FC2ブログ
ホーム > カテゴリー - 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 *

1940 LINCOLN  ZEPHYR



 K藤 さん の  1940 ZEPHYR 進めて まして


ボディ 全体 にある、 腐食 した 部分 の 修復 と

リジット マウント から  ボディ マウント化 を 進めてまして


IMGppoppp_1408 (7)


リア ボディ と インナー フェンダー の 

再生 と  作り直し が 完了し、


クォーター パネル の 再生に 進みます


dghjjjjdj (2)


クォーター パネル の ボトム 部分 は 腐食 や 

過去の いい加減な 修理跡 も 酷いので、 


部分的な 補修ではなく、  全て 作り直しに なり


dghjjjjdj (3)


クォーター パネル は、 ドア と プレスライン が

つながって 一体化する デザイン ですが


以前 の 写真 を 見ると 解るように、 ドア も 

腐食 や 修復跡 が 酷くて、 プレスライン も 


dghjjjjdj (1)


全く オリジナル を 留めて いないので

それに 合わせながら 再生するわけに いかず


ドア も やっぱり  作り直しに なりまして

 
huyudi (17)


huyudi (16)


オリジナル の 構造 は、 ドア ウェザー の 

当たりが ボディ側 に ないので、 


走行中 は 風切り音 や 外の 臭いが 入ってしまうので


huyudi (14)


huyudi (15)


それらを 防げるように  設計 した  サイドシル の

形状 に 合って、 接合 できるように、


オリジナル の ドア の ボトム を 設計 しまして


huyudi (2)


ボトム 部分 を 新しく 作った 物に 組み替える際


ドア の スキンパネル を 全部 摘出 してしまうと

位置 が ずれたり、 溶接 で 接合 する際 に


huyudi (3)


熱 で 引っ張られて 形が 変わりづらいよう


再生 作業 を するのに  最低限 の 開口だけ

切開 して、  ボトム 部分 を 再生 しまして 


huyudi (18)


huyudi (19)


複雑に  何度も  折り曲げて あることで

角になる 部分を 複数 作って 強度を 出し


ドア、 ボデイ の 剛性も 向上 させまして


huyudi (20)


オリジナル の ドア と 接合 が 完了。


下側 から 見ると、 使用 する ドア ウェザー の

厚み に 合わせた クリアランス に なっており
 

huyudi (21)


雨風、 風切り音、 外から 臭い が 入らない

構造 の サイドシル に 合わせた 形状 で


ちゃんと 水抜き の 穴 も 設けられました


huyudi (7)


ドア の ボトム 部分 の 再生 を 終えたら


フロント の キック パネル 部分 の 外側、

インナーフェンダー の 最後尾 部分が  


huyudi (4)


huyudi (5)


腐食 しているので 再生 していきますが、 


ここも 後に  ドア の プレス ライン と つながる

基準 の 部分に 絡むので、  

 
huyudi (6)


先に 再生 しておかないと いけませんで


型紙 を とって  鉄板 を 切り出したら、  

複雑な 3D 形状 に 合わせて  造形 していき


huyudi (8)


huyudi (9)


両側 の パネル が 出来たら、  接合 すると

袋状 に なって、  蓋されて しまう  内側は


先に 錆び止め を 塗って、  処理 しておきまして

 
huyudi (10)


huyudi (11)


同様に  内側 に なって、 触れなくなる  

パネル の 内側 も、 事前に 錆止めを 塗って 


防錆 対策 を  施して おきまして


huyudi (12)


huyudi (13)


錆止め の 塗装 が 乾いたら、  パネル を

インナー フェンダー に 溶接し、 接合。


水や 臭いが 入ってこないよう、  全周 溶接していき、

 
huyudi (22)


溶接跡 を 仕上げたら、  インナーフェンダー の

最後尾 部分 の 再生 が 完了。


これで ようやく  クォーター パネル の 作業に 進み
 

djhdhj (1)


アール や ふくらみ、 カーブ を 再生する 

テンプレート に 合わせながら、 


イングリッシュ ウィール で 成型 していき


djhdhj (2)


一枚 の 平らな 鉄板 から、 クォーター パネル を 

新しく 作って いきまして、  


基準点 や ボディ との フィッティング を 厳しく チェック 


VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!



