FC2ブログ

1956 BUICK



 Y室さんの 1956 BUICK "565 SPECIAL”

プロジェクト 進めてまして


試運転とダメ出しを進めて、カタチになったところで


dftyhrtysetywtr (14)


登録に向けて、予備検査を通しにいきまして


いつも、公認取得や構造変更をお願いしている 

サニートークさんと陸運局で待ち合わせし


dftyhrtysetywtr (11)


積載車に積んで、56 BUICKを持ち込みまして


そこでもう1台、予備検査をお願いしてあった

1959 CADILLACと差し替えして


dftyhrtysetywtr (10)


そのまま陸運局で1956 BUICKの予備検査を

通してもらうようにお願いしたら


1959 CADIを引き取って、福島県へ向かいまして


dftyhrtysetywtr (15)


S巻さんからアメリカで売りに出ていた車両の購入と

輸入のご依頼を頂き、お手伝いさせて頂きまして


予備検査を終えた1959 CADILLACをS巻さんに届けたら


dftyhrtysetywtr (5)


予備検査を終えて、サニートークに乗って帰った

56 BUICKを引き上げに行きまして


FITに戻ったら、試運転とダメ出しで気付いた


dftyhrtysetywtr (6)


乗り心地が硬いので、エアサスの対策と

ブレーキのタッチが硬いので対策へ


エアサスの乗り心地が硬いのは、フロントの


dftyhrtysetywtr (4)


エアサスは、FATMANのMUSTANGⅡKITと

FATMANがそれに合うように作った


エアバックのブラケットで組んでありましたが


dftyhrtysetywtr (8)


スラムドしたときに、ロワーアームがクロスメンバーに

当たるぎりぎりまで上がってきて


扇の動きが大きく、綺麗に伸縮できないのと


dftyhrtysetywtr (7)


エアバックが完全に潰れる一息手前で止まるので


エアバック内のエア圧とライドハイトの高さが

合っていないことが解りまして  


dftyhrtysetywtr (12)


ロワーアームの動きが大き過ぎて、エアバックが

綺麗に弧を描かず、上下がずれるので


真っ直ぐだったアッパー側のブラケットを


dftyhrtysetywtr (9)


前後方向と内外方向に角度を付けると

最適な伸縮の動きをするところを導き出し


ブラケットの高さも変えることで、エアバック内の 


dftyhrtysetywtr (18)


圧力もこれまでよりも低くなるよう作り変えて

乗り心地は良くなり、エアバックの伸縮も


これまでよりも綺麗にするようになり


dftyhrtysetywtr (16)


フレームやスピンドルへの干渉もないので

エアバックが擦れてエア漏れしたり


寿命が短くなる心配もないよう、対策が完了


dftyhrtysetywtr (17)


次はブレーキのタッチが硬いのが不快なので

そちらの原因解明、対策に進みます


VIVA! S庭道場!!! VIVA! Y室さん !!!!!!!!!



[ 2020/11/26 08:10 ] 56 BUICK SPECIAL * 565 * | トラックバック(-) | コメント(-)

1948 CHEVY FLEET CONV



 FOR SALE中の 1948 CHEVY

” FLEETMASTER CONVERTIBLE ”


内装とコンバーチブルトップの張替えで


IMG_1051.jpg


OG MIKEのところに預けてまして


TOVAR’Sの 1948 FLEET CONVの

内装色、マテリアルと同じもので依頼し


IMG_1048.jpg


IMG_1049.jpg


フロア、ドアパネル、リアシートまで完成しまして


フロントシートは台座の張替えまで終えて

座面のスプリングが、経年劣化であちこち折れてるので


IMG_1052.jpg


スプリングを修理してくれる業者さんに出してもらい

その間、コンバーチブルトップの張替えへ


リアガラスは、ギャングスターウインドを使いますが


IMG_0959.jpg


ただのギャングスターウインドではつまらないので

以前も御紹介した、開閉式のタイプを使うことにしまして


「 リアウインドー待ちだから、早く送ってくれい 」

と、OG MIKEから連絡が来ましたが


IMG_1063.jpg


FITにあるのを送ると、到着に時間が掛かるのと

より幅が広くて、細いタイプを使いたかったので


アメリカの製造メーカーから直送してもらい


IMG_1054.jpg


多分、今頃はもうリアウインドの取り付けも

終えてることと思いますので


あとはフロントシートの作業を残すのみなので


IMG_1053.jpg


年明けには日本に持ってこれそうで、楽しみです


そんな 48 FLEET CONVは、FOR SALE中

御興味ある方は、 お気軽に お問い合わせください


IMG_4153.jpg


お問い合わせ は info@el-classico.com 

もしくは、  048-933-9703 まで


FUNK  STA  4  LIFE  !!!!!!



