1948 SUBURBAN




 FOR SALE 中 の  ”  1948  SUBURBAN  ”


フェンダー スカート を  付けようと、  スカート と

アクセサリー モール の  加工 を  終えまして


20170613_044534_LLS.jpg


加工 の 際、  確認 で   スカート を  付けたり

外したり しながら   作業 してた  S庭 師範 が


そこに 見えてる   ACCU AIR の  センサー が


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (1)


付け方 が  良くないですね、、、、、、 と、  


アメリカ で  取り付けしてあった  ハイト センサー の

手直し も  行うこと に なりまして   


 
IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (2)


現在、 フレーム の 下側 に  センサー を 付ける ブラケット を  溶接 し


センサー ロッド は、  ロワー アーム に  穴 を 開け

ねじ山 を 作って、  取り付け して ありますが


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (6)


車高 が 下がって  センサー が  上方向 に 来た時


センサー から 伸びる アーム が  フレーム に 当たらないよう

短く 切って 付けてあり、  ロッド も  短めに 作ってあるので


20170625_122443.jpg


センサー アーム の  可動 範囲 が  広くなり


車高 を  上げた 際 に  センサー ロッド が  引っ張られ

ロッド を  ロワー アーム に  取り付けている


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (3)


ボルト に 無理 が 掛かって  曲がったり

ロッド が  ちぎれ掛かったり  してました


ロワー アーム の  可動 範囲 を  確認 するのに
 


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (4)


デフ を  上げ下げ しながら  検証 してると

毎回  手間 が  掛かるので


可動 範囲 に 基づいた  治具 を 作り  固定 しまして


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (5)


センサー の 可動 範囲、  ストローク を  

扇 の  原理 に  基づいて  計算 し直して


長い アーム でも  スムーズ に 動いて  

干渉 もない 場所 を  導き出して 


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (7)


センサー を  取り付ける  ブラケット は

導き出した  支点 に  基づいて


型紙 を とり、  鉄板 を  切り出しまして


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (11)


これまでよりも  後方 に  設置 しまして


仮付け で  作動 に  問題 が ないのを 確認 したら

ブラケット を  フレーム に  本溶接


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (8)


ロワー アーム側 の  センサー ロッド の  支点 は


鉄板 を 切り出して   タブ を  製作 して

ロワー アーム に  溶接 と なりまして

  

IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (9)


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (10)


車高 が 下がっても   フレーム に  当たらない様

フレーム より  外側 に  ずらして  取り付けし


元々  フレーム に  溶接 してあった  センサー の 


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (13)
 


ブラケット は   そのまま 残して  塗装 したら


新しい  長い  センサー アーム を  使い

センサー を  組み直しまして


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (14)


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (16)


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (18)


元々  センサー が 付いていた  ブラケット は


センサー の  ハーネス を  固定 する  

タブ として  再利用 されました


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (15)


センサー の  可動域 も   規定値内 で

スムーズ に  作動 して、  


引っ張られる ことも  なくなりまして


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (17)


良かった 良かった と  一息 ついた ところで


「  ん !?  リア が  こんな 付け方 してあると

  フロント も  心配 に  なりますね。。。。。 」 


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (19)


という  ハナシ になり、  フロント の  センサー の

取り付け を  確認 すると


リア より  センサー アーム が  短いですね。。。。。


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (vn3h5) (31)


エラー や  作動 不良 は  出ないので  ヨシと してましたが


S庭 師範 から   「  一番 良い 構造 に しましょうよ 」  と、  

フロント も  手直し することに なりました


VIVA!  S庭 道場 !!!!!!



