FC2ブログ

1948 CHEVY FLEET CONVERTIBLE



 1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE


74年前のクルマですが、快適仕様へ

アップデートする作業を進めてまして


srwertewrtwe (19)


シャシーのカスタムを進めているところに

アメリカからパーツが到着しまして


パレットに載ったLOKARの大きな箱は


srwertewrtwe (20)


今回、48フリートコンバーに搭載する

LS CLASSICエンジンが到着


2021年製の新品LS3エンジンを使いますが


srwertewrtwe (21)


フリートコンバーの雰囲気には、LSエンジンを

新しい雰囲気で積むと違和感が出ると思うので


新しいLSエンジンを古いシボレーエンジン風に


srwertewrtwe (22)


ディティールを作り替えつつ、中にも手が入って

495馬力仕様を採用することにしまして


メーカーで新品エンジンを使って組み上げたあと、


srwertewrtwe (23)


エンジンを始動させて、ベンチテストしてあるので

組み立てミスや、漏れ、不良品のリスクもなく


古っぽく見せてるけど、新品の最新エンジンと


srwertewrtwe (24)


4L60Eオートマをコンピューター制御して

快調仕様を目指すプランで頑張ります


エンジンのディティールは、LOKARに頼んで


srwertewrtwe (25)


諸々、特別仕様にしてもらっていますが

それでも理想のカタチではないので


後程FITでさらにカスタムしていきます


srwertew114rtwe (13)


FITだと、いつもならサスペンションは


エアサス仕様で、ACCUAIRを組んで

コントロールするというパターンですが


srwertew114rtwe (10)


フリートコンバーの雰囲気には、エアサスより

ハイドロの方がマッチすると思うので


MUSTANGⅡクリップに変更しつつ


srwertew114rtwe (11)


srwertew114rtwe (12)


快適に乗れるハイドロのセットアップも

同時に進めていきたいと思います


MUSTANGⅡクリップの構造に合わせて 


srwertewrtwe (17)


これまで組んであったシリンダーとカップ、

コイルは使わないことになり


長さは同じですが、今回使うシリンダーは


srwertewrtwe (42)


RED'S製のいわゆる”レッズシリンダー”を用意


RED'S製のシリンダーは作りが良いので

油漏れや故障が少ないということで


srwertewrtwe (43)


6インチと8インチのシリンダーを取寄せて

他社と構造がどう違うのか、分解して検証


ヘッド側にダストシールが付いているのと


srwertewrtwe (41)


ピストン部分のシールがOリングと

バックアップリングだけでなく


ピストンシールも使われていたので


srwertewrtwe (40)


クルマのハイドロ用に作られているシリンダーより


産業機械などに使われている油圧シリンダーの

構造に近く、作りはちょっと良さそうです


srwertewrtwe (16)


ハット部分にシリンダーを取り付け部分を

ピロボール化して動きをスムーズにしようと


RED'Sシリンダー用のピロボールも準備しまして


srwertewrtwe (15)


ドーナツでシリンダーを固定する場合と

ピロでシリンダーの角度が振る場合で


コイルの動きがどちらが良いか検証していきます


VIVA! S庭道場!!!!!!!



[ 2022/01/27 21:18 ] 48 CHEVY FLEETMASTER CONV | トラックバック(-) | コメント(-)

1970 WINNEBAGO



 1970 WINNIEBAGO、沖縄から戻り

逝ってしまったオートマの修理へ


3速が滑って、2速までしか上がらなくなり


rtgeywrturyeu (1)


40kmしか出なくなったまま、沖縄でも

東京でも、けっこうな距離を走らせたせいか


最近は1速やバックも調子悪くなってきて


rtgeywrturyeu (4)


ガレージ内での移動もままならなくなってきたので


あと1日、、、、、ナンテ、無理して沖縄で乗ってたら

途中で動かなくなって、最悪の事態に陥ってたと思います。。。。


rtgeywrturyeu (2)


オートマは電子制御の4L60Eなので、制御側で

変速させなくしている可能性もあるので


オートマコントローラーと、ECUの状況を診断機で

チェックしたら、やっぱりオートマ本体でして、、、、


rtgeywrturyeu (3)


壊れたオートマは、在庫している新品に

積み替える予定でしたが、


まったく同じ仕様のほうが細かい仕様変更や

手直しの必要もなく済むので、


rtgeywrturyeu (5)


降ろしたオートマは修理にだし、戻ってくるまで


オートマが降りているタイミングでしかできない、

エンジンのリアシール交換などを進めまして


rtgeywrturyeu (6)