[ 2019/08/15 12:00 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 LINCOLN  ZEPHYR



 K藤 さん の  1940 ZEPHYR 進めて まして


ボディ 全体 にある、 腐食 した 部分 の 修復 と

リジット マウント から  ボディ マウント化 を 進めてまして


kkjghiojhp (10)


K藤 さん の 40 ZEPHYR 作業 は

順調 に 進んでいる ようですが


僕が BLOG の 更新 を 停滞中。。。。。 


IuuikMG_1394 (2)


ボディ の 構造 を 変えながら、 ゼロから 作っているので、 


強度 や 構造、 溶接 方法 を 考えながら、 ボディ を

袋状に する前に 溶接 の 熱歪みを 修正する 行程など 


IMGppoppp_1408 (1)


S庭 師範が 緻密な 計算を しながら 作っているので 


そんな 緻密な 計算を しながら 進めて いるので

自宅 療養 してて、 出勤 できないで いると、 


IMGppoppp_1408 (2)


作業の 意味や 内容を  S庭 師範 に 聞けないので、 

正しい 理解ができず、 BLOG 書けまめんで すみません、、、、


ボディ と トランク の 建付け を 合わせたら


IMGppoppp_1408 (3)


まずは リアの ボディ の パネル と 

トランクの 淵部分 を 接合していくので


溶接する 際に 熱で パネルが 引っ張られて、 


IuuikMG_1394 (4)


位置 や チリ が 変わって しまうので、 


トランク フロア内 に 治具を 組んでいき 

リアパネル を ボディ、 インナーフェンダー、 


IuuikMG_1394 (5)


トランク の 淵を 合わせて  セット していき、 

治具 に 点付けで 溶接し、  固定 しまして


リア の ボディパネル と、 トランク の 淵 を 溶接。


IuuikMG_1394 (6)


薄い 鉄板を 長い 距離で 溶接 しないと いけませんが、 


連続 で 溶接して ビート を 引くと、  歪みまくるので

出来るだけ 熱で 歪みが 出ないように、 


IuuikMG_1394 (8)


15A の 低電流 で、  かつ 通電 時間 を 減らすためし

一箇所 の 通電 時間 を 約 0.5秒。


そうやって どんなに 対策しても、 絶対に 歪みは 出てしまうのですが


IuuikMG_1394 (7)


3D や ラウンド を 複合して 成型 した ボディパネル なので


歪み が 出ると せっかく 作った 形状が 変わってしまい

それを 修正するのは  とても 大変。


IuuikMG_1394 (9)


なので、 とにかく 歪みを 出さないことに 気を配りつつ


全周 を 何百回 の 点付け を 繰り返しながら

溶接 していき、 トランク 淵との 本溶接が 完了。

 
IuuikMG_1394 (1)


リアの ボディパネル と トランク淵 との 本溶接 を 終えたら、 


ボディ にと 治具に 固定 したまま 冷まして

熱歪み が 出切るのを 待ちまして


IuuikMG_1394 (3)


パネル は この段階で ボディ に 完全 に 溶接 してしまうと


裏側 が 袋状 に なってしまったり、 狭かったり

奥まってたりして、 作業 が しづらくて


IuuikMG_1394 (10)


ドーリー を 当てながら  ハンマリング で 

板金 出来ない ところが 出来たり するので


本当に  いい 仕上がりに 持っていくため  


IuuikMG_1394 (14)


IuuikMG_1394 (11)


冷めたら  溶接した トランク淵 と パネルに 治具 を 

組んだまま、 一旦 ボディ から 切り離しまして


裏まで よく 見えて、 広くて 作業が しやすい 環境を 作り 


IuuikMG_1394 (12)


パネル の 裏側 も よく 見ながら 歪みを とっていき、 

再び ぴったり 合う形に 修正 していきまして


メタルワーク は 溶接して 接合すると、 必ず 熱で 歪むので


IuuikMG_1394 (13)


出来るだけ 歪みを 出さない 溶接 技術 と

歪みを 直す、 板金 技術 の 両方が 必要。 


ボディ 形状に 合わせて 考えながら 進めていく  

頭脳戦 でも あるんですね。


IMGppoppp_1408 (4)


クルマ から 外して 本溶接後 に 歪みの 修正を したら


クルマ に 戻して トランク や インナー フェンダー との

建付け、 チリ を 合わせて  治具で 固定 しまして


IMGppoppp_1408 (6)


うーん、  こんなに 複雑な 3D 形状 なのに、 


付き合わせて 接合する 部分 が ぴったり 

合わさるように 板金 できるのは  スゴイですね


IMGppoppp_1408 (5)


ボディ 本体、 インナー フェンダー と 接合。


こちらも 同じように 低電流 で  通電 時間 を 

短くしながら  点付けで 接合 していきます


VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!




