FC2ブログ

EL-CLASSICO VINTAGE and ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

1961 IMPALA CONVERTIBLE



 I川さんの 1961 IMPALA CONVERTIBLE

不具合の修理作業で預かりまして


サイドガラスの開閉不良の修理と


hwrtwrjwryjwryj59tr5へt (16)


ガラス周り、幌との建て付け調整、

ドアの開閉不良の作業を進めており


サイドガラスのパワーウインドーモーターは


hwrtwrjwryjwryj59tr5へt (1)


左右ともに動きが弱く、過負荷気味なのか

作動時にモーターの配線も発熱して


触れなくなるくらい熱くなるので


hwrtwrjwryjwryj59tr5へt (2)


hwrtwrjwryjwryj59tr5へt (3)


きちんと開閉できるようにするのと


配線やモーターが燃える前に

モーターは新品に交換となりまして


hwrtwrjwryjwryj59tr5へt (4)


リプレイス用の新品のモーターが

左右分届いたので交換しようとしたら


取り付けボルトの穴位置が合わず、、、


hwrtwrjwryjwryj59tr5へt (5)


パワーウインドーモーターの取付部は

3点のボルトで固定する構造ですが


モーターのギアが回るときには、かなりの


hwrtwrjwryjwryj59tr5へt (13)


力が掛かるので、それを支えるために


レギュレター側の穴に、モーター側に

設けられているツバの部分がはまって


hwrtwrjwryjwryj59tr5へt (6)


ずれて回ってしまわないようになってますが


穴の位置が2箇所合わないので、

レギュレター側の穴を加工して取り付け


hwrtwrjwryjwryj59tr5へt (9)


hwrtwrjwryjwryj59tr5へt (7)


リプレイス用のモーターのハズですが、


そのままボルトオンで交換といかない

品質なのがアメ車のパーツの悲しいところ


hwrtwrjwryjwryj59tr5へt (11)


中古のモーターを新品に交換したら


モーターのアース不良が起きないよう

アースケーブルを追加しておき


hwrtwrjwryjwryj59tr5へt (12)


パワーウインドーモーターの交換が完了


レギュレターとガラスを組み付けたら

ストッパーの取り付けに進みます



[ 2024/05/21 10:00 ] 61 CHEVY IMPALA CONV *T/L | トラックバック(-) | コメント(-)

1961 IMPALA CONVERTIBLE



 I川さんの 1961 IMPALA CONVERTIBLE

不具合の修理作業で預かりまして


サイドガラスの開閉不良の修理と


51FA3120-192F-481D-B4BB-00F27DFE2F7D9 (18)p


ガラス周り、幌との建て付け調整、

ドアの開閉不良の作業を進めており


先週土曜日にI川さんに寄ってもらって


51FA3120-192F-481D-B4BB-00F27DFE2F7D9 (16)p


状況の説明と、打ち合わせしてましたら


翌日がストリートカーナショナルズで

ACID5759エルカミ64メルセデス


51FA3120-192F-481D-B4BB-00F27DFE2F7D9 (17)p


イベントの準備や、積み込みをしてたので


明日は天気も良さそうだし、楽しそうで

いいですねと羨ましがってるので


51FA3120-192F-481D-B4BB-00F27DFE2F7D9 (3)


「 では、一緒に行きますか? 」  と、

急遽、61インパラも行く事になりまして


1959 BUICKをエントリーしてた粗ういちろうが


51FA3120-192F-481D-B4BB-00F27DFE2F7D9 (4)


子供の習い事の発表会と重なってしまい

1台分の枠が空いていたので


その枠を使って、みんなと参加したら!?


51FA3120-192F-481D-B4BB-00F27DFE2F7D9 (6)


という話になったのが夕方16時半。。。。


クルマはガラスやハイドロの作業中で

ガラスも内装も付いていない状態なので


51FA3120-192F-481D-B4BB-00F27DFE2F7D9 (5)


「 いやいや、、、、行けるなら行きたいですけど

 
今から、バラバラの状態を組み戻してもらうのも

さすがに迷惑だと思うので。。。 」 という事で


51FA3120-192F-481D-B4BB-00F27DFE2F7D9 (7)


行っちゃいますかと蒼った僕も悪いのですが、


S庭師範、GAKU君、DAICHIに相談したら

「 いいですよ。今から組み戻します 」


51FA3120-192F-481D-B47BB-00F27DFE2F7D9 (15)


