FC2ブログ

1966 LINCOLN



 Y澤さんの 1966 LINCOLN CONTINENTAL

インテリア、ダッシュのリメイクとなり


VISION CORPさんで内装作業を進めてまして


fがふぁsrgwrgtn (14)


インテリアのリメイクに合わせて、ダッシュを

丸ごと1965年に変更しまして


ダッシュパッドも黒レザーに白ステッチで新調して頂き、


ghsgでゃsdtghsrh (2)


コラムドロップ部分も同様に綺麗にしてもらい


ダッシュの下半分は、レザーのカバーは付かず

メタル部分が剥き出しになるので


ghsgでゃsdtghsrh (3)


ghsgでゃsdtghsrh (4)


レザーの質感に合わせて、マットブラックでペイント


ダッシュのベゼル部分は、メッキの上に

部分的にブラックで塗装がされていますが


ghsgでゃsdtghsrh (5)


メッキの状態がよくないので、リクロームするか


クロームではなく、ここもブラックに塗装し

雰囲気を合わせていくか、仮組みして検証


ghsgでゃsdtghsrh (16)


ghsgでゃsdtghsrh (17)


ボディの外側の窓周りのステンレスモールを

ブラックアウトして、ペイントしたように


ダッシュベゼルもブラックに変更することとなり


ghsgでゃsdtghsrh (6)


ホワイトのゲージや、インテリアの雰囲気に合わせ


ダッシュベゼル内の時計やラジオが付いていた

部分も加工を施して、バランスを整えることになりました


ghsgでゃsdtghsrh (15)


センターコンソールも分解して、構造を一部手直し


表面はレザーが張られるようですが

一部、ウッドでの仕上げとなりまして


ghsgでゃsdtghsrh (13)


化粧用のウッドパネルも製作されました


あれれ、小さなセンターコンソールのような

モノも作ってありますが、これは何でしょうか!?


ghsgでゃsdtghsrh (8)


ghsgでゃsdtghsrh (10)


センターコンソールの下準備を終えたら

天井周りの作業に進みまして


オーナーのご要望で、ホワイトレザーで


ghsgでゃsdtghsrh (9)


ダイヤモンドのステッチが施されまして


先ほど、センターコンソールと一緒に写っていた

小さなコンソールのようなモノは


ghsgでゃsdtghsrh (12)


ホワイトのレザーを貼ったら、同じようにウッドの

化粧パネルが張られ、リンカーンのエンブレムも装着し


天井の中央部分に取り付けされまして


ghsgでゃsdtghsrh (11)


ルーフにはLEDも仕込んであって、間接照明として

点灯するんだそうで、楽しみです!


VIVA! VISION CORPORATION! 

   VIVA! Y澤さん!!!!!!!!





[ 2021/07/29 23:38 ] 66 LINCOLN SUICIDE | トラックバック(-) | コメント(-)

1961 CHEVY CORVETTE



 Mさんの 1961 CHEVY CORVETTE


ゲージ交換、ブレーキの修理を終え、続いて

オーディオのリメイクに進みまして


fhjgfhfgxdgbzdbfd (4)g


これまでもオーディオは組まれていましたが


Bluetoothに対応していなかったり

バックモニターを追加したかったりで


fhjgfhfgxdgbzdbfd (3)g


今のオーディオを一新し、Mりさんの要望に合わせ

システムを変更していくこととなりまして


以前に1937 ZEPHYR SEDANのオーディオもお願いした


fhjgfhfgxdgbzdbfd (2)g


沖縄のDOT.ONE CUSTOMさんに今回も作業を依頼し


クルマを東京港まで乗っていき、パレットに載せて

沖縄行きの船に積んで、沖縄に送りまして


fhjgfhfgxdgbzdbfd (6)


オーディオは、組みあがってしまえば、スピーカーと

ヘッドユニットしか、乗り手には見えなくなりますが


オーナーさんから要望があった好みの音楽、聴き方を、


fhjgfhfgxdgbzdbfd (5)


