FC2ブログ
ホーム > カテゴリー - 40 LINCOLN ZEPHYR *V12*

1940 LINCOLN ZEPHYR



 1940 ZPEHYR、KILLER WORK


毎日横浜の塗装屋さんに通い、

パテ打ち前の鈑金作業に1ヶ月。。。。


Ikjhp@_0464 (10)


鉄板の均し作業と、フェンダースカートの

作り直しを終えたところで


この先の作業はオートコネクションさんに委ね


Ikjhp@_0464 (13)


Ikjhp@_0464 (11)


S庭師範と、GAKUくんの横浜通いが終了


オートコネクションのK原さんに

惜しみなく沢山の技術を教えてもらい


Ikjhp@_0464 (14)


Ikjhp@_0464 (15)




毎日タイヘンな作業の連続でしたが、


得たものは計り知れませんし

必ず今後の作業で生きてくるので


Ikjhp@_0464 (3822)


K原さんには感謝と敬意の気持ちでいっぱいです


今後も技術や知識を学べる機会があれば

貪欲に食らいついていきたいと思います


68232556860__B50C1201-77F8-4E08-AE7C-3F575D2A4E5E1 (6)


68232556860__B50C1201-77F8-4E08-AE7C-3F575D2A4E5E1 (4)


K原さんから、強い錆止めを塗って赤になった後


パテを入れて、面を出していく作業の

様子の写真を送ってもらいまして


IfgdfhgjMG_5463 (1i1) (2)


「 クルマがデカいから、超大変だよ!」 

と、いつも怒られておりますが


驕らず、満足せず、勉強、鍛練、前進あるのみです


[ 2022/08/22 11:00 ] 40 LINCOLN ZEPHYR *V12* | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 LINCOLN ZEPHYR



 1940 ZPEHYR、KILLER WORK


毎日横浜の塗装屋さんに通い、

パテ打ち前の鈑金作業に1ヶ月。。。。


ghhtetjewthuq5 (38)


右側のフェンダースカートの歪みが

直し切らないので、作り直し中


耳部分を切断して摘出し、フェンダーと 


IfsMG_03fs4 (19)


IfsMG_03fs4 (20)


ラインの記した型紙に合う状態で

耳の形状を保持するよう治具を組み


フェンダーと耳の通りに合うように


IfsMG_03fs4 (21)


IfsMG_03fs4 (18)


鉄板を切りだしたら、イングリッシュウィールを

使って、成型していきまして


耳部分に接合した時の張りや通りを確認するため


IfsMG_03fs4 (22)


IfsMG_03fs4 (27)


クレコピンで耳部分に仮固定し、チェック


成型を終えて、スキンパネルを耳部分に

溶接して接合していくので、フェンダーから外し


IfsMG_03fs4 (31)


IfsMG_03fs4 (29)


溶接の熱の入り方に違いが出て

歪みづらいように、


鉄板どうしの隙間を、限界まで狭く


IfsMG_03fs4 (28)


IfsMG_03fs4 (30)


ぴったり合うように切り出してすり合わせし

治具を組んだまま、溶接を進めていきまして


1mmの鉄板なので、熱歪みを出さないよう


IfsMG_03fs4 (25)


IfsMG_03fs4 (26)


15A程度の電流で点付けを繰り返しながら

最終的に全周を溶接していきまして


溶接跡はハンマリングで歪みを取っていき


IfsMG_03fs4 (24)


右側のフェンダースカートの作り直しが完了

驕らず、満足せず、勉強、鍛練、前進あるのみです


[ 2022/08/17 15:51 ] 40 LINCOLN ZEPHYR *V12* | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 LINCOLN ZEPHYR



 1940 ZPEHYR、KILLER WORK


毎日横浜の塗装屋さんに通い、

パテ打ち前の鈑金作業に1ヶ月。。。。


IfsMG_03fs4 (8)


右側のフェンダースカートの歪みが

直し切らないので、作り直し中


耳部分を切断して摘出し、フェンダーと 


IfsMG_03fs4 (9)


ラインの記した型紙に合う状態で

耳の形状を保持するよう治具を組み


フェンダーと耳の通りに合うように


IfsMG_03fs4 (10)


IfsMG_03fs4 (11)


平らな鉄板をイングリッシュウィールを

使って、成型していきまして


耳部分に接合した時の張りや通りを確認するため


IfsMG_03fs4 (12)


クレコピンで耳部分に仮固定し、チェック


成型を終えて、スキンパネルを耳部分に

溶接して接合していくので、フェンダーから外し


IfsMG_03fs4 (13)


溶接の熱で歪みづらいように、治具を

組んだまま、溶接を進めていきます


スキンパネルのボトム部分は


IfsMG_03fs4 (15)


モールディングを取り付ける部分で


下側の耳になっているのと、タイヤを

避ける形状に出来ているので


IfsMG_03fs4 (16)


ボトム部分はこれまでのものを摘出して

新しいスキンパネルに接合していきます


驕らず、満足せず、勉強、鍛練、前進あるのみです



[ 2022/08/12 10:27 ] 40 LINCOLN ZEPHYR *V12* | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 LINCOLN  ZEPHYR



