FC2ブログ
ホーム > カテゴリー - 48 CHEVY FLEETMASTER CONV

1948 CHEVY FLEET CONVERTIBLE


 
 1948 CHEVY FLEETMASTER CONV 


先日、ハイドロシステムをリメイクするため

スイッチパネルを作り直していると書きましたが


yurytymtjhgfkkj (2)


ダッシュ下にスイッチパネルを取り付けると

夜間に暗くて、操作しづらいので


スイッチが見やすいように間接照明を追加


jb;k;kjlkl;bhcvgfcghb (2)


しかし、スイッチと並べて設置したシガーライターは

夜間でも光らないので、なんかツマラナイと


シガーライターの周囲も、夜間に光る機能を追加


yurytymtjhgfkkj (9)


夜間は全部、間接照明で光るようになったので


スイッチ裏のレイアウトが決まり、寸法や配線、

必要になるスペースも見えてきて


yurytymtjhgfkkj (3)


引き込む配線の数も多くなることから


スイッチパネルの後ろに、全部まとめて

納められるカバーを作り、ボックスにしまして


yurytymtjhgfkkj (4)


車両からスイッチボックスに引き込むる配線は


計算すると21本になり、そこから分配したり

兼用する回路も含めると、とても複雑になるので


yurytymtjhgfkkj (5)


配線作業がし易く、後にメンテナンス、ゆくゆく

仕様変更になっても配線の変更がし易いよう


端子台をボックスに設置し、そこで結線しまして


yurytymtjhgfkkj (7)


この先、設定していくパイロットランプのリレーや

照明もボックス内に収めていきまして


ボックス内に21本の配線を引き込むのは


hanesu01.jpg


カプラーやギボシだと数が多くて大変で、かさばるので


21本の配線でも一度に脱着できるメタルコンセントを使用

メタコンは上の写真のようなコネクターで、


yurytymtjhgfkkj (6)


ローライダーの方にはADEXやADELのダンプバルブの

配線を接続するコネクターとして馴染みがあると思います


スイッチボックス化と、端子台、リレー、照明の内蔵化、


yurytymtjhgfkkj (10)


メタコンの配線と取り付けを終えたら

次はハイドロスイッチの切り替えに進みます


スイッチの切り替え作業は、ドアを開けながら


yurytymtjhgfkkj (19)


広いスペースで作業したいので、工場内の

工事が終わってからにしまして


続いて、コンバーチブルポンプとシリンダーを


yurytymtjhgfkkj (20)


現行品の12V用にアップデートしたら


キットに入ってきたスイッチがトグルスイッチだったので

トグルスイッチを使って操作するようにしますが


yurytymtjhgfkkj (21)


トグルスイッチでダイレクトにポンプを動かすと

電流値が大き過ぎて、スイッチの接点が焼けるので


ポンプリレーを追加していくので、いいリレーは

ないかなと在庫部品を探していたら


jb;k;kjlkl;bhcvgfcghb (3)


リレーも用途や容量で、種類が沢山ありますね。。。。。


ポンプリレーは電流値を計測すると、トップを閉め切ったり、

開け切った時に50A位流れるので


jb;k;kjlkl;bhcvgfcghb (4)


リレーも大容量のものでないと、短命になる事間違いなし。


ACCUAIRが純正品として使っている、エアサスの

コンプレッサーの機動用のリレー容量が70Aなので


jb;k;kjlkl;bhcvgfcghb (5)


それを開け側、閉め側、それぞれに使う事にして

取り付けするベースブラケットを作りますが


せっかくなので、ライトやフォグ、ウインカー、ハザードに


jb;k;kjlkl;bhcvgfcghb (6)


ホーン、電動ファンと沢山のリレーを使っているので


不具合が出たときに、バラバラにリレーを配置してると

追いづらくて、調査が面倒で、整備性も良くないのでと


jb;k;kjlkl;bhcvgfcghb (7)


全部のリレーをまとめて設置できるベースを作って

一箇所にまとめて配置することにしまして


出先でリレーが壊れても、簡単に交換できる造りにしておきます


FUNK STA 4 LIFE !!!!!!