コルベットで再現できるように、最適なシステム構成を

プランニングできる知識と、経験を持ってて


組みあがったら全部見えなくなってしまうけど、


fhjgfhfgxdgbzdbfd (4)


妥協せず、いい仕事してくれる人に頼みたいですね


見えないところの仕事も、安心して任せられて

何も言わなくたって、一番良いようにやっといてくれる人で


fhjgfhfgxdgbzdbfd (2)


人柄も大好きな、K橋川さんに頼みたいですと


沖縄に持って行っていいですか? と、Mりさんに言ったら、 

「ほな、頼んまっせ 」 と、今回も快諾して頂きまして


fhjgfhfgxdgbzdbfd (1)g


近くて安いところに依頼して、納得のいかない

仕上がりになってしまった時の事を考えると、


沖縄往復の輸送費くらい、ぜんぜん安いもんです


fhjgfhfgxdgbzdbfd (3)g1


フェリーの手配や、那覇港に着いてからの引き上げ、

輸送も、沖縄の皆さまの御協力のお陰で


スムーズに進み、車は無事にドットワンに到着、楽しみです


VIVA!Mりさん! VIVA! DOT ONE!


[ 2021/07/28 03:53 ] 61 CHEVY CORVETTE | トラックバック(-) | コメント(-)

DAKOTA DIGITAL GAUGES *1949 MERCURY



 H城さんの 1949 MERCURY ” MERC9”


現在のデジタルのゲージを、オリジナルのゲージの

デザインやフォントを生かしたものに変更となり


ghsdghdghdthryjhryjdfhjdfhd (5)


オリジナルのメーターベゼルに収まるサイズで

デザインの 叩き台を書いて ダコタに送り


DAKOTA DIGITAL GAUGESで、RTXにカスタム


ghsdghdghdthryjhryjdfhjdfhd (1)


ラインナップにないので、今回もカスタムメイド。


ゲージが完成したとダコタデジタルから

連絡がありましたとH城さんに連絡したら


ghsdghdghdthryjhryjdfhjdfhd (3)


来週末にイベントがあるので、それまでに

組み付け終わらせたいとの事なので


イベントまでにセットアップが間に合うように


ghsdghdghdthryjhryjdfhjdfhd (2)


輸送の日数を短縮するために、FITを経由せず

ダコタデジタルからH城さんに直送で手配し


アメリカから輸送し、到着するまでの期間も


ghsdghdghdthryjhryjdfhjdfhd (7)


先に進められる作業を進めておこうということで


FITにあるセンサーや調光スイッチなどを届けて

エンジン周りやシフトインジケーター用のセンサー


ghsdghdghdthryjhryjdfhjdfhd (4)


モジュール類のマウントブラケットなどの

製作を先行してもらいまして


以前、内装を全部剥がして室内の断熱や、


ghsdghdghdthryjhryjdfhjdfhd (6)


ハーネスの引き直しも、H城さん御自身で行っており


断熱の処理や、マウントブラケット製作、

ハーネスの取り回しも、プロレベルです


ghsdghdghdthryjhryjdfhjdfhd (7)


センサーやモジュールの取り付けを終えたのち

アメリカからゲージも到着したそうで


ゲージの取り付けも完了したよ!と写真を送って頂きまして


ghsdghdghdthryjhryjdfhjdfhd (8)


スピードメーターはキロ表示で、スピードのレンジは

MAXを 180KPHに指定


RDXの大きなマルチスクリーンを搭載し


ghsdghdghdthryjhryjdfhjdfhd (9)


タコメーターはスピードメーターの外周が

光るタイプで配置しまして


まずはだいたいのデザインと配置をCG化し


ghsdghdghdthryjhryjdfhjdfhd (12)


