FC2ブログ

50 MERCURY *Ox Blood* EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > カテゴリー - 50 MERCURY *Ox Blood*

1950 MERCURY  ”OXBLOOD"



 M本さんの 1950 MERCURY、 ” OXBLOOD ”


今回も、オーナーのM本さんも作業を

一緒にやりたいと参加いただきまして


ghsdtjせてぇtjryk4 (1)


前回、沖縄に出張作業に行った際に

点火系統のアップデート作業を行い


デスビとイグニッションモジュールを新型へ


ghsdtjせてぇtjryk4 (2)


その際、作業中にデスビ内のモジュールを

誤って壊してしまい、アップデートは中止に。。。


今回は新品のモジュールに組み替えた

デスビと、万が一用にスペアの


ghsdtjせてぇtjryk4 (3)


デスビとモジュールも持ち込んで

組み換え作業を進めまして


アイドリング時にエアサスのコンプレッサーが

動くと、オルタの充電が足りない時があるので


ghsdtjせてぇtjryk4 (4)


今回は高性能なオルタへのアップデートも

同時に進めていき、充電量が増えるので


オルタの配線、アース線も太いものに変更


ghsdtjせてぇtjryk4 (5)


デスビとモジュール、オルタの交換を終えて

エンジンを始動させようとするも掛からず、、、、


ナゼだ!?と、あれこれ調べるも解明せず

前回同様、嫌な空気になってきたので


ghsdtjせてぇtjryk4 (7)


ここは”気持ちを切り替えて、流れ”を変えようと

キンタコこと、キングタコスを食べにいき


ロードスターフレームのサバーバン

S原さんのガレージにみんなでお邪魔しまして


lkpdafkpsdkg[psd (4)


ヘッドライトのリテーナーリングが錆びてて、

新しいものに交換しようと手配するも


納車までに届かなかったので、今回持参し

交換にお邪魔させてもらいまして


dfはdふぁsheh 4(26)


「30分あれば終わりますので」 と言ったけど


交換しようとしたら、径が微妙に合わず、

あえなく、5分で終わりまして、、、、、


ghsdtjせてぇtjryk4 (6)


「 余計、悪い流れになったじゃねーか! 」 と

DAICHIとM本さんに漏れ田くんが怒られながら


M本さんのガレージに戻って、作業の続きを進め


rywuqyq46uy46u9u946u99w4u46u.jpg


無事、原因の解明と対策を終えられて

試運転とエンジン調整も完了


これで無事に週末のイベントに安心して

乗っていってもらえそうで、ナニヨリです





[ 2023/11/02 07:55 ] 50 MERCURY *Ox Blood* | トラックバック(-) | コメント(-)

1950 MERCURY "OXBLOOD"



 M本さんの 1950 MERCURY、 ” OXBLOOD ”


整備を終えて、沖縄に戻した直後に

エンジンが吹けなくなる症状が発生し


IMG_hethaet6531.jpg


考えられる原因を洗い出して、それを

直すための部品を調達しまして


事前に作業の手順をシュミレーションをしたら


20210kkijoお92903443611いd (7)


フィットで仕込みを済ませて、沖縄のM本さんの

ガレージにお邪魔して、修理作業に取り掛かります


不調の症状がでた時は、燃料ポンプの作動音が

異常に大きくなるとのことなので


20210kkijoお92903443611いd (10)


まずは吹けなくなる症状を確認したあと


燃料ポンプはアメリカの一流メーカー製の

新品に交換したばかりですが


もう1つ新品を用意してきて、まずはポンプを


20210kkijoお92903443611いd (34)


交換して、症状が変わるか試してみたら


作動音も、吹けなくなる症状は消えないので、

ポンプの不良ではない事がわかりまして


20210kkijoお92903443611いd (14)


続いて、燃料タンク内で燃料を吸い出せないような

事態が起きていないか調べるため


燃料タンクを降ろして、内部の状況をスコープで

確認してみるも問題は見当たらないので


20210kkijoお92903443611いd (30)


吹けなくなる症状は、燃料系統ではなく

点火系統と絞られてきましたが


ナゼ、燃料ポンプの作動音が大きくなるのか


20210kkijoお92903443611いd (11)


クルマを製作した時の配線図やEFIの回路図が

オーナーズマニュアルや、フィットの資料に


ファイルしてあるので、それらを確認しながら

原因の調査を進めていったら


20210kkijoお92903443611いd (9)


EFIのモジュールに付属しているハーネスに 

燃料ポンプリレーが組まれていますが


リレーの接触不良か、ポンプ作動時の

入力電圧が9.7Vまでドロップするのと


20210kkijoお92903443611いd (2)