[ 2019/07/31 15:00 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 LINCOLN ZEPHYR



 K藤 さん の  1940 ZEPHYR 進めて まして


ボディ 全体 にある、 腐食 した 部分 の 修復 と

リジット マウント から  ボディ マウント化 を 進めてまして


kkjghiojhp (11)


型紙 を とって  鉄板 を 切り出し、


イングリッシュ ウィール で 成型した

トランク フード と  リア フェンダー の


kkjghiojhp (12)


隙間 の パネルが  形に なって きまして


何度も 治具 の テンプレート に あてがいながら

作りたい 形に 寄せていき、


fxhmhgm (2)


形に なったら 現車に 取り付けして 確認。


パネル は 球体 なだけではなく

テールランプ が 付く 部分は


kkjghiojhp (13)


テールランプ の 形状が 螺旋状 の 3D形状で


取り付ける 部分も、  パネル の 球体に 対して

逆反りで えぐれた  3D 形状に なっているので、、、、


kkjghiojhp (14)


テールランプ の 座りが ピタリと 来るように するには


テールランプ を パネルに あてがいながら、

ぴったり 合うか 確認 したいのですが

 
kkjghiojhp (15)


まだ パネルに テールランプ の 穴を 開けられないので


フラットバー を シュリンカー や ストレッチャーを 使い

テールランプ の 螺旋 形状 と 同じ 治具を 作り


kkjghiojhp (1)


イングリッシュ ウィール で 成型 している

パネル に 治具を あてがいながら


座り具合 が ぴったりに なるよう、 成型


kkjghiojhp (2)


複雑な 球体な 上に、 逆反り 部分 も あるので


裏返して イングリッシュ ウィール かけたりと

一筋縄 には いかないですが 進めていき


kkjghiojhp (3)


成型 した パネル は、 トランク の 当たりや

インナーフェンダー と 全周 溶接し


一体化 していきますが、 重ねて 溶接 ではなく
 

kkjghiojhp (4)


トランク の 当たりや  インナーフェンダー の

断面 に ぴったり の 寸法で  製作し、 


それらを 突き合わせて 溶接 し、 接合 するので 


kkjghiojhp (5)


ぴったり サイズ の 正確な パネル を

作らないと いけませんが


インナー フェンダー も、 トランク の 当たり部分も 


kkjghiojhp (6)


今 製作している パネルを 接合 しないと

断面 の ままで 強度が ないので


手で 押しつけると 動いて しまいますので


kkjghiojhp (7)


パネル を あてがい、 ピッタリ サイズに なったか

確認 する時にも 動いて いまします


それらが 動いてしまうと、 まずは パネルを 


kkjghiojhp (18)


やや 大き目に 作ってから、 断面 に 合せて 

パネル の 裏側に ケガキを 入れていき、 


その ラインに 合せて 擦り合わせて いきますが 


kkjghiojhp (19)


正しい 位置で ケガキを 入れるために、 


断面が 動いて しまわないように 補強を 入れて 

トランクの 当たり、 インナーフェンダーを 固定 しまして


kkjghiojhp (8)


kkjghiojhp (9)


トランク の 当たり と、 インナー フェンダー の

隙間 が 変わらないように して


ピッタリ サイズ の パネル を 作ったら


kkjghiojhp (16)


kkjghiojhp (17)


続いて、  トランク の 下の パネル も 型紙 を とり


鉄板 を 切り出して、 イングリッシュ ウィール で

成型 していき、  左右 2ピースで 製作。


kkjghiojhp (21)

 
kkjghiojhp (20)


こんなに 大きくて、 球体 の 立体 パネル ですが、 


全ての 面の 断面 を 突き合わせて 接合できるよう

ぴったり サイズで 成型し、 別々で 製作した


kkjghiojhp (10)


パネルどうし の カーブや ラウンド も 合せて

流れる ラインに 成型するのは 


超難儀 ながらも 形に なってきまして


kkjghiojhp (22)


kkjghiojhp (23)


左右 の パネル、 トランク下 の 2ピース も

全周 溶接で 接合し、 溶接の 熱歪みを


エアハンマー で 修正し、 パネル を 一体化。


kkjghiojhp (24)


次は 一体化した パネル を 出来るだけ 

溶接の 熱で 歪ませないように


車体に 本溶接 していきます   


VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!