H城さんから、デザインのオッケーが出たら、

文字をオリジナルのゲージと同じフォントに変えて


ショーネームの ”MERC9”のロゴを配置


ghsdghdghdthryjhryjdfhjdfhd (11)


ロゴは、PCデータを作って、それをダコタデジタルに

送り届けて、取り込んでもらいまして


ロゴはブラックでプリントしたいとの事でしたので 


ghsdghdghdthryjhryjdfhjdfhd (13)


文字の周囲は、ブラックからシルバーに変更


他の4連メーターのデザイン、表示もH城さんの

リクエスト通りのデザインでCG化してもらい


ghsdghdghdthryjhryjdfhjdfhd (10)


自分の理想にデザインしたゲージ、最高ですね


H城さんからも大満足と言ってもらえたので

MERC 9用のRTX化、大成功です!


VIVA! H城さん! VIVA!! DAKOTA DIGITAL GAUGES!


[ 2021/07/26 10:29 ] DAKOTA DIGITAL GAUGE | トラックバック(-) | コメント(-)

1956 BUICK



 Y室さんの 1956 BUICK "565 SPECIAL”


ACCUAIRのENDO-CVTに内蔵されている

コンプレッサーが壊れてしまったので


kflこfぐおいよyt (3)


内蔵されているコンプレッサーを撤去して


コンプレッサーとバルブ内臓のCVTから、

電磁バルブのみ内蔵のVTに変更し


kflこfぐおいよyt (2)


VIAIRのコンプレッサーを外付けして使う

システムに組み変えていくことになりまして


「自分でやるけ、送ってくれんかの!?」 と


kflこfぐおいよyt (1)


この4連休を利用して作業したいとの事で


先日、CVTをVT化する対策品の準備を進め

ENDO-VT、外付けコンプレッサーマウント、


kflこfぐおいよyt (4)


コンプレッサーリレー、変換ハーネスを用意して


それらに組み変える手順を記載した資料と、

作業要領書を 製作して、発送しまして


kflこfぐおいよyt (5)


あとはY室さんが作業してみて、不明な点が出たら


その時に連絡もらえれば説明しますと、作業時に

リモートでサポートすることにしてましたが


kflこfぐおいよyt (6)


連休に突入して2日目も終わろうとしてますが、

いっこうに連絡が来ないので、連絡してみたら


「 いま仕事が終わったもんで、これからやりよるけ 」 


kflこfぐおいよyt (8)


との事で、4連休なので、朝からじっくり作業して

4日あれば何とか終わらせられるだろう


という腹づもりでいるのかと思っていたら


kflこfぐおいよyt (7)


仕事を終えてから、職場の工場スペースを使って

VT化の作業を行い、終わり次第 乗って帰るんだと、、、、


おまけに、明日も朝から仕事があるんだそうで、、、


kflこfぐおいよyt (11)


今日VT化を終わらせて、工場からクルマを出さないと

工場はクルマが邪魔で操業が出来ないとの事です。。。。


てっきり、4日間の作業日があるのかと思ってたら


ydjyudfyddy (21]) (3)1


実際は数時間で終わらせないといけないという、

クイック作業で進められると知り、ビックリ。。。。。


CVTを分解して、コンプレッサーを摘出するのは


kflこfぐおいよyt (9)


時間が掛かり、ミスすると動かなかったり、エア漏れするので


こちらでVT化を済ませて、作動テストした物を送って

積み替えればいい段取りにしておいて良かったです。。。。。


kflこfぐおいよyt (13)


手順書に従って、作業を進めてもらいながら


ポイントごとに、ここはコレでいいのか!? 