[ 2017/06/25 13:15 ] 48 CHEVY SUBURBAN | トラックバック(-) | コメント(-)

創造 の 知



 S庭 道場 で  クルマ を   カスタム してる 現場 では


作る 構造 や  方法、  用いる 技法 も  試行 錯誤 で  

日々  進化 しているので、  うまく 書きたいのですが


Screenshot_2017-06-17-17-12-53-1.jpg


熟練 の 職人 の、  経験 に 基づく  勘 や  

手 の 感覚 に よる 部分 が  大きいので、  


コトバ や 文字 では  うまく 表現  しきれないと

思わされる  毎日 です、、、、、、、


Screenshot_2017-06-17-17-09-58-1.jpg


クルマ という  製品 に  手を 入れる ということに


S庭 道場 が  基本 としている  考え方、 取り組み方 の  

原則 は  伝えられたらと  思いますし


Screenshot_2017-06-17-17-08-42-1.jpg


僕 も  もっと  勉強 して、  職人 の 創造 の 知 が  

少しでも  伝わるように  書けるように なれれば


もっと  面白い  BLOG に  できるかなと 思います。。。。


Screenshot_2017-06-17-17-08-54-1.jpg


今夜 は  そんな  職人さん達 と  一緒 に  クルーズ ナイト。

楽しみ で なりません。   皆さま も  良い 週末 を !


FUNK STA  4  LIFE !!!!!



[ 2017/06/24 11:08 ] LIFE STYLE | トラックバック(-) | コメント(-)

1959  APACHE



 1955 ~ 1957 辺り の   丸め 2灯 の

ピック アップ も  いいな と 思う  今日 この頃


皆さま、  如何  お過ごしでしょうか 


Screenshot_2017-04-18-17-08-18-1.jpg


アパ太郎 を 作って  乗り回すように なってから


やっぱり  トラック  カッコいいな と 

あらためて  思うように なりまして
  


Screenshot_2017-06-17-17-10-19-1.jpg


Screenshot_2017-04-18-17-03-43-1.jpg


バン、  ワゴン は   沢山  乗りましたが

トラック 歴 は   59  エルカミ に 続き、  


59 アパッチ が  2台目 の  若輩者 なので


Screenshot_2017-04-18-17-03-57-1.jpg


Screenshot_2017-04-18-17-04-50-1.jpg


次 は  ダンプ か、  ミキサー車  辺り で 

グランド スラム  したいと 思います。。。。。。


シボレー ではなく、  GMC ブランド でも  

アパッチ が  あるんですが


Screenshot_2017-04-18-17-08-47-1.jpg


グリル や  エンブレム だけの  違いでなく  

ダッシュ や  ゲージ なども  違ったり


1年  違うだけで   全然  デザイン も  違うので


Screenshot_2017-06-17-17-12-01-1.jpg


Screenshot_2017-04-18-17-05-21-1.jpg


同じ クルマ でも   履かせる  タイヤ や  仕上げ方 でも

全く  違う  雰囲気 に なるので


皆さま、  自分 らしい  クルマ に 作ってて  ナニより です


Screenshot_2017-06-19-06-18-33-1.jpg


うちの  アパ太郎 くん も   乗りながら  

あれこれ   進化  させて まして


こんど は  インマニ を  カッコいい ポリッシュ の 物 に 


1496596159350.jpg


変えようと  取り寄せて  組み換えたり


現状 でも、   指 1本 で  160 km 巡行 も

楽勝 の  アパ太郎 ですが


20170622_041707.jpg


IMG_1dferfqergwtheyhnbgv172 (17)


スーパー チャージャー  付けようとか

さらに  早く 走れるよう  模索中


アパッチ の  ボンネット の  エンブレム は、   


LS20crate20engine202.jpg


エア ダクト風 の   ダミー グリル なので


スーパー チャージャー  付けて、  エンブレム 部分 を  

ホント に  エア ダクト にして   吸気 させよう とか


ford20truck20column.jpg


インター クーラー を  どこに 付けようとか

あれこれ  盛り上がって おります


シンプル な  コラム シフト の  レバー は


20170622_051158.jpg


クラシック な  雰囲気 に なるよう


カッコいい  シフト ノブ を  付けたくて

ノブ を  付けられる  レバー を  取り寄せて


20170622_051400.jpg


シフト レバー を   組み換えたら


アメリカ の  創業 160年 の  ビール メーカー

”  RAINIER ″ の   ビア サーバー用 の


20170622_051302_LLS.jpg


20170622_051248_LLS.jpg


ヴィンテージ ノブ を  買ってきて   取り付けまして
        


やっぱり  クラッシック カー には  アンティーク の

ノブ が  似合いますね !


