FC2ブログ

EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

1940 MERCURY "BREEZEE"



 M本さんの 1940 MERCURY ”BREEZEE”


2リンク&ラテラルロッド構造だった

リアサスペンションを改良中


あさえうrhflpf998656 (28)


これまで車高が下がると、デフが傾いて

お辞儀してしまう構造だったのを


どの車高でも、常にデフが水平になるよう


あさえうrhflpf998656 (30)


アッパーアームを設定していくと


これまでのエアバックブラケットの

位置と角度だと使えなくなりまして


あさえうrhflpf998656 (23)


エアバックの下側の位置と角度が変わると


上側のブラケット側も位置を変えないと

エアバックが潰れて直径が大きくなると 


あさえうrhflpf998656 (25)


ホーシングやクロスメンバーに近くなって

干渉するようになってくるので


アッパー側のブラケットも作り直しが必要になり


あさえうrhflpf998656 (21)


鉄板を切り出して、エアバックに合わせて


検証した取り付け位置でフィッティングと

マウントボルトの穴を開けていき


あさえうrhflpf998656 (19)


エアバックをホーシングに取り付ける、

ロワー側のブラケットも設計し直しまして


これまでの2リンク&ラテラルロッドだと


あさえうrhflpf998656 (18)


路面の段差や傾きがあっても


デフは上下には動くけど、左右に

斜めに傾かない構造だったので


あさえうrhflpf998656 (20)


リアショックはデフの上下に合わせて


まっすぐ伸縮するだけでいいので、

設置もほぼ垂直に組んでありましたが


あさえうrhflpf7998656 (3)


今回リンク構造を変更して、これからは


路面の段差や傾きを拾って、デフは

左右に傾くようになるので


あさえうrhflpf7998656 (2)


リアショックが垂直に設置されていると


デフが傾く動きに連られて、ショックの

下側の支点が左右に振られてしまい


あさえうrhflpf7998656 (4)


ショックのロッドが曲がってしまうので


今後のデフの動きに合わせて、ショックの

上下の支点位置も変更が必要になり


あさえうrhflpf7998656 (5)


アッパー側のショックマウントブラケットは

新規に設計し直して、製作となりまして


ロワー側は既存のブラケットを摘出し


あさえうrhflpf998656 (26)


適切な位置、角度に合わせて付け直します


アッパーアームをホーシングに組むための

ブラケットと、エアバックブラケットの


あさえうrhflpf998656 (27)


本溶接を終えたら、アッパーアームを

フレーム側に接続するブラケットを


フレームに取り付けしたいけど


あさえうrhflpf998656 (44)


既存のフレームには、適切な場所に

フレームがない構造なので


肉厚の鋼材をフレームの左右に渡して


あさえうrhflpf7998656 (30)


アッパーアームとメンバーがギリギリで

原寸では干渉しない位置ですが


車重が掛かってたわんだりした場合でも


あさえうrhflpf7998656 (27)


アッパーアームを避けるようにノッチ加工


クロスメンバーにアッパーアームの

ブラケットを取り付けするタブを製作 


あさえうrhflpf998656 (29)


ブラケッの位置を調整できるように

タブに穴は長穴で製作しておき、


クロスメンバーの設置を進めます


[ 2024/02/13 17:16 ] 40 MERCURY *BREEZEE | トラックバック(-) | コメント(-)

1962 メルセデス 220SEb カブリオレ



 1962 MERCEDES W111 カブリオ


内装がぱっと見、綺麗ではありますが

シートにひび割れがあったり


hgいrhがwrgk@wろkhpl (17)


ドアパネルに染みがあったり


カーペットも日焼けして、少し

色褪せてきている部分があるので


hgいrhがwrgk@wろkhpl (1)


綺麗にやり直したいなと思っており


今週の17日、18日にパシフィコ横浜で

開催される ”ノスタルジック 2DAYS”に


hgいrhがwrgk@wろkhpl (20)


出展することが決まっているので


綺麗になった状態で展示できるよう

ショーに間に合うように、内装のリメイク中


hgいrhがwrgk@wろkhpl (19)


1月半ばから作業を開始し、ショーまで

1ヶ月を切っていることもあり


急遽、無理を言って引き受けてもらい

hgいrhがwrgk@wろkhpl (18)


