FC2ブログ

FOR SALE 1965 IMPALA WAGON



 FOR  SALE の  お知らせ です


アメリカ の 友人から 話が 来たので 紹介 させて頂きます

”  1965  CHEVY IMPALA、 CUSTUM  WAGON ”


1965-chevrolet-impala-wagon-2-door-coupme (4)


本来 4ドア しか 存在しない  65 IMPALA WAGON を


CHOP TOP して、 2ドア ハードトップ ワゴン で 作って

超話題 になった 有名車 ですね


1965-chevrolet-impala-wagon-2-door-coupme (3)


1965-chevrolet-impala-wagon-2-door-coupme (2)



ローライダー スーパーショー や、 グランド ナショナル にも

出展 して アワード 獲ったり


US ローマガ にも 掲載 されてるので ご存じの方も 多いはず


1965-chevrolet-impala-wagon-2-door-coupme (1)


僕たち も OX BLOOD を GNRS に 出展 しに行ったときに


この IMPALA WAGON も 出展 されてると 聞いて

急いで 見に行ったのを  想い出します


1965-chevrolet-impala-wagon-2-door-coupme (6)


1965  CHOPPED IMPALA 2DOOR WAGON


下記 から 詳しい 画像 を ご覧いただけます

US LOWRIDER MAGAZINE


1965-chevrolet-impala-wagon-2-door-coupme (5)


RICHIE VALLES ビルド、 1965 IMPALA 2DOOR  WAGON 


お安くありませんが、 お気軽に お問合せ ください
      
E-MAIL : info@el-classico.com  

PHONE : 048-933-9703




[ 2018/12/18 08:01 ] FOR SALE | トラックバック(-) | コメント(-)

従業員、 スタッフ 募集



 正社員、 アルバイト 募集 の  お知らせ です


勤務地    埼玉県 八潮市

職務内容   車両、 機械 の  整備 ・ 修理 ・ 検査 等

休日      土曜、 日曜  他 シフトあり  応相談


D.jpg


待 遇    正社員 : 月給 20万円~ ( 経験・資格 などにより、 優遇 )

        アルバイト : 時給 1000円~


        技術レベル、 勤務状況 などにより、  随時 昇給。


Belair-09-e1431969838251.jpg


        社会保険  年金、 労働保険、 雇用保険  完備、 

        賞与、 有休休暇制度 有、 マイカー通勤 可


        自動車 整備、  機械 整備、  電気 技師、 

        溶接、 金属 加工等、   経験、  資格 優遇。
  

Fit-Kustoms-57-Nomad-29-copy.jpg


お好きな 時間 に 勤務が 可能な、 アルバイト スタッフ も 募集中 です

週 1日 からでも 可能 ですので、 お気軽に 問い合わせください


やりがいの ある 仕事、 よい 職場と  思います。
  

fgsfgSFg.jpg


申し込み、  お問い合わせ は、  下記 まで  御連絡 ください

048-933-9703

info@el-classico.com


一緒 に 頑張ってくれる方、  お待ちしております !



[ 2018/12/15 05:22 ] LIFE STYLE | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 LINCOLN ZEPHYR



 K藤 さん の  1940 ZEPHYR 進めて まして


ボディ 全体 にある、 腐食 した 部分 の 修復 と

リジット マウント から ボディ マウント を 進めてまして


ghjhdyh.jpg


助手席側 から 腐食 部分 の 再生 と

ボディ マウント化 を 進めていき


どう 作り変えていくべきか 構造 を 導き出して


465652332323454566565 (1)
 

助手席側 を 作業 するのと 同時 に


左右 反転 して、 運転席側 の パーツ も 

作りながら 進めて きたので


465652332323454566565 (6)


助手席側 の  フロント から  ひな壇 部分 までの 

作業 を 進めてきた 結果、


ここで 運転席側 の 作業 に 移ることに して 


465652332323454566565 (7)


助手席側 と 同じ ところまで 作業 を 進めていきます


ボトム 部分 が 腐って、 以前 修復歴 が ある

クォーター パネル は 丸ごと 剥がしまして


465652332323454566565 (2)