リレー自体も異常に発熱してる事が判明


先日フィットで整備した際に、他のリレー10数個は

消耗品なのでと新品に交換しましたが、


20210kkijoお92903443611いd (37)


リレー台ではなく、EFIのハーネスの途中にある

燃料ポンプとインジェクターのリレーは


見落として交換していなかったのが仇となり、


20210kkijoお92903443611いd (8)


しかも通常のリレーではなく、ミニリレーなので

沖縄の電装屋さんや、部販を回るも入手できず


M本さんがお世話になっているアメ車屋さんの


20210kkijoお92903443611いd (12)


ストリートロッドさんに電話して聞いてくれたら


なんと新品が在庫であるとの事だったので

譲って頂いて、リレー交換したら


電圧ドロップが解消し、発熱もなくなりまして


20210kkijoお92903443611いd (32)


燃料ポンプの作動音が異常に大きくなるのは


ポンプリレーの作動不良による、入力電圧の

ドロップが原因で、エンジンが吹けなくなる症状とは


同時に発生するも、別問題とわかりました


20210kkijoお92903443611いd (35)


燃料ポンプはこれまで外付けでしたが

作動音や寿命の問題からも


ポンプを燃料タンクの中に設置する

インタンク化するのが理想的なので


20210kkijoお92903443611いd (36)


この機会にインタンク化しようと相談して

インタンク化するキットも用意してきたので、


M本さんにも手伝ってもらいながらポンプを

埋め込んで、ホースや配線も変更しまして


20210kkijoお92903443611いd (38)


その後、点火系の調査を進めていき、


イグニッションコイルを外して点検するのに

プラグコードを外したら、プラグコードの穴から


20210kkijoお92903443611いd (39)


オイルがダラダラと漏れ出てきまして、、、、


イグニッションコイルも先日新品に交換した

ばかりで、外傷もなく内部から漏れており


20210kkijoお92903443611いd (40)


イグニッションコイルを持参した新品に変えたら

その後は一切症状が出なくなったので


温まってくると、エンジンが吹けなくなるのは

イグニッションコイルの不良と判明


20210kkijoお92903443611いd (41)


コイルに常時電気が流れてしまって

発熱するとオイルが漏れることがあるので


コイルの回路を調査するも、異常がなく


20210kkijoお92903443611いd (43)


なぜ新品のイグニッションコイルのオイルが

漏れたのか特定ができなかったので


デスビの中のモジュールや、点火タイミングを

制御しているコントローラーに不具合が起きて


20210kkijoお92903443611いd (44)


コイルに電気が流れてしまう可能性もあるので

デスビも念の為、用意してきた新品に交換し


タイミング制御のコントローラーも、これまでの

物は使用しない回路に組み換えまして


20210kkijoお92903443611いd (47)


その後、M本さんい運転してもらいながら 


近距離、中距離と試運転を重ねていき

症状が改善された事を確認して


無事、原因の解明と修理が完了できて一安心


20210kkijoお92903443611いd (49)


燃料ポンプの作動音が異常という不具合と


エンジンが吹けなくなるという不具合が同じ

タイミングで発生して重複したので


惑わされる部分がありましたが


20210kkijoお92903443611いd (48)


不具合が同時多発的に起きていたということで


フィットで預かった際に、もっとよく試運転を

重ねていれば、沖縄に戻す前に症状が出て


M本さんに迷惑を掛けずに済んだと痛感、、、、


20210kkijoお92903443611いd (46)


お客様の大切なクルマ、ショーカーを試乗で

沢山走らせるのは、傷を付けたり事故など


とてもリスキーなので、躊躇しがちですが


20210kkijoお92903443611いd (45)


安全運転で、できるだけ沢山走らせて

試運転のプロフェッショナルを目指します


VIVA  M本さん !!!!!!!!


[ 2023/07/22 12:50 ] 50 MERCURY *Ox Blood* | トラックバック(-) | コメント(-)

1950 MERCURY "OXBLOOD"



 M本さんの 1950 MERCURY、 ” OXBLOOD ”


フレームの修理と、内装のリペアのため

沖縄からフィットに輸送しまして


20210kkijoお92903443611いd (15)


全ての作業を終えて、沖縄に輸送しましたら

OXBLOODのオーナー、M本さんが


港まで引き取りに行ってくれまして

那覇新港から自宅まで、運転して帰る途中


20210kkijoお92903443611いd (16)


途中、エンジンの吹けが悪くなってきて

自宅ガレージの手前で、エンジンストール、、、、、、


数年振りにフィットに入庫して、色々整備したので


20210kkijoお92903443611いd (17)


とても調子よくなってるので楽しみにしててください

と、納車した直後なのに申し訳ありません。。。。。


ストールした時、電動の燃料ポンプの作動音が

けたたましい音になっているとの事で、


20210kkijoお92903443611いd (18)