皆さま も  良い 週末 を !!!!!!





[ 2017/06/23 08:02 ] 59 CHEVY APACHE | トラックバック(-) | コメント(-)

1955  CHEVY



  K上 さん の   55  CHEVY、  210


ステアリング コラム を   現在 の  コラム シフト から、  

フロア シフト への  変更 と


2017061SDsdfv X9_212406 (28)


LOKAR製 の  アクセル & ブレーキ ペダル に

変えてありますが、   ペダル 位置 が  悪く


踏みづらいとの ことで、  それらの 手直し、


2017061SDsdfv X9_212406 (26)


ディスク ブレーキ を  組んだけど  効き が 悪く、   

マスター シリンダー を  変えても  変わらないとの事で 


ブレーキ の  不良 の  原因 調査 と  対策、   


2017061SDsdfv X9_212406 (25)


ガンスポ や、  エレクトリック アイ などの

アクセサリー の  取り付け で  預かりまして


部品 も  取り寄せてあるので、  作業 が  スタート。


2017061SDsdfv X9_212406 (29)


まずは  作業中 に  キレイな  クルマ に  傷 や  

汚れ を  付けないように、 


よく 触れることになる 部分 を   養生 しまして


2017061SDsdfv X9_212406 (42)


フロア シフター を  取り付けする 際、  

センター トンネル に  穴 を 開けるので


作業 が し易いよう、  フロント シート も  取り外されました


2017061SDsdfv X9_212406 (32)


シフター の  ブラケット の 構造 や  寸法 に  基づいて

センター トンネル の  どこを  どう 切ればいいか  検証 し


レーザー を  飛ばして  位置 を  測ったら


2017061SDsdfv X9_212406 (33)


ケガキ を 入れて、  フロア を  切開 しまして


今回 切った 部分 の  前後 には  鉄板 が

リベット 留め  されていたので、  


2017061SDsdfv X9_212406 (37)


以前 は  フロア シフター が  付いていたのを

コラム シフト に  変更 して


開いていた 穴 を  埋めてあった ようです


2017061SDsdfv X9_212406 (36)


フロア シフター の  マウント ブラケット と  

ベース 部分 を  仮り組み しましたら


開けた 開口 の  ぴったり  ど真ん中 に きてますね


2017061SDsdfv X9_212406 (1)


昼間 に  S庭 師範 が  シフター の  取り付け と

フロア の  加工 を 進めながら


夜 には  コラム や、  ブレーキ ペダル の 交換 を 進めまして


2017061SDsdfv X9_212406 (2)


昼、 夜  2交代 で、   全速 前進 で  進めて いきます


現在、  ブレーキ ペダル は  LOKAR製 の

ビレット ペダル アーム が  付いてまして


2017061SDsdfv X9_212406 (3)


見た目 は  カッコいいんですが、  位置 が やや

右 に  寄ってて、  パット 部分 も  大きいので


アクセル ペダル の  スペース に  侵攻 してしまい


2017061SDsdfv X9_212406 (4)


ブレーキ ペダル と、  センター トンネル の 隙間 が  なくなり、  

アクセル ペダル は   センター トンネル に ギリギリ で


ワイヤー式 の  アクセル ペダル は  動き も  重いそう。。。。


2017061SDsdfv X9_212406 (43)


現状 を  よく 計測 し、  どうしたら  左 へ 寄せられるのか、


ブレーキ ペダル、  アクセル ペダル の  じゅうぶんな  

ストローク が  確保 できるか、   検証 しまして 


2017061SDsdfv X9_212406 (16)


アクセル ペダル は  位置 と、  ケーブル の とり回し を

変更 するので  一旦 取り外しまして


コラム シフト式 を 外して、  フロア式 の  コラム に 変えようと したら   


2017061SDsdfv X9_212406 (5)