[ 2020/11/24 05:59 ] 48 CHEVY FLEET MASTER CONV | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 MERCURY



 M本さんの 1940 MERCURY ”  BREEZEE ”


アメリカから 輸入した車両の 不具合部分の 修正と

好みに リメイク プロジェクトを 進めてまして 


202010220504026891 (9)


クォーターガラス周りの作り直しを終え


窓枠にガラスを固定する、フェルトチャンネルと

インテリアトリムにフェルトの取り付けに進みまして


202010220504026891 (8)


フェルトやチャンネルは、メーカーや車種、

年式などによって、様々な種類が存在し


窓枠やトリムの形状に合わせて曲げたり


IMG_10721269755 (2)


加工して取り付けしていきますが、


車種別で売られているものを取り寄せるのが

サイズや形状が合うものがセットになってるので 


IMG_10721269755 (3)


それを買うのが一番良いのですが、


CHOPして形状が変わったり、今回の

BREEZEEのように、クォーターガラスは


IMG_10721269755 (4)


オリジナルだと開閉するけど、Bピラー形状を

変更してので、開閉が出来なくなり


はめ殺しにするというような、構造を変える場合など


202010220504026891 (12)


車種別やリプロ品を取り寄せても合わないので

FITには様々なフェルトやチャンネルを在庫してあり


その中から合うものを探して、加工するようにしてますが


202010220504026891 (20)


BREEZEEの深さがある窓枠の形状に合う

チャンネルがなく、幅があうチャンネルを使い


突き合わせ部分は、鋭角で曲げでは対応しないので


202010220504026891 (21)


角度を合わせて切断し、突き合わせて接合。


窓枠に深さがあり過ぎて、チャンネルが

奥まで入り過ぎてしまうので


202010220504026891 (18)


202010220504026891 (17)


窓枠とチャンネルの間にエアホースを入れて、

バックアップとして機能させ


窓枠内でのチャンネルの高さを調整することで


202010220504026891 (14)


窓枠に対して、チャンネルをぴったりの高さに

据えられるようにしまして


エアホースは濡れても問題がないし、劣化しづらく


202010220504026891 (19)


弾性があるので、ガラスを入れると良い位置に

フェルトが来るように馴染むので、良いアイデアです


ウェザーストリップは、土台の溝に滑り込ませて


202010220504026891 (15)


はめ込む構造で、窓枠の複雑な形状の断面に


ウェザーストリップの複雑な断面が

しっかり重なることで、何層にもシールし


202010220504026891 (13)


水や風が室内に入るのを防いでいるのがお解り頂けると思います


ドアを閉めたときに、窓枠とウェザーストリップが

全周しっかりと重ならないと機能しませんし


202010220504026891 (7)


フェルトを正しく取り付けて、クリアランス調整も

しないと、ガラス周りのガタも消えないので


沢山ある種類のフェルトの中から、幅、厚みが


202010220504026891 (10)


202010220504026891 (11)


合うフェルトを長さを合わせて切断して

トップレールに固定しまして


これまで、ぱっとみはきちんと作ってあるように見えても


202010220504026891 (23)


202010220504026891 (24)


CHOPしたときの窓枠の加工が悪くて

平行がでてなかったり、ずれたり曲がってたり 


土台やウェザーストリップの突き合わせ部分も


202010220504026891 (22)


接合してなかったりで、建付けが悪かったり


あちこち隙間があったりで、全然正しく当たらず

ウェザーストリップの機能を果たしてませんでした


ttstyadya (10)


ハードトップのチョップは、ドアの開閉にはじまり

ガラスもきちんと開閉して、雨漏りや風切り音がない


窓周りに作り込むのが、とても複雑で繊細な作業が


aydayyea (8)


ttstyadya (9)


山積みだという事も、お解り頂けたと思います。。。


これでサイドガラス、三角窓、クォーターガラスの

手直しを終えたので、この後サイドガラスの


ttstyadya (14)


ttstyadya (13)


開けたときのストッパー機構の製作と

新しいガラスを切り出す型取りに進みます


VIVA! M本さん & S庭道場!!!!!!!!!!