沖縄から輸送してフィットに来た時も作動音が

大きく、燃圧も上がらなくなっていたので


新品に交換して、燃圧も作動音も正常になり 

調子も良かったのですが、


20210kkijoお92903443611いd (25)


燃料ポンプ不良と判断して、他に要因が

潜んでいるかもしれないと、


追求や試運転が足りなかったのかと反省、、、


20210kkijoお92903443611いd (22)


納車後に不具合を起こしてしまったので

ストールの原因調査と、対策を急ぎます


M本さんに症状を伺うと、しばらく走らせていたら

信号待ちに息継ぎするようになった


20210kkijoお92903443611いd (23)


そのまま乗っていたら、次第に走行中に

アクセルを踏んでも吹けなくなる時があり


次第に吹けなくなる間隔が短くなってきて

その後、全然吹けなくなって、エンジンが停止。


20210kkijoお92903443611いd (24)


路肩に停めて、再始動させようとセルを回すも

クランキングはするけど、エンジンが掛からず


その時、燃料ポンプの音が異常に大きくて

20~30分おくとエンジンが掛かるようになり


20210kkijoお92903443611いd (26)


普通に走るようになるけど、しばらく乗ってると

それらの症状が再び出るようになり


次第に症状が出る間隔が短くなってきて

今では走らせなくても、エンジンを掛けて


20210kkijoお92903443611いd (19)


10分くらいするとストールするそうで


一番可能性が高そうな原因は、何らかの

要因で燃料を送れなくなっている恐れがあり


20210kkijoお92903443611いd (20)


先日交換したばかりの燃料ポンプが

もう壊れてしまったか、


燃料キャップや燃料タンク内の圧抜き、

吸気回路に異常があって


20210kkijoお92903443611いd (27)


燃料タンク内に負圧が起きてしまい

ポンプに負荷が掛かって、


燃料が送れなくなるのではと想定し

まずは燃料が正常に送れてるかの調査へ


20210kkijoお92903443611いd (28)


現状、正しく燃料を送れているか確認したいけど


先日、燃圧を調整するレギュレターに付いていた

燃圧計から漏れがあったので


燃圧計を撤去してしまったこともあって


20210kkijoお92903443611いd (29)


M本さんにお願いして、燃圧計と道具を送って

レギュレターに燃圧計を取付して頂き


燃料が正しく送れているか、確認したら正常で

燃料キャップにも吸気する機構が付いていますが


20210kkijoお92903443611いd (31)


新品のキャップも送って、動きが同じか


キャップを交換して、症状が変わるかテスト

してもらいましたが、キャップも異常なしとなり


20210kkijoお92903443611いd (53)


タンク内の圧抜きや吸気の回路、燃料フィルターは、

先日フィットでポンプを交換する際


ポンプが壊れる要因になっていないか点検して

問題なかったので、それらの可能性は低いとして


20210kkijoお92903443611いd (54)


燃料系統は問題ないとなると、吹けなくなる原因は

点火系統の可能性が高くなってきますが


なぜポンプの作動音が大きくなるのかも疑問、、、、


20210kkijoお92903443611いd (55)


ここから先は、M本さんにお願いするのではなく

僕達が実際に沖縄に行って調査が必要


これまでの症状から、点火系統か、燃料系統に

不具合が起きていると推測されるので


20210kkijoお92903443611いd (6)


修理するのに必要となりそうな部品を洗い出し、

アメリカから取り寄せして準備しまして


工具や部品、設備もいつもとは異なるのと

滞在時間も限られる出張作業となるので


20210kkijoお92903443611いd (7)


時間を少しでも無駄にしないように、事前に

作業の流れをよくシュミレーションして


必要になる部材、工具を洗い出して準備しますが

点火系統に不具合が起きているとしたら


20210kkijoお92903443611いd (3)


イグニッションコイルか、デスビ内のモジュール、


デスビの進角はデスビではなく、外部の

コントローラーで制御している仕様なので、


それらのどれかが悪いと想定されますが


20210kkijoお92903443611いd (5)


どれに問題があっても対応できるように

全部新品を用意していきますが、


使用しているデスビ、コントローラーが

廃盤になってしまってて、同じ物が買えず


20210kkijoお92903443611いd (4)


後継機を用意して、同じように機能させられるか


コントローラーは形状も大きさも変わるので

今のコントローラーと、どう差し替えるかよく確認し、


20210kkijoお92903443611いd (13)


加工が必要な部分は事前に仕込みを済ませて

いざ、M本さんのガレージにお邪魔して作業へ


VIVA  M本さん !!!!!!!!