IDIDIT用 の  ラグ ジョイント を   用意  し忘れてたので

うーん、  組み付け できませんで、、、、、、、


アメリカ に  注文 して、  別 の 作業 を  進めます、、、、、
   


2017061SDsdfv X9_212406 (8)


コラム と  ブレーキ ペダル を  取り外したら、 ブレーキ ペダル は

コラム を 避けるよう、 右 に  オフセット している  形状 ですが


これも  余計 に  右 に 寄ってしまう  原因 でして


2017061SDsdfv X9_212406 (9)


LOKAR製 の  ビレット ペダル アーム は  加工 できないので

オリジナル の  ペダル を 用意 し、 加工 していきます


が、、、、、、、  用意 した  ブレーキ ペダル に 付ける

LOKAR製 の  パッド が、  またまた  注文 ミス で  


2017061SDsdfv X9_212406 (10)


型式 が 違ってたので、  付かなくて  作業 が 進まず、、、、

アメリカ に  注文 し直して、  別 の 作業 を  進めます。。。。


  
これまで  コラム シフト だったので、  今 どこに  ギア が 


2017061SDsdfv X9_212406 (11)


入っているのか 表示 する  インジケーター が

フロア シフト に 変えたら   不要 に なるので


インジケーター 付き の  メーター ベゼル から


2017061SDsdfv X9_212406 (14)


フロア シフター用 の  ベゼル に  交換 していきます


ゲージ を  取り外したら、  インジケーター が ない  

ベゼル に  組み換えて  ダッシュ に  組み戻しまして


2017061SDsdfv X9_212406 (15)


続いて   ブレーキ の  作業 に  着手。


ブレーキ は  ディスク ブレーキ 化 したときから

効き が  悪くなったそうで、、、、、、


2017061SDsdfv X9_212406 (17)


パワー ブレーキ ですが、  ブレーキ ペダル が 重く

ペダル ストローク も 浅くて、  制動 が  悪いそう。。。。

  

一度  マスター シリンダー と  プロポーション バルブ を


2017061SDsdfv X9_212406 (18)


新品 に  交換 したけど、  症状 は  変わらない そうです


先日、  アパ太郎 同様、  パワー ブレーキ の  

ブースター の  チェック バルブ を  交換 したら  


2017061SDsdfv X9_212406 (21)


ペダル の 重さ と  ストローク は  改善 されたそうですが

制動 の 悪さ は  変わらない そうです。。。。。  


原因 は  マスター & バルブ の  別 の 部分 に ありそうですが


2017061SDsdfv X9_212406 (19)


今回 は、  CPP製 の マスター と  バルブ から 


製品 の  信頼性 が  高い  WILWOOD製 に

交換 も  同時 に  行うことに なりまして


2017061SDsdfv X9_212406 (20)


パワー ブースター は  そのまま  使えるので

マスター シリンダー だけ  用意 しまして


ブースター から  マスター シリンダー を  外しましたら


2017061SDsdfv X9_212406 (23)


ブースター の  プッシュ ロッド と、  マスター シリンダー の

ピストン の 間 に、  アダプター が 入る 構造 でして


CPP に 付いてた  アダプター は、  WILWOOD には


2017061SDsdfv X9_212406 (22)


直径 が  太くて  入りません の 刑、、、、、、、


またまた  段取り 不備 で  作業 が  止まりまして

うーん、  全然  作業 が  進みません。。。。。。。


20170622_042714.jpg


WILWOOD の  マスター シリンダー に 合う  

ブースター に  換えるのは  勿体無いので


明日、  A田 くん に  旋盤 で  削り出して もらいます。。。。。


VIVA!  S庭 道場 !!!!!  VIVA! K上 さん!!!!!!!