ドア の 後ろ側、 Bピラー の ボトム 部分 は 袋状 にして  

強度 を 出した ブレス が  フレーム に 溶接 してありますが  


腐り落ちて ご覧の通り、、、、、、、 鉄 が 枯れ葉 みたいに なってます


465652332323454566565 (5)


ひな壇 部分 の ボディ の 荷重 を フレーム に 伝える

ブレス 部分 も 同様 で  ご覧の通り。。。。。


腐って 鉄 が 無くなってる 部分 が 多く

 
465652332323454566565 (3)


形こそ 残っている 部分 も、  既に 腐食 が 進み


鉄板 は 浸食 されて 薄くなって  強度 は 無くなり  

再生 したくても  鉄 が 死んでて  溶接 も できません。。。。


465652332323454566565 (4)


フロア も 形こそ  残っていますが

同様 に 腐食 が 酷く


鉄 が 薄くなってて  強度 は ありません


465652332323454566565 (8)


465652332323454566565 (9)


そんな フロア を 残してあると  ボディ マウント化 する 

作業 の 邪魔 に なって 捗らないので、  


潔く 全部 作り直すことに して、  全摘出。


465652332323454566565 (10)


465652332323454566565 (13)


引き続き 利用 できる  センター トンネル、

ブレス の 下側 を 残して


スポット 溶接 を 剥がして  フロア は 摘出 し


465652332323454566565 (14)


465652332323454566565 (16)


運転席側 の つま先 から  シート の 後ろまで の

フロア と、  サイドシル 部分、


ペダル 部分 も  全部 摘出 されまして 


465652332323454566565 (17)


465652332323454566565 (15)


ファイヤー ウォール の 側面 と  つま先 の 

側面 を つないでいる ブレス 部分 は  


インナー フェンダー ごと  切開 され  摘出。。。。。


465652332323454566565 (22)


ドア ポスト、  A ピラー の 下 部分 も


ボトム 部分 は 袋状 にして  強度 を 出した 

ブレス が  フレーム に 溶接 してありますが  


465652332323454566565 (21)


B ピラー 部分 と 同様に  腐り落ちて ご覧の通り、、、、、、、 


鉄 は 枯れ葉 みたいで、  手で つまむと

ぱりぱり 砕けて 無くなって いきますので


465652332323454566565 (18)


B ピラー下、  ひな壇 下 と 同様 に  袋構造 から  

全部 作り直すので  ばっさり  切り落としまして


腐食 も 酷いですが、  過去 に 直した やり方も 酷いです、、、、、


465652332323454566565 (19)


A ピラー下 は  ほとんどが 切られて 無くなりまして


ほよほよ、、、、 っと 残ってる 部分 も 腐食 してるので  

のちに 切り落として  作り直しに なりますが

 
465652332323454566565 (20)


今 切り落として しまうと、  何も 無くなってしまい

再生 していく 基準点 が 無くなるので


カビた  わかめ みたいですが、 大切 に しておきます


VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!



[ 2018/12/14 06:08 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 LINCOLN ZEPHYR



 K藤 さん の  1940 ZEPHYR 進めて まして


ボディ 全体 にある、 腐食 した 部分 の 修復 と

リジット マウント から ボディ マウント を 進めてまして


rhsfghn (1)


ドアポスト の 下、  Aピラー の ボトム側 と

ファイヤー ウォール の 側面 の 部分 の


腐食 して  腐り落ちてる 部分 を  再建中


rhsfghn (2)


袋状 に なっている 内側 を 再生 すると

その 外側 に フロント フェンダー が 付くので


フェンダー と ボディ の 建付け が 絡む 部分 で


rhsfghn (3)


再生 して 作っていく パネル の 位置 を 知るため

一旦 フロント フェンダー を 付けないと いけませんで
 

と 聞いても 何の ことか よく 解らないと 思いますが、、、、、


rhsfghn (4)


ドア ポスト の ボトム は、 過去 に 適当 に 

鉄板 を 張って 造形 してあったので


本来 の オリジナル の 構造 では なくなっており


tyukfcvgbkfgjn (1)


再生 する 正しい 位置、 基準 が 何も 残ってないので


一旦 フェンダー を 取り付けて ボディ との チリ、

建付け を 合せたら  その 位置 を 基準 に します


tyukfcvgbkfgjn (2)


