ホーム > カテゴリー - 59 CHEVY APACHE

1959  APACHE



 
 ”  59  APACHE  プロジェクト ”   進めて まして


エンジン 搭載 に  並行 して、  S庭 師範 が

インナー フェンダー の   加工 に  着手 しまして


IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (63)


59 アパッチ では、   フロント は  インナー フェンダー の 

構造 の  都合上、  22 インチ ホイール を  装着 しても


ホイール の 幅 が  8、5 J や   9 J サイズ で


20170124_20000165665 (5)


ステアリング を 切らずに   タイヤ が  真っ直ぐ で あれば


着地 させても、  タイヤ と  インナー フェンダー は  当たらないので、  

Cー10 などのように、  大きな  タイヤ を  組むと


IMkjoklG_0496 (4)


インナー フェンダー を  作り直さないと  いけない

クルマ と 違い、   加工 が 省けて   助かります


先日、 FIT の  アパッチ は   22 インチ 装着 で


20170115044133645p.jpg


着地 しても   ステアリング が  切れるように


フロント フレーム の  ナロード と、 

ファイヤー ウォール を   加工 して ありまして


00S0S_98vysSfWjnB_600x450.jpg


車高 が  とても  低い 状態 で   ハンドル を きると

タイヤ と  インナー フェンダー が  当たるように なるので


駐車 して  着地 させる 時 は   ハンドル 真っ直ぐ ですし  


bl5_zps6148a5f9.jpg


着地 状態 で  走らせたり、  ハンドル 切ることも ないでしょうから 


って、 せっかく  加工 要らず の  インナー フェンダー に 

メス を  入れずに  いこうと  思ったら


4ca85a29cfd8bc351c69b8de616685813 (7)


「  いえ、  車高 が 低くても   ステアリング は

   めいいっぱい 切れて、  ちゃんと 走れるように


   インナー フェンダー も  作り直し します 」


4ca85a29cfd8bc351c69b8de616685813 (2)


と、  S庭 師範 が  笑顔 で  言ってまして、、、、、、、


カウパー氏 の  オナニー くらい  早く 終わるなら いいんですが

たいへん な  加工 に なので   避けたかった ですが、、、、、

 

4ca85a29cfd8bc351c69b8de616685813 (1)


やっぱり、  S庭 師範 は  手間 を 惜しんだり   

妥協 したり  しませんね。。。。。


C-10 などで  大きな  ホイール を  入れる時


4ca85a29cfd8bc351c69b8de616685813 (3)


色々 な  カタチ に   インナー フェンダー を  作り直したり


はたまた、  インナー フェンダー を  外して しまって

そのまま  乗ってる 方 も  多いですが


4ca85a29cfd8bc351c69b8de616685813 (5)


インナー フェンダー が 無いと   フェンダー や  コア サポート との

連結 が なくなり、  ボディ の  強度 が  落ちますし


雨の日 は  路面 の 水 を  タイヤ が  まき上げて


4ca85a29cfd8bc351c69b8de616685813 (6)


エンジン ルーム内 が  ビチャ ビチャ に  なります。。。。。。。


自転車 や  バイク で  フロント フェンダー が 無い 状態 で

雨の日 に 走ると、  タイヘンな ことに なるのと  同じですね、、、、


4ca85a29cfd8bc351c69b8de616685813 (8)


インナー フェンダー の 加工 は、  ”  作り込んだ 感 ”  や

”  やりまくった 感 ”  を   アピール するには


先の 写真達 の ような、 作り方 が  良いのだと 思いますが


IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (56)


強度 が 求められる  インナー フェンダー は、  

平らよりも  球体 の ほうが  強度 が 出るので
 


S庭 師範 は、  オリジナル の  インナー フェンダー を

形状 を 利用 しながら  加工 して いくようです 


IMG_08ijihugyftftihp13 (71)


球体 といえば、  圧力 に 耐える   エアサス の タンク や、  


身近な もので 言えば、   ガスボンベ や、  缶 スプレー、  

炭酸 飲料 が 入っている  缶 や  ペットボトル などのように


IMG_08ijihugyftftihp13 (72)


角のない 球体 が  最も  優れており


角 が あると、  力 が 分散 できず、  そこで

割れたり、  折れたり して しまいます


IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (54)


