口 も

 
klkj585899 (62)


上の部分の フロアを 切開 しておき、  


メンテナンス が 出来るように 

サービス ホール を 設置。


klkj585899 (59)


トランク を 構成する 部分 の 作りと


下に 吊り下げる 燃料 タンク との

絡みの 部分 を 製作 したら


klkj585899 (53)


ひな壇 の 上の パネルと、  トランク の 

突き当り の 接続 部分 は、


それぞれを 丸めるように 板金 していき

 
klkj585899 (52)


klkj585899 (51)


それぞれの パネル は、 建付けが 狂わないよう

ブレス に クレコピン で 固定 しておき


接続 部分 を 点付け後、 本溶接 していきまして

 
klkj585899 (49)


それぞれの 溶接 部分 を 綺麗に 仕上げたら


ご覧 の 通り、  綺麗な ラウンド で  あたかも 

オリジナル の プレスで あるかのように 仕上がりまして


klkj585899 (50)


トランク フロア と ひな壇 部分 の パネル が 完成。

次は バッテリー を 収める ボックス 製作 に 進みます


VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!



[ 2019/04/17 09:25 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 LINCOLN ZEPHYR



 K藤 さん の  1940 ZEPHYR 進めて まして


ボディ 全体 にある、 腐食 した 部分 の 修復 と

リジット マウント から  ボディ マウント化 を 進めてまして


pplloolkl89 (1)


リア ボディ、 クォーター パネル、 トランク 部分 を  

ぶった切って 作業性 を アップ させたら


ひな壇 の 上の ブレス、 パネル を 製作 し


pplloolkl89 (2)


トランク フロア の ベース 製作 に 進みまして


トランク の フロア の 下には、 燃料 タンク が

設置 されるので、 位置 と 取付方法 を 検証 し


klkj585899 (90)


klkj585899 (89)


フレーム 最後端 は、 ボディ マウント化 するので


斜めに 切断 して、  ボディ マウント の ブッシュ、

ボルト を 取付できるように  作り直しまして


klkj585899 (91)


ひな壇 の 後ろ で、  ルーフ や トランク、

クォーター パネル の 荷重 を 受け止める


ボディ マウント を 設置 するので、 

 
klkj585899 (88)


型紙 を とって、  鉄板 を 切り出したら

  
トップ の プレート の カーブ に 合せて

曲げていき、 裏に 補強 の プレート も 追加


klkj585899 (87)


それら を 溶接 して、  溶接 ビート を 仕上げて、 

ボディ マウント ブラケット を 製作 しまして


メイン フレーム の ひな壇 後ろに 溶接 したら

 
klkj585899 (1)


メインフレーム に ボディ が 乗っかりますが


トランク に 荷物 を 積んだり、 トランク下 に

燃料タンク を 吊ったりと 荷重 が 掛かるので


klkj585899 (85)


板 で ボディ を 作っていくと 強度 が 足りないので


裏骨 の ブレス で 骨格 を 形成 したうえに

トランク や ひな壇 の パネル を 作っていきます


klkj585899 (86)


トランク の フロア下 には 燃料 タンク を

吊り下げて 設置 しますが


裏骨 に タンク の 座り が よくなるように、 


klkj585899 (83)


klkj585899 (82)


フラットバー を 切り出して  波型 に 折り曲げて

燃料タンク の 前後 に 取り付けることで


タンク の 位置 が 決まる ガイド に なりまして


klkj585899 (84)


続いて  燃料 タンク を 吊る  ストラップ は

燃料 タンク に 付属 している 物を 使いますが


ストラップ を 取り付ける ブラケット が 無いので


klkj585899 (81)


タンク の 寸法 に 合うように  吊元を 製作


65L 燃料 を 入れると 重さも 出るので、

強度 を 確保するため、  厚めの 鉄板 を 切り出し


klkj585899 (80)


前側 は  ストラップ を 引っ掛ける 構造 なので、 

吊り下げる ピンを 貫通 させて 溶接。


吊元 は 荷重 が 掛かっても 溶接が 剥がれないように するため
  

klkj585899 (78)

 
klkj585899 (79)


裏骨 に しっかり 接合 するため、 ベース プレート を

溶接 することで  溶接しろ を 確保 する 構造にして、


プレート は 裏骨 に しっかり 全周 溶接して 接合。


klkj585899 (77)


後ろ側 は ストラップ の 後端 に ボルト と ナット を 

締めて ブラケット に テンション を 掛けると、


タンク は 裏骨 に ガッチリ 押し当てられて  固定 されます  


klkj585899 (76)