古いメルセデスなど、クラシックカーでも

欧州車に特化している業者さんと


内装の脱着作業と、カーペットの張り替えは 


hgいrhがwrgk@wろkhpl (4)


フィットが担当することで作業を分担して

ショーまでに完成させることになりまして


カーペットは日本で製作するのではなく、


hgいrhがwrgk@wろkhpl (5)


車に合わせて裁断済みのものをドイツに

注文したものを使い、張り替えを進めまして


シートの取り付けは一番最後になるので


hgいrhがwrgk@wろkhpl (3)


内装屋さんには、まずはドアパネルや

小物の張り替えから進めてもらい


フロントのドアパネルと、リアシートが


hgいrhがwrgk@wろkhpl (2)


先に完成したと連絡を受けたので


引き取りにいって、ドアパネルの

組み立てを進めていき


hgいrhがwrgk@wろkhpl (14)


サンバイザーやシートなども完成し


内装屋さんに預けたモノがすべて

張り替えが終わっりましたが


hgいrhがwrgk@wろkhpl 7(21)


組み付けをする前に、ここから先は


車から取り外せない構造の部分に

直接、生地を貼ってある部分があり


hgいrhがwrgk@wろkhpl (9)


内装屋さんにフィットに出張で作業に

来てもらって、その部分を張り替えてから


組み立てを進めないといけないので


hgいrhがwrgk@wろkhpl (10)


作業待ちになっているタイミングで大雪。。。。。


出張作業が予定より大幅に遅れた影響で

ショーまでの残り時間が少なくなっていき


hgいrhがwrgk@wろkhpl (11)


やきもきしますが、人気の内装屋さんも

他の仕事でも忙しいので仕方ないですね


幌骨の収納部分の脇のカバー部分と


hgいrhがwrgk@wろkhpl (12)


フロントガラスの上の室内側が直貼りで

赤い革が貼ってあるので、


内装屋さんに来てもらって、それらを


hgいrhがwrgk@wろkhpl (13)


ボルドーの本革に貼り換えてもらったら


カーペットの張り替えと、残りの内装の

組み立て作業を進めていきます


[ 2024/02/12 17:18 ] 62 MERCEDES 220SEb CABRIOLET | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 MERCURY "BREEZEE"



 M本さんの 1940 MERCURY ”BREEZEE”


2リンク&ラテラルロッド構造だった

リアサスペンションを改良中


あさえうrhflpf998656 (14)


改良後も、現在組んであるデフを

引き続き、使用していきますが


アッパーアームをデフに接続する


あさえうrhflpf998656 (15)


ブラケットをデフ玉の上に付けたいけど


現在のGM製の10ボルトデフは

デフ玉の部分の材質が鋳物なので


あさえうrhflpf998656 (16)


鋳物には耐荷重の高い溶接ができず


デフ玉の両脇のホーシング部分は

鉄なので、ホーシング部分に溶接し 


あさえうrhflpf998656 (17)


デフ玉の上にブラケットがくるように

ブラケットのブラケットを製作しまして


アッパーアームの支点になる部分なので


あさえうrhflpf998656 (3)


大きな荷重が掛かってくる部分なので


ブラケットは12mmの厚みのある鉄板を

ベースに使って形を合わせて曲げたら


あさえうrhflpf998656 (4)


アッパーアームを接続するブラケット、


ホーシングに接続する部分や

ねじれや曲がろうとする荷重に


あさえうrhflpf7998656 (24)


耐えるように補強を入れて製作しまして


デフ玉の上に左右のホーシングを渡す

ブラケットが取り付けされるので


あさえうrhflpf998656 (24)


あさえうrhflpf998656 (42)


車高を下げて、デフが上がってきたときに


デフ玉の上に取り付けたブラケットが

クロスメンバーに当たるようになるので


あさえうrhflpf998656 (43)


クロスメンバーの下側を切開して

当たらない高さにしたら


切りっ放しだと、強度が落ちてしまうので


あさえうrhflpf998656 (32)


あさえうrhflpf998656 (33)


切開した開口部分に鉄板を貼って

蓋をして、ノッチ加工していきまして


ホーシングには、これまで2リンクプラス


あさえうrhflpf998656 (36)


