FC2ブログ
ホーム > カテゴリー - 59 CHEVY APACHE * アパ太郎  

1959 APACHE


 I原さん の  1959 アパッチ、 ” アパ太郎 ”


以前、 シフトノブを 変えたいと 持ち込んでくれた

スケートボードの ウィール型 シフトノブ。
 

20191019212037ecd1 (17)


20191019212037ecd1 (25)


シフターに 取り付けできるよう、 アルミ製の 

アダプターが 付属していて


なるほど、 うまいこと 作る人がいるんですね


20191019212037ecd1 (13)


ただ、 アパ太郎には そのアダプターだと 


長さが短すぎて ノブ位置が ステアリングの 

裏になってしまい 操作が しづらいのと


20191019212037ecd1 (19)


取り付けの ネジが 国産車用で あわないので


操作しやすい 位置に来るように 長さを 検証し

A田くんに アルミの 無垢棒から 削り出してもらいまして


20191019212037ecd1 (1)


形状は、 もとのアダプターを 長くしただけだと

ただの アルミの 棒になってしまい、 カッコ悪いので


途中に 握り易いカタチに 絞りを 入れてもらい


20191019212037ecd1 (14)


20191019212037ecd1 (10)


20191019212037ecd1 (16)


片側は シフトレバーの 取り付け部分の 先端が

段々 太くなってくる テーパー状に なっているので


そこに 自然につながるように 削ってもらいまして


20191019212037ecd1 (15)


20191019212037ecd1 (11)


20191019212037ecd1 (12)


もう 片側も、 ウィールの 取り付け部分に 合うよう 

寸法を 合わせて 削ってもらいまして


アパ太郎用の SK8 シフトノブ アダプターが 完成。 


20191019212037ecd1 (9)


20191019212037ecd1 (8)


アダプターが 完成したら、 クロームの シフトレバーと

質感が合うように メッキ加工に 出しまして


メッキも 仕上がってきたので、 アダプターを お届けしたら 


20191019212037ecd1 (26)


20191019212037ecd1 (27)


I原さんが アパ太郎に 取り付けしてくれまして 


写真も 撮って送ってくれて、 いい感じだよと 

喜んで頂けまして  ナニヨリです。


20191019212037ecd1 (22)


次は オリジナルの ステアリングが 経年劣化で 

ひび割れしてきたので、 新品ステアリングに 交換し


ボディ同色ではなく、 違う色に 変更して 楽しむそうです


VIVA! S庭道場 !  VIVA !  I原さん !!!!!!



[ 2020/04/02 05:29 ] 59 CHEVY APACHE * アパ太郎   | トラックバック(-) | コメント(-)

1959 APACHE



 I原さん の  1959 アパッチ、 ” アパ太郎 ”


ACCUAIRの 誤作動 修理と、 エア漏れの 修理で

昨年 クリスマス前に 預かりまして
 

xcvsfdvs (55)


たまに出る 誤作動の 原因は ECUの 不良と 判明し

ECUを 新品に 交換して、 再設定 し直しまして


ACCUAIRは E-LEVEL KITの コンポーネント以外に


xcvsfdvs (62)


不具合が あるまま 乗っていると、 ECUが 短期間で 

壊れるようで、 アパ太郎は 1年間で 2回目。。。。。


ようやく ECUが 壊れる 根本の 原因を 掴めたので、 


fsgふぁsgdgくぁ (6)


これで 今後は 心配なく 乗れることと 思います


以前 電磁弁を 交換後、 エア漏れしだして、 

1週間くらいで 車高が 下がってくるようになり、 

 
fsgふぁsgdgくぁ (5)


先日、 左リアの 車高が 下がっているのに 気付かずに

駐車場から 走り出してしまったとのことで、  


タイヤ止めが リアバンパーに 引っ掛かり、 めくれまして


xcvsfdvs (57)


バンパーは アメリカに 注文し、 エア漏れは ごく 微量で

洗剤を 掛けながら 点検しても 解らないので、 


チューブ、 フィッティング類も 全交換し リフレッシュ。


fghwtrh (3)


タイヤも I原さんから 預かった 新品タイヤに 組み換えし、


年末に 試運転を 重ねていても、 ACCUAIRの 誤作動は

症状が 出ないので  ヨシと しまして


fghwtrh (1)


エア漏れは 1週間くらいで 下がってくるとの 事だったので

修理できているかは 最低でも 1週間の 様子見が 必要。


なので 年末年始の 休み中も 預かって ガレージ内に 駐車し
 

fghwtrh (2)