[ 2020/11/23 05:30 ] 40 MERCURY | トラックバック(-) | コメント(-)

1956 BUICK



 Y室さんの 1956 BUICK "565 SPECIAL”

プロジェクト 進めてまして


天井にルームランプがないので、暗いときに

ドアを開けても真っ暗で、乗り込みづらいので


qwrqrwtqrq (17)


ドアの開閉に連動して、足元とダッシュを照らす

フットランプとダッシュカーテンシーランプを作りまして


DAKOTA DIGITAL GAUGEは、HDXで

照明がLEDなので、30色くらい選べますし


yreytqeytqwetr (6)


夜間のライトオン時に光る照明色だけでなく、


昼間のライトをつけていないときでも、点灯させたり

照明の色や明るさも細かく選べるので、便利です


qwrqrwtqrq (1)


アメリカで前オーナーが乗っていた時から

三角窓の開閉ハンドルを付けてなかったようで


なんで付けたなかったのかは解りませんが


qwrqrwtqrq (10)


ハンドルはトランクに積んであったので


なんだ、あるじゃん! と、取り付けたら、うーん、、、、、 

ドアトップレールに当たって回りませんの刑。。。。。


qwrqrwtqrq (11)


時計でいう、10分から50分の間しか回せないので


三角窓が開きませんで、ドアの上に付ける

トップレールは、三角窓のハンドル付近が


qwrqrwtqrq (7)


室内側に膨らんでいるので、ハンドルがかわせず 


当たって、それ以上回せないので、ハンドルを

付けても意味がねぇ! って事で付けてなかったようで


qwrqrwtqrq (13)


ハンドルは見覚えのある形状なので、みんなに聞いたら 

インパラやベルエア用と一緒だね。ということで


BUICK用ではなく、シボレー用を付けているので


kfkfy (1)


ハンドルが低くて、トップレールに当たるようです


三角窓のハンドルは、トップレールに当たって

回らないので気付きましたが


qwrqrwtqrq (14)


サイドガラスやクォーターガラスのくるくるハンドルも、


ドアを開けるリリースハンドルも、全部シボレー用なので

ハンドルの高さが低くて、摺ったりギリギリでして、、、、


qwrqrwtqrq (15)


では、BUICK用はどんな形状なのか調べたら

30年代から50年代前半までの、よくある形状で


50年代半ば以降のハンドルより、差し込む部分の


qwrqrwtqrq (18)


高さがあるタイプだと解り、1台分アメリカに注文し


これで解決だと喜んで、高さのあるハンドルで

トップレールに当たらないよう回したら


qwrqrwtqrq (19)


うーん、、、、、レギュレターも壊れてて、開きませんで、、、、


運転席の三角窓のレギュレターは加締め部分が

劣化して、軸が抜けてしまっており、


rurury (12)


助手席のクォーターガラスのレギュレターは


よく使う辺りのギアが摩耗し、かみ合わせが悪くて

空回りしてしまうことが判明しまして


rurury (13)


他の窓のレギュレターも、かなり摩耗しており

グリスもカチカチに硬化して、64年の歴史を感じます。。。。


車はいよいよ試運転の段階に入りまして


rurury (15)


燃料をすりきり満タンまで入れて


燃料タンクの上面に組み込んだ燃料ポンプや

センサー、給油パイプの接続部や


fgfgwet (3)


圧抜きバルブなどから、燃料が漏れないか点検し

燃料計、スピードメーターの校正をしたら、


ブレーキの前後配分調整、ロックアップの


fgfgwet (2)


タイミング調整などしながら、色々な環境で

走らせながら、気になるところ、


対策が必要なところなど、駄目出しを進めてまして


fgfgwet (1)


ブレーキの制動がイマイチだったので、対策へ


症状と、これまでに経験した事例から推測すると

パワーブースターの不良の可能性が高く、


yreytqeytqwetr (4)