[ 2021/09/26 05:52 ] 48 CHEVY FLEETMASTER CONV | トラックバック(-) | コメント(-)

1948 CHEVY FLEET CONVERTIBLE



 1948 CHEVY FLEETMASTER CONV 


リアのナンバープレートにライセンストッパーを

取り付けしたくて、探していましたが


hdghfhgjdgj (5)


S原さんのサバーバンは、前オーナーが保安官で


クルマを譲ってもらった時に、リアに公式な

SHERRIFのトッパーが装着してあって


hdghfhgjdgj (6)


保安官がパトカーに付ける為にと思いますが

公式の物として配られていた物のようで


本来、売買してはいけない物のようですが


hdghfhgjdgj (8)


頼んで装着したまま譲ってもらい、付いているのが

とてもカッコよかったので


僕も真似して、保安官トッパー探しまして


hdghfhgjdgj (9)


保安官でも、警察官でもありませんし

逆に止められる方の人間ですが


9.11も、あれから20年ということで


hdghfhgjdgj (10)


SHERRIFのトッパーと、2匹の猫と同居する

愛猫家なので、キャッツアイも取り付け。


燃料キャップが鍵無しの物が付いていたので


hdghfhgjdgj (4)


カウパーに中出しされないように、鍵付きへ


1946-1948 フリートは、当時のアクセサリーで

GMマーク付きの鍵付きキャップが存在しますが


hdghfhgjdgj (7)


僕は1930~1950年代に製造されていた


"IVANO GASLOX"というブランドの

鍵付きキャップのデザインが好きなので


hdghfhgjdgj (11)


デッドストックが見つかり、取寄せて交換しまして

これで中出しを未然に防ぐことが出来ました


アクセサリー遊びも、ボム系の楽しいところですね


hdghfhgjdgj (1)


スピードメーター以外、ピクリとも動かないゲージ達なので、

五感をめいいっぱい研ぎ澄まして乗ってますが


記憶力が弱いので、ガス欠の恐怖との闘い中でして


hdghfhgjdgj (2)


ゲージはオリジナルがいいけど、正確に動く方が優先

ということで、ダコタデジタルに依頼して、


オリジナルゲージの”RTX化”のカスタム作業が


hdghfhgjdgj (13)


いよいよ順番が来たみたいで、こんな感じでどう?

と、デザインが送られてきましたが


おいおい、オリジナルにそっくりにと言ってるのに

随分、現代風になっちゃってるよと言ったら


hdghfhgjdgj (14)


いつもデザインを担当してくれてて、こちらの意向を

よく解ってるので、話がスムーズに進む人が


コロナなのか、病気で休んでいるんだそうで、、、


hdghfhgjdgj (3)


これまでの経緯や、僕の要望がうまく伝わらず、

このままではVHXで作られちゃいそうなので


どうか、1日も早い復帰をお願いします。。。。


hdghfhgjdgj (15)


オリジナルのゲージの写真と、こちらの要望が

伝わりやすいようにイラストを描いて送りまして


フリートらしいフォントや、カラーリング、大切ですね


hdghfhgjdgj (16)


要望を伝えるイラストを描いていたら、むむむっ!?


なんか、1948-1953 CHEVY TRUCKのRTXが

そっくりじゃねーかと気付きまして


hdghfhgjdgj (12)


それがフリートのダッシュに付くようにするか

そのデザインのように作ってと連絡しまして


この先、うまく進むか心配ですが、カスタムゲージ楽しみです


FUNK STA 4 LIFE !!!!!!



