FC2ブログ
ホーム > カテゴリー - 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 *

1940 LINCOLN ZEPHYR



 K藤 さん の  1940 ZEPHYR 進めて まして


ボディ 全体 にある、 腐食 した 部分 の 修復 と

リジット マウント から  ボディ マウント化 を 進めてまして


5545656566564 (13)


フロア は ボディ マウント化 するに あたって

フレーム オフ しても 歪まないように


ブレス を 入れて、 そこに 貼っていきますが


5545656566564 (12)


ブレス を 介して  フレーム に 固定 する際 の


ボルト & ナット と  ブッシュ を 介して

取り付ける ボディ マウント 部分 は


5545656566564 (11)


複雑な 形 なので、 一枚もの の フロア パネル と

一緒 に 作るのは  プレス製造 でないと 不可能 なので


別で 作って あとから 一体化 し、 オリジナル の プレス風に。
 

5545656566564 (8)


フロア の 鉄板 は 薄いので、 これくらいの 溶接 でも

熱 で 歪んでしまうので、  歪みをとる 板金 を 施したら、 


続いて  リアシート下 の フロア パネル は


5545656566564 (27)


ひな壇 の 下 の 部分 と 接続 していきますが


こちらも ひな壇 の ボトム部分 が 幾重にも

箱状 に することで  強度 を 出している 構造 で


5545656566564 (28)


形状 も 複雑 なので、 接合 部分 は 型紙 を とり
 

鉄板 を 切り出したら、 ひな壇 と フロア の

それぞれを つなぐ 形状 に 作っていきまして


5545656566564 (29)


ただの 折り曲げた 板のように 見えますが


フロア と ひな壇 の 接続 部分 は

緩やかに 立ち上がっていく 形状で


5545656566564 (30)


カクっと 折り曲げた 形状 だと 合いません


そこで  鉄板 を 緩やかに 折り曲げて、 

なおかつ 緩やかな コーナー型 に カーブさせる


5545656566564 (31)


実は 超難儀 な  3D 形状 部分 でして


そこも 簡単 に 仕上げてしまわず

忠実 に 再生 していきまして


5545656566564 (32)


3D 形状 の 接続 部分 を 別体 で 作ったら


フロア パネル を 設置する 位置 に 置いて

接続部分を  ピタリと はめこんで 位置を 合わせ


5545656566564 (33)


このまま 本溶接 してしまうと、 溶接 の 熱 で

鉄板 に 歪みが 出ますが


複雑な 形状 で 裏側 も 入り組んでいる 形状 なので


5545656566564 (34)


歪みをとる 板金の 際、 裏から ハンマリング できず

綺麗 に 仕上げられないので


一旦 仮溶接 で 固定 したら、 作業台 に 移動 し


5545656566564 (35)


本溶接 と 仕上げ して、  フロア と 一体化 されました


クルマ で 原寸合わせで 確認 しながら 作っていくのが 

一番 間違え や 失敗 も 起きづらいですが 


5545656566564 (10)


5545656566564 (9)


どうしても 仕上がり や クォリティーが 落ちてしまうので


明るくて、 視界 も 姿勢 も 良いところ の 方が 

作業 が やり易くて 綺麗に 仕上げられるので 


5545656566564 (7)


クルマ に 付けてでないと 出来ない 部分 以外 は

基本的 に 出来るだけ 外で 製作 して、


最後 の 取り付けだけ、 クルマ で 行うのが 理想。


ujioiyftyuyio (8)


正しい 計測、 正確な 型どり に はじまり、  

正しい 設計、  適切な 製作行程 の 選定、


そして 誤差 を 出さない 切断 技術 に、 


ujioiyftyuyio (11)


極力 歪みを 出さない 溶接 技術、   


どうしても 熱歪み は 避けられないので

溶接後 の 歪みを直す 技術 を 持ってして
 

ujioiyftyuyio (12)


ujioiyftyuyio (13)


外で 作っても  正確に ぴたりと 合う 品物を

作れる 技術が あるかが 仕上がり の 鍵。


日本 の 物作り、  日本の 職人さんは 本当に 凄いですね


ujioiyftyuyio (16)


接合したあとに 塗れなくなる 部分に、 事前に 錆止め 塗りまして


次は アクセル、 ブレーキ ペダル 部分 の 

フロア パネル の 製作 に 進みます


VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!