と、みんなで組み戻し作業をはじめてくれて


まだ自走で搬入は出来ない状態なので

積載車での搬入となり、レンタカー屋さんに


51FA3120-192F-481D-B47BB-00F27DFE2F7D9 (14)


連絡するも、すぐに借りれる車両がなく


56コンバーやアパ太郎、64メルセデスなどの

塗装を担当してもらったMりさんに電話したら


51FA3120-192F-481D-B4BB-00F27DFE2F7D9 (11)


「 使っていいよ。ちょうど帰るところだから、

 積載車と鍵は置いとくよ」 と、快諾してくれて


I川さんにMりさんのところで乗せて行ってもらい


51FA3120-192F-481D-B4BB-00F27DFE2F7D9 (10)


土曜日の夜に積載車を借りて戻ったら


クルマは組み戻しを終えて、準備が

完了しており、無事エントリーしてきまして


51FA3120-192F-481D-B4BB-00F27DFE2F7D9 (12)


ストリートカーナショナルズでは、沢山の人が


興味を持って見てくれたり、写真撮ったりに

してくれたので、I川さんも嬉しかったそうで


51FA3120-192F-481D-B4BB-00F27DFE2F7D9 (8)


すごい楽しかったと喜んでくれてナニヨリ


翌日から、再び作業する窓周り付近と

ハイドロ付近の養生を行ったら


f446q66565ter (2)


動きが遅く発熱するパワーウインドーのモーターや

付いていなかったストッパーも届いたので、


作業を再開して、全速前進で進めていきます



[ 2024/05/15 09:55 ] 61 CHEVY IMPALA CONV *T/L | トラックバック(-) | コメント(-)

ストリートカーナショナルス



 日曜日は、みんなで東京お台場で開催の

ストリートカーナショナルズに行ってきまして


フィット集合の漏れ田くんの64メルセデス


dofjosofk@flpkojdjoakpkpw@d(10).jpg


dofjosofk@flpkojdjoakpkpw@d(9).jpg


DAICHIのACID57、T也くんの68ワゴン、

現在、作業中のI川さんの61コンバー


会場近くで待ち合わせの、H野さんの64コンバー


dofjosofk@flpkojdjoakpkpw@ (1)


現在はH野さんが所有している1937 LINCOLN ZEPHYR


S庭師範の1959エルカミーノ>、A田君の64コンバー

A田君の長男が68インパラに乗り初めて


dofjosofk@flpkojdjoakpkpw@d(11).jpg


初の親子でイベント参加となりまして

なんとも、羨ましい限りです


I原さんの1959アパッチ、アパ太郎


dofjosofk@flpkojdjoakpkpw@d(12).jpg


I原さんの奥さまの愛車、1962ファルコン、


K田さんのMERC9と、1953 CHEVYの

13台で参加してきまして


dofjosofk@flpkojdjoakpkpw@ (4)


こんなに沢山の方々でイベントに行くのも

コロナ前以来だったので前日は楽しみで眠れず


2時から起きて、4時からフィットでスタンバイ。。。


IMG_7909.jpg


みんなでイベント会場まで走ったり

ワイワイできるのは楽しいですね


現在、フィットで預かって作業中の


dofjosofk@flpkojdjoakpkpw@ (7)


I川さんの1961 IMPALAコンバーも


あとはサイドガラスの修理と、ハイドロの

アキュムレーターの調整まできたので


dofjosofk@flpkojdjoakpkpw@ (5)


この日は一緒にエントリーしてきまして


「 俺はイベントやショーに出したりとかは

 別にです 」 と、言ってましたが


dofjosofk@flpkojdjoakpkpw@ (6)


自分のクルマを沢山の人が興味を持って

見てくれたり、写真を撮ってくれると、


それはそれは嬉しいに決まってますし


dofjosofk@flpkojdjoakpkpw@d(14).jpg


結果的に、ご本人もすごく楽しかったと

喜んでいたのでナニヨリ


メルセデスはHRCSでアワードを頂いたので


dofjosofk@flpkojdjoakpkpw@ (3)


アワードカーエリアに展示させていただき、


先月の千葉のイベントでは、漏れ田くんが

日よけテントを忘れて、チリチリになったので


dofjosofk@flpkojdjoakpkpw@ (2)