ラテラルロッドだった時のアームやロッドを

取り付けるブラケットが溶接されていますが


今後は不要になるので摘出していき


あさえうrhflpf998656 (34)


ホーシングに取り付けしてあった

リアのエアバックブラケットは


これまでは2リンク構造だったので


あさえうrhflpf998656 (37)


車高の上下にデフが水平を維持せず


車高が下がるとデフがお辞儀していき

お辞儀しながらエアバックが潰れるので


あさえうrhflpf998656 (38)


エアバックブラケットは、車高が下がって

デフがお辞儀したときにエアバックが


綺麗に潰れる位置と角度で作られており


あさえうrhflpf998656 (39)


リンク方式を変更して、今後は車高が変わっても

デフは水平に上下するようになるので


今までのエアバックブラケットのままでは


あさえうrhflpf998656 (40)


逆にエアバックが綺麗に伸縮しなくなり

エアバックブラケットも作り直しが必要に。


そのため、ホーシングに溶接してあった


あさえうrhflpf998656 (41)


エアバックブラケットも摘出して、


新しいリンク構造に合わせて

ブラケットも作り直していきます


[ 2024/02/11 17:16 ] 40 MERCURY *BREEZEE | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 MERCURY "BREEZEE"



 M本さんの 1940 MERCURY ”BREEZEE”


2リンク&ラテラルロッド構造だった

リアサスペンションを改良中


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (8)


設計した形状に曲げたパイプに

R-JOINTとソケットを仮組みし


ホーシング側のブラケットを切り出し


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (22)


ホーシングにあてがって、チェックしたら


アッパーアームのフレーム側と接続する

部分もパイプを曲げて製作していき


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (19)


こちらは、先に製作したホーシング側の

パイプと同じ曲げを作ったのちに


そこに繋がるように渡りパイプもあって


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (20)


渡り部分は、デフ玉を避けるように

中央が曲がって逃げていたりと


一発モノですが、複数の曲がりと角度、


あさえうrhflpf998656 (12)


寸法に狂いがないように作っていき


パイプの端の部分は、ホーシング側の

パイプと接続し、フレーム側は


あさえうrhflpf998656 (5)


ブッシュが入る部分のパイプと

接続していくので


パイプどうしが合わさる形状に


あさえうrhflpf998656 (7)


断面をザグっていきまして


強度の必要な部分なので

パイプどうしがしっかり合わせて


あさえうrhflpf998656 (6)


溶接しろも長くとれるようにしたら


捻じれたり、曲がろうとする負荷が

掛かる部分は、しっかり溶接しても


あさえうrhflpf998656 (8)


そのうち、溶接した部分が割れたり、

折れたりする可能性もあるので


力学的に負荷が掛かると想定される所には


あさえうrhflpf998656 (9)


リブを入れて、補強しておきまして


ハーレーのリジットフレームを作る

時に使用する、肉厚パイプなので


あさえうrhflpf998656 (11)


別々のパイプどうしを接続する部分は

溶接がしっかり奥まで届くように


開先をしっかりとって作っておきまして


あさえうrhflpf998656 (13)


まずは点付けで固定していき

アッパーアームが形になりまして


次はホーシング部分に進みます



[ 2024/02/09 09:14 ] 40 MERCURY *BREEZEE | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 MERCURY "BREEZEE"



 M本さんの 1940 MERCURY ”BREEZEE”


2リンク&ラテラルロッド構造だった

リアサスペンションを改良中


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (27)


これまで、デフが前後に傾かないように

ロワーアームのデフ側は


4点で支える構造になっていましたが


ertwertwrtwr546t5wrt6owr (46)


これだと車高が上下したときに

デフが前後に傾いていまうので


ロワーアームをクルマから取り外したら


ertwertwrtwr546t5wrt6owr (43)


下側のアームはこの先も使いたいので


下側のアームを傷めないように、

溶接して一体化してある上側の


ertwertwrtwr546t5wrt6owr (44)


アームを綺麗に摘出して、普通の

ロワーアームの構造にしたら


再びクルマに組み戻していきまして


ertwertwrtwr546t5wrt6owr (45)