12月26日から 1月6日まで、 12日間 停めておいて


正月明けに 出社したときは、 車高が 下がっていないか

ドキドキ しながら ドアを 開けまして、、、、、


fsgふぁsgdgくぁ (4)


おーっ、 車高 下がってなくて ナニヨリ。。。。。。


気持ちも リフレッシュし、 新年 出社 早々に 

がっかりしなくて済んで 良かったです


fsgふぁsgdgくぁ (2)


ACCUAIRの 誤作動、 エア漏れ、 マフラー ゴム修理、

タイヤの 組み換えを 終えて、 リアバンパーは 


アメリカから 到着次第 交換する事にして、 アパ太郎を 返却へ。


gfれくぇg


今回も  I原さんの 会社近くの 恵比寿 ガーデンプレイスで 

I原さんと 待ち合わせし、 クルマを お返ししまして


あちこち 乗り回して、 楽しんで 頂きたいと 思います


VIVA! S庭道場 !  VIVA !  I原さん !!!!!!

   


[ 2020/01/11 07:27 ] 59 CHEVY APACHE * アパ太郎   | トラックバック(-) | コメント(-)

1959 CHEVY APACHE



 I原さん の  1959 アパッチ、 ” アパ太郎 ”


フロント フェンダー に 装着されている モールの 

カラーリングが これまで ネイビー でしたが、 


IM445788G_2016 (3)


カラーを 変更したいと 相談を 頂きまして


CEHVROLET APACHE と  31の 

文字の 表面だけを ホワイトに ペイントし


31の文字の 背景の 溝部分だけを レッドにとの 要望で


IM445788G_2016 (2)


モールは I原さんが アメリカから USEDを 買ってきてくれたので


それを これまで アパ太郎の 塗装を お願いしてきた

Mりさんに 送って、 今回も お願いしまして


と、 言っても 連絡するのを 忘れて モールだけ 送ってたみたいで、、、、 


xcvsfdvs (67)


「  何か 届いたけど、 なに!?  嫌な 予感しか しないんだけど、、、 」  

と、 Mりさん から  嫌そうに 連絡 ありまして、、、


かくかく しかじかで、 そんな 感じに 塗装 お願いします!

 
xcvsfdvs (66)


と、 一方的に 依頼内容を 伝え、 ガチャ切り しまして


すぐに 携帯の 電源 切って、 「  嫌だよ! 」  と 

言わせない 状況を 作ったら  仕事に 戻りまして


xcvsfdvs (65)


「  ざけんなよ!  超 マスキング 地獄だよ! 」  と、 


なんか 大変だったみたいで、、、、 どうも すみまめん、、、、、 

その後も 会うと しばらく 文句 言われてましたが、、、

 
無事  モールが 届いたので  装着しようと 思ったら


xcvsfdvs (64)


裏側の 取り付け用の スタッドボルトが ほとんど 折れ込んでて

モールも 歪んでて 付きません の 刑。。。。。。


DAICHI に 折れてる スタッドを 抜いて 新調してもらい

 
xcvsfdvs (63)


歪みも 直して 取り付けて もらいましたら

だいぶ 雰囲気 変わって、  いい感じに なりました


そんな アパ太郎くんは、 ACCUAIRの タッチパッドに


xcvsfdvs (55)


リアの 電磁弁に 作動不良の 表示が 出るようになり

預かって 点検 修理を 進めて いくことと なりまして


つい 数ヶ月前にも たまに 左リアの 上げ部の 電磁弁に 


xcvsfdvs (59)


エラーが 出るとのことで  預かって 点検したときには 

全然 エラーが 出なかったので 原因を 特定できず


念のため 電磁弁を 新品に 交換して 様子を 見ていましたが

 
xcvsfdvs (58)


最近 右リアの 上げ部に 電磁弁エラーの 表示を するようになり、 

ここのところは エラーが 出っ放しに なってるとの事で


症状が 出ていると、 正しい 診断が できるので


xcvsfdvs (60)


ようやく 原因を つかめて、 あー スッキリ。


電磁弁の エラー表示は、 実際に 電磁弁に

不具合が 発生しているのではなく

 
xcvsfdvs (61)


ECUの 不良で エラー表示が 出てしまい

正しい 作動を しなくなって いまして


ECUを 新品に 交換したら エラー表示は なくなり


xcvsfdvs (62)