今回はスワップミートも出展しながら


みんなの休憩スペースを設けたので

チリチリにならずにすみまして


dofjosofk@flpkojdjoakpkpw@ (8)


みんなで集まれましたし、沢山話もできて、

天気も良くて、最高の一日でした


またみんなで集まれる機会が楽しみです


[ 2024/05/13 08:11 ] EVENT & CAR SHOW REPORT | トラックバック(-) | コメント(-)

1947 FLEET MASTER CONVERTIBLE



 1947 FLEET MASTER CONVERTIBLE


アメリカでレストアの途中で引き上げ

フィットで仕上げ直しとなりまして


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (18)


シートレールの動きが悪いのと


スライドの解除レバーのスプラインが

潰れてしまっているので修理となり


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (35)


シャフトのスプラインは潰れてしまったので

外径が細くなってしまっているので


肉盛りしたのち、スプラインを切り直しし


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (39)


解除レバーのスプラインは再生不能なので

レバーを買い直して交換となりまして


シャフトが組み込まれているベースプレートは


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (40)


割れて曲がってしまっていたので


曲がりを直したのち、破断した部分を

溶接して修正となりまして


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (511)


シートをスライドして位置を合わせたら

ロックするためのスプロケットと


スプロケットが噛む穴が削れてしまって


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (23)


ガタが出てしまっていた部分は


穴の削れた部分に肉を盛っていき

溶接跡と穴の形を整えて再生しまして


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (25)


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (24)


シートを載せて固定するレール部分は


荷重が掛かって潰れたのか凹んでおり

そのままだとスムーズにスライドしないので


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (36)


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (37)


平らに鈑金して整え直しまして


軸がガタガタになり、転がらなくなった

ローラーは、レールから摘出して 


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (44)


ブラケットをサンドブラストで綺麗にしたのち


錆び止めを塗って、ローラーは新しい

べアリングを用意して組み換えまして


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (43)


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (513)


軸のピンは溶接でブラケットに固定し

錆び止めを塗っておき


他のパーツもサンドブラストで綺麗にして


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (5172)


ローラーをレールに組み戻していき


加締めを壊して摘出していた

ベースプレートも、シャフトを組み込み


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (45)


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (46)


溶接で接合して組み立てていきまして


反対側のシートレールも摘出し

動きが悪い原因を調査していき


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (30)


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (31)


こちら側は助手席側で、運転席側に比べて

人が乗っている時が少なかったのか


割れや剥がれなどの痛みは見当たらず


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (32)


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (33)


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (34)


古いグリスが固まっていたり、グリスに

ホコリが付いて固着してたりするので


分解してサンドブラストで綺麗にしていき


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (42)


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (5173)


ローラーはこちらも新しいベアリングに

組み換えて再生していき


分解したレールを組み戻して、再生完了





動きが悪かったシートレールは

スムーズに動くようになりまして


続いて、左右のレールを接続して


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (5174)


運転席側で解除レバーを操作すると


助手席側のシートレールのロックを

解除するリモートワイヤーと


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (514)


スライドするときに左右が一緒に

動くようにする連結ロッドは


どちらも一部が曲がっているので


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (515)


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (516)


曲がったままだと、操作したときの

動きが逃げてしまって、


同時にスムーズに動かないので


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (5171)


錆びや汚れも落として、曲がりを修正し


シートレールが前後にスライドする動きも

左右の連動もスムーズになりました




[ 2024/05/12 16:17 ] 47 CHEVY FLEETMASTER CONV | トラックバック(-) | コメント(-)

1961 IMPALA CONVERTIBLE



 I川さんの 1961 IMPALA CONVERTIBLE

不具合の修理作業で預かりまして


サイドガラスの開閉不良を進めてまして


ghdgh65656thqeth (13)


パワーウインドーのレギュレターを摘出し


新しいガラスを組み込む前に

動きが悪くなる原因を探っていると


ghdgh65656thqeth (14)


サイドガラスが上下する際に、ガラスの枠の

後ろ側がスライドする溝の中は


滑りがスムーズになって、クロームの枠が


ghdgh65656thqeth (15)


メタルタッチで擦れて、傷がつかないように

フェルトが仕込んでありますが


フェルトが無くなって、金属が剥き出しに。。。。


ghdgh65656thqeth (17)


反対側のドアも同様にフェルトがなくなり

鉄が剥き出しになっており


摩耗して無くなったのか、動きが悪いのに


ghdgh65656thqeth (18)