[ 2021/09/17 23:26 ] 48 CHEVY FLEETMASTER CONV | トラックバック(-) | コメント(-)

1948 CHEVY FLEET CONVERTIBLE



 1948 CHEVY FLEETMASTER CONV 


休日や就業時間後を利用しながら

細かい部分の手直し作業を進めてまして


drtreyteyety5ty ([p14)p (2)


先日、コンバーチブルトップのポンプ、

シリンダーを現行品に組み換えし


それに伴って、スイッチがオリジナルから


drtreyteyety5ty (14)p
 

トグルスイッチに変わりましたが、


幌を全閉状態から、全開になるまで

時間がけっこう掛かるので 


ghsdhysdtysetyweryterysgt (3)


バネで戻ろうとする、柄が細くて

短いトグルスイッチをずっと押してると


指が痛くなるのは、ナンとかならないものかと


ghsdhysdtysetyweryterysgt (4)


アメリカのクラシックカーの純正スイッチは

もっとちゃんとしてるだろうと調べたら


70年代のポンティアックのコンバースイッチが


ghsdhysdtysetyweryterysgt (5)


トグルスイッチよりも長くて、柄が平べったい

” しゃもじ ” のような形状をしているので


押し続けても楽で、指も痛くならなそうなので


ghsdhysdtysetyweryterysgt (6)


しゃもじスイッチを取り寄せて組み変えたら

だいぶスイッチ操作が楽になりました


今はコンバーチブルスイッチの右側に


drtreyteyety5ty (13)p


ハイドロのスイッチが付いていますが


本来はそこにフォグや、ヒーターの

スイッチが付いていまして


ghsdhysdtysetyweryterysgt (2)


ハイドロのスイッチを変更したいのと


それに合わせて、フォグやヒーターを

オリジナルのスイッチで動かそうと


drtreyteyety5ty (1)


オリジナルのスイッチも用意しまして


ハイドロのスイッチは、ステアリングコラムより

左側には取り付けるスペースがなくなるので


drtreyteyety5ty (3)


ダッシュ中央の下に移設することにしまして


これまでのスイッチパネルは、汎用品の

板をL型に曲げたパネルを組んであり


drtreyteyety5ty (4)


よくあるスイッチプレートでつまらないのと

この先、ちょっとした機能を追加したいので


スイッチプレートも変更していくことにしまして


drtreyteyety5ty (5)


何のクルマの物か解りませんが


ダッシュ下などに付くのであろう

純正品のスイッチパネルを入手し


drtreyteyety5ty (12)


当時物のデッドストックの品ですが


5つあるスイッチの穴のうち、一番左が

シガーライター用になっていたので


drtreyteyety5ty (8)


確かにシガーライターもそこにあると

携帯の充電や、電源も取りやすいなと


一番左はシガーライターを取り付けし


drtreyteyety5ty (9)


ハイドロのスイッチもトグルスイッチを使いますが、


コンバースイッチ同様、柄が短くて操作しづらいので

皆さま、延長用のスイッチバットを付けていますが


ghsdhysdtysetyweryteryssgt (7)


僕はバットを装着して操作した時のフィーリングが

あまり好きでないので、延長しなくていいように


そもそも柄が長いトグルスイッチに変更しまして


ghsdhysdtysetywerytevryssgt (8)


スイッチパネルに、トグルスイッチを

取り付ける穴を少し広げて、


スイッチとパネルにあえて隙間を作り


drtreyteyety5ty (11)


透明だけど、強度のあるポリカーボネート製の

ワッシャーを使ってトグルスイッチを固定


スイッチの裏側にカバーを作って箱状にしたら


drtreyteyety5ty (10)


カバーに照明のランプを埋め込みまして、


ライトスイッチをオンにすると、連動して

間接照明のように光るように加工


drtreyteyety5ty (6)


夜間の暗い中でも、ハイドロスイッチが見易く

操作がやり易くなりました


次はシガーライターも夜間は光るようにするのと


drtreyteyety5ty (7)


ハイドロスイッチの横に4個設置した


パイロットランプを使う、ある面白い

アイデアの加工をしていきたいと思います


FUNK STA 4 LIFE !!!!!!