   
[ 2017/06/22 13:10 ] 55 CHEVY 210 | トラックバック(-) | コメント(-)



 アメリカ にある、  とある  メタル ワーク の  

得意 な  カスタム SHOP ですが


持ってる  クルマ が  FIT と  似てまして、、、、、


Screenshot_2017-06-12-19-43-07-1 (1)


スラムド  して、  LS エンジン を  載せた

ハイブリッド  アパッチ に   


ベアメタル にしてある、  スラムド サバーバン、


Screenshot_2017-06-16-04-28-22-1.jpg


1937  ZEPHYR クーペ に   60 CADILLAC、

HOT ROD という  ラインナップ。


FIT にも  昨年 まで  59 CADILLAC ありましたね。。。。。


Screenshot_2017-06-18-21-07-27-1.jpg


スラムド サバーバン も   カッコいいです


僕 も  バンパー に 付けたいと 思って、  同じ

アンバー の フォグ 用意 して 持ってます。。。。。
 


Screenshot_2017-06-16-04-27-35-1.jpg


FIT にある  サバー バン は   この 形 に なった

ファースト イヤー モデル の  1948 年式 で


LS エンジン が  搭載 されてますが


Screenshot_2017-06-16-04-28-57-1.jpg


こちらは   1951年式 で  シボレー の  

350 が  積んで ありまして


エアサス は  同じ  ACCU AIR の ようです。


Screenshot_2017-06-16-04-29-03-1.jpg


FIT と 同じ  スラムド  59  アパッチ は  


ビック バック  ウインドー の  ショート

フリート サイド ベッド で  


Screenshot_2017-06-16-04-30-55-1.jpg


エクステリア は  モール や  給油口 を  シェイブ して

クローム 部分 を  ブラック アウト してまして


これも  大人 な  雰囲気 で  カッコいいですね


Screenshot_2017-06-16-04-31-36-1.jpg


メタル ワーク が  得意 な  SHOP なだけ あって

ボディ の 建付け や  チリ合わせ は  モチロン


マフラー 出口 の  べゼル や、  リア ゲート の


Screenshot_2017-06-16-04-31-45-1.jpg


下 の  フィラー パネル、  ラジエーター カバー などを  

製作 して  バーリング 加工 を  施したり


インテリア も  大人な  感じに  作り込まれてまして


Screenshot_2017-06-16-09-16-50-1.jpg


LS エンジン に   トンネルラム ジェット、

スーパー チャージャー も  付いてまして


楽しそうな  エンジン で  ナニよりですが


Screenshot_2017-06-16-04-28-12-1.jpg


Screenshot_2017-06-16-04-29-58-1.jpg


FIT の アパ太郎 も   スーパー チャージャー を

搭載 する  ハナシ も  出てまして


低くて  速い  トラック が、  最高 ですね


Screenshot_2017-06-16-04-31-14-1.jpg


1937 ZEPHYR と、  ヴィンテージ キャンパー を  

積んだ 船 も   入港 したようなので


アメリカ に  負けないよう、  頑張ります


FUNK  STA  4  LIFE !!!!!!




[ 2017/06/21 02:00 ] LIFE STYLE | トラックバック(-) | コメント(-)

1948 SUBURBAN



 FOR SALE 中 の  ”  1948  SUBURBAN  ”


フェンダー スカート を  付けようと、  スカート と

アクセサリー モール を  用意 しまして


 
IljljjhknMG_0098 (11)


位置 を  合わせて  仮組み してみたら


フェンダー側 の  下段 の モール と  

スカート が  当たります の  刑。。。。。


IljljjhknMG_0098 (13)


フェンダー を 外して、  正しい 位置 に  

モール が つくよう、  穴 を  開け直しても、  


下段 の  モール だけは  どうしても  長過ぎるので 


IljljjhknMG_0098 (14)


検証 した  寸法 から  導き出した  数値 で  

カット して、  切り詰める ことに しまして


ご覧のような、  表面、  側面、  切り詰め分 という

各 ピース に  分けて  切断 していきます。


IljljjhknMG_0098 (15)


ナゼ  手間 が 掛かる  このような  切り方 を するのかと いうと


詰めたい分だけ  真ん中 で  ズバッと  切り詰めると   

つなぎ合わせる 際に、  溶接の 熱で  歪んで しまいます


IljljjhknMG_0098 (1)


熟練 の 溶接工 が  上手く 溶接 して、  普通の 人には 

歪みが 気付かない レベル に  仕上げたとしても


必ず  歪みは 生じていて、  メタルワークでは  修正 仕切れませんので


IMG_0fgdghfhjry099 (2)