[ 2019/02/21 08:34 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 LINCOLN ZEPHYR


 K藤 さん の  1940 ZEPHYR 進めて まして


ボディ 全体 にある、 腐食 した 部分 の 修復 と

リジット マウント から  ボディ マウント化 を 進めてまして


ujioiyftyuyio (26)


ここ 最近、 仕事 が バタバタ してたり

家族 が インフルエンザ に なったりで


BLOG 更新 する 余裕なくて、 どうも すみまめん。。。。。


ujioiyftyuyio (25)


K藤 さん の 40 ZEPHYR は、 ピラー の ボトム、

サイドシル、  ロッカー 部分 の 再生 を 終え


いよいよ フロア の 再生 に 進みまして


ujioiyftyuyio (33)


フレームオフ できる 構造に すべく 設置した

フロア を 受け止める ブレス に 基づいて


新しく 貼り直す フロア の 型紙 を とっていきまして

  
ujioiyftyuyio (32)


室内 の 荷重 を 受け止めるための ブレス は

フロア を 溶接 する 下地 に なるので


建築でいう、 壁材 を 貼るための ネタ材 みたいな 感じでしょうか

  
ujioiyftyuyio (31)


型紙 は  ペダル が あるか 無いかでの 違いや


フレーム マウント タイプ なので 座席下 に 

パワーブレーキ の ブースター が あるかなど


ujioiyftyuyio (27)


左右 で 違いのある 部分 は、 それぞれ を 作り


左右 で 形 が 共通 の リアシート下 などは
  
ピラー の ボトム、 サイドシル、  ロッカー 部分 も


ujioiyftyuyio (30)


左右 が 1mm も 誤差なく、  ぴったり  同じ 寸法 に

なるように 修正、 再生 してあるので


型紙 は  片側分 だけを 作って、 反転 して  使えます


ujioiyftyuyio (29)


ujioiyftyuyio (28)


全て の フロア の 型紙 を 作ったら

鉄板 に 書き写して いきまして


この 時点 で  鉄板 を 切り出したままだと


ujioiyftyuyio (24)


ぺこぺこ してしまって、  強度 が でないので


ビードマシン で ビード を 入れて 補強 するので

入れる ビード の 形状 も 書き込んで いきまして


ujioiyftyuyio (21)


ujioiyftyuyio (22)


ビート を 入れると 鉄板 に 凹凸 が 出来て 硬くなる 一方、  


凹凸 に とられた 面積分、 僅かでは ありますが
 
鉄板 の 寸法 は 小さく なってしまうので


ujioiyftyuyio (23)


その 損失分 も 計算 して 作っておかないと

寸足らず に なってしまうので、  緻密な 計算 が 必要。


型紙 を 書き写した 鉄板 を  合計 10枚 切り出していき


ujioiyftyuyio (6)
 
 
ujioiyftyuyio (7)


ビード を 入れる ライン も、  下書き した

印の 通りに  ビードマシン で 成型 しまして 

 
ビード も  ただ ライン を 入れる だけでなく、


ujioiyftyuyio (3)


ujioiyftyuyio (4)


シート を 固定 する マウント 部分 を かわしたり

それを 含めた デザイン性 も 考慮 しながら


複雑 になる分、 施工 が 難しくなりますが   


ujioiyftyuyio (5)


複雑 な ライン で ビート を 入れていき


ボディ マウントになる 部分は、 あたかも 

純正分 に なるよう  プレス風 に 仕上げて 


ujioiyftyuyio (1)