無理に動かしていたから削れたのか

原因は定かではありませんが


フェルトが無くなっている状態の上に


ghdgh65656thqeth (19)


ghdgh65656thqeth (20)


オレンジ色の塗装が乗っているので


クルマをオールペンしたときには、

既にフェルトは無くなっている状態で


ghdgh65656thqeth (21)


レールは外さずにドアの中に

残ったまま、ボディの塗装が行われ


その後、ガラスを組み込んだり


ghdgh65656thqeth (22)


ガラスの建てつけ調整をするときも


フェルトが無くなっているのは

補修しないままだった事が解ります


ghdgh65656thqeth (16)


これではスムーズに動かないので

左右ともフェルト部分を再生となりまして


レールを外すと、左右でタブの形状や


ghdgh65656thqeth (23)


ghdgh65656thqeth (24)


角度が微妙に違っており、どちらかが

違う年式やセダン用を使っていたり


リプロ品で形が違うのか解りませんが


ghdgh65656thqeth (27)


正しい形状に鈑金して、左右形を整えたら


レールの中に残っていた古いフェルトの

残骸は削り落として綺麗にしたら


ghdgh65656thqeth (26)


ghdgh65656thqeth (25)


新しいフェルトに張り替えていき、


ランチャンネルのフェルトの再生を終えて

サイドガラスの取り付けに進みます

[ 2024/05/11 16:03 ] 61 CHEVY IMPALA CONV *T/L | トラックバック(-) | コメント(-)

1947 FLEET MASTER CONVERTIBLE



 1947 FLEET MASTER CONVERTIBLE


アメリカでレストアの途中で引き上げ

フィットで仕上げ直しとなりまして


wtwtqwrtqwrt (10)


コンバーチブルトップを開閉する

シリンダーの取り付けや


ガラス周りの建て付け調整があるので


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (1)


作業の邪魔になるのと、傷や汚れを

付けないようにシートを外そうと


シートをスライドさせようとしたら


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (48)


スライドレール解除レバーを引いても

ロックが解除されないので


レバーを外して確認してみたら


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (49)


シートレールのシャフトに、解除レバーの

スプラインの溝を差し込み


それぞれが噛み合う構造ですが


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (52)っじぇtyじょ


解除レバー側のスプラインも


シートレールのシャフトの

スプラインもぐちゃぐちゃで


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (3)


それぞれのスプラインが削れてなくなって


解除レバーを操作しても噛み合わず

空回りしてロックが解除されない状態に。。。。。


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (4)


解除レバーを引くと、シートレールを


引き戻すリターンスプリングも

折れているので交換が必要でして





シートレール自体も動きが悪いので、

修理が必要なので摘出しまして


スプラインがぐちゃぐちゃになってたのは


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (5)


シートレールの解除レバーのリンクの

動きも悪くなってて、レバーを引いても


動きが悪いのを、力づくで引いたので


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (6)


スプラインが潰れたり、削れたのと思われ


確かにクラシックカーのシートレールは

スムーズに動くクルマは珍しく


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (16)


大抵は古いグリスが固まってたり、


グリスに汚れやホコリなどが付着して

固着してるので、メンテが必要でして


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (7)


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (8)


シートレールやリンクの動きが悪いのも

原因を解明して、修理しないと


また同じようにスプラインがダメになるので


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (17)


動きが悪い原因の調査を進めましたら


シートを取り付けるベースプレートが

何箇所も割れて剥がれており


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (38)


70年以上も、人が乗って重くなった

シートの荷重を支えていたり


シートをスライドしたときの衝撃を受けたり


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (14)


金属疲労などから割れたのと思われ


ベースプレートが割れて、スライド時に

正しく力が掛からなくなっているのと





スライドするときに転がるローラーは


軸のシャフトが摩耗してガタガタになり

正しく転がらなくなっているので


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (27)


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (26)


ローラーが転がらないまま、引きずって

スライドしていたので


ローラーの設置していた部分が削れて


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (28)


フラットスポットが出来ていまして


解除レバーを操作していないときに

レールがスライドしないように


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (9)


ロックしているスプロケットが噛む穴は


いつもよく使っていたと思われる部分が

人が座った時に荷重が掛かって


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (29)


発進時やブレーキ時に、スプロケットと

穴が当たって擦れるので


穴の部分が削れてしまってまして


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (12)