しかし、  フェンダー を 付ける 部分 も 腐食 してて

後ろ 半分 くらい は  バッサリ 摘出 されてしまったので


まずは フェンダー を 付けるためには そこから 再生。。。。。


tyukfcvgbkfgjn (3)


ボディ側 の 取付 部分 を 再生 しますが


腐った 部分 は 切り取られてしまって、

こちら も 作る 形状 の 基準 が ないので  


tyukfcvgbkfgjn (4)


フェンダー の 形状 に 基づいて 作ることとし


トレース紙 を 使って  形 を 書き写して 

型紙 を 作ったら   鉄板 を 切り出して


tyukfcvgbkfgjn (5)


残っている オリジナル の 部分 と  接合 する 際


プレス ライン が 合うよう、  切り出した 鉄板 にも

同じように プレス ライン を 入れていき


tyukfcvgbkfgjn (6)


フェンダー に 開いている、  取り付け ボルト の

穴位置 に 合せて  穴 を あけて


裏側 に ケージナット を 溶接 していきまして


tyukfcvgbkfgjn (7)


フェンダー の 取付 部分 は、  形状 が カーブ、

ラウンド、 螺旋 と  3D 満載 な 形 なので


同じように 作るのは  難儀 な 構造 ですが


tyukfcvgbkfgjn (9)


フェンダー の 取り付け面 に  ぴたりと 合うよう 作ったら


予め  フェンダー に ボルト止め した 状態 で フェンダー を

ボディ と 合体 して  チリ を 合せて いきまして


tyukfcvgbkfgjn (8)


フェンダー の チリ合わせ を 終えたら


ドアポスト の ボトム 部分 は、 フェンダー と

ドア の 間の 隙間 の 形状 が 決まりまして
 

tyukfcvgbkfgjn (14)


そこの 部分 の 外板側、  側面側 の 型紙 を とって  

鉄板 を 切り出して いきます


側面側 は  フェンダー を 取り付ける ボルト を 締め込むと 


tyukfcvgbkfgjn (15)


ケージナット より  少しだけ  ボルト の 頭 が 出るので


鉄板 に ボルト の 頭 が 当たらないよう、 

予め  凹ませて、  逃げ加工 を 施して おきます


tyukfcvgbkfgjn (16)


逃げ加工 した 側面 部分 の 鉄板 を 仮組みして

フェンダー の 取り付け ボルト を 入れると こんな 感じ。


凹ませて、 ボルト が 当たらないよう 逃げているのが 解ると思います


tyukfcvgbkfgjn (17)


側面 の 鉄板 を 貼ったら、  続いて 表面 の

鉄板 を 貼っていきますが


表面 を 貼ってしまうと  完全 な 袋 に なってしまうので


tyukfcvgbkfgjn (18)


将来、 中に 水 が 溜まって 腐らないように

水抜き の 穴 を 設けておき


蓋 を する前に 本溶接 を 済ませて おかないと
 

tyukfcvgbkfgjn (19)


アクセス 出来なく なってしまう 部分 は

先 に 仕上げて おきましたら


外側 の パネル を 本溶接 していきまして


tyukfcvgbkfgjn (20)


まずは ドアヒンジ 上 の ポスト部分 を 再生。


ドアポスト、  Aピラー、  ファイヤー ウォール、 

ロッカー パネル を つなぐ 強度 の 要所 が 再生 し


tyukfcvgbkfgjn (10)


続いて  再生 した 内側 の ポスト と  フェンダー や 

ドア に つながる 外板 パネル の 再生 に 進みまして


雨 や 水 に 濡れると、  ルーフ に 付いた 水 が 

下 に 降りてくる 際、  室内に 入らないようにする


tyukfcvgbkfgjn (12)


レイン ガーター が  ドア の 前側 まで ずっと つながってて


ドア下 まで 水 の 流れ を 誘導 する チャンネル で

なおかつ、  外板 を 貼る 耳 を 兼ねてる 構造 ですが


やっぱり ボトム 付近 は 腐って なくなっていたので


tyukfcvgbkfgjn (13)

 
こちらも 鉄板 を 切り出し、 残ってる 部分 と 同じように 折り返して

ボディ ライン にも 合うように  カーブ させて  再生。


この後、  スポット溶接 で 接合 していきます


VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!