新品のブースターを組んでましたが、在庫であった

別のブースターに交換したら、やはり解決しまして


CPPなどの社外品のブースターは、これまでの経験上

新品買っても、不良品率が40%くらいでしょうか、、、、、、


yreytqeytqwetr (5)


効きが悪かったり、ペダルの戻りが悪かったり、

負圧の抜けが早かったりと、やたら不良品が多く


おまけに修理や調整が効かない構造なので、


yreytqeytqwetr (7)


アメリカから取り寄せて、新品を組んで走らせてみて

不良品と解かったら捨てるしかないという、悲しい現実。。。。


社外品は不良品が多いと解かってからは、品質がいい

デルコ製の9インチしか使わないようにしてましたが


yreytqeytqwetr (8)


56 BUICKはスペース上、9インチが収まらず

デルコ製は8インチデュアルのラインナップが無いので


やむえず社外品を使ったら、この始末です。。。。。


VIVA! S庭道場!!! VIVA! Y室さん !!!!!!!!!



[ 2020/11/22 05:34 ] 56 BUICK SPECIAL * 565 * | トラックバック(-) | コメント(-)

DAKOTA DIGITAL GAUGE 1940 LINCOLN



 K藤 さん の  1940 LINCOLN ZEPHYR 


DAKORTA DIGITAL GAUGESと ゲージの 

レストアと カスタム作業を 進めて まして


40 lincoln zepher vhx (4)c


K藤さんからは 「  オリジナルの デザインのように 」 


との 要望ですが、 もともと 40 ZEPHYRは タコメーターが 

無いゲージですが、 あれば 便利なので 追加したいけど


40 lincoln zepher vhx (5)c


どこに入れるか、 どんなデザインなら オリジナル調を 

崩さないかなど、色々考えながら デザインの叩き台を書いて、 


ゲージと一緒に ダコタに送り届けまして


40 lincoln zepher vhx (6)c


ゲージは直径が決まっているので、そこに収まるように

中身を新しいモジュールに組み換えていくので


DAKOTAが 組み込むモジュールや計器の寸法から 


40 lincoln zepher vhx (15)c


どのような 配置が可能か検証してもらい、 


まずは VHXと、RTX、 それぞれどんな配置なら

製作が可能か、 図面を起こしてもらいまして


40 lincoln zepher vhx (15)c


このゲージのサイズに 収めるには、 このモジュールを 

ここに配置にしないと 収まらないとか、

 
スピードメーターは 表側は このサイズだけど


cbbhadh.jpg


裏側には この大きさの モジュールが あるので、 


周囲とこれだけ クリアランスをとらないといけないとか 

作る側の様々な事情を聞きながら、こちらの要望と


40-Lincoln-MOCK-UP (2)


擦りあわせ、 せめぎ合いをして 煮詰めていきまして


K藤さんからは、デジタル表示するマルチスクリーンは 

小さいタイプでとなったので、VHXで製作となりまして


40 Lincoln Custom VHX Day Indicators (2)


出来るだけオリジナルの文字盤の色や 

フォントに合わせて製作してもらい


ようやく、レストア&カスタムしたゲージが完成


40 Lincoln Custom VHX Night


写真ではガラスの反射の関係で、文字盤が

白っぽく見えますが、実物はアイボリー。


夜の照明点灯時の雰囲気もいい感じです


VIVA !  K藤さん !!!!!!!!!!



[ 2020/11/21 05:04 ] DAKOTA DIGITAL GAUGE | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 ZEPHYR