燃料 タンク の 位置出し の ガイド と 吊元 が

完成 したら、  ひな壇 部分 の 裏骨 も 製作。


後に フロア になる パネル を スポット溶接 するので    


klkj585899 (75)


溶接しろ に なる面を 作りつつ、 角 を 多用することで  

強度 を 出したいので 


鉄板 を ベンダー で ハット型 に 折り曲げていき、

 
klkj585899 (72)


メインフレーム や ひな壇 の 形状に 合せて

ハット型 の 鋼材 を 加工 しながら 


カーブ、 コーナー を 作って  連結して いきまして、


klkj585899 (71)


ボディ マウント に なる 部分、  燃料 タンク から

給油口 までの パイプ が 通るので

 
当たらないように 裏骨 を スライス して  逃がす 部分、  


klkj585899 (70)


燃料 ホース を 取り回すので、  クリアランス を

確保 するため、  裏骨 を スライス した 部分 など


複雑な 形状 に なりますが、 それでも ハット型 の 鋼材は 


klkj585899 (74)


どこにも 段差 や 切れ目 が ないように

全部 綺麗 に つながるように 加工 することで


見た目 を 整える 意味 も ありますが、 


klkj585899 (73)


きちんと 応力、 荷重を 逃がすように 

作りこんで あります


次は トランク フロア 製作 に 進みます


VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!




[ 2019/04/11 02:44 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 LINCOLN ZEPHYR


 K藤 さん の  1940 ZEPHYR 進めて まして


ボディ 全体 にある、 腐食 した 部分 の 修復 と

リジット マウント から  ボディ マウント化 を 進めてまして


66987565889 (f2) (2)


66987565889 (f2) (1)


ひな壇 部分 の 製作 を 進めて いますが


室内 から やろうと すると  狭いし

トランク側 から やろうと すると 遠いので


66987565889 (f2) (14)

  
66987565889 (6)


どちらから やるにしても  今のままでは

いかんせん  やりづらいので


「  どうせ 作り直しですし、 今は 邪魔に なります 」 
 

66987565889 (f2) (15)


66987565889 (f2) (13)


と、  トランク 後端 の パネル が 摘出 されまして


「  外板 も 作り直しますし、 今は 要りません 」  

と、  リアセクション が ぶった切られまして、、、、


55549566621 (6)


66987565889 (f2) (3)


パンツ 脱がされ、  お尻 丸出し で ナニヨリです。


「  あー、  これで やり易く なりました 」 と、 

S庭 師範 は 喜んでまして 


66987565889 (f2) (5)


確かに 外からも すぐ 触れる 距離 に なりましたし

かがんだり、 無理な 姿勢 でなく 出来そうですが


見たことがない 異様な 景色 が 広がってまして、、、、、


66987565889 (f2) (8)


66987565889 (f2) (6)


リア が ずいぶん 短くなって しまいましたが


太くて 短い  カウパー氏 みたいだ と 笑ってたら 

「  俺の ちんこ は こんなに 剥けてねぇよ 」 


66987565889 (f2) (7)


と、 相変わらず の 短小 包茎 で ナニヨリです


剥き出し に なった リアセクション は、  ひな壇 と

トランク フロア を 製作 していきますが
 

66987565889 (f2) (4)


これまで トランク の 真ん中 に  マスタングの

燃料 タンク が 設置 してありましたが、  


給油口 を リロケート すると、 接続 しづらい 位置 なのと   


66987565889 (f2) (10)


スラムド させたときに タンク の 形状上

地面 に 近くなり過ぎるので、

 
違う タンク に 変更し、 固定方法も 変更するので


66987565889 (f2) (9)


トランク フロア の 骨 と、 燃料 タンク の 

吊元 を 製作 していきまして


トランク に 下に 取り付ける  燃料 タンク は


55549566621 (5)


実際 に 装着 する タイヤ を 組み付けし


スラムド した 状態 を 再現 して、 地面 との

クリアランス を 確認 して  設定


55549566621 (3)


トランク には、  バッテリー も 設置 するので


バッテリー を 入れる トレー の 深さ や 位置 も 

地面 との クリアランスを  確認 しながら 決めていき


55549566621 (2)


燃料 タンク の 上に 張る トランク フロア も


スペアタイヤ を 置ける 高さ や スペース など 

緻密 に 計算 しないと いけないので


55549566621 (1)


上下 それぞれ 必要な スペース の せめぎあい。。。。


次は トランク フロア の ベース 製作 に 進みます

VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!