元の ECUに 戻すと、 やはり エラーが 出るので

ECUの 不良で 間違いないようです


ACCUAIRの 作動不良も 解決しまして、 


xcvsfdvs (52)


続いて エア漏れの 修理も 行っていきます。  


数か月前に 電磁弁の 不良を 疑って 電磁弁を 交換したら、 

それ以後 エア漏れするように なってしまい


xcvsfdvs (53)


駐車場に 停めておくと、 数日~1週間程度で

車高が 下がってきてしまう とのことで


アパ太郎を 製作してから 4年近く 経ったので 


514356566656hfg (1)


電磁弁の 接続部分を 含め、 フィッティングや ホースも

一通り 新品に 交換して、 エア漏れテスト しまして


目視できる 漏れは 無いようなので、 数日 放置して


xcvsfdvs (68)


車高が 下がってこないか テスト していきます


先日、 駐車場に 停めていて、 リアの 車高が 

落ちているのに 気付かずに 走ってしまったそうで


xcvsfdvs (69)


タイヤ止めに リアバンパーや マフラーが 引っ掛かって

バンパーが 歪んでしまい、、、、、


マフラーの ゴムも 切れてしまった そうなので


xcvsfdvs (71)


左右の マフラーゴムの 交換と、 他の ゴムも 点検。


ゴムを 取り付ける ブラケットも 引っ張られて

曲がって しまっていたので  修正しまして


xcvsfdvs (54)


装着してる VOGUE CUSTOM BUILT タイヤの

ホワイトリボン部分が 黄ばんできて しまいましたが


VOGUE タイヤの リボン部分には、 文字や 刻印があって
 

xcvsfdvs (57)


綺麗に 掃除しきれない 構造なので、 うーん 残念。。。。。。


ホワイトリボン部分は 綺麗にして 乗りたいとの事で

新しい タイヤに 組み換えちゃってくれと

 
xcvsfdvs (56)


I原さんが  知り合いの タイヤ屋さんに 頼んで

新品タイヤを 取り寄せて 積んできて くれたので


タイヤの 組み換えも 済ませまして

 
514356566656hfg (2)


あとは 数日 経っても 車高が 下がらなければ  試運転し  

ACCUAIRの エラーが 解消されているか チェックして 


クルマを I原さんに  お返ししたいと 思います


VIVA! S庭道場 !  VIVA !  I原さん !!!!!!




[ 2019/12/22 06:31 ] 59 CHEVY APACHE * アパ太郎   | トラックバック(-) | コメント(-)

1959 APACHE 



 I原さん の  1959 アパッチ、 ” アパ太郎 ”


以前、 軽井沢への 旅行に 乗っていった際

ソフトクリーム屋さん で 一息 入れて


IMstaG_2089 (17)


さて、 次 行こうと 思ったら、  カチン、カチン、、、、 と

キーを ひねっても スターターが 回らず


エンジン 掛かりません の 刑に なりまして


IMstaG_2089 (18)


旅行先から どうしたら いいですかー!? と、 電話 もらいまして


カチン、 カチンと 音がするので、 スターターまで 

電気は 行ってる ようですが 回らないので


IMstaG_2089 (19)


マグネット スイッチが 駄目なようで、  その後

少し 冷ましたら  掛かるようになって


その後、 3ヶ月で 3回 同じ 症状が 出たので


IMstaG_2089 (20)


今後、 最悪の 事態に ならないように、 スターターは

新品に 交換 しておく ことに しまして


これまでの スターターを 外して みたら


IMstaG_2089 (1)


純正部品の デルコ製が 付いて しましたが


スターターと マフラー が 指1本の クリアランス なので

マフラーの 熱が マグネット スイッチに 伝わって 


IMstaG_2089 (2)


IMstaG_2089 (3)


作動 不良が 出る 可能性も あるので


スターターは 新品に 交換して、 ついでに

ヒートシールドを 製作して、 追加することに。


IMstaG_2089 (21)


IMstaG_2089 (22)


型紙を 作って 鉄板を 切り出し、 ぺろぺろ しないよう

リブを 入れて 作ったら  塗装 しまして


裏側には 念のため 断熱シートを 貼り付け しまして
   

IMstaG_2089 (5)


IMstaG_2089 (7)


マフラー と スターターの 間に 取り付け しまして


続いて、 ACCUAIR で ②を 設定し 走行中に 

勝手に 車高が 落ちてしまう 症状が 


IMstaG_2089 (12)