 
[ 2018/12/13 05:21 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)

1937 LINCOLN ZEPHYR



 1937  ZEPHYR  3W COUPE  通勤 快速 号 


一度 塗り上がった 塗装 の 色 が ナンか 違う、、、、

と、  まさか の 塗り直し を して もらい


dfbgdnhgf (2)


HRCS に ナンとか  間に合わせて 頂きまして


塗装 から 戻った 時点 で、  ショー の 搬入 まで

32時間 しか なかったので、


dfbgdnhgf (1)


作業 しながら  写真 撮ってる 余裕 は なく


作業前 に ガラス を 入れる 作業 で

ボディ に 寄りかかるので 傷 付けないように


養生 を してる 途中 を 撮ってから


dfbgdnhgf (3)


時間 は  5時間 飛んで、、、、  リア バンパー を

取り付けはじめる ところ に なり


次 は 再び 5時間 飛び、、、、、、  グリル や


dfbgdnhgf (4)


ヘッドライト、 フロント バンパー を 組み終え

外装 は 何となく  形 に なってきた ところ。。。。


この 時点 が 金曜 の 朝 だったと 記憶 してますが


io@io (5)


その後も  食わず 寝ず で、 配線 作業 や  

ダッシュ 周り の 組み立て を 進め、 


金曜 の 夜 12時ころに 組み立て、 準備 を 終えまして

無事 に ショー に 間に合い、 ほっと 胸を 撫で下ろすも


io@io (4)


「  塗り直す前 と 何が 変わったのか 解らんのですけど !? 」


と、  ショー会場 で 沢山 の 人に 言われまして、

どうも  ありがとう ございます。。。。。。。


「  お前 は 色弱 かー !? 」  と  心の 中で 吠えつつも 

 
gfdgegqerg (44)


「  そうなんです。。。。。。  ほとんど 変わってません 」

と  笑って 答えさせて 頂きましたが


ビフォー & アフター を 見ると、  如何 でしょうか?


gfdgegqerg (45)


これでも  違いが 解らない という 方は  眼科 か 精神科 へ。


「  なるほど、 よく 解った 」  という方は  

吉原 の 公衆 浴場 へ  どうぞ おいでやす


gfdgegqerg (46)


最初 の 塗装 とは、  色味 は 一緒 ですが


初回 は 5ブ艶 で、  赤い ミクロ フレーク を 

散りばめられており、  7ブ艶 くらいに 見てとれます  


ihgyftdtgjl.jpg


2回目 の 塗装 は、 完全 な 艶消し で

フレーク ではなく、  パール を 使用。


艶消し でも パール感 を 出すため、 4L の 塗料の 中に、  

2L分 の パール 粒子 が 入ってまして  


io@io (1)


そんなに 濃かったら  即妊娠 レベル ですが


パール の 比重が いじょうに 多いので、 ムラになる リスク が 

劇的 に 高くなるうえ、  ショー まで 日程 パツパツ なので、 


io@io (3)


失敗 しても やり直す 時間 なんて ありませんけど !? の 状況 で

そんな 塗料 での 塗り直しを ぶっこませて 頂きまして


ようやく 出したかった、 サテン のような 発色 が 実現。
 
妊娠 も  しなくて 良かったです


io@io (2)


「  ただの 艶消し じゃん 」  と 言われて しまいそうですが、 

アメリカ製 の 難しい 塗料 を 使った、 カスタム ペイント。


頑なに  変なとこ 拘って 申し訳 ありませんでした 


566565656656565656598989.jpg


でも、 妥協せずに  納得 いくまで 拘ったから、  愛情 も ひとしお。


クルマ作り は 楽しいですね。  通勤 快速 ZEPHYR、 

これから まだまだ 進化 させていきますが、  


あまり 周りに 迷惑 を 掛けないように 気を付けますー



[ 2018/12/12 06:17 ] 37 LINCOLN ZEPHYR * FIT * | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 ZEPHYR



