ホーム > カテゴリー - 59 CHEVY APACHE

1959  APACHE



 ”  APACHE  プロジェクト ”   進めて まして


Z-ING した  リア フレーム に   デフ を  あてがい

ライド ハイト の 位置 に 合わせて、  治具 で  固定。


IMmllkmgsfljgihsfigj;sf[gG_0588 (22)


リーフ スプリング を  撤去 し、  4 リンク化 するので


ライド ハイト の 位置 で  最適 な ジオメトリ に なるよう

セット アップ していきます


IMG_0lkjhigyftdt[609 (13)


今回、  4 リンク は  トライアングル タイプ を  採用。


ライド ハイト時 に、  各 アーム 角 が  水平 に あるのが

最適 な  セット アップ と なるので


IMG_0lkjhigyftdt[609 (28)


22 インチ ホイール を  装着 した  デフ の 高さ を 計算 し


前側 の  ブラケット は、  ホーシング側 と  ロッド で  つなぐと、  

ロッド が  水平 に なる  メイン フレーム の 下 に  セット。


IMG_0lkjhigyftdt[609 (29)


続いて、   アッパー アーム の  セット アップ に  進みまして


アッパー アーム も  水平 に  なるよう、  治具 を 組んで

治具 に  アーム を  乗せて みると、


IMG_0lkjhigyftdt[609 (27)


後ろ側 の  ブラケット を  ホーシング の 上 に  取り付けたら


前側 の  ブラケット は  メイン フレーム の  どこに 付ければ

良いのか、   アーム の  長さ から  導き出されまして 


IMG_0lkjhigyftdt[609 (5)


理想 の ジオメトリ に くる  位置 に  取り付けようと すると 


汎用 4 リンク KIT に  付属 していた、  アッパー アーム の

ブラケット では  形 が 合わず、  ”  届きません の 刑 ”


IMG_0lkjhigyftdt[609 (4)


IMG_0lkjhigyftdt[609 (6)


そこで、  足りない 距離 の  型紙 を とったら、


ブラケット と 同じ、  4,5mm 厚 の  鉄板 を  切り出し

汎用 ブラケット に  足りない 分 を  付け足しまして、  


IMG_0lkjhigyftdt[609 (3)


  
メイン フレーム は  コの字型 で、  ブラケット を  

付けたい 面 が  凹んでいるので、  


厚い 鉄板 を  切り出し、  前側 の  ブラケット を  


IMG_0lkjhigyftdt[609 (8)


IMG_0lkjhigyftdt[609 (9)


メイン フレーム に  取り付けると、  コの字型 が  

箱状 に なって  強度 が 出る 構造 に したら、  


念の為、  裏面 にも  補強 を 入れまして


IMG_0lkjhigyftdt[609 (10)


IMG_0lkjhigyftdt[609 (12)


ボクシング 加工 しながら   取り付ける  

前側 の  ブラケット に  作り直したら


メイン フレーム に  取り付け されました


IMG_0lkjhigyftdt[609 (11)


続いて、  アッパー アーム の  後ろ側、


ホーシング の 上側 に  取り付ける

ブラケット に  進みまして


201702220319142cal.jpg


20170222031915c43j.jpg


こちらも  汎用 KIT なだけに、  今回 の 

理想 の 位置 に  セット アップ すると


ブラケット の 形 が  全く 合わず、  届きませんで、、、、、


IMG_0lkjhigyftdt[609 (14)


こちら も  足りない 分 の  型紙 を  とって

同じ 板厚 の  鉄板 を  切り出しましたら


ナンか   武器 みたいな  形 に  なりました。

 

IMG_0lkjhigyftdt[609 (15)


IMG_0lkjhigyftdt[609 (16)


ちょうど  仕事 を  終えた   カウパー氏 が、   


パソコン の 前 で、  両手 の  人指し指  だけで   

キーボード を   つくつく と   つついて、


IMG_0lkjhigyftdt[609 (19)


メガネ を  落とした   のび太くん  みたいな  目 で

エロ 動画 を  検索 して   見入っているので、、、、、


武器 みたいな   鉄板 を   思い切り  投げつけたら


IMG_0lkjhigyftdt[609 (20)


刺さって、  「  あんっ ! 」  って、  痛がるか  

試して みたいと  思います。。。。。。


はりきって   投球 練習 してましたら


IMG_0lkjhigyftdt[609 (21)