先日、側面からの漏れを修理した燃料タンクは

燃料計のセンサーが死亡していましたが、


アメリカに注文してあるも、沖縄に輸送する前に

届かなかったので、壊れている物を組んであり


rtgeywrturyeu (7)


新しいセンサーも届いたので、組み換えへ


1930~1950年代の燃料センサーは取付部分が

大きな6穴式ですが、現行の汎用センサーは


rtgeywrturyeu (10)


小さい5穴式で合わないので、それらを変換する

スペーサーを使用して、新品センサーを取り付けし


これまでフレームに取り付けしてあったEFI用の

電動の燃料ポンプは、作動音がうるさいので


rtgeywrturyeu (9)


燃料タンクを降ろしてるついでに、インタンク化へ


インタンク式ではない燃料タンクをインタンク化できる

EFI用燃料ポンプKITがFITECHから出ているので


rtgeywrturyeu (8)


取り寄せて、タンク内蔵のポンプを組み込み


高圧用の燃料フィルターと、レギュレター、

リターンライン、ベントラインなどを引き直して


fゑyw54y252r (1)


電磁ポンプと、燃料計の配線も変更して

燃料ポンプのインタンク化を終えたら


LSスワップしたのでセンサーが合わなくなり 


fゑyw54y252r (2)


どれも動かないし、照明も付かないゲージは


動くようにしたところで正確でないのと

ダッシュ上に付いているタコメーターと


fゑyw54y252r (3)


ダッシュ下に追加されている3連メーターも

いけてないので、それらは撤去し


ゲージをダコタデジタル化していきたいと思います


FUNK STA 4 LIFE !!!!!!!


[ 2022/01/26 21:53 ] 70 WINNEBAGO WINNIE F17 | トラックバック(-) | コメント(-)

1956 BELAIR CONVERTIBLE



 T江さんの 1956 BELAIR CONV

プロジェクト 進めてまして


HRCS前にできなかった作業を進行中


tyeywuy46u (3)


エンジンやオートマの調整に進んでいますが

搭載したLSエンジンのアイドリングがイマイチで 


アメリカで純正コンピューターをスワップ用に

色々と書き換えてあるようですが


tyeywuy46u (1)


ナニが原因で調子がイマイチなのか調査中


診断機でモニタリングをしながら点検するも

エラーは出ていないので、センサーが悪いのか


tyeywuy46u (2)


センサーからの信号をキャンセルするように

アメリカでECUを書き換えてあるのか、 


はたまたECUが悪いのか、補機類が悪いのか


tyeywuy46u (4)


まさかのエンジン本体が悪いのか、電子制御に強い

専門家に来てもらうこと、3回目。。。。


考えられる部分が絞れてきましたが、綺麗に仕上がって

しまっているクルマは、何かと大変です


VIVA! S庭道場! VIVA! T江さん!!!!!!




[ 2022/01/25 23:55 ] 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE | トラックバック(-) | コメント(-)

1948 CHEVY FLEET CONVERTIBLE



 1948 CHEVY FLEETMASTER CONV 


ダコタデジタルと、メーター類をRTX化に

アップデートする作業を進めてまして


ryueruwuw46uw46uw3 (1)


RTX化しながら、出来るだけ、文字盤の色、

フォント、デザインをオリジナルに寄せていき


完成イメージを確認するCGで最終チェックし


ryueruwuw46uw46uw3 (12)


デザイン、フォント、カラー、配置ともに

理想通りになったので、ゲージ本体の製作へ


その後3ヵ月を経て、ようやくゲージ、時計が完成


ryueruwuw46uw46uw3 (3)


ゲージの周りのベゼルは、真新しいクローム製で

ダコタデジタルが作ってくれたので、


オリジナルをリクロームする手間も省けまして


ryueruwuw46uw46uw3 (4)


水温、油圧、電圧、燃料計の周りのベゼルは

ダッシュに合わせた木目調にしますが


クルマによって色味や木目が異なるので


ryueruwuw46uw46uw3 (8)


ダコタデジタルが木目調に作ってきても


使用する現車には合わないとなる恐れが

高いので、あえて木目調には仕上げず


ryueruwuw46uw46uw3 (5)


とりあえず、クロームのベゼルで作っておくので


クロームが嫌なら、あとで実車に合わせて木目調に

塗装してくださいとの事で、おっしゃる通りです


ryueruwuw46uw46uw3 (6)


スピードメーターはメーターの大きさに対して

文字盤が小さく、周りの余白が大きく見えますが


キーをオンにして電源を入れると、周囲には


ryueruwuw46uw46uw3 (7)