しかし、  一枚 の  鉄板 から   球体 や  3D の 形状 を

作り出すのは、  プレス でない 限り  とても  難しく


その 技術 が ないので、  平ら な  構造 で  作って


IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (55)


平ら な 面 が 大きい と、  ペコペコ してしまうので

溝 や、  リブ を  入れて  硬さ を  増しています

 

オリジナル の  インナー フェンダー を みると


IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (57)


 
複雑 な  ラウンド と、  リブ を 組み合わせて  強度 を  出してあり


さすが、  GM の  天才 頭脳 集団 が  膨大 な 時間 と、 

予算 を  投じて  設計 してるだけ ありまして  


IMG_08ijihugyftftihp13 (84)


「  へたに 作り直すより、  意味があって  その形の

   純正品 を  手直し するほうが  遥かに  良い物になる 」


と、  いうのが  S庭 師範 の  持論 でして


IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (58)


IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (59)


いつも  作り込む 際に、  ”  あたかも  オリジナル ”  で

作り込むのは、  そういう  理論 も  あっての ことで


”  やった感 ”  や、  ”  派手さ ”   よりも   品質 重視、


IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (60)


IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (61)


難しい  球体、  3D 構造 に  対応 できる  技術 も

持ち合わせてる からこそ の  作り方 ですね


同じような  作業 を してる  方々 なら、  それらの  難しさ が

よく  お解り いただけるんじゃ ないかと 思います


IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (62)


59 アパッチ は、  車高 を 下げた  状態 で

ステアリング を 切ると  どこまで くるのか


ボンネット の  ヒンジ の  取り付け ベース と、  


IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (64)


ボンネット の  ヒンジ の  スプリング を  取り付ける 部分 も

インナー フェンダー に   付属 する 構造  なので


加工後 に  どう 影響 が 出るか   検証 しまして  


IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (66)


計測 した  タイヤ スペース に 基づいて  作った

型紙 の 通り に  けがき を 入れ、 


インナー フェンダー を   切断。


IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (1)


切断 した   インナー フェンダー を  仮組み して、  


エンジン や  エキマニ、  マフラー に  影響 がなく

ハンドル を 切っても  タイヤ を  避けるように

 

IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (65)


IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (2)


切り取った  部分 を  置いて、  出来た  隙間 に

鉄板 を 切り出し、  拡張 する  位置 が  ずれないよう


治具 として、  タブ を  溶接 して、 仮付け しましたら


IMG_09;l@1]pkojihk];63 (4)


IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (10)


再び  クルマ から  取り外して、  作業台 の うえで


隙間 の  型紙 を とって、 それに 合わせて 

鉄板 を  切り出して、  溶接 していきます
  

20170322043116ba7sc.jpg


2017032204311548dxx.jpg


その際、  オリジナル の  プレス ライン や、

リブ 部分 を   またぐことに なる  部分 は


それらも  忠実 に  再現 して  接合 して いきまして
 


IMG_09;l@1]pkojihk];63 (7)


MUSTANG Ⅱ  クリップ化 されて、  アッパー アーム が

付いて、  車高 に 合わせて  上がってきても


インナー フェンダー に  当たらないよう   切り欠いたら

 

IMG_09;l@1]pkojihk];63 (8)


IMG_09;l@1]pkojihk];63 (9)


切断 部分 は、  切りっ放し だと   ペロぺロ で

強度 が  無くなって しまうので


折り返して、  耳 を  作って いきまして


IMG_09;l@1]pkojihk];63 (10)


IMG_09;l@1]pkojihk];63 (11)


これで  強度 も  再生 され、  形 も  ピッタリ に なりました  


拡張 して、  鉄板 を 貼った 部分 の  裏側 は

強度 が  落ちるので、  仕上げはせず  そのままで


IMG_09;l@1]pkojihk];63 (12)


IMG_09;l@1]pkojihk];63 (13)


表側 だけ、  溶接跡 を  綺麗 に  仕上げたら


うーん、、、、、、、  一度  ぶった切って   拡張 し、

つなぎ直した なんて、  まったく  解りませんし    


IMG_09;l@1]pkojihk];63 (15)


IMG_09;l@1]pkojihk];63 (1)


アッパー アーム に 合わせて  間口 を  変更 して

耳 を  作った なんてのも、  


説明 しないと  誰も  気付きせんね。。。。。。


IMG_09;l@1]pkojihk];63 (2)


インナー フェンダー の  加工 も  完了 し、

次 は、  ボンネット の  ヒンジ 加工 に  進みます


VIVA !   S庭 道場 !!!!!!