[ 2023/07/20 10:35 ] 50 MERCURY *Ox Blood* | トラックバック(-) | コメント(-)

1950 MERCURY "OXBLOOD"



 M本さんの 1950 MERCURY、 ” OXBLOOD ”


フレームの修理と、内装のリペアのため

沖縄からフィットに輸送しまして


hey4ery64ryy16g (3)


2度のボディーのリペアというトラブルで

予定が大幅に遅れてしまいましたが


全ての作業を終えて、船積みとなりまして


hey4ery64ryy16g (4)


東京港の沖縄行きの船が停泊している

場所に持ち込み、船会社の方と


船にOXBLOODを載せ降ろしする際に 


hey4ery64ryy16g (5)


運転や操作に慣れていない人が

自走で船に乗り込ませるのは


不安で、何かあったら困りますし、


hey4ery64ryy16g (7)


船に積んだあとも、航海中に船が揺れて

船内でクルマが動いてしまわないように 


クルマにロープを掛けて固定しますが


hey4ery64ryy16g (9)


特殊な車両で、どこにロープを掛けていいか

解らないと思いますし、


掛けてはいけないところで引っ張ると壊れるので


hey4ery64ryy16g (10)


OXBLOODを自走して船に載せ降ろしではなく


パレットに載せて固定したら、パレットごと

フォークリフトで載せ降ろしするようにして


hey4ery64ryy16g (11)


クルマをパレットにロープで固定する作業は


保障の問題で、船会社の担当者が

やらないといけない決まりだそうですが、


hey4ery64ryy16g (12)


お願いして、僕達で固定作業をさせてもらい


漏れ田くんが運転してパレットに載せて

僕たちでパレットにロープで固定したら


hey4ery64ryy16g (13)


パレットごと、フォークリフトで船に積んでもらい

イザ、沖縄に出航となりまして


3日後、沖縄に到着してパレットごと降ろしたら


hey4ery64ryy16g (14)


港にOXBLOODのオーナー、M本さんが

引き取りに行ってくれまして


ロープを外して、パレットから降ろしたら


hey4ery64ryy16g (15)


那覇新港から自宅まで、運転して帰る途中


ん!? 途中、エンジンの吹けが悪くなり

自宅ガレージの手前で、エンジンストール、、、、、、


gへth56h


数年振りに預かって、色々整備したので


とても調子よくなってるので楽しみにしてて

くださいと納車した直後なのに。。。。。


hey4ery64ryy16g (17)


ストールした時、電動の燃料ポンプの

作動音がけたたましい音との事で


沖縄から輸送して、フィットで預かった時も


hey4ery64ryy16g (19)


燃料ポンプの作動音が異常に大きく


燃圧も上がらなくなっていたので

新品に交換して、作動音も静かになり 


hey4ery64ryy16g (18)


調子も良かったのですが、試運転が

足りなかったのかと反省、、、


ストールの原因調査と、対策を急ぎます


VIVA  M本さん !!!!!!!!


[ 2023/06/12 08:21 ] 50 MERCURY *Ox Blood* | トラックバック(-) | コメント(-)

1950 MERCURY "OXBLOOD"



 M本さんの 1950 MERCURY、 ” OXBLOOD ”


フレームの修理と、内装のリペアのため

沖縄からフィットに輸送しまして


ghdg21dfg6hss (1)


いよいよ3日後には港に持ち込んで

沖縄行きの船に積み込みするので


最終チェックと掃除を進めていましたら


ghdg21dfg6hss (4)


左リアのクォーターパネルの下に

へこみがあることに気付きまして、、、


すぐにオーナーのM本さんに報告し


ghdg21dfg6hss (2)


船の予定を再び変更してもらい


オートコネクションさんに相談して

急遽、翌日から受け入れてもらって


ghdg21dfg6hss (3)


GW中も休まずに作業してもらいまして


修理を終えて、オートコネクションさんから

フィットに引き上げてきたら


ghdg21dfg6hss (5)


修理作業の邪魔になるので外してた

リアバンパーを組み戻しまして


最後に劣化していたバッテリーを


ghdg21dfg6hss (6)


新しいバッテリーに交換しまして


乗らない時に、バッテリーのマイナスを

カットしていたそうですが


ghdg21dfg6hss (7)


長期間、バッテリーをカットしてしまうと


8 STACKのEFIのECUに書き込んだ

設定がリセットされてしまうので


hey4ery64ryy16g (1)


乗らない時は、バッテリーをカットせずに


充電器のCTEKを繋いでおいて

もらうように、M本さんにお願いして


hey4ery64ryy16g (2)


CTEKの充電コネクターも追加したら

船積みに向けて、出発します


VIVA  M本さん !!!!!!!!


[ 2023/05/31 19:02 ] 50 MERCURY *Ox Blood* | トラックバック(-) | コメント(-)