バロメーター調のタコメーターが点灯するので


電源を切っている時はちょっと小さく見えますが

エンジンが掛かっているときはピッタリサイズです


ryueruwuw46uw46uw3 (9)


ゲージの裏側は、オリジナルだとスピードメーターの

ケーブルや、水温計のセンサーが繋がった針金、


油圧計や燃料計の配線でごった返しますが

このゲージは全部コンピューター制御なので


ryueruwuw46uw46uw3 (11)


モジュールと8PINのディスプレーケーブルを

つなぐだけなので接続も楽々でメーター裏もスッキリ


これまで動いていなかったゲージも全て

正確に動くようになりますし


ryueruwuw46uw46uw3 (10)


マルチモニターにギア位置も表示されて


ブルートゥース搭載なので、スマホと連動して

スマホで操作や切替も出来るようになるので


ryueruwuw46uw46uw3 (2)


見た目は出来るだけ、オリジナル。でも動きや

表示はしっかり正確になり、安心して乗れます


VIVA! DAKOTA DIGITAL GAUGES!


[ 2022/01/24 04:26 ] 48 CHEVY FLEETMASTER CONV | トラックバック(-) | コメント(-)

DAKOTA DIGITAL 1948 FLEET 



 1948 CHEVY FLEETMASTER CONV 


ダコタデジタルと、メーター類をRTX化に

アップデートする作業を進めてまして


ryueruwuw46uw46uw3 (1)


RTX化しながら、出来るだけ、文字盤の色、

フォント、デザインをオリジナルに寄せていき


完成イメージを確認するCGで最終チェックし


ryueruwuw46uw46uw3 (12)


デザイン、フォント、カラー、配置ともに

理想通りになったので、ゲージ本体の製作へ


その後3ヵ月を経て、ようやくゲージ、時計が完成


ryueruwuw46uw46uw3 (3)


ゲージの周りのベゼルは、真新しいクローム製で

ダコタデジタルが作ってくれたので、


オリジナルをリクロームする手間も省けまして


ryueruwuw46uw46uw3 (4)


水温、油圧、電圧、燃料計の周りのベゼルは

ダッシュに合わせた木目調にしますが


クルマによって色味や木目が異なるので


ryueruwuw46uw46uw3 (8)


ダコタデジタルが木目調に作ってきても


使用する現車には合わないとなる恐れが

高いので、あえて木目調には仕上げず


ryueruwuw46uw46uw3 (5)


とりあえず、クロームのベゼルで作っておくので


クロームが嫌なら、あとで実車に合わせて木目調に

塗装してくださいとの事で、おっしゃる通りです


ryueruwuw46uw46uw3 (6)


スピードメーターはメーターの大きさに対して

文字盤が小さく、周りの余白が大きく見えますが


キーをオンにして電源を入れると、周囲には


ryueruwuw46uw46uw3 (7)


バロメーター調のタコメーターが点灯するので


電源を切っている時はちょっと小さく見えますが

エンジンが掛かっているときはピッタリサイズです


ryueruwuw46uw46uw3 (9)


ゲージの裏側は、オリジナルだとスピードメーターの

ケーブルや、水温計のセンサーが繋がった針金、


油圧計や燃料計の配線でごった返しますが

このゲージは全部コンピューター制御なので


ryueruwuw46uw46uw3 (11)


モジュールと8PINのディスプレーケーブルを

つなぐだけなので接続も楽々でメーター裏もスッキリ


これまで動いていなかったゲージも全て

正確に動くようになりますし


ryueruwuw46uw46uw3 (10)


マルチモニターにギア位置も表示されて


ブルートゥース搭載なので、スマホと連動して

スマホで操作や切替も出来るようになるので


ryueruwuw46uw46uw3 (2)


見た目は出来るだけ、オリジナル。でも動きや

表示はしっかり正確になり、安心して乗れます


VIVA! DAKOTA DIGITAL GAUGES!