金属 の 構造物 を  切り詰めするは、  どれも 同様 で

メタル ワーク 職人達 は、  どこで どう 切るかを  よくよく  考えます


CHOP TOP の 際 でも、 ピラー や  ルーフ の 切り方 は

ズバッと 切って、  だるま落とし の 様に 下げて  つなぐのではなく


IMG_0fgdghfhjry099 (3)


金属 の 特性上、  本来 は 先ほど の ような  切り方 で

角部分 で  つなぎ合わせて いかないと いけず


溶接 の 熱で  歪ませてしまった 部分 は、  直せないので

あとは もう  パテ で  均すしか  ありません


IMG_0fgdghfhjry099 (4)


溶接 は  ”  接合 する ”  という  技術 以外 にも

素材、  構造、  熱の入れ方、  溶接後 の  仕上げ方 など 


全て  見据えて  取り組める  知識、 経験 も  求められるので

チョップ トップ、  ボディ カスタム と   溶接 しまくってるのに


IljljjhknMG_0098 (12)


ほんの 薄くしか  パテ を 入れずに  仕上げてる  クルマ は


溶接 した 職人 の  緻密 な 計算 によるもの なので、 

いかに 頭 が よくて、  その 計算 通り に  平坦 ではなく


IMG_0fgdghfhjry099 (21)


立体的 な クルマ の  難しい 溶接 を  クルマ 一台分  

膨大 な  溶接 を  失敗 せずに  やり切れる 技術 が ある


と いうことですので、  切って、 つないでだけ に  見えてしまいますが、  

メタル ワーク 職人って  凄い 人達 なんですねー  


IMG_0fgdghfhjry099 (22)


IMG_0fgdghfhjry099 (23)


フェンダー モール は   溶接 の 熱 で  歪ませたら、  

パテ 入れて  仕上げる ワケ には  いきませんので、  


金属 の 特性 と、 溶接 の 仕方 に 基づいて  計算 した 

ピース を  分けて 切ったら、  表面 部分 は


201706100014290e9d.jpg


切り詰めた  側面 部分 と、  形 が ピタリと  馴染むよう

周囲 を  ハンマリング で  ダラしてから  溶接 し


溶接跡 を  綺麗 に 仕上げて、  ポリッシュ したら   


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (20)


切り詰めた 跡 や、  歪み も  全く 解らないように 仕上がりまして

 

加工 が  完了 した、  フェンダー モール に 合わせ

スカート にも  正しい  取り付け 位置 を  導き出して 


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (22)


けがき を 入れた 部分 に  穴 を 開けまして


モール を  取り付ける、  モール クリップ が  付属 してなかったので、  

原寸 合わせ で   モール クリップ も  製作。


IMGdsvdfbvaDfb v_0149 (21)


スカート に  アクセサリー モール を  取り付けたら、  


穴 位置 を  修正 し、  穴埋め した  フェンダー に

切り詰め 加工 した  モール を  取り付けまして


20170613_044643.jpg


無事、  車体 に  組み戻されました


フェンダー スカート を  付けたら  カッコいいだろうなぁ  という

安易 な  気持ち で  買ってきたら    


20170613_044637.jpg


スカート の 取り付け方 の 構造 の  変更、  

フェンダー の 穴位置 修正、  


モール の  切り詰め 加工 と  なりまして


20170613_044520_LLS.jpg


ようやく  加工 を  終えたら   この後、  スカート の

面出し と  塗装 に  合わせて


フェンダー も  鈑金 と  塗装 し直し と  なりまして

ホント、  一筋縄 に  いきませんね。。。。。。


20170613_044534_LLS.jpg


S庭 師範、  塗装屋さん が  苦労 した 分、  

カッコよく 仕上がり、  僕 が 喜ぶ。。。。。  


という、  相変わらず の   皆さま の お陰 システム で 

僕 は  最高 です !


VIVA !   S庭 道場 !!!!!!