このままだと、デフの前後の傾きを

抑える支えがないので


デフが倒れないように固定しながら


ertwertwrtwr546t5wrt6owr (47)


ライドハイトの状態、車高が上下しても

デフが傾かない状態を再現しながら


アッパーアームをどう作るか検証し


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (24)


アッパーアームのデフ側は、デフが

左右にスムーズに傾くように


RIDETECH社のR-JOINTを使用し


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (23)


ボディとフレームの限られたスペースでも


R-JOINTを使ったアッパーアームを

設置できる形状を設計していき、


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (35)


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (36)


卓上でアッパーアームの2箇所の支点を

コンパスを使いながら動きを確認し


形状、寸法を決めていきまして


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (3)


アッパーアームは、鉄パイプを使って

設計した形状に曲げて作っていきます


パイプは強度が必要なので、ハーレーの


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (9)


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (11)


リジットフレームに使用する肉厚管を使用


通常より肉厚で固いパイプを曲げるので

ガスバーナー2丁を同時に使って


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (10)


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (12)


真っ赤になるまで炙って温める人と

曲げていく人に分担して曲げていき


作りたい曲げ形状に近くなってきたら


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (16)


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (15)


先に曲げて作った、”この形に”という

治具代わりのパイプを使いチェック


同じ形状になるように曲げていき


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (13)


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (14)


作りたい形状に曲げ終わったら、


ゆっくり冷ましたのち、パイプを

必要な部分で切断しまして


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (18)


R-JOINTをパイプの端に取り付けて


ネジで位置を調整できるソケットを

曲げたパイプに差し込めるように


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (5)


パイプの内径をソケットと合うように加工。


ソケットはパイプの端に溶接するだけだと

使用中に荷重が掛った時に 


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (6)


しっかり溶接しても、溶接した部分が

溶接の熱で固くなり、折れやすいので


ソケットの先端をパイプの内側に差し込み


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (4)


ソケット、パイプの両側に、深くまで溶かして

溶接ができるように開先を入れて


しっかり接合することで、折れない構造にします


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (8)


アッパーアームのデフ側に接続する

R-JOINT部分が出来たら


次はフレームと接続する側の製作を進めます


[ 2024/02/06 17:46 ] 40 MERCURY *BREEZEE | トラックバック(-) | コメント(-)

1940 MERCURY "BREEZEE"



 M本さんの 1940 MERCURY ”BREEZEE”


2リンク&ラテラルロッド構造の

リアサスペンションを加工となり


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (37)


2リンク&ラテラルの構造は、もともと

リアが板バネ構造のクルマなど


板バネの枚数を減らして車高を下げたり


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (2)


板バネの取り付け部分をブラケットに

利用してロワーアームを組みやすく


アッパーアームを設置しないことで


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (1)


スラムドするクルマは、車高を下げると

アッパーアームがフロアに当たるので


アッパーアームを避けるための


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (29)


フロア加工や、リアシートの加工が

不要になるメリットはありますが


車高の動きにともなって、デフが前後に傾き


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (28)


ペラのユニバーサルジョイントや

ピ二オン部分に角度が付いてしまい


負担が掛かって壊れ易くなるのと


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (38)


段差を乗り越えたり、カーブ中に

ロールしてもデフが傾かないので、


ボディごとロールするようになり


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (39)


制動や乗り心地があまり良くないので


現在の2リンク&ラテラルの構造に

アッパーアームを追加して


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (40)


ラテラルロッドを撤去していきます


現在のアッパーアームが無い構造の

リアサスペンションに合わせて


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (41)


ボディ側もフロアやひな壇が作られてるので


塗装も終えて、組み立てをしている段階の

今からボディ側を切って加工するは困難で


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (42)


ボディ側への加工は塗装を傷めず

かつ、最小限にとどめながら


アッパーアームを追加するために


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (27)


レーザーを飛ばしながら、各部の動きと

寸法を計測して、構造を検証していき


デフ側のロワーアームのブラケットが


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (25)


溶接してある位置が左右でズレており


デフと接続するボルトも無理しないと

脱着できないので、このままでは


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (26)


無理しているブッシュは、短命になるし


厳密にはデフが傾いて付いてて、

左右のホイールベースが違っているので


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (31)