 K藤 さん の  1940 ZEPHYR 進めて まして


ボディ 全体 にある、 腐食 した 部分 の 修復 と

リジット マウント から ボディ マウント を 進めてまして


gjkdgjdtkdgh (26)


フロント ボディ 周り の 作業 を 終え

再び  A ピラー の 下 に 戻って きまして


腐食 し 強度 が なくなった  A ピラー の ボトム は


gjkdgjdtkdgh (27)


新しい 鉄板 で  ボディ マウント に 合わせた

構造 に 作り直すので  摘出 しまして


新しく 作り直す 形状 の 型紙 を とったら


gjkdgjdtkdgh (28)


鉄板 を 切り出して いきまして


リブ や プレス も  オリジナル と 同様 に 再生 し

上側 は、 腐食 のない 部分 に そのまま 接続 しまして


gjkdgjdtkdgh (29)


下側 は、  以前 に 作っておいた  


インナー ロッカー と  ロワー側 の 

ドア ヒンジ に 接続 させて いきまして


gjkdgjdtkdgh (30)


これで ルーフ や ファイヤー ウォール、 ドア や 

ガラス の 荷重 を 支える  重要 な 柱 が 


新しい 鉄板 と、 強固 な マウント で 再生 されました


gjkdgjdtkdgh (31)


ZEPHYR に 限らず、 どの クルマ も  ドアポスト下 は

水 や ゴミ が 溜まり易く、  腐食 の 定番 ポイント。。。。。


でも  ボディ の 荷重 を 支える 超重要 な 部分 なので


gjkdgjdtkdgh (36)


きちんと 直して おかないと、  ボンネット や

ドアチリ は  狂っていく 一方 ですし


基礎 が ない 家 と 一緒 で、 即 崩壊 ですね


gjkdgjdtkdgh (37)


ファイヤー ウォール下 の トーボード 付近 も

やっぱり 腐食 の 定番 ポイント でして


40 ZEPHYR は  フロア 全面 作り直すので


gjkdgjdtkdgh (35)


フロア を 切開 した 断面 に  フラットバー を 

切り出したら  溶接 して  耳 を 再生 し

 
新しい フロア を 接続 する 部分 の 強度 を 上げておきます


gjkdgjdtkdgh (38)


続いて、  ドアポスト の 下、  Aピラー の ボトム側 と

ファイヤー ウォール の 側面 の 部分 の


腐食 して  腐り落ちてる 部分 を  再建のため  摘出


gjkdgjdtkdgh (25)


新しく 作り直す 形状 で 型紙 を とったら


鉄板 を 切り出し、  ビードローラー を 使って

オリジナル の プレスライン と 同じ デザイン に


gjkdgjdtkdgh (32)


プレス ライン を 入れて  強度 を 上げていき

見た目 も   オリジナル 通り に 再生。


プレス を 入れる 行程上、  やや 大き目 に 作り


gjkdgjdtkdgh (34)


ドアポスト 下 と インナー フェンダー に あてがい


隙間 に 合うよう、  余計 な 部分 を 切断 し

ぴったり の 形状 に 擦りあわせたら


gjkdgjdtkdgh (33)


それぞれに 溶接 して  接合 していきまして


まずは 点付け で  接合 し、  このあと 

製作 した 部分の 上 の 部分 も 作り直していき


gjkdgjdtkdgh (40)

 
gjkdgjdtkdgh (39)


全面 再生 する パネル が 完成 してから

最後 に 全周 溶接 して、 仕上げて いきます


VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!




[ 2018/12/11 05:53 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 ZEPHYR 


 K藤 さん の  1940 ZEPHYR 進めて まして


ボディ 全体 にある、 腐食 した 部分 の 修復 と

リジット マウント から ボディ マウント を 進めてまして


ghsjgdahsfdtgre (18)


顔周り の 再生、  ボディ マウント化 が 完了 し


続いて、 インナー フェンダー、 ファイヤー ウォール の

荷重 を 受ける  ボディ マウント 製作 へ


gjkdgjdtkdgh (1)


ファイヤー ウォール から  フレーム までを 渡して  

荷重 を 受けさせていた  ブレス は


フロント フレーム を  MUSTANGⅡ化 する際 に


gjkdgjdtkdgh (14)