[ 2019/04/05 01:34 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 LINCOLN ZEPHYR



 K藤 さん の  1940 ZEPHYR 進めて まして


ボディ 全体 にある、 腐食 した 部分 の 修復 と

リジット マウント から  ボディ マウント化 を 進めてまして


66987565889 (24)


フロア の 製作 が 終り、 続いて  ひな壇 と

トランク フロア の 製作 に 取り掛かりまして


ひな壇上 は ほぼ デッド スペース化 してしまうので、 


endocvt-new.jpg


スペース を できるだけ 有効 活用 するため、 

エアサス の ユニット を 設置 と しまして


使用する ACCUAIR の ENDO CVT を 用意 したら 


rtujrykjeut.jpg


固定 ブラケット の 位置、 形状 を 計測 し、


車高 を 下げても、 デフ や リンク に エア配管 が

干渉せずに 取り回せる ルート を 検証 し   


66987565889 (17)


取り付ける 位置 や、 メンテナンス が やり易いよう

サービス ホール を 設けたり、 


ユニット の 重量 に 耐えるように 裏骨 を 入れる 


66987565889 (11)


位置など 決定していき、 補強 の リブ を 入れていき


ひな壇上 の パネル は、 ボディ マウント を 介して

フレーム に 載せる 構造 に するので


66987565889 (10)


66987565889 (12)


プレス 成型 した  マウント ベース の 大きさに

板 を 切り抜いて、 ベース を 埋め込みまして


ひな壇上 の 板の 後ろ側 は、 トランク と つながるので


66987565889 (8)


端末 は トランク パネル との 接合 の ため

緩く まるめて、  カーブさせた 曲線 に 作りまして

 
板 の 中央 や、 端部分 は 裏骨 を スポット溶接 するので


66987565889 (9)


66987565889 (7)


溶接用 の 穴 を 開けていき、  その 位置に 合う サイズ に

鉄板 を ベンダー で 折り曲げて 裏骨材 を 製作。


裏骨 は ひな壇上の 鉄板 の 中央 と 両端 を つなぎ

 
66987565889 (20)


アルファベット の H型 に するので、


鉄板 を ハット型 に 折り曲げて、  接続 する 部分 は

写真 の ように 切り抜いて、 接合 しまして


66987565889 (13)


66987565889 (16)


接合する 部分 は ボディ マウント が 絡むので

プレス を 避けるように 幅 を 変えまして


厚い 鉄板 に 穴を 開けて、  切り出したら


66987565889 (15)


66987565889 (14)


裏骨 の 内側 の マウント ボルト 部分 に 

溶接して 補強 してまして


裏骨 を ひな壇上の 板に クレコピン で 仮組みし


66987565889 (18)


66987565889 (19)


後から 錆止め を 塗れないので、  先に 塗っておき


ひな壇上 の 鉄板 を 裏返して、 スポット溶接する

部分 の 塗装 を 剥がしたら、  裏骨 を 合せまして


66987565889 (1)


66987565889 (2)


いざ、 ひな壇 部分 に セット しますと こんな 感じ。


ひな壇 部分 は ルーフ に 近くて  狭い 隙間で

なおかつ、 トランク や インナー フェンダー も あって  


66987565889 (4)


とにかく 作業 が しづらいと いうことで


どうせ トランク も インナー フェンダー も

リア ボディ も 作り直しだから、、、、、、


66987565889 (3)


66987565889 (5)


「  うーん、、、、、、  いいや、 全部 切っちゃおう 」


と、  あらら  トランク も、  リア ボディ も、 

全部 摘出 されて、 後ろ 全部  紛失。。。。


66987565889 (f2) (8)


トランク には、 キン肉マン コロシアム、 作ってもらう 予定 でしたが、 

トランク どころか、 リア セクション が 全て 消滅 しまして、 


うーん、  見たことない 景色 で ナニヨリです 


VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!