[ 2017/06/19 12:35 ] 48 CHEVY SUBURBAN | トラックバック(-) | コメント(-)

GREEEEEN



  シェビーバン 乗り の  M田 さん から


「  グリル を  クローム に したいんですー 」

と  相談 を  受けまして


1497702738754.jpg


「  今 も  クローム じゃないですか 」  って  言ったら

「  格子 部分 と、 その中まで  全部 です 」  と


僕 知りませんでしたが、  現在 の  グリル は

上中下 の  太い 3本 だけが  クローム で、  


1477262323457.jpg


それ以外 の  格子 部分 は  グレー なので 


M田 さん が  ステンレス テープ を  貼って

クローム っぽく  見えるように  カスタマイズ してたそうで


いつかは  ちゃんと  クローム したいと 思ってたそうです


cbxnfgnfhn (2)


シェビーバン 乗り の 方達 の 中では

「  グリル を  フル クローム化 したい 」


と  皆さま  よく 話になる そうですが、  どこも  断られるそうで


cbxnfgnfhn (1)


恐らく、  断られる  理由 は   クローム を 掛ける 際 に


グリル の 格子 部分 は、  狭くて  バフ を 掛けて  

研磨 できないので、  綺麗 に  下地 が  作れず


クローム の  仕上がり が  悪くなるのが  解ってるのと


   
20170614_213612.jpg


バフ を 当てられないので、  どうしても  やるなら  

”  ハンド ポリッシュ ”  の 刑 となり、 


大きな グリル の  格子内 を  全部  手 で  研磨 と

地獄 の 作業 になるので、  メッキ屋さん が  嫌がるんだと  思います。。。。。


20170614_213611.jpg


いつも  依頼 してる  メッキ屋さん に  相談 したら  

案の定、  断られたので、、、、、、、  


アメリカ の メッキ屋さん に 相談 して みましたら

「  Ok、  やってみるよ 」   と  言ってくれたので


1497640700161.jpg


アメリカ で  新品 グリル を 買って、  メッキ屋さん に  送り

フル クローム に  してもらう ことに  しまして


M田 さん と  楽しみだね !  と、  亀頭 と  

首 を 長くして  待ってましたが、 

  

1497640702204.jpg


当初 の 納期 を 過ぎても、  まったく  完成 の 連絡 が ないので

どしたの !? と  聞いてみたら、


やはり  ハンド ポリッシュ に  根を 上げられ、 引き受けてくれる

メッキ屋 探し で   たらい回し に なりまして、、、、、、


1497778221033.jpg


違う 年式 の、  縦 に 長い  バンパー ガード を

金メッキ して  取り付けたいんだ と いうことで 


それも  アメリカ で  買って、  金メッキ してきまして

ようやく、  完成 して  日本 に  到着。。。。。。


1497778223529.jpg



到着した 日に  M田 さん も  喜んで  引き取りに 来まして

やっぱり  亀頭  長くして   待ってた ようです


届いた 現物 を 見て、   「  おぉー ! 」   と  喜んで    

この日、  FIT で  クローム に  コーティング材 を  塗って帰り


1497702761988.jpg


後日、  ESE の  K木 師範 の ところ に 持ち込んで  

同時 に  頼まれてた、  金メッキ した  バンパー ガード も


取り付け してもらったそうで、  ギラギラ に なって  ナニよりですね 


1497697023585.jpg


テール ランプ も、  違う 年式 の 物 を  取り付けてまして


「  ブルー ドット を  付けたい 」   というので、  

ボディ カラー に 合わせて   ”  グリーン ドット ”  と、  


車検用 に   レッド ドット を  取り寄せて、  取り付け。


1497702751230.jpg


ステアリング も、   グリーン の  当時物 オクタゴン に  変更 し

合わせて  シフト ノブ、  シガーライター も  グリーン に。


どんどん、  M田さん らしい  クルマ に なってるようで   

次 は 何を  クローム、  グリーン に  するのか  楽しみです


FUNK  STA  4  LIFE !!!!!!



[ 2017/06/18 20:47 ] EL-CLASSICO | トラックバック(-) | コメント(-)