レーザーでデフが並行になる位置をだし


ブラケットを切断して、正しい位置で

再溶接しておきまして


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (32)


加工した部分の仕上げは後ほど

デフを外した時に行うことに


スペースがない中に、どうアッパーアームを


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (33)


組んでいけばいいのか検証したら


フレームにアッパーアームの前側を

支えるためのクロスメンバーを


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (30)


Cノッチしてあるフレームの前側に設置


肉厚があって強度のある鋼材を

メインフレームにしっかり溶接するため


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (34)


インナーフェンダーの一部を切開して

アクセスできるようにしまして


次はアッパーアームの製作を進めます


[ 2024/02/05 15:49 ] 40 MERCURY *BREEZEE | トラックバック(-) | コメント(-)

1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE



 1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE


75年前のクルマですが、快適仕様へ

アップデートする作業を進めてまして


pdfapkfekgdlkgdgsg98f9dafa (2)


ボディのレストアと鈑金作業を終えて

組み立てを進めまして


フロントガラスやクォーターガラス、


pdfapkfekgdlkgdgsg98f9dafa (1)


トランクリッドにリアフェンダー、


コアサポートにフロントフェンダー、

インナーフェンダーと組み立てが進み


99qeqe88fefe44f4fepor (25)


フロントフェンダーとインナーフェンダーを

連結して固定するブラケットは


表からボルトを入れて、裏側でナットで


99qeqe88fefe44f4fepor (26)


固定する構造ですが、裏側が狭く

手や工具を入れるのがタイヘンなので


この段階で裏側にナットを溶接して


99qeqe88fefe44f4fepor (27)


周りに何もなく、広々と作業が出来る

表側からボルトを取り付けるだけで


ブラケットを固定できる構造にしておき


99qeqe88fefe44f4fepor (28)


ブラケットに開いている穴は、


皿ネジ用でテーパー状になっており

ネジを入れれば芯が出るつくりですが


99qeqe88fefe44f4fepor (29)


フェンダーやインナーフェンダーの

穴位置とピッタリと合わず


1箇所、皿ビスの収まりが悪くて


99qeqe88fefe44f4fepor (30)


コアサポートの横につくブラケットで


皿ビスが1本、綺麗に穴に収まって

いないと、見えてしまって残念なので


99qeqe88fefe44f4fepor (31)


ブラケット側を切断して、3つの穴の

芯がピタリと合って、皿ビスが


全部綺麗に収まる位置で再溶接


sdfapfpefppepp;l887 (5)


加工を終えたら、再び強い錆び止めの

エスコを塗ってから組み付けしまして


綺麗に本番の塗装を終えてから


99qeqe88fefe44f4fepor (33)


組み付け中にこのような事態に気付いても

綺麗に塗装を終えていたら


切ったり、溶接したりと加工ができず


srwertewrtwe (24)


建て付けが合わせきらなかったり

無理をした組み付けになったりするので


すべて分解して部品ごとに修復したり


srwertew114rtwe (13)


カスタムを進めてきたので、それらを

一度全て組み立てしていき


組み立てる時に問題がある部分がないか


gywteywetyq5eywrt (29)


確認しながら、問題がみつかれば

この段階で対処しておきます


エンジン、オートマも変更になって


99qeqe88fefe44f4fepor (20)


純正の直6&マニュアル3速ミッションから

LS3エンジンと、4L60Eに変更になり


マニュアルミッション用のコラムシフトは


99qeqe88fefe44f4fepor (21)


純正コラムがフリートらしくてカッコいいので


純正コラムをそのまま使って、4速オートマを

操作できるようにカスタムしてきたので


99qeqe88fefe44f4fepor (23)


カスタムした純正コラムも組み付けし

オートマのシフトリンケージと接続


V8とパワステ化でスペースが無くなり


99qeqe88fefe44f4fepor (22)


それでもスムーズにギア操作ができるよう


ハイムスジョイントや振り角が増える

テーパー状のカラーを入れたり、


99qeqe88fefe44f4fepor (24)


省スペースで組めるように旋盤で

カラーを作って接続しまして


純正コラムを使ったシフターが完成です



[ 2024/02/04 16:18 ] 48 CHEVY FLEETMASTER CONV | トラックバック(-) | コメント(-)