と、しっかり確認をとりあいながら進めていき


kflこfぐおいよyt (10)


6時間ほどで作業と、カリブレーションが完了し 

「おー、腹減った」 と、無事に乗って帰って頂き、一安心。。。。


この日は、VT化して乗って帰れるところまで進めるのが


ydjyudfyddy (21]) (4)


最優先だったので、配線、配管を綺麗にまとめるのは


また後日、時間があるときに作業して頂くこととして

翌日はスマホでACCUAIRを操作できるようにする


ydjyudfyddy (21]) (3)


WIFIモジュールの追加と、設定も完了しまして

難しい作業をやり遂げてもらったY室さんに感謝です


VIVA! S庭道場!!! VIVA! Y室さん !!!!!!!!!




[ 2021/07/25 01:27 ] 56 BUICK SPECIAL * 565 * | トラックバック(-) | コメント(-)

ACCUAIR 1956 BUICK



 Y室さんの 1956 BUICK "565 SPECIAL”


ACCUAIRのENDO-CVTに内蔵されている

コンプレッサーが壊れてしまったので


kflこfぐおいよyt (3)


内蔵されているコンプレッサーを撤去して


コンプレッサーとバルブ内臓のCVTから、

電磁バルブのみ内蔵のVTに変更し


kflこfぐおいよyt (2)


VIAIRのコンプレッサーを外付けして使う

システムに組み変えていくことになりまして


「自分でやるけ、送ってくれんかの!?」 と


kflこfぐおいよyt (1)


この4連休を利用して作業したいとの事で


先日、CVTをVT化する対策品の準備を進め

ENDO-VT、外付けコンプレッサーマウント、


kflこfぐおいよyt (4)


コンプレッサーリレー、変換ハーネスを用意して


それらに組み変える手順を記載した資料と、

作業要領書を 製作して、発送しまして


kflこfぐおいよyt (5)


あとはY室さんが作業してみて、不明な点が出たら


その時に連絡もらえれば説明しますと、作業時に

リモートでサポートすることにしてましたが


kflこfぐおいよyt (6)


連休に突入して2日目も終わろうとしてますが、

いっこうに連絡が来ないので、連絡してみたら


「 いま仕事が終わったもんで、これからやりよるけ 」 


kflこfぐおいよyt (8)


との事で、4連休なので、朝からじっくり作業して

4日あれば何とか終わらせられるだろう


という腹づもりでいるのかと思っていたら


kflこfぐおいよyt (7)


仕事を終えてから、職場の工場スペースを使って

VT化の作業を行い、終わり次第 乗って帰るんだと、、、、


おまけに、明日も朝から仕事があるんだそうで、、、


kflこfぐおいよyt (11)


今日VT化を終わらせて、工場からクルマを出さないと

工場はクルマが邪魔で操業が出来ないとの事です。。。。


てっきり、4日間の作業日があるのかと思ってたら


ydjyudfyddy (21]) (3)1


実際は数時間で終わらせないといけないという、

クイック作業で進められると知り、ビックリ。。。。。


CVTを分解して、コンプレッサーを摘出するのは


kflこfぐおいよyt (9)


時間が掛かり、ミスすると動かなかったり、エア漏れするので


こちらでVT化を済ませて、作動テストした物を送って

積み替えればいい段取りにしておいて良かったです。。。。。


kflこfぐおいよyt (13)


手順書に従って、作業を進めてもらいながら


ポイントごとに、ここはコレでいいのか!? 

と、しっかり確認をとりあいながら進めていき


kflこfぐおいよyt (10)


6時間ほどで作業と、カリブレーションが完了し 

「おー、腹減った」 と、無事に乗って帰って頂き、一安心。。。。


この日は、VT化して乗って帰れるところまで進めるのが


ydjyudfyddy (21]) (4)


最優先だったので、配線、配管を綺麗にまとめるのは


また後日、時間があるときに作業して頂くこととして

翌日はスマホでACCUAIRを操作できるようにする


ydjyudfyddy (21]) (3)


WIFIモジュールの追加と、設定も完了しまして

難しい作業をやり遂げてもらったY室さんに感謝です


VIVA! S庭道場!!! VIVA! Y室さん !!!!!!!!!