「  溶接 するんで  返して ください 」   と、

S庭 師範 に  武器 を  取り上げられまして、、、、、、


カウパー氏 は   あれほど  ダメだ と 言ってるのに、   


IMG_0lkjhigyftdt[609 (7)


職場 で  オナニー はじめて、  いきそうな 顔 してるので


パソコン の 画面 を   エロ動画 から、 

中村 玉緒 に  切り替えましたら


t02200182_0400033012429698882.jpg


「  あ~っ、、、、、、 」    って   メガネ 落とした  

のび太くん  みたいな  顔 しながら   逝きました


形 が 合わず、  継ぎ足した  ブラケット も  


IMG_0lkjhigyftdt[609 (22)


IMG_0lkjhigyftdt[609 (23)


溶接跡 を  綺麗 に 仕上げて   取り付けたら

ご覧 の ように、  ぴったり の 形 に  なりまして


4 リンク の  セット アップ が   完了 です


IMG_0lkjhigyftdt[609 (26)


次 は、  リア の  エアバック の  セット アップ と

ベッド を  支える  マウント の 製作 に  進みます


VIVA !   S庭 道場 !!!!!!



[ 2017/02/25 06:03 ] 59 CHEVY APACHE | トラックバック(-) | コメント(-)

1959  APACHE



 ”  APACHE  プロジェクト ”   進めて まして


リア フレーム を  加工 しても、  同じ 位置 に

狂わず  バンパー を  組み戻せるように


20170214_203859.jpg


治具 を  組んだら、  フレーム が  3分割 されまして

”  まな板の 上の  鯉 ”  状態 に。


途中 の  フレーム が  抜き取って  運ばれまして


 20170214_203846.jpg


まずは  4 リンク化 に  伴って、  使わなくなる

リーフ スプリング の  マウント を  撤去 します


マウント は  メイン フレーム に  リベット 留め なので


IMmllkmgsfljgihsfigj;sf[gG_0588 (1)


リベット を  揉んで、  外してしまえば  すっきり しますが


前後 とも、  ベッド の  荷重 を  支える、  

クロス メンバー と  共締め されている  構造 なので
 


IMmllkmgsfljgihsfigj;sf[gG_0588 (36)


リベット を  壊してしまうと、  クロス メンバー も  外れて しまいます


前後 の  クロス メンバー は、  フレーム の 剛性 にも

大きく 影響 している 部分 なので


IMmllkmgsfljgihsfigj;sf[gG_0588 (2)


撤去 してしまうと、  強度 不足 に  陥いりますので、  

リベット を  壊して  撤去 せず


リーフ マウント だけ  ガス で 切断 し、 処理 しまして


IMmllkmgsfljgihsfigj;sf[gG_0588 (3)


続いて、  メイン フレーム の  幅 に  合わせた

12 mm 厚 の  鉄板 を  切り出しまして


計測 と、  検証 に  基づいた 位置 に


IMmllkmgsfljgihsfigj;sf[gG_0588 (4)


抜き取った   中間 部分 の  フレーム を  持ち上げて


レーザー レベル を  使いながら、  誤差 1 mm 以内 で

高さ を  合わせたら、  鉄板 を  仮溶接 しまして


IMmllkmgsfljgihsfigj;sf[gG_0588 (8)


切り出した  板 を  そのまま  隙間 に 入れると


板 の 厚み  2枚分 の、  合計  24 mm 

寸法 が  後ろ に  ずれて  狂って しまうのと


IMmllkmgsfljgihsfigj;sf[gG_0588 (5)


溶接 しろ を  増やして、  強度 を 増すために


鉄板 の 板厚 の  半分 が、  フレーム に  食い込むよう

メイン フレーム に  加工 を して  はめ込みまして  


IMmllkmgsfljgihsfigj;sf[gG_0588 (9)


写真 を 見ると、   ちょうど  板 の 厚み の  


半分 が  メイン フレーム に  喰い込ませてあるのが  

お解り 頂けると 思います


IMmllkmgsfljgihsfigj;sf[gG_0588 (10)


中間 部分 の  フレーム が  持ち上がって  

固定 されたと なると、  もう  お解りですね


リア フレーム も、   Z-ING 加工 と  なりまして


IMmllkmgsfljgihsfigj;sf[gG_0588 (15)