事前 に 製作 しておいた パネル を 埋め込みまして


前席 や ひな壇下 は、 途中 から 立ち上がる

フレーム の 形状 に 合せて、  折り曲げたり


ujioiyftyuyio (2)


外周 には、 溶接 するための 穴 を 準備。 


強度 に 絡むので、 適正な ピッチ で 溶接 しますが

もう、 うんざり するほど の 穴を  開けていき、、、、、
 

ujioiyftyuyio (10)


運転席 の 座席 の 下にくる  パワー ブースター は


ブレーキ を 整備する際は、 マスターシリンダー に

上から アクセス できないと メンテナンス性 が 悪いので


ujioiyftyuyio (9)


鉄板 を 大きく 切り抜いた  開口 を 設けまして


切りっ放しだと  フロア の 強度 が なくなるので

開口 に沿って 耳を 付けて  強度 を 持たせまして


ujioiyftyuyio (20)


メンテナンス用 に 開口 を 設けた


ブースター の 上にくる フロア パネル を

置いてみると  こんな 感じですね


ujioiyftyuyio (14)


ひな壇下 の リアシート の 下に なる 部分 は
  
後ろに 行くにつれて フレームが 立ち上がって いきますが


フロア は 水平 なので、 フレーム 部分 だけ 


ujioiyftyuyio (19)


ujioiyftyuyio (17)


逃がすように 作りこんで ありまして

 
助手席 の 足元の パネル は 先にいくに 従って

立ち上がる 角度 に ぴったり 合うように なってまして


ujioiyftyuyio (15)


ブレス の ライン は、 シート を 取り付ける

マウント 部分 を 考慮 しつつ


職人泣かせの  とても 複雑な ライン も お見事。


ujioiyftyuyio (18)


新しい フロア の 準備 も 進み、  次 は 運転席 の 

ペダル部分 の フロア 加工 に 進みます 


VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!




[ 2019/02/15 03:04 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 LINCOLN ZEPHYR



 K藤 さん の  1940 ZEPHYR 進めて まして


ボディ 全体 にある、 腐食 した 部分 の 修復 と

リジット マウント から  ボディ マウント化 を 進めてまして


4455877565 (2)


サイドシル の パネル が 完成 し、 

インナー ロッカー と 接合 したら


下側 の ドア ヒンジ を 固定 している


4455877565 (1)


A ピラー下 の パネル とも 接合 しまして


オリジナル だと、 ドアヒンジ の 下側 は

外 に 剥き出し に なっていますが


4455877565 (3)


その作りだと 走行風 や 風切音 が 入ってきたり

雨の日は、 水も 入ってきてしまうので 


クローズド 構造 に 変更 し、 静粛性 の 向上 へ


4455877565 (21)


ヒンジ は 後々 ドア の 建付け や チリ の

調整 で 動かしたり、 注油 したりと


なにかと メンテナンス で 触る 機会 が 多いので


4455877565 (23)


下側 から 触れるように 大きく 開口 を とりまして


普段 は 水 や 風が 入らないように

蓋 を しておく 構造 と しまして


4455877565 (22)


底面 を 平ら にして 蓋 を 出来るように するため


サイドシル プレート、 Aピラー下 の パネル の 

隙間 を 埋める パネル を 製作 し、 溶接


reuryurtyiu (1)


後ほど、 メンテナンス用 の 開口 部分 に 

蓋を 作って、  閉じるように しまして


リア フェンダー の 前側 の ボトム部分 も


ujioiyftyuyio (35)


サイドシル の パネル と 溶接 し、 

溶接跡 を 綺麗 に 仕上げまして


これで チリ を 合せた 前後 フェンダー も


ujioiyftyuyio (36)


治具 で 固定しておかなくても  正しい 位置 から

ずれずに 固定できるよう 再生 されまして
 

Aピラー の ボトム部分 の 腐り落ちていた 部分 も


reuryurtyiu (10)


reuryurtyiu (12)