[ 2021/09/09 22:40 ] 48 CHEVY FLEETMASTER CONV | トラックバック(-) | コメント(-)

1948 CHEVY FLEET CONVERTIBLE



 現在、工場スペースのレイアウト変更に伴い


パーテーション工事を終えて、続いて

リフトの設置工事の準備を進めており


yjuryujeyueyl (12)
 

間もなく、床を掘ってリフトを埋め込む工事が

2箇所で始まるので、リフト設置が終わるまで


その場所には、クルマを置けなくなる都合


yjuryujeyueyl (13)


クルマを入庫しての、作業を制限していまして


いまは56 ベルエア コンバーしか作業していないので

ブログの更新が滞ってまして、申し訳ありません


yjuryujeyueyl (5)


yjuryujeyueyl (6)


まだしばらくは、そんな状態が続きますので

懲りずにお付き合いくださいませ


ベルエアコンバー以外は、リフトのスペースを占拠してしまわない


yjuryujeyueyl (1)


スポットの簡単な作業を行ってまして


1948 CHEVY FLEETMASTER CONVは

リアのバンパーラップが付いていなかったので


yjuryujeyueyl (2)


yjuryujeyueyl (3)


バンパーラップとは、いわゆるオーバーライダーで


この年式はオーバーライダーや、バンパーガードと

呼ばずに、バンパーラップと言うそうで


yjuryujeyueyl (4)


一通りのアクセサリーが付いているクルマですが

なぜかリアのバンパーラップだけ付いてなかったので


アメリカから取り寄せして、装着することに


yjuryujeyueyl (9)


1948 FLEET MASTERは、いつも工場内ではなく

外のガレージで保管しているので


保管用のガレージ内で作業していましたが


yjuryujeyueyl (11)


狭くて作業しづらいので工場に移して作業しまして


バンパーラップの装着を終え、またさらに

カッコよくなってしまいまして、どうもすみません


yjuryujeyueyl (8)


と、喜んでいたら、ガソリンタンクから漏れが発覚。。。。。


およよ、、、、、タンクに半田付けしてある部分にクラックか

ピンホールがあり、炎上しちゃうぞ仕様になりました。。。。。。


FUNK STA 4 LIFE !!!!!!



[ 2021/09/01 23:56 ] 48 CHEVY FLEETMASTER CONV | トラックバック(-) | コメント(-)

1948 CHEVY FLEET CONVERTIBLE



 1948 CHEVY FLEETMASTER CONV 


6穴ですが、パンタイプのクロスレースで

リバースのワイヤーホイールを履かせたいと


udituikiylotuol (16)


アメリカのワイヤーホイールを製造できる

ホイールメーカーにカスタムオーダーしまして


フロントを14x6リバース、リアを14x6スタンダートで


udituikiylotuol (15)


6穴のまま履けるパンタイプのクロスレースをオーダー


装着する前に、長く綺麗なまま維持できるように

錆びや汚れに強いコーティングの施工を


udituikiylotuol (17)


ファンクルーズさんにお願いしまして


作業が完了して、先週に戻ってきたので

用意しておいたタイヤを履かせ、準備したら


udituikiylotuol (1)


ガレージのスペースと、リフトが空いたタイミングを

見計らって、履かせ替える作業に取り掛かりまして


これまで装着していたホイールは、純正ホイールで


udituikiylotuol (2)


タイヤはBF GOODRICHの560-15 ホワイトウォール


純正ホイールにホワイトウォールタイヤで

べったり車高を下げるのも魅力的ですが


udituikiylotuol (4)


今回はワイヤーホイールなのでウォールではなく


ホワイトリボンタイヤを履かせて、雰囲気を

目指せプレミアムスポーツウェイの感じ


udituikiylotuol (3)


今回、ホイールが7Jではなく、6Jなので


7Jホイールにプレミアムスポーツウェイを

履かせた時ほどの引っ張り感こそないものの


udituikiylotuol (5)


プレミアムスポーツウェイ特有のハイトがなく

外径が小さい感じはそっくりになりまして


正面から見たら、まさにプレミアムスポーツウェイ


udituikiylotuol (6)


今回装着したタイヤは、これまで履いていた

BF GOODRICHの560-15タイヤよりも


外径が10センチ小さいので、車高も下がり


udituikiylotuol (9)


フレーム加工してなくても、べったり下がるようになり


ホイールカッコよくなったら、車高具合も

カッコよくなってしまいまして、どうもすみません


FUNK STA 4 LIFE !!!!!!



[ 2021/08/30 23:59 ] 48 CHEVY FLEETMASTER CONV | トラックバック(-) | コメント(-)