こちらも 3ヶ月に 数回の 頻度で 発生して まして


以前、 ECU 変えたり、 タッチパッド 変えたり、 

電磁弁を 変えても  症状が 改善されず


IMstaG_2089 (11)


先日も 走行中に 勝手に 車高が 下がる 症状が 発生し

道路に ボディの 下を ヒットして しまったので


運転席側の フェンダーの 建付けが 狂ってしまい

 
IMstaG_2089 (10)


助手席側の ベッドの 前側も、 外側に 大きく

開いて しまったとのことで、 そちらも 修理していきます


ベッドの 変型は、 クルマを リフトで 持ち上げて 裏側を 見たら


IMstaG_2089 (9)


ベッド前側に 入ってる 裏骨が、 後ろに 押されて 


への字に 曲がり、 コの字型の 鋼材なので

弱い 外側にも 開いて しまっている 状態でして


IMstaG_2089 (13)


IMstaG_2089 (14)


鋼材を 綺麗に コの字型に 直すには、 ベッドを 降ろさないと

スペースが 無くて  修正できなかったので


それは 将来、 降ろす 機会が 来たときに やることにして

 
IMstaG_2089 (15)


今回は、 走行と 強度に 支障が 出ないような

修理を 施しておき、  ベッドの 変型も 修正。


運転席側の フェンダーの 建付けも 修正し


IMstaG_2089 (16)


ボディの 修理は 完了 したので、 次は ACCUAIR の 

作動 不良を 起こす 原因調査に 進みまして


これまで、 リアの ハイトセンサー位置は、 センサーアームの 


Ilhgl57MG_2132 (1)


旋回角度を フルに使うことで、 検出精度を あげようと

フルストロークする 位置で 組んでいましたが


スリーホイラー したときに、 片側が 引っ張られ


IMkkuiytG_2101 (3)


センサーアームが 反転したり、 折れることが あったので、

テレスコ化した ロットに 変更して 対策して いましたが 


沖縄から 東京に 戻ってから、 同症状が 出るようになったので


IMG_0vnxbgdf235 (17)


テレスコロッドを 調べてみたら、  伸縮部分に 錆びが出て 


動きが 悪くなっていたので、 スムーズに 伸縮せず

伸びたまま 戻らない 状態を 保持して しまうと、 


IMkkuiytG_2101 (2)


サスペンションの 動きや 振動など、 何かの拍子に

戻った時に、センサーの 抵抗値が 急に 変化するので、


ECUは 大きく 車高が 変わったと 認識してしまい、 


IMkkuiytG_2101 (1)


それを 補正しようと、 大きく 車高を 下げる 動作を

行ってしまうのかも しれません


なので 今回、 テレスコロッドは 取り外す ことにして 


IMkkuiytG_2101 (5)


スリーホイラー しても  アームが 折れないよう、 


センサーの 旋回範囲を 小さくするために、 センサーを 

前側に リロケートする 位置を検証し、 ブラケットを 製作。


Ilhgl57MG_2132 (2)


ロワーアームが 水平時に、 センサーアームも 


水平になるよう、 センサーロッドの アームへの 

取り付け位置も 変更し、 試運転を 進めます



[ 2019/10/22 17:28 ] 59 CHEVY APACHE * アパ太郎   | トラックバック(-) | コメント(-)

1959 APACHE



 I原さん の  1959 アパッチ、 ” アパ太郎 ”


たまに ACCUAIR が 誤作動を 起こすようで  

点検、 処置 していく ことと なりまして


IM445788G_2016 (28)


PATINA トラック ですが、 ガラス と バンパーは

新品を 組んで、 室内も 綺麗に 仕上げてあって


I原さんも いつも ピカピカに 維持して くれてるので


IM445788G_2016 (10)


作業中に 傷を 付けたり、 汚して しまわないように、

まずは 養生作業から はじまりまして


ガラスや バンパー、 室内と 作業に 絡む部分を 養生 したら

  
IM445788G_2016 (11)


フロント フェンダーに 付いている サイドモールの

” 31 ”の 周りが ネイビーなのを 


「  赤く 塗り替えたい 」  との事なので


IM445788G_2016 (3)


ホイールの センター キャップの ” CHEVROLET ” の

文字の色に 合せた 赤に塗ることに なったので


アパ太郎の 室内などを 塗ってもらった Mりさんに お願いして


IM445788G_2016 (2)