[ 2022/01/24 04:02 ] DAKOTA DIGITAL GAUGE | トラックバック(-) | コメント(-)

1972 WINNEBAGO



 1972 WINNEBAGO BRAVE、B18


Y澤さんからオーダーを頂き、カリフォルニアで

新たにミニウィニーをゲットして、


ryteywuryi5i468 (1)


アメリカで点検、整備をしてから輸入します


こちらのウィニーは、外観こそ当時のままですが

実はエンジン、オートマ、サスペンション、


ryteywuryi5i468 (3)


ブレーキ、ステアリングコラム、ステアリングホイール、

メーターに至るまで、2010年の車から移植してあり


ヴィンテージモーターホームの見た目ですが


ryteywuryi5i468 (9)


機関系は2010年のクルマという、羨ましい仕様


外観のパネルだけは当時の雰囲気を残すため

再利用していますが、内装も、壁、天井、床や


ryteywuryi5i468 (10)


断熱材は張替えし、シャワーやトイレ、キッチン、

照明も全て新品にして、フルリノベーション済み


2010年製の機関系にアップデートしてありますが


ryteywuryi5i468 (4)


それでもちゃんと走るには、よく点検と

整備はしておかないとなので、


8穴ハブで、ヘビーデューティー仕様の


ryteywuryi5i468 (2)


クルマの部品を手配したこともなく、調達も

ままならない日本で行うより


アメリカにあって、部品の調達も容易な環境のうちに


ryteywuryi5i468 (11)


現地でプロに一通り、整備をしてもらうようにしまして


点検、整備する際は、摩耗や劣化具合を調べて

交換するか判断していくよりも


ryteywuryi5i468 (12)


摩耗や消耗するモノは、問答無用で

丸ごと交換してしまったほうが


点検した時はまだ大丈夫だと思ったのに


ryteywuryi5i468 (14)


後で壊れたり、作業の手間も減りますので


交換した方が良いところは全部新品に

してしまいます作戦で進めまして


ryteywuryi5i468 (5)


フロントの足回りは、アッパー&ロワーアームは

ブッシュやボールジョイントが付いていますが


それらを交換する手間を考えると、アーム丸ごと


ryteywuryi5i468 (6)


ryteywuryi5i468 (8)


新品に交換してしまう方が早くて安心なので

まるごと交換行きとしまして


ハブベアリングやブレーキローターも摩耗するので


ryteywuryi5i468 (16)


問答無用で新品に交換し、ブレーキホースも交換。


キャリパーはオーバーホールする手間を考えると

丸ごと新品に交換する方がてっとり早いですが


ryteywuryi5i468 (17)


オーバーホール済品を使うと、品質不良に当たると

怖いので、ブランニューの新品を選んで交換し


錆があったバックプレートやショックも新品にして


ryteywuryi5i468 (18)


ryteywuryi5i468 (19)


マスターシリンダーも念のため、新品に交換。


リアブレーキは、ドラム、ブレーキシュー、

ホイールシリンダー、インナーパーツ


ryteywuryi5i468 (7)


ベアリング、シール類を新品に交換してもらい


ステアリングギアボックスは油漏れがあったので

原因を調べて修理ではなく、こちらも新品に交換


ryteywuryi5i468 (21)


リアショックやステアリングのタイロッドエンド類も

問答無用で新品に交換してもらいまして


点検しても、摩耗や劣化具合の判断が難しい部分は


ryteywuryi5i468 (13)


新品に交換してしまうのが安心ですね


エンジンもプラグやプラグコードの交換に

はじまり、色々と整備を進めてもらい


ryteywuryi5i468 (15)


残すところはアライメント調整というとこまできて


いよいよ、日本に向けて輸出の手配も進め

船の予約、スケジュールも決まりまして


ryteywuryi5i468 (22)


Y澤さんから、3月中頃に西伊豆で

グランピングのイベントがあるので


それに乗って行けたらなーとの事なので


ryteywuryi5i468 (23)


それに間に合うように進めていきます

こちらのウィニーも到着が楽しみです


FUNK STA 4 LIFE !!!!!!!


[ 2022/01/23 04:46 ] 72 WINNEBAGO WINNIE BRAVE | トラックバック(-) | コメント(-)

1948 CHEVY FLEET CONVERTIBLE



 1948 FLEET CONVERTIBLE


74年前のクルマですが、快適仕様へ

アップデートする作業を進めてまして


srwertewrtwe (26)


MUSTANGⅡクリップを取り付けする前に


現状のフレーム、ボディの構造、

寸法、状況をよく確認しまして


srwertewrtwe (29)


測定した寸法に基づいて、どう組むか検証も完了


ボディの裏側や、内装を剥がした室内側も

よく確認したら、極上のコンディションと解かり


srwertewrtwe (27)


アメリカでレストア済の車両ですが


腐食して張替えをした履歴も見当たらず

フレームのコンディションも抜群


ryuwrtyuwtruweyry (11)


使わなくなるエンジンや、ミッション、クラッチに

デフ、前後のサスペンションを摘出し


それらは全部まとめて売却しまして


srwertewrtwe (30)