インナー フェンダー に アッパー アーム が 当たるように

なったので、  切って そのまま に なっていたので


ファイヤー ウォール、  インナー フェンダー それぞれを


gjkdgjdtkdgh (5)


gjkdgjdtkdgh (4)


ダブル で 受けれる  ボディ マウント の 

形状 に デザイン し、  型紙 を とりまして


鉄板 を 切り出して  ボディ マウント の ブラケット、

 
gjkdgjdtkdgh (6)


鉄板 に  ナット を 溶接 し、 フレーム に 埋め込む

ボディ マウント ボルト の 受け を 製作。


さらに  ブラケット を 補強 する  サイド の リブ も 切り出し


gjkdgjdtkdgh (7)


gjkdgjdtkdgh (8)


ブラケット の 側面 に 溶接 し 補強。


全周 溶接 し、  溶接跡 を 仕上げたら

ボディ マウント の ブラケット が 完成


gjkdgjdtkdgh (9)


gjkdgjdtkdgh (10)


マウント ボルト が 取付される 位置 を 割出し


フレーム の 上面 を 切り欠いて、 ナット を 溶接 した

ナット プレート を 埋め込みまして


gjkdgjdtkdgh (11)


ブラケット は、  切られていた  ブレス の 


インナー フェンダー側、ファイヤー ウォール側 の 

切断面 に ぴたりと はめ込み  連結 されて

 
gjkdgjdtkdgh (12)


インナー フェンダー の 強度 が 上がりますし

側面 の リブ は、 ブレス に 接合 すると


あたかも オリジナル っぽく 見える 形状 に 

作れれているのが  よく 解ります


gjkdgjdtkdgh (13)


インナー フェンダー の 荷重、  ファイヤー ウォール、 

A ピラー からの 荷重 を しっかり 受け止め


フレーム オフ する際 も、 容易 に 切り離し が

出来る ボディ マウント 構造 に なりまして


gjkdgjdtkdgh (15)


続いて  フェンダー と  インナー フェンダー を

接続 する ブレス の 組み戻しへ


ここの ブレス も  MUSTANGⅡ化 に 伴い


gjkdgjdtkdgh (16)


接続 する 先 が 無くなり、 切りっ放し に なっていたのと


インナー フェンダー の ルーバー を 再生 する 際、 

板金 作業 の 邪魔 に なるので  一度 摘出 しまして


gjkdgjdtkdgh (19)


ボディ マウント が 完成 したので、 それに 合せて

ここの ブレス も 組み戻し していきます


上側 は フェンダー の 耳 に スポット 溶接 されていたので


gjkdgjdtkdgh (22)


スポット を 揉んで 取り外し しましたが、  


その部分 は 腐食 が あったので  

新しい 鉄板 を 切り出し、  再生 へ


gjkdgjdtkdgh (17)


鉄板 に 穴 を 開けたら、  フェンダー に 溶接 し

溶接跡 を 綺麗 に 仕上げたら


溶接 したら 塗れなくなる 部分 に 先 に  錆び止め を 塗り


gjkdgjdtkdgh (18)


ブレス も 錆 を 落として  錆止め を 塗っておきまして


インナー フェンダー は  ルーバー を 再生 し、 

アーチ も  MUSTANGⅡ に 合せて 作り直してあるので


gjkdgjdtkdgh (20)


新しい インナー フェンダー 形状 に 合うように

ブレス の 末端 を 切り詰め、  長さ を 調整。


長さ を 合わせたら、  新しい 鉄板 で 再生 した 


gjkdgjdtkdgh (21)


フェンダー の 淵 の 穴 を 使い、  オリジナル の

スポット 溶接風 に  接合 していきまして


インナー フェンダー にも  スポット 溶接。


gjkdgjdtkdgh (23)


これで フェンダー、 インナー フェンダー を 接合 する 

部分 が 増えたので ボディ 剛性 も 格段 に 上がりまして


やっと フロント ボディ の ボディ マウント化 が 完了

 
gjkdgjdtkdgh (24)


チリ や 建付け を 合せてた  フロント ボディ は

もう 動いたり、  狂うこと も 無くなったので


張り巡らした 治具 も  撤去 できるように なりました


VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!



[ 2018/12/09 05:34 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)