[ 2021/07/25 01:27 ] ACCUAIR SUSPENSION | トラックバック(-) | コメント(-)

1966 LINCOLN




 Y澤さんの 1966 LINCOLN CONTINENTAL

インテリア、ダッシュのリメイク作業を進めてまして


66年式のダッシュのデザインは、ちょっと爺臭く 


fがふぁsrgwrgtn (4)


インテリアのリメイクに合わせて、ダッシュを

丸ごと1965年に変更しまして


と、簡単に言いましたが、66リンカーンは


fがふぁsrgwrgtn (3)


モノコックボディなので、ダッシュボードの

スワップ作業は、大工事でして


デザイン的にこそ似ていますが、構造は全然異なり


fがふぁsrgwrgtn (8)


幅や奥行、構造が全然合わないので、


アメリカでも、ダッシュスワップは

やってる人を見たことがありません


fがふぁsrgwrgtn (16)


ダッシュのスワップ作業は、KS BODYWORKSで終え

VISION CORPさんで内装作業を進めてまして


移植したダッシュの表面に張ってある、ダッシュパッドは


fがふぁsrgwrgtn (7)


表皮が劣化で割れていたり、汚れや傷があったり


エレクトリックアイが取り付けされていた

穴が開いていたりという状態なので


fがふぁsrgwrgtn (6)


新しいレザーで張替えしてもらうことに


新しいデザインでの型紙をとって

生地を切り出していきまして


fがふぁsrgwrgtn (9)


fがふぁsrgwrgtn (10)


スピーカーグリルや、デフロスターの穴など

処理しながら張り込んでいき


デフロスターの吹き出しの穴の部分は


fがふぁsrgwrgtn (18)


生地をカットして折り込むのではなく


夏場などの高温でめくれ上がらないよう

生地を縫い合わせて張り込んでありまして


fがふぁsrgwrgtn (20)


fがふぁsrgwrgtn (21)1


細かい部分の仕上げも抜かりなしですね


これまで、ダッシュパッドは継ぎ目がない

1枚のレザーで貼ってありましたが


fがふぁsrgwrgtn (13)


デザインを変更して、1枚モノのレザーから

複数のピースに分けて作っていき


表側のダッシュの淵部分は、


fがふぁsrgwrgtn (12)


白い糸を使ったダブルステッチで

回すデザインとなりまして


端の部分と別ピースで張っていき


fがふぁsrgwrgtn (14)


複雑な形状の端の部分も、しわなく

綺麗に仕上げていただき


ダッシュパッドの張替えが完了


VIVA! VISION CORPORATION! 

   VIVA! Y澤さん!!!!!!!!



[ 2021/07/21 01:27 ] 66 LINCOLN SUICIDE | トラックバック(-) | コメント(-)

1956 BELAIR CONVERTIBLE



 T江さんの 1956 BELAIR CONV

プロジェクト 進めてまして


塗装を終えた幌骨の組み立てを進めてまして


えががdhがdfb (10)kk


フロントガラス、三角窓、サイドガラスとの

フィッテイングを合わせたのち


両側を渡すフレームの組み立てを進めまして


えががdhがdfb (7)kk


どう調整しても、正しい位置、建付けに

ならないのは、リプロボディが悪いのか


オリジナルのコンバーフレームが悪いのか


えががdhがdfb (9)kk


スムーズに開閉して、きちんと建付けが

良い位置に来るように組むのは


調整機構の範囲だけでは上手くいかないので


えががdhがdfb (8)kk


ライナーやベースを加工したり、両側を渡す

フレームも長さを変えたり、曲げ直したりと


様々な加工を経て、満足のいく仕上がりになりました


VIVA! S庭道場! VIVA! T江さん!!!!!!





[ 2021/07/20 02:31 ] 56 CHEVY BELAIR CONVERTIBLE | トラックバック(-) | コメント(-)