再生 が 終り、 あとは 外板 を 残すのみ


Bピラー の ボトム部分 も 腐ってた 部分 や

以前 の 修理跡 が 悪く、 使えない部分 や


reuryurtyiu (11)


ドア を 閉めたとき の ウェザー ストリップ が

当たる 部分 も  再生 され、 


クォーター パネル を 貼る 耳部分 も 


reuryurtyiu (13)


reuryurtyiu (16)


建付け や チリ が 合う ライン で

新しく 再生 が 終りまして


各ピラー と サイドシル の 再生 が 完了


reuryurtyiu (2)


クォーター パネル を 剥がして 修復 している

ボトム 部分 は、 前回に 途中まで 書きましたが


リップ モール が 付く 裾部分 を 箱状 に 形成 し


reuryurtyiu (5)


オリジナル の モール クリップ は ボディ の 穴に

パチン と 差し込むだけの タイプですが


それでは モールが 浮いてしまい、 ボディ と 隙間が 出来るので


reuryurtyiu (20)


モール が ピチッ と 隙間なく 付いて カッコよくなるよう、  


モールクリップ は 差込式 から、 裏側 が ナット で

締めれば ボディ に しっかり 寄せられるように するため


reuryurtyiu (22)


reuryurtyiu (23)


本来 袋状 で 裏側 には アクセス できない ボディ構造 ですが


底面 が 無い 箱状 に 作り変えることで アクセス 出来て、 

ナット を 取り付け出来るように 変更 しましたら 


reuryurtyiu (21)


モール クリップ用 の 箱部分 を 作り終えたら


クォーター 部分 は、 車 の 真ん中部分 で

ボディ 剛性 の 重要な 部分 なので


reuryurtyiu (24)


オリジナル と 同様に、 インナー の ロッカー パネル と

外側 から  蓋 を するような 感じの


アウター ロッカー パネル で 構成 していきます


reuryurtyiu (25)


ujioiyftyuyio (37)


Cピラー を 支える ポスト にも 荷重 が 掛かるので

それを 支える ブレス の 一番 下 の部分 は


厚い 鉄板 で 構成 した ボトム部分 を 作ってあるので


ujioiyftyuyio (38)


それを かわしながら 取り付ける 複雑な 形状になり

後ろ側 と 前側 の 2ピース で 製作 しておき


サイドシル の 中で 組み立てながら 接合 していきまして


ujioiyftyuyio (34)


アウター ロッカー の 再生 も 完成 と なりまして

次 は 新しい フロア の 製作 を 進めて いきます


VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!




[ 2019/02/09 23:24 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 LINCOLN ZEPHYR


 K藤 さん の  1940 ZEPHYR 進めて まして


ボディ 全体 にある、 腐食 した 部分 の 修復 と

リジット マウント から  ボディ マウント化 を 進めてまして


4455877565 (10)


インナー ロッカー に  サイドシル 部分 の

パネル を 接合 し、  リア フェンダー の 前側 は


フェンダー を 固定 する 耳 の 位置 は


4455877565 (11)


あらかじめ 建付け、  チリ を 合せて 決めてあるので


そこと サイドシル の パネル を 接続 する

型紙 を とって  鉄板 を 切り出しまして


4455877565 (12)


裏 の ボルト に アクセス し、  工具 を 回せる 

大きさ、 規格品 の キャップ に 合せた


サービス ホール も 設けた パネル を 作りまして


4455877565 (13)


4455877565 (14)


サイドシル、  インナー ロッカー と 位置 を 合せて

全周 しっかり 本溶接 して  接合 していきまして


今回 作った パネル の 上 に 載ってる 茶色の 鋼材 は


4455877565 (18)


チリ合わせ した 際 に、 インナー ロッカー と 

フェンダー の チリ が 変わってしまわないよう


固定 するために 仮溶接 してある 治具 なので


4455877565 (15)


後ほど フロア や インナー フェンダー を

作っていく際に 撤去 するので


そことは 接合 しないで おきます

  
4455877565 (16)