クーペ や  ワゴン と 違い、  フレーム 丸ごと  持ち上げても

トラック は   室内 への  影響 が ないので


ホーシング 部分 を  逃げるように  C ノッチ するのでは なく


IMmllkmgsfljgihsfigj;sf[gG_0588 (16)


フレーム を  丸ごと、  高い 位置 に  移設 と なりまして


ナゼ、  Z-ING なのかは、  作業 の  進捗 に 合わせて

付随 する  加工 の 際 に  説明 していきたいと  思います


IMmllkmgsfljgihsfigj;sf[gG_0588 (14)


中間 部分 の  高さ を  決めたら、  新たに

鉄板 を  切り出し、  カタチ が 合うように


ガス で 炙って、  曲げて いきまして
 


IMmllkmgsfljgihsfigj;sf[gG_0588 (12)


デフ を  位置 を  合わせて  フレーム に  セット したら


鉄板 を  切り出し、  角度 を 合わせて  曲げたら

Z-ING 部分 の  下側 に  溶接 と なりまして


IMmllkmgsfljgihsfigj;sf[gG_0588 (23)


4 リンク の  ロワー アーム  ブラケット を  

取り付ける  ベース に  なりました。


炙って  曲げた  鉄板 は、  Z-ING 部分 の  


IMmllkmgsfljgihsfigj;sf[gG_0588 (20)


IMmllkmgsfljgihsfigj;sf[gG_0588 (17)


前後 に  溶接 され、  溶接 しろ を  増して

接合 部分 の 強度 を 増すのと、 


フレーム の  縦方向 の  補強 として  機能 させます


IMmllkmgsfljgihsfigj;sf[gG_0588 (18)


IMmllkmgsfljgihsfigj;sf[gG_0588 (19)


ZーING 部分、  補強 の 本溶接 と  仕上げ は  

後ほど、 全て の 加工 と  位置決め を 終えてからとし


続いて、  4 リンク の  セット アップ に  進みまして


IMmllkmgsfljgihsfigj;sf[gG_0588 (21)


エアサス を 組んで、  車高調 の 機能 が  付随 するので


4 リンク は、  ライド ハイト 状態 に  一番 ベスト な

ジオメトリ を  設定 して  セット アップ することに なるので


IMmllkmgsfljgihsfigj;sf[gG_0588 (22)


Z-ING した  リア フレーム の  ライド ハイト 位置 で

デフ を 固定 して、  治具 を  組みまして


次 は アーム の  セット アップ に 進みます


VIVA !  S庭 道場 !!!!!!!



[ 2017/02/23 06:35 ] 59 CHEVY APACHE | トラックバック(-) | コメント(-)

1959  APACHE



 ”  APACHE  プロジェクト ”   進めて まして


フロント フレーム の  MUSTANG Ⅱ 化 と 

ACCU AIR の  ハイト センサー 取り付け、 


IMmllkmgsfljgihsfigj;sf[gG_0588 (26)


ステアリング コラム の  変更 に、

ブレーキ ユニット の 移設、


ブレーキ ペダル や  アクセル ペダル と  


IMmllkmgsfljgihsfigj;sf[gG_0588 (27)


室内 の  加工 も  終え、 リア セクション へ


リア フレーム の  加工 に 備え

ベッド は  降ろして あるので


IMkmkpwrfG_0180 (23)


加工 の 際 に、  ケガキ を 入れたり、  

溶接 が  し易いように


フレーム の  錆 や 汚れ を  落としまして


IMkjoklG_0496 (22)


ついでに  22 インチ 化 に  伴い


加工 しないと  取り付け できなくなった

リア の  インナー フェンダー や


201702014_223728_LLS (2)


フロント の  インナー フェンダー も


切った  貼った の  メタル ワーク に 備え

同様 に  剥離 も  進めて おきまして


  
201702014_223728_LLS (3)


インナー フェンダー を   どう  作るかも

大径 ホイール 装着車 の  見せ場 ですね


既に  S庭 師範 には  完成形 が 見えてる ようで
 


IMG_ijjgffhjkjklk0510 (13)


フロント の  インナー フェンダー も  

型紙 を 作り始めたり と  してる ようです


その間、  ベッド の  加工 準備 も  進めまして


201702014_223728_LLS (5)