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (11)


金属部分が削れて痩せてしまってるので


スプロケットとの隙間が広がり、レールを

ロックしている状態でも、ガタがあるのと


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (13)


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (19)


鉄部分が削れて薄くなっているので

強度も落ちてしまっているので


削れた部分を補修する必要があり


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (20)


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (22)


それらを修理するには、加締めてあったり

リベットで留めてある部分を壊して


分解して修理を進めていきます


[ 2024/05/10 18:18 ] 47 CHEVY FLEETMASTER CONV | トラックバック(-) | コメント(-)

1961 IMPALA CONVERTIBLE



 I川さんの 1961 IMPALA CONVERTIBLE

不具合の修理作業で預かりまして


運転席のサイドガラスの色が違っていて


~ppG_5440 (22)


ガラスも切られて短くなっていたり


ガラスの周りにつく、クロームの

枠も切って短くなっているので


hjsryjsjryj66jyr (6)


原型を留めていないものを使って

正しく開閉するように加工するより


正しく開閉しない原因を直して


ふぁdf48dあ4f8え (8)


純正の部品をそのまま使うほうが


本来のあるべき姿で、後々に修理や

消耗部品のメンテをする際にも


ふぁdf48dあ4f8え (5)


加工した人しか解らない造りより

誰でも普通に直せる方がいいので


加工されている左右のガラスと枠は


ふぁdf48dあ4f8え (1)


ふぁdf48dあ4f8え (2)


使用するのをやめて、アメリカに枠付きの

新品のガラスを注文しまして


到着したら、ガラスが割れたり傷がないか


ふぁdf48dあ4f8え (3)


ふぁdf48dあ4f8え (4)


枠に変型やクロームに傷がないか検品し


問題ないのを確認したら、組み込む際に

傷を付けないように養生したら


ghdgh65656thqeth (28)


サイドガラスを組み込む前に


サイドガラスを開閉する際に

無理をする原因を取り除き


~ppG_5440 (16)


壊れたり、変型している部分は

修理を進めていきます


三角窓のレギュレターは、窓枠を


~ppG_5440 (17)


差し込む部分が開いてしまっており


折れないように慎重に戻しましたが

一度広がってしまったものを戻しても


959wegtwrweweoo (7)


素材がアルミの鋳物なので強度が弱く


今後、動かしているうちに折れたり

割れたりする可能性が高いので


959wegtwrweweoo (8)


弱くなっている部分を硬化剤で固めて

できるだけ対策しておきまして


サイドガラスはスイッチを操作しても


ghdgh65656thqeth (29)


モーターの反応がないときがあったので


パワーウインドウのスイッチか、モーターの

アース落ちが悪い可能性があるので


ghdgh65656thqeth (30)


三角窓のレギュレターもドアに仮組みし

作動テストを進めまして


助手席側のスイッチに接続するコネクターは


ghdgh65656thqeth (1)


絶縁材が割れて半分付いていないので


端子がずれたり、短絡してショートしたり

しないように絶縁材を再生となりまして


ghdgh65656thqeth (2)


無くなってしまっている部分の

型をつくって、電気が流れない


樹脂を流し込んで成型していき


ghdgh65656thqeth (8)


絶縁材を再生したら、絶縁材は

加締めて止めてありましたが


ビスに変更して固定していき


ghdgh65656thqeth (9)


助手席側の三角窓のスイッチと

作動のチェックを終えたら


サイドガラスのレギュレターに進みまして


ghdgh65656thqeth (10)


ghdgh65656thqeth (11)


サイドガラスのレギュレターも電動で


これまで、レギュレターをドアに固定する

ボルト&ナットのナット部分が


ghdgh65656thqeth (3)


ghdgh65656thqeth (4)


本来、レギュレターにナットが埋め込んで

ある部分を壊して、クリップナットに変更し


4本で固定する部分を3本になっていたり


ghdgh65656thqeth (5)


ghdgh65656thqeth (6)


ドアも塗装されていて、パワーウインドーの

モーターのアース落ちが悪い可能性があり


直接アースできるケーブルを追加することに


ghdgh65656thqeth (7)


塗装を一部剥がして導通を良くした部分に

太めのアースケーブルも作って接続


次はサイドガラスのレールに進みます



[ 2024/05/09 10:28 ] 61 CHEVY IMPALA CONV *T/L | トラックバック(-) | コメント(-)