 1940 ZPEHYR、KILLER WORK


毎日横浜の塗装屋さんに通い、

パテ打ち前の鈑金作業に1ヶ月。。。。


IfsMG_03fs4 (1)


フェンダースカートの均し作業を進めまして


ブースに搬入する際に、右側のスカートを

ブロック塀にぶつけてしまい


IfsMG_03fs4 (23)


修正していくも、伸びてしまった部分などは

絞っても直しきらないなどで


直すのではなく、新しく作り直すことになり


IfsMG_03fs4 (33)


IfsMG_03fs4 (37)


フェンダーにスカートを取り付けたとき


それぞれの合わせ面の形と

建て付けはあっているので


IfsMG_03fs4 (34)


IfsMG_03fs4 (35)


スカートの耳になる、外周部分を摘出して

その部分は再利用していき


表面のスキンパネルを新しく作っていきます


IfsMG_03fs4 (36)


横浜の鈑金屋さんでスカートを切断し

耳部分を摘出したら


耳部分だけでも、フェンダーに合ってる事を確認し


IfsMG_03fs4 (3)


フィットに戻って、ドア、クォーターパネル、

リアフェンダーとつながっていくラインを


ボディパネルを作る際に型紙をとっていたので


IfsMG_03fs4 (4)


IfsMG_03fs4 (5)


型紙の上に持ち帰ったフェンダーを置いて

ラインに合ってる事を確認し


そのラインに合うように作っていきます


IfsMG_03fs4 (7)


鉄板から、新しいスキンパネルを作る板を

切り出したら、イングリッシュウィールで


スカートの形状にアールをつけていくときに


IfsMG_03fs4 (6)


どこをどれだけ通すかの確認用に

碁盤の目のようなラインを書き込みまして


スカートの形状に成型していきます



[ 2022/08/10 10:09 ] 40 LINCOLN ZEPHYR *V12* | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 lincoln zephyr



 1940 ZPEHYR、KILLER WORK


毎日横浜の塗装屋さんに通い、

パテ打ち前の鈑金作業に1ヶ月。。。。


67418132908__A672F62A-C87E-4995-BD71-950C6AF7851C7 (4)


ルーフの均し作業が前から進んできて


ZEPHYRの3Wクーペ特有の

うなじのラインの均しに進みまして


67418132908__A672F62A-C87E-4995-BD71-950C6AF7851C7 (6)


67418132908__A672F62A-C87E-4995-BD71-950C6AF7851C7 (5)


3Wクーペはリアガラスからトランクまでの

キャットウォークと呼ばれる


距離が長いエリアがありますが


67480476811__FD72D9E3-2239-4806-B96A-E6BD12A852F0 (1)


チョップトップすると、アールと逆アールが

絡んだ複雑な3次元曲線のラインが


つじつまがあわなくなるのと


67418132908__A672F62A-C87E-4995-BD71-950C6AF7851C7 (18)


裏骨が無い構造なので、ボディの

強度も落ちて、均し作業がしきれず


僅かな歪みが残っていたので


67418132908__A672F62A-C87E-4995-BD71-950C6AF7851C7 (19)


青ニスを塗って高さの違いをチェックし


強度をだすために、裏骨を製作して

キャットウォーク部分に追加しまして


67418132908__A672F62A-C87E-4995-BD71-950C6AF7851C7 (14a) (4)


リアガラスの上側も裏骨がなく

強度をあげるために


ルーフ形状に合わせて、裏骨を製作し


67418132908__A672F62A-C87E-4995-BD71-950C6AF7851C7 (16)


67418132908__A672F62A-C87E-4995-BD71-950C6AF7851C7 (17)


ボディとひな壇の裏骨に接合


補強を入れて強度をあげたのち

スポット溶接機でお灸をすえて


67418132908__A672F62A-C87E-4995-BD71-950C6AF7851C7 (14a) (2)


67418132908__A672F62A-C87E-4995-BD71-950C6AF7851C7 (14a) (3)


絞りと延ばしの応用で、残っていた

歪みをとっていきまして


うなじの上の部分のラインも均しを進め


67480474325__CFFC86D9-BA01-41FD-ABE4-EC67959EaA378 (2)


歪みや高さの違いも、サフェーサーで

埋まるレベルに成形されまして


処理を終えた部分は、すぐに錆止め処理


67480474325__CFFC86D9-BA01-41FD-ABE4-EC67959EaA378 (3)


67480474325__CFFC86D9-BA01-41FD-ABE4-EC67959EaA378 (4)


67480474325__CFFC86D9-BA01-41FD-ABE4-EC67959EaA378 (5)


自分達で商売をしていると、技術を学べる環境、

教えてくれる人は超貴重です


驕らず、満足せず、勉強、鍛練、前進あるのみです


[ 2022/07/30 12:14 ] 40 LINCOLN ZEPHYR *V12* | トラックバック(-) | コメント(-)