フレームもファイヤーウォールの下で切断したので、

これでもう、後戻りできなくなりました


フリートをMUSTANGⅡ化する場合は、


srwertewrtwe (31)


本来はフレームは切断せずに、そのまま

取り付けを進めていける構造ですが


使用するタイヤの外径に合わせて検証した結果、


srwertewrtwe (32)


オリジナルフレーム位置に今回使用する

TCIのMUSTANGⅡクリップを取り付けると


ライドハイト時の車高が下がり過ぎてしまい、


srwertewrtwe (2)


スラムド時も、アームのストロークエンドまで

4cm余らせたところで、フレームが着地


そうなると、大きな段差を乗り越える時などに


srwertewrtwe (1)


車高を上げたいときのストロークが短くなり


全上げにしても、車高があまり上がらない

クルマになるという事が解ったので


srwertewrtwe (3)


ライドハイト時は、地面とクルマの一番低いところが

クリアランス120mmになるように設定し、


その時にロワーアームの角度が水平になって


srwertewrtwe (4)


サスペンションのストロークを余すことなく

使える位置に組んでいくのと


組み付け精度、溶接の熱歪みの処理も踏まえ


srwertewrtwe (5)


フレームを切断して、作業や計測がし易い

作業台の上で取り付け作業を進めていきます


ファイヤーウォールの下当たりで切断しますが


srwertewrtwe (7)


メインフレームの下に補強も入っているので


それらをまた同じように組み戻せるように

切断しながら分解して切り離しましたら


srwertewrtwe (8)


袋状になっているフレームの中の部分まで

錆や腐りもなく、綺麗なままだったのと


フレームは塗装ではなく、パウダーコートと判明


srwertewrtwe (9)


フレーム丸ごとパウダーコートするのは大変なので


元々とてもコンディションのよいクルマを

丁寧にレストアしたのが見てとれました


srwertewrtwe (6)


切断したフレームは作業台の定番の上で

MUSTANGⅡクリップを組み込んだり


ハイドロ化の加工をしてから組み戻しますが


IMG_6359_LI.jpg


届いたMUSTANGⅡクリップのクロスメンバーを

そのまま説明書通りに組もうとすると


クロスメンバーの取り付け部分に角度が付けてあり


srwertewrtwe (33)


そのまま組むと、ロワーアームが水平ではなく

後ろに傾斜してしまう事になります


計測と検証した際、なぜ角度が付いているのか調べたら


srwertewrtwe (34)


エアロセダンのフレームと、コンバーのフレームは

フロント部分の形状が異なっているようで


TCIには、コンバーフレーム用というラインナップがなく


srwertewrtwe (35)


1937~1948年用というキットしかないので

それを取り寄せたら、フレーム形状が合わず


1948のコンバーフレームに組む場合は


srwertewrtwe (10)


クロスメンバーの取り付け部分の角度を

手直ししてから組まないといけないようです


コンバーにMUSTANGⅡ組む方は、事前によく確認を。


srwertewrtwe (11)


既にもう組んでしまって、ロワーアームが

水平でないという方はご愁傷様です。。。。


クロスメンバーをメインフレームに取り付ける部分は 


srwertewrtwe (12)


溶接して組み立ててある部分を分解して


タイヤ外径に合わせて、ライドハイト時に

ロワーアームが水平になる位置に 


srwertewrtwe (13)


クロスメンバーを取り付けできるように

高さと水平に加工したら


切開したフレームの内側の寸法ぴったりに 


srwertewrtwe (14)


鉄板を切り出して溶接し、ボクシング加工したら

メインフレームに取り付けるプレートに仮付けし


本溶接は後ほど、熱歪み対策しながら進めます


srwertewrtwe (36)


フレームの側面には、これまでオリジナルの

ギアボックスを固定するボルトの穴があり


穴はそのまま残しても、強度的には問題ありませんが


srwertewrtwe (37)


穴が残ると見た目が宜しくないので


穴の内径ぴったりの丸棒を、フレームの肉厚分

差し込んで仮付けしまして、


srwertewrtwe (38)


ファイヤーウォールの下で切断した部分は


強度が落ちないように、ここもフレームの

内側ぴったりに、厚い鉄板を切り出して


srwertewrtwe (39)


切り落としたフレーム側に溶接したら、


溶接しろを多くとるため、車体側のフレームにも

差し込みしろを作り、本溶接へ進みます


VIVA! S庭道場!!!!!!!




[ 2022/01/22 05:05 ] 48 CHEVY FLEETMASTER CONV | トラックバック(-) | コメント(-)