[ 2017/03/23 07:12 ] 59 CHEVY APACHE | トラックバック(-) | コメント(-)

1959  APACHE



”  59  APACHE  プロジェクト ”   進めて まして


オリジナル の  直6 エンジン、  マニュアル の 

3速 ミッション は、   どちら も  降ろして


IMG_0hmdymsrymdg934 (17)


LS エンジン と、  4速 オートマ の  TH 700R4 へ

載せ替え と なりまして、  エンジン も  ミッション も


それぞれ、  オリジナル とは   長さ が  変わったので


IMG_0hmdymsrymdg934 (18)


プロペラ シャフト の  長さ も  合わなく なりました


いつも は、  ミッション から  デフ までの 距離 を  計測 し

エアサス などで  車高 を  変えて  デフ が  動いても


IMG_0hmdymsrymdg934 (21)


ペラ が  底突き しない  長さ を  検証 したら、 


アメリカ の  ペラ屋 さん に  長さ と  直径 を  指定 し

新規 製作 と、  バランス 調整 を  してもらって いますが


IMG_0hmdymsrymdg934 (22)


今回  アパッチ では、  フロント と  リア が  別れる

2 ピース シャフト を  使うこと と  なりまして


クルマ の 仕様 に 合わせて、  自社 で  シャフト の

ナロード 加工 を  進めて いきます


IMG_0hmdymsrymdg934 (23)


A田 くん に   旋盤 で  ナロード 加工 の

下処理 を  してもらっている ところですが


ウエスト も 測れそうな、  でっかい  ノギス 使いまして


IMG_0hmdymsrymdg934 (25)


カウパー氏 と、  TSUー くん と、  漏れ田 くん と

河川敷 くん の  ちんこ を  合わせても  負けるくらい の


太い  ドリル を  使い、   内側 を  削って いきます


IMG_0hmdymsrymdg934 (28)


 
今回、  アパッチ は  フロント も  リア も  フレーム を

Z-ING 加工 して  持ち上がっており


キャビン も  だいぶ  チャネリング 気味 なので


IMG_0hmdymsrymdg934 (1)


1本物 の  シャフト を  使うと、  車高 を 下げて  ペラ が  

上がってくると  キャビン の  フロア を  突き上げるので


センター トンネル を  大きく  かさ上げ しないと  いけません


IMG_0hmdymsrymdg934 (2)


しかし、  キャビン の 下 には、  左右 に  補強 の

ブレス が  数か所  渡してあり、     


ペラ を  逃がすように  ブレス を  切って


20170313_184557.jpg


代わり の 補強 を  施す  加工 と


センター トンネル を  かさ上げすると、 今度 は

ベンチ シート を  突き上げて しまい
  


20170313_184603.jpg


シート が  付かなくなるので、  シート の 裏 を

えぐる  加工 も  しないと いけなくなります


そこで、  インパラ や  4X4 などで  使用 されている  


20170313_184622.jpg


2 ピース 構造 を  採用 し、  センター 部分 には

振れ止め の  センター サポート を  設置 しまして


車高調 機能 で  デフ が  上下 すること により、


IMG_0hmdymsrymdg934 (3)