センターキャップを 色見本に してもらうので 

ホイールから 外して  モールと 一緒に 送りまして


アパ太郎を 製作してから 3年ちょっと 経過したので


IM445788G_2016 (4)


バッテリーの 寿命が 来る前に、 そろそろ

交換 しておこうかと 話が 出ましたので


バッテリーの 性能の 低下を 計測できる

 
IM445788G_2016 (5)


バッテリー アナライザーで 診断して みましたら


CCA値も 落ちてないし、 まだまだ 使えそうなので

次回の 車検時に 再計測して 考えると しまして  


IM445788G_2016 (6)


I原さんが  「 コレ 付けられるように してほしい 」  と

購入した シフトノブを 持ってきて くれまして

 
スケートボードの ウィールが シフトノブに なってて


i-img1200x900-1557205423bz9dlf1790906.jpg


アルミの アダプターを 作ってあって、 


シフトレバーの 先端に ねじ込んで 

取り付け できるように なってまして


i-img1200x900-15572054239cpybw1694388.jpg


面白いの 作ってる人が いるもんですね


アダプターの ネジは M10で 作ってありますが

アパ太郎の シフトレバーは、 シャフトに なってて


IM445788G_2016 (1)


ねじ山が ないのと、 シャフトも 約8mmと 細いので

この シフトノブは 取り付けが 出来ませんで


また、 恐らく コレは フロアシフター用と 思われ


IM445788G_2016 (7)


アダプターの 全長が 短い 構造なので


コラムシフトの アパ太郎に 取り付けたと すると

これまでの 長さのある シフトノブよりも 


IM445788G_2016 (8)


IM445788G_2016 (9)


だいぶ 短かくなるので、 位置的に ステアリングの 

裏に なってしまい、 操作 しづらいから、


長い アダプターを 作って 付けてほしい と なりまして


IM445788G_2016 (12)


I原さんは どの位置に ノブが来ると 操作しやすいか

現物を 使って 確認してみたら、 


シフトレバーから ノブまで 100ミリの 位置と わかったので


IM445788G_2016 (18)


A田 くんに アルミの 無垢棒を 旋盤で 削ってもらい

ワンオフ アダプターを 製作して もらいまして


まっすぐ 削ると、 100ミリの 棒みたいで カッコ悪いので


IM445788G_2016 (19)


握ったときの 質感が いいのと、 見栄えも いいように

絞りを 入れた 形状に しようと なったので


絞りの形状は、 アパ太郎に 似合うようにと A田くんに お任せし


IM445788G_2016 (20)


シフトレバーに 接続する 部分は、 スムーズな

テーパー状で  細く 絞っていき


最後は シフトレバーの 径に ぴったり 合わせてあり


IM445788G_2016 (16)


IM445788G_2016 (15)


ウィールと 接続する 部分も、 真っ直ぐ 終わらせると

カッコよくないから と、 微妙な 絞りを 作り


ウィールも スムーズに 回るように 作りまして


IM445788G_2016 (14)


IM445788G_2016 (13)


流石、 熟練の 機械加工 職人ですね


元々 付属していた アダプターと 比べると

複雑で 滑らかな 形状に 作られており

 
IM445788G_2016 (17)


手間は 掛かってますが、 断然 カッコいい。


I原さんの 要望に 合せて、 世界中で 他に 誰も 

持っていない アダプターが 完成 しまして


IM445788G_2016 (24)


シフトレバーも ステアリング コラムから 分解し


シャフトだった 先端部分を  アダプターに 作った

雌ねじに 合うよう、 径を削って ネジを 切りまして


IM445788G_2016 (21)


IM445788G_2016 (23)


コラムに 組み戻して、  削り出した アダプターと

ウィールの  シフトノブを  取り付けしまして


ガラスも ステアリングも 養生してあるので 見づらいですが


IM445788G_2016 (27)


I原さんの 付けたかった  好みの シフトノブが、 

I原さんの 理想の形で 削り出して、 


I原さんの 一番 操作しやすい 位置に 付きまして


IM445788G_2016 (26)


”  出来たら いいな ”  が カタチに なるって 素晴らしい。

次は ACCUAIR の 点検に 進みます


VIVA! I原さん !!!!   VIVA!  A田くん!!!!!



[ 2019/10/20 09:55 ] 59 CHEVY APACHE * アパ太郎   | トラックバック(-) | コメント(-)