インナー フェンダー を  取り付ける ことに

なるであろう 付近 の  剥離 作業 や


リア フレーム の  加工 に  伴う
 


IMmllkmgsfljgihsfigj;sf[gG_0588 (11)


ベッド の  フロア かさ上げ 加工 や、


キャビン側 の  パネル の  ノッチ 加工 の 

検証 を する際 に  作業 が  やり易いよう

  

IMmllkmgsfljgihsfigj;sf[gG_0588 (24)


ベッド も  粉々 に  分解 することに  なりまして


ベッド フロア だけ  抜いておいて、  加工 した

リア フレーム に  がぼっと  載せれば  簡単 ですが


IMmllkmgsfljgihsfigj;sf[gG_0588 (29)


なるべく  ベッド フロア を  かさ上げ せずに

トラック として  使える 荷台 を  確保 するため


逆 に  ベッド の 構造 に  合わせて 


IMmllkmgsfljgihsfigj;sf[gG_0588 (30)


荷台 を 生かせる  作り に なるよう

フレーム を  設計 して いきます


リア フレーム を  大きく  Cノッチ したり、  


IMGmkhgfghj_0570 (12)


リンク 化 すると、  ペラ シャフト や  U-ジョイント、

ロッド や  ブラケット に  無理 が 掛かったり


もちろん、  自動車 工学的 な  面 でも    


IMGmkhgfghj_0570 (11)


適正 な  構造、  ジオメトリ に  なるように

しっかり   計算  して  設計 していきます


まずは  現状 の 数値 を  レーザー を  飛ばしながら、  


IMmllkmgsfljgihsfigj;sf[gG_0588 (8)


1mm 単位 で   細かく  計測 していきまして


計測値 を メモ と、  作業 の 際 に 確認 する

計測 ポイント として  地面 にも  記録 したら


IMG_04kkjjijoook60 (7)


ミッション の  アウトプット 部分 の 角度 を  計測。


自動車 工学上、  車高 を 変動 させた 時 を  含め、  

ミッション と  デフ を  つなぐ  プロペラ シャフト の


IMG_04kkjjijoook60 (8)


U-JOINT 部分 の  角度 は、   全自動車 メーカー とも

ライド ハイト時 に   0度 で  直線 に なる  設計 で


最大 許容角 も  6 ~ 8度 以内 と  なっているので


IMGmkhgfghj_0570 (9)


許容値 を  超えてしまうと、  U-JOINT が  壊れたり、  

走行中 に  振動 や  異音 が  出たりします


たとえ  グランド スラム や、  車高 全上げ時 など


IMGmkhgfghj_0570 (10)


デフ 位置 が  大きく  上がり下がり した 時 であっても

許容値 以内 の  角度 に  作らないと  いけません


エンジン を  並行 に しても、  ミッション は


IMmllkmgsfljgihsfigj;sf[gG_0588 (6)


若干  後ろ下がり で  角度 が  付いて いまして


今回 の  LS エンジン と、  TH700R4 には  ミッション の 

アウトプット 部分 で  3度 の  角度 が  付いてるので


IMmllkmgsfljgihsfigj;sf[gG_0588 (7)


それを   踏まえて、   22 インチ タイヤ を  装着 して

ライド ハイト で  0度 で   直線 に、


グランド スラム しても  8度 以内 という  ジオメトリ に


IMGmkhgfghj_0570 (13)


なるように   リア フレーム を   設計 しまして


4 リンク化 で  使用 する KIT も   パラレル か

トライアングル の  どちらを  使うべき か  検証 し、


IMGmkhgfghj_0570 (14)


トライアングル 4 リンク だと、  デフ が  上下 すると

4 リンク の  ロッド が   ねじれるので


22 インチ  タイヤ を  装着 した 場合 の  


IMGmkhgfghj_0570 (15)


デフ の  ストローク と、  デフ の 角度 の  変動 に 合わせ、  

どこに  リンク を  組むか なども  よく 検証 し 


許容 角度内 で   正しく 作動 できる 位置 を  導き出したら  


IMGmkhgfghj_0570 (16)


どのような  リア フレーム に  するか、  設計 しまして


導き出した 位置 に  けがき を 入れて、

リア バンパー に  治具 を  組んだら


IMmllkmgsfljgihsfigj;sf[gG_0588 (1)


リア フレーム が  キャビン の  後ろ と

リア バンパー の  手前 で  切り落とされまして


途中 の  フレーム が  抜き取られまして

どんな  フレーム に なるんで しょうか


VIVA !  S庭 道場 !!!!!!!