[ 2019/03/31 01:33 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 LINCOLN ZEPHYR




 K藤 さん の  1940 ZEPHYR 進めて まして


ボディ 全体 にある、 腐食 した 部分 の 修復 と

リジット マウント から  ボディ マウント化 を 進めてまして


sdasf (2)


アメリカ で フロント サスペンション を MUSTANGⅡ化 する際、


ギアボックス と オイルパン、 ステアリング シャフト と

エキマニ が 干渉 してしまうのでと


sdasf (1)


エンジン を やや 後傾 させて セットアップ し、


センター トンネル を 高く作り直すのが 大変なので

ペラシャフト を 2ピース化 してありましたが 


sdasf (4)


それでも  センター の ユニバーサル ジョイント部分で 

前後の ペラともに かなり 角度が 付いてるので


このまま 走らせたら、 異音、 振動 出まくりますので


kkiiuuj (43)


角度 が 付かないように 直さないと いけませんが


あの手 この手と 考えてみましたが、 やっぱり どうにも

センタージョイント の 位置を 持ち上げて


kkiiuuj (42)


真ん中 で 折れないように してあげないと いけませんで


センタージョイント を 持ち上げようにも、 今の

センター トンネル では 当たって 上げられないですし

 
kkiiuuj (44)


前 が 上がれば、 当然 後ろも 上がって きますし


K藤さん が 希望する タイヤ サイズ で 車高を

落せるように Cノッチ も やり直したので


kkiiuuj (45)


デフ も これまでよりも 上がるように なったので


ちゃんと 走れる クルマに するには、 やっぱり 

センタートンネル を 作り直すのは 避けれませんで、  


66987565889 (41)


センター ジョイントの 位置を ユニバーサル ジョイント の

許容範囲内の 角度になる 位置まで 上げようと すると

 
センター トンネル を 切開することに なりますが


kkiiuuj (46)


ただ 切って、 鉄板 で 蓋を 作るだけでは、 


両側の フロアから 真ん中に 向かって 

掛かる 力に 負ける 恐れがあるので


kkiiuuj (47)


なるべく 力を 分散 させられるように 角を 作らず


丸い 構造に、 補強の リブを 入れた 形状で
 
センタージョイント避け の トンネル を 製作。


kkiiuuj (48)

 
キン肉マン 世代 の 僕と しては、 


これは ウォーズマン の ヘルメット にしか 見えませんし

そうで あって欲しいと 願って やみませんが


66987565889 (42)


センター ジョイント位置 を 上げて、 カバー したら

続いて、 リア シャフト の カバー製作 に 進みまして


シート の 取り付けに 影響が 出ず、 シャフトに 当たる 部分は


66987565889 (40)


66987565889 (39)


トンネル を 切開し、 高い アーチ になるよう

新しく 鉄板 から 製作 しまして 


ひな壇 に 接続 する 部分 は、 強度的 に 


66987565889 (37)


66987565889 (38)


センター ジョイント 部分 の カバー と 同様

力を 逃がすように 丸い 形状で  製作し


見た目も センタージョイント部分と 合うように デザイン。


66987565889 (34)


66987565889 (32)


66987565889 (33)


これまた  キン肉マン 世代 の 僕と しては、 


これは ロビンマスク にしか 見えませんし

そうで あって欲しいと 願って やみませんが


66987565889 (30)


66987565889 (31)


センター トンネル に 接合する 部分 は


重ねて スポット 溶接 で 接合する 構造なので、 

耳部分 を 製作して 溶接 しまして


66987565889 (36)


66987565889 (35)


クルマ に 溶接 した後に 仕上げを するのは

大変なので、 取付前に 出来るだけ 仕上げ しまして


ひな壇、 センタートンネル との フィッティング を 確認


66987565889 (29)


ひな壇側 は 全周 溶接 するので、 ぴたぴた の 

クリアランス になるよう 仕上げられまして


センター トンネル側 は クレコピン で 固定して


66987565889 (28)


66987565889 (27)


ひな壇、 フロア側 を 全周 溶接 して


センタートンネル側 は スポット溶接 し

本組み が 完了 しまして


66987565889 (23)


溶接 ビート を 綺麗 に 仕上げていき


センター ジョイント 位置 の 変更 と  カバー 製作、

センター トンネル の 加工、 作り直し が 完了。


66987565889 (26)


これで 室内 の フロア を 作り直す 作業も、 

前から 後ろまで ようやく 終わりまして


せっかく こんなに 造形 も カッコよく 作ってるのに


66987565889 (25)


内装を 貼ったら、 全部 見えなくなってしまうのは 勿体無い 限りですし、  


それでは ウォーズマン も ロビンマスク も 浮かばれませので、、、、、

S庭 師範 に 頼んで、 トランク に


66987565889 (24)


キン肉マン コロシアム、 作ってもらおうと 思います、、、、、、

次は ひな壇 の 上側の 加工 に 進みます


VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!




[ 2019/03/25 06:29 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)