 K藤 さん の  1940 LINCOLN ZEPHYR 


DAKORTA DIGITAL GAUGESと ゲージの 

レストアと カスタム作業を 進めて まして


40 lincoln zepher vhx (4)c


K藤さんからは 「  オリジナルの デザインのように 」 


との 要望ですが、 もともと 40 ZEPHYRは タコメーターが 

無いゲージですが、 あれば 便利なので 追加したいけど


40 lincoln zepher vhx (5)c


どこに入れるか、 どんなデザインなら オリジナル調を 

崩さないかなど、色々考えながら デザインの叩き台を書いて、 


ゲージと一緒に ダコタに送り届けまして


40 lincoln zepher vhx (6)c


ゲージは直径が決まっているので、そこに収まるように

中身を新しいモジュールに組み換えていくので


DAKOTAが 組み込むモジュールや計器の寸法から 


40 lincoln zepher vhx (15)c


どのような 配置が可能か検証してもらい、 


まずは VHXと、RTX、 それぞれどんな配置なら

製作が可能か、 図面を起こしてもらいまして


40 lincoln zepher vhx (15)c


このゲージのサイズに 収めるには、 このモジュールを 

ここに配置にしないと 収まらないとか、

 
スピードメーターは 表側は このサイズだけど


cbbhadh.jpg


裏側には この大きさの モジュールが あるので、 


周囲とこれだけ クリアランスをとらないといけないとか 

作る側の様々な事情を聞きながら、こちらの要望と


40-Lincoln-MOCK-UP (2)


擦りあわせ、 せめぎ合いをして 煮詰めていきまして


K藤さんからは、デジタル表示するマルチスクリーンは 

小さいタイプでとなったので、VHXで製作となりまして


40 Lincoln Custom VHX Day Indicators (2)


出来るだけオリジナルの文字盤の色や 

フォントに合わせて製作してもらい


ようやく、レストア&カスタムしたゲージが完成


40 Lincoln Custom VHX Night


写真ではガラスの反射の関係で、文字盤が

白っぽく見えますが、実物はアイボリー。


夜の照明点灯時の雰囲気もいい感じです


VIVA !  K藤さん !!!!!!!!!!



[ 2020/11/21 04:51 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 MERCURY



 M本さんの 1940 MERCURY ”  BREEZEE ”


アメリカから 輸入した車両の 不具合部分の 修正と

好みに リメイク プロジェクトを 進めてまして 


ttstyadya (1)


窓枠の形が合っていなかったのを修正し


続いて、ウェザーストリップの土台との

建付けの調整に進みまして


IM656565658989323665656G_1865 (33)


ボディに対して、窓枠もウェザーストリップの

土台も形が合っていなかったので


形を合わせた窓枠に対して、土台も全然合いませんので


IM656565658989323665656G_1865 (34)


型紙と、ウェザーストリップの厚みと

同じになる治具用の鋼材を使いながら


造り直す形状を導き出しまして


ttstyadya (2)


土台を突き合わせる部分は、これまで

切りっ放しで接合されていませんでしたが


そのままでは水が入ってきてしまうので


ttstyadya (3)


作り直しに合わせて、1体化していきます


突き合わせ部分は角度が合うように

斜めに切断して、擦り合わせしまして


ttstyadya (4)


溶接したら内側は狭くなって、ポリッシュするのに

バフが入らず、磨けないので


事前にポリッシュしてから、溶接していきまして


ttstyadya (7)


溶接跡を綺麗に仕上げたら、ポリッシュ。


突き合わせ部分の内側は、ポリッシュできなくなるので

事前に磨いてから溶接しましたが


ttstyadya (5)


どうしても、溶接の熱で焼けが出てしまうので


その部分は溶接後に焼けをとって、

ハンドポリッシュで磨き上げていきます


ttstyadya (6)


ウェザーストリップの土台の作り直しを終えたら


その形状に合うように、ウェザーストリップも

作り直しになりまして、突き合わせ部分は


ttstyadya (8)


ウェザーストリップが窓枠の形状に沿うよう

複雑な段差がある形状なので


斜めに切断するのはとても難しく


aydayyea (1)


素材がゴムで柔らかいので、カッターやはさみで

切ろうとすると、潰れて変型してしまい


斜めに形状を保ったまま、スパッとは切れないので


aydayyea (2)


奥義で写真のように、すぱっと切ったような

断面になるよう、切断していき


突き合わせ部分を綺麗に接合したら


aydayyea (3)


窓枠、ウェザーストリップの土台の形状に

合わせたウェザーストリップの土が完成


これでクォーターガラス周りの作り直しを終え


202010220504026891 (9)


次はガラスを挟み込む、フェルトチャンネルと

インテリアトリムにフェルトの取り付けに進みます


VIVA! M本さん & S庭道場!!!!!!!!!!



[ 2020/11/20 07:32 ] 40 MERCURY | トラックバック(-) | コメント(-)