[ 2017/02/21 07:35 ] 59 CHEVY APACHE | トラックバック(-) | コメント(-)

1959  APACHE



”  APACHE  プロジェクト ”   進めて まして


フロント フレーム の  MUSTANG Ⅱ 化 と、

Z - ING  &  ナロード 加工、 


IMG_ijjgffhjkjklk0510 (19)


ファイヤー ウォール の  セットバック & スムージング 加工 に、


エンジン マウント、  ミッション マウント 製作 に

スウェイバー の  カスタム セット アップ、


IMG_04kkjjijoook60 (9)


ACCU AIR の  ハイト センサー 取り付け と


シャシー の  フロント セクション の 一通り の  

セット アップ と  加工 を  終えまして


IMG_ijjgffhjkjklk0510 (30)


IMG_ijjgffhjkjklk0510 (31)


続いて、  オリジナル の  ステアリング コラム を  


室内 から  エンジン ルーム に  通していた

穴 を  スムージング して  埋めたので


IMG_ijjgffhjkjklk0510 (29)


ステアリング シャフト の  取り回し を 決める  検証 で


ギアボックス、  エンジン、  へダース、  コラム と

一旦  全てを  仮組みして  決めた 位置 に


IMG_ijjgffhjkjklk0510 (32)


使用 する  チルト式 の  ステアリング コラム の

直径 に 合わせて  穴 を  開け直しまして


その ステアリング コラム を  スムージング した  


IMG_ijjgffhjkjklk0510 (33)


ファイヤー ウォール に 固定 する、  クランプ 兼、  

カッコいい  化粧 リング を  取り付けしまして


クランプ 部分 は、  スイベル 構造 に  なっているので


IMG_ijjgffhjkjklk0510 (36)


ファイヤー ウォール と  ステアリング コラム の  

角度 の 差異 にも   うまく  対応 できます


また、 この クランプ 付けると、  ファイヤー ウォール と 


IMG_ijjgffhjkjklk0510 (42)


ステアリング コラム の  隙間 が  なくなるので


エンジン ルーム からの  臭い や、  熱気 を  

防いでくれるので、  重宝 する 部品 です


IMG_ijjgffhjkjklk0510 (38)


IMG_ijjgffhjkjklk0510 (39)


ファイヤー ウォール に  ステアリング コラム を

固定 する  クランプ を  取り付けたら


ステアリング コラム、  ハンドル、  シート を  組み付けて


IMG_ijjgffhjkjklk0510 (40)


IMG_ijjgffhjkjklk0510 (41)


実際 に  運転 姿勢 で  座ってみながら


より  快適 に  運転 できる  姿勢 に なるよう 

取り付け 位置 などを  検証 しまして


IMG_ijjgffhjkjklk0510 (43)


ダッシュ ボード 側 で   コラム を  固定 する  


アッパー クランプ も  高さ と、  角度 を  変更 して、  

より  快適 な 位置 に  ステアリング が  来るように しまして


IMGmkhgfghj_0570 (3)


アクセル ペダル の  位置 は、   おかしい 位置 だと  

乗ってて  とても  疲れたり、  ストレス に なるので、、、、、


床 からの  高さ、  ブレーキ ペダル との  距離 や  


IMGmkhgfghj_0570 (4)


段差 具合 など、  とても  シビア に  検証 したら


理想 の 位置 に  ペダル を  付けようにも

土台 に なるものが  ない 場所 なので


IMGmkhgfghj_0570 (7)


鉄板 を  切り出して  マウント を 作り、  溶接 しまして


検証 して  製作 した、  基本 の 取り付け 位置 から、  

オーナー の 体型 や  好み に 合わせて、  


IMGmkhgfghj_0570 (5)


IMGmkhgfghj_0570 (6)


アクセル ペダル の  位置 を   25 mm

調整 できる  構造 で  作りまして


現行車 のように、  ステアリング 位置 が  チルト し


IMGmkhgfghj_0570 (8)


アクセル ペダル 位置 も  お好み で  調整 できる

快適 仕様 で  作られました


次 は  いよいよ、  リア セクション に  進みます


VIVA !  S庭 道場 !!!!!!!