4455877565 (17)

 
本溶接 を 終えたら、  内側 は 見えなくなりますが

外から 見える 部分 は  溶接跡 を 仕上げまして


この後、 上 から 新たな パネル を 貼っていくので

  
4455877565 (19)


4455877565 (20)


上から 貼る パネル の 裏側 と、

蓋 されて アクセス できなくなる 内側 は


錆止め を 塗って 処理して おきまして


reuryurtyiu (9)


reuryurtyiu (11)


続いて  錆止め が 乾いたら、  サイドシル の

一番 外側 部分 に  鉄板 を 切り出し


箱状 の 構造物 を 作って いきまして

  
reuryurtyiu (17)


内側 は 四角い 箱に なりますが


外側 の ライン は ボディ の 外側 の

緩やかな カーブ に 合せないと いけないので


reuryurtyiu (18)


外側 の ライン だけ 流線型 の 変速 長方形。


外側 の 流線型 は、  のちに 外板 の クォーター パネル を 

張っていく 際 に  基準点 に なりまして


reuryurtyiu (19)


四角く なってる 部分 は、 ボディ の リップに 付く 

モール を 取り付ける 土台 として 使いますが


モールディング を 止める ナット に  アクセス できるよう 

  
reuryurtyiu (20)


あえて 底板 がない 箱状に 作って おきまして、 


うーん、 ただ 再生 するだけでなく、 ボディ マウント化 すると

考えること、 やること いっぱい ありますね


VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!



[ 2019/02/05 22:02 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 LINCOLN ZEPHYR



 K藤 さん の  1940 ZEPHYR 進めて まして


ボディ 全体 にある、 腐食 した 部分 の 修復 と

リジット マウント から  ボディ マウント化 を 進めてまして


uo;tlugi (10)


サイドシル 部分 の 内側 に なる プレート を

1ピース に つないで  錆止め を 塗りまして

 
塗装 が 乾いたら、  インナーロッカー に 溶接 し


uo;tlugi (11)


両端 は カーブ や 段差 を 乗り越える際など

ボディ が 歪んだり きしんだときに


サイドシル、 ロッカー 部分 は 大きく ねじれるので


4455877565 (8)


4455877565 (5)


ねじれる 力が 加わっても、  溶接 が 割れないように、  

全周 溶接 を 避けて  スポット溶接 にし


端末 部分 も タブ を 製作 し、  取付方 で 強度 を 調整


4455877565 (4)


続いて、 サイドステップ の 外側 になる パネル は 

長い 楕円の リブも 入ってて、 カッコいいですね


こちらは インナーロッカー に 接合 すると


4455877565 (7)


内側 は 箱状 になって、  アクセス できなくなるので

溶接前 に 裏側 に 錆止めを 塗っておきまして


先程 接合した サイドシル の パネル も、


4455877565 (6)


外側 の パネル が 付くと  アクセス できなくなるので

今のうちに 錆止め を 塗って 処理 しておきまして


錆び止め の 塗装 が 乾いたら、 いざ 合体


4455877565 (9)


先程 接合 した 内側 の パネル の 上に 接合 され

箱状 の 構造 にすることで  強度 を 出していき


見た目こそ  S庭流 ですが、 基本構造は オリジナル 同様 で


etwyetrywetrt (2)


etwyetrywetrt (3)


ゼファー も マーキュリー も  インパラ、も


フレーム車 は ボディ の サイドシル部分 を 

箱状 にして  ボディ 剛性 を 確保 してますので

 
etwyetrywetrt (1)


作り直すので 大変な 手間が かかりますが、  


メーカー 設計 を 忠実に 守り、  しっかり 剛性 確保し

見た目も 出来るだけ よくなるよう 作り直されまして


etwyetrywetrt (4)

ryryueryu.jpg


溶接跡 を 綺麗 に 仕上げたら、 ご覧の通り

かっこいい サイドシル 部分 が 再生 されました


VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!



[ 2019/02/02 09:31 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)