[ 2019/06/14 20:32 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 ZEPHYR

 

 K藤 さん の  1940 ZEPHYR 進めて まして


ボディ 全体 にある、 腐食 した 部分 の 修復 と

リジット マウント から  ボディ マウント化 を 進めてまして


uiyuitoyiotu (56)


トランク の 下の フィラー パネル も

変形、 腐食 が 酷いので  再生と なり


開口 の ウェザー ストリップ の 当たりを 製作し


fxhmhgm (1)


トランク キャッチ を 取り付ける パン 部分 も

変形 や 腐食、 過去 の 修理跡 が 酷く、


こちらも 新しく 作り直して 再生することと なりまして


uiyuitoyiotu (49)


カーブ や 段差、 耳 など、 複雑な 形状 なので、


オリジナル は プレス 構造 で 一発 成型 ですが

板金、 溶接 で 作らないと いけないので 


uiyuitoyiotu (50)


uiyuitoyiotu (51)


パネル を 成型 していく際に 使用する 

工作機械の 都合上、 2ピース に 分けて 


それぞれを 成型 したのち、 溶接で 接合。


uiyuitoyiotu (55)


uiyuitoyiotu (53)


複雑な 形状 ですが、 2つの パネル を 合せても

隙間が 出来ないように 製作したら


まずは 点付け で、 仮付けして、 形状を 確認


uiyuitoyiotu (52)


uiyuitoyiotu (54)


問題 ないのを 確認 したら、 全周 溶接 していき


1ミリ の 薄い 鉄板なので、 溶接の 熱で 歪みが

出るのは 避けられないので、 本溶接後に 歪みをとり


uiyuitoyiotu (43)


溶接跡 も 綺麗に 仕上げたら、  後に 接合する 際の

スポット溶接用の 穴を 開けていき


トランク の ロックが 取付される 部分の パネル が 完成。

 
uiyuitoyiotu (42)


uiyuitoyiotu (44)


次は トランク キャッチ を 取付する パンを 接続する

トランク下 の パネルに 進みたい ところですが


現在、 裏骨こそ 接続 していますが、 クォーター パネル や


fxhmhgm (4)


トランク フード と  リア フェンダーの 間の パネル、
 
トランク フード の 下の パネルも 剥がしてあるので


ボディ の 剛性が 低くなっていて、 パネルを 作る際に 


uiyuitoyiotu (47)


uiyuitoyiotu (28)


トランク フード を 開閉 したり、 脱着 してると  

剛性が 低い ボディ側が 動いてしまい


位置が 変わって 正しい 建付け、 チリが 狂うので


uiyuitoyiotu (45)


uiyuitoyiotu (46)


両サイド の ドア、 クォーター パネル も

一旦  全て 正しい 位置に 組み戻し


スキンパネル を 再生していく 際に 同じ 形状で

 
uiyuitoyiotu (37)


uiyuitoyiotu (39)


パネル を 製作するための 基準にする線を 

全ての パネルに 碁盤の 目のように 入れていき


uiyuitoyiotu (40)


uiyuitoyiotu (38)


新しく 製作する スキンパネル用の 鉄板を 切り出し、 


オリジナル に パネルに 入れた ラインと 同じ位置に

碁盤の目を 書き込んで おきます


uiyuitoyiotu (33)


続いて、 40 ZEPHYR の ドアは ランニングボード も

ドアに 一体化 されているような ボトム形状なので


スキンパネルの 膨らみ が 複雑 なので
 

uiyuitoyiotu (34)


同じ 形状の 膨らみに 作るための テンプレート を


碁盤の 目ごとに ドアに ピッタリ 合うように

厚紙 を 切り出して 製作 していきまして、 


uiyuitoyiotu (35)


テンプレート にも 碁盤の目と 合う マーキング を 入れ 


新しく 製作していく スキンパネル に 入れた 碁盤の目に

テンプレート と ラインを 合わせて みると、 


uiyuitoyiotu (36)


同じ 膨らみの ラインに なっているか 確認 できるので


新しい パネルを 成型 しながら、 オリジナルと 同じ

ラインに なったか 確認しながら 作っていきます


fxhmhgm (5)