[ 2017/02/17 07:35 ] 59 CHEVY APACHE | トラックバック(-) | コメント(-)

1959 APACHE



”  APACHE  プロジェクト ”   進めて まして


MUSTANG Ⅱ の  クロス メンバー の スライス 加工 と、  

スウェイバー 取り付け を  終えまして


IMG_0xfghstrhrat525.jpg


続いて、   ACCUAIR の  センサー 取り付けへ


ACCU AIR の  ハイト センサー は

 
検出 した  エアー の 圧力値 ではなく、  


IMGmkhgfghj_0570 (18)


機械式 な  センサー に  取り付けられた  

可変 抵抗器 の  値 で  制御 するので


エアー圧 コントロール の 様に、  圧力 と

車高 が  リンク しない  症状 が なくなります


IMGmkhgfghj_0570 (17)


しかし、  エアー圧式 の ように、  エアー 回路 の

どこか に  圧力 センサー を  割り込ませるのと 違い


サスペンション の  可動 部分 に  取り付けして


IMGmkhgfghj_0570 (19)


リアル な  状態 を  拾わないと いけないので


昨日 の  スウェイバー に  引き続き、  

狭い スペース に  ナックル、  エアバック、 

  

IMGmkhgfghj_0570 (20)


スウェイバー に、  ブレーキ キャリパー、  

ブレーキ ホース と  密集 している  


ロワー アーム の  隙間 を  かいくぐり、  


IMGmkhgfghj_0570 (21)


フレーム と  つないだ  ロッド は、  

どの 車高 で  ステアリング を 切っても、 


何にも  干渉 することが  ない 位置 で


IMGmkhgfghj_0570 (27)


エア サスペンション で  上下 しても   


 
フル ストローク を  カバー できる

位置 を  導き出して、  取り付けます  


IMGmkhgfghj_0570 (29)


当然、  フレーム や  アーム に  その 条件 を  

カバー 出来て、  そのまま  取り付け 出来る  


都合 の 良い  場所 など  存在 しないので


IMGmkhgfghj_0570 (30)


導き出した 場所 に  センサー と  ロッド を

取り付け出来るように  鉄板 を  切り出して


ブラケット を  製作 し、  溶接 して いきまして


IMGmkhgfghj_0570 (1)


ちなみ に  今回 使用 する、  新しい モデル の  

RIDE TECH 製   ショック ウェーブ は


エアー 接続 の ポート が  上下 に 設けられたので、  


IMGmkhgfghj_0570 (2)


使用 する  環境 や  スペース の  都合上、  

ポート は  どちらにも  接続 できて


上下 を  逆さ に  組むこと も  できるように  なったので


IMGmkhgfghj_0570 (22)


今回 は、  ショック ウェーブ も  上下 を

逆組み で  セット アップ していきます


先日  スウェイバー を  取り付けする  ブラケット を

フレーム と  ロワー アーム に  設置 しまして


IMGmkhgfghj_0570 (23)


ACCU AIR の  センサー用  ブラケット が

出来上がった ところで  一旦 足回り を  分解 し


センサー ブラケット と ともに  本溶接 して いきまして


IMGmkhgfghj_0570 (24)


スウェイバー 取り付け、  ACCU AIR の

ハイト センサー の  取り付け も  完了 です


そんな  59 APACHE は、  現在 FOR SALE 中 ですが


IMGmkhgfghj_0570 (25)


ゴージャス な  カスタム プラン二ング と、  超 一流品 の

パーツ を 使いながら  進めて いまして、


良い クルマ に なるよう、  超 ハード ワーク も  

妥協 せずに  作り込んで いますので、


IMGmkhgfghj_0570 (26)


クルマ の  内容 が   ハード に なる 分 

金額 も  ハード な ことに  なってきて いまして、、、、、 
  


もう、  簡単 に  FOR SALE 中 です と 言える  

金額 でも  なくなって きました。。。。。。


IMGmkhgfghj_0570 (28)


それでも  最高 の  59 APACHE が  欲しい という  

変態 な 方 が  いらしたら  


これでもか という 位 の  凄い  クルマ に 仕上げて  

お渡し しますので、  どうぞ 宜しく お願い致します


FUNK  STA  4  LIFE  !!!!!


[ 2017/02/16 05:00 ] 59 CHEVY APACHE | トラックバック(-) | コメント(-)