まずは トランク周り の 剛性を 出すため


トランク フード と  リア フェンダー の 隙間 の 

パネルから 製作 していく ことと なりまして


fxhmhgm (6)


こちらの パネルにも  カーブや  球体 だったり、

テールランプ が 付く 付近は


逆反り してたりと、 複雑な 形状 を していますが  


uiyuitoyiotu (32)


オリジナル と 同じ 形状に 作るため、 同じ様に

碁盤の目 で 基準線 を 入れていき


基準線ごとの 膨らみの テンプレート も 製作


fxhmhgm (3)


平らな 鉄板 から、 膨らみを 作っていくのは、 

イングリッシュ ウィールを 使って 成型 していきますが、 


作る パネルの サイズが 大きいので、 鉄板 も 大きく


fxhmhgm (7)


鉄板 が たわませたく ない方に たわんで しまって 

綺麗に 作るには ひとりでは 作業が できないので


2人で ぴったり 息を 合わせながら 成型 していき


fxhmhgm (2)


トランク フード と  リア フェンダー の 隙間 の 

パネルが  形に なって きまして


テンプレート で チェック し、  車体にも 取り付けて 確認。 


VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!



[ 2019/06/09 09:44 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 LINCOLN ZEPHYR



 K藤 さん の  1940 ZEPHYR 進めて まして


ボディ 全体 にある、 腐食 した 部分 の 修復 と

リジット マウント から  ボディ マウント化 を 進めてまして


uiyuitoyiotu (4)


左右 の リア フェンダー と トランク フード を

正しい 位置 に 取付し、 チリ合わせ すると


トランク下 の フィラー パネル が 前方に 押されてか 


uiyuitoyiotu (11)


中に 入ってしまってるのが 解りまして


フィラー パネル も 腐ってるので 新しく 作り直しますが

これでは 製作するべき 形の 基準が 定まらないので


uiyuitoyiotu (12)


トランク、 リアフェンダー の 形状に 合せた

治具を 使って、 マッチする ラインを 導き出して


その ラインに合わせて、 まずは 新しい 底板を 製作


uiyuitoyiotu (13)


シュリンカー、 ストレッチャー を 使い、 フィラーの

アウトライン に 合せて  カーブ させていき


のちに フィラーパネル を 立ち上げる 耳部分を 作りまして


uiyuitoyiotu (14)


uiyuitoyiotu (15)


左右 の フェンダー の 起点 部分 とも 合せて

まずは 製作した 底板 を 仮組み すると


トランク や フェンダー の ラインに 合っている 


uiyuitoyiotu (16)


スムースな ライン が 見えて きましたので


この 底面の ラインと トランク の ラインを つなぐように 

フィラーパネル を 作ればいいのが 導き出されまして


uiyuitoyiotu (17)


uiyuitoyiotu (18)


フィラー パネル を 製作 に 掛かりたい ところですが


トランク を 閉めたときの 当たりの 部分も

腐食 や 過去の いい加減な 修理跡が 酷く、、、、、


uiyuitoyiotu (19)


uiyuitoyiotu (20)


ここ も 再生 しないと いけません の 刑。。。。。。


トランク を 閉めた時に ウェザー ストリップ が

当たる 部分 なので、  しっかり 寸法 と 


uiyuitoyiotu (21)


ウェザー が 当たる 形状、 位置を 出さないと


建付け の 悪い、 走れば ぴゅー ぴゅー音、

雨降れば 漏れ漏れ 仕様 に なってしまうので


uiyuitoyiotu (22)


uiyuitoyiotu (23)


uiyuitoyiotu (24)


よく よく 計測 し、 ウェザー ストリップ の 形状 に 合うよう


鉄板 を 切り出し、 ベンダー で 折り曲げ しつつ

シュリンカー、 ストレッチャー で カーブ させていき、

 
uiyuitoyiotu (57)


トランク の 形状 に 合うよう、 開口部分 の

当たり部分 を 再生 して いきまして


まずは トランク フィラー の エッジ 部分 が 完成。


uiyuitoyiotu (41)


先程 製作 した 底面が 下に 付いて、  

この エッジが 上側に 取り付けされると


それらを 結ぶ ライン で パネル を 作れば 


uiyuitoyiotu (56)


正しい 形の フィラー パネル が 出来るので


製作する パネルの 形状を 導き出す 

基準点 を 作ったという ことですね 


VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!




[ 2019/06/06 10:44 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)