ペラ が  前 にきて、  センター サポート に  底突き するのは


伸縮 機能 が 付いた、  テレスコ ピック シャフト を

採用 することで  対処 していきます


20170314_020313.jpg


テレスコピック シャフト は  既製品 を  そのまま 使い、

フロント シャフト の  長さ を  ナロード しましたら


テレスコ シャフト、  ユニバーサル ジョイント、


20170314_020321.jpg


TH 700R4 用 の アウトプット シャフト、

フロント シャフト の ヨーク、  センター サポート、


U バンド、  各ボルト の  新品 を 用意 し、  組み立てて いきます


20170314_020329.jpg


フロント シャフト の  ヨーク に、  ユニバーサル ジョイント を


組み付け する際、   両側 から  ベアリング キャップ を

プレス で  圧入 していきますが、  


20170313_205820_LLS.jpg


ヨーク の 内側 で   突っ張る  治具 を 使わずに  無理 に 入れると


プレス の 圧力 で、  ヨーク が  内側 に  曲がってしまい

ベアリング キャップ の  抜け止め クリップ が  はまらなく なります


20170313_205850.jpg


この 左側 の  ヨーク も、  過去 に 治具 を 使わずに  組んだようで


先端 に  無理 な 力 が  掛かり、  右側 の 新品 の ヨーク と  

見比べて みると、   内側 に  曲がって、  


20170313_205802.jpg


先端 が  狭まって しまっているのが   お解り 頂けると  思います


ヨーク は  鋳物製 なので、   狭まって しまったら

広げる 加工 が できませんで、  捨てるほか  ありません。。。。。


20170313_205854.jpg
 


今回  アパッチ には、  1958 ~ 1964年 の  インパラ用 の  

テレスコ シャフト、  フロント シャフト、  センター サポート を  流用 しまして


アメリカ から  新品 を  取り寄せて、  組み付け と なりました


20170313_205857.jpg


インパラ や  C-10 で、   ユニバーサル ジョイント 交換 しようと したら、

フロント シャフト の  ヨーク が  曲がってる クルマ、


ベアリング キャップ の  外れ止め クリップ が  入らないので、、、、、と

付いていない クルマ を  よく  見掛けますので、、、、、、


sfghghdety.jpg


   
インパラ、  C-10 などで、 フロント シャフト の  ヨーク が  

曲がって しまい、  お困りの方 いましたら、 


2 ~ 3個  新品 を  在庫 ありますので、  必要 でしたら

お譲り できますので、  お問い合わせ ください


IMG_0hmdymsrymdg934 (19)


ペラ シャフト、  センター サポート  などを  セット アップ している 間 に


S庭 師範 が  センター サポート を  取り付けする  マウント を  

型紙 を  作って、  鉄板 と  角パイプ を  切り出しまして


IMG_0hmdymsrymdg934 (20)


組み立てて  溶接 したら、  クロス メンバー 兼、

センター サポート マウント が  完成


キャビン の  フロア 加工 が  要らない 位置 に


IMG_0hmdymsrymdg934 (30)


センター サポート が  取り付け 出来るように

フロント シャフト の  長さ を  決めて あるので


メイン フレーム に  溶接 し、  取り付け されまして


IMG_0hmdymsrymdg934 (26)


ミッション と   センター サポート 間 に 位置 する

ボディ の  ブレス  1箇所 は、


ペラ を   2 ピース 化 しても、  どうしても   当たってしまうので、 


IMG_0hmdymsrymdg934 (4)


ブレス 部分 を  ノッチ 加工 して、  かさ上げし  対策。


メンバー 兼、  マウント と、  溶接 した  メイン フレーム を  

錆ないよう  塗装 したら、  組み付け を  進めて いきまして


20170317_21j[2054 (4)


センター サポート は、 ビレット ボディ に  ウレタン ブッシュ を  

打ち込んである  ヘビィー デューティー 仕様 も  ありますが


ウレタン ブッシュ だと、  振動 が  とりきれず

走行中 に  異音 が  出て  不快 なので  使いません。。。。。


20170317_050222.jpg


これまで  インパラ や  エルカミ で  高速 走行時 の

ペラ鳴り や、 振動 対策 で  散々 検証 してきた 結果


センター サポート の  取付 位置 を  きちんと 合わせれば

ハイドロ や   エアサス など、  車高調 を  組んでいても


20170317_050233.jpg


テレスコ ピック  シャフト も  ヘビィー デューティー 仕様 の

センター サポート も  使わずに  いけることを   実証済。

   

まして、  センター サポート は  オリジナル を  使わないと

90 マイル 辺りから、  振動 が 酷くて  とても  不快 ですね。。。。


20170317_21j[2054 (5)


ペラ を  2 ピース化 した  お陰 で、  22 インチ ホイール を   

装着 して  グランド スラム 状態 に しても、  


ペラ には  ほとんど  角度 が  付かずに  すみまして


20170317_21j[2054 (6)


異音、  振動 もなく、  ユニバーサル ジョイント にも  

負担 が ない、  いい クルマ に  なりそうです


VIVA !   S庭 道場 !!!!!!



[ 2017/03/21 10:03 ] 59 CHEVY APACHE | トラックバック(-) | コメント(-)

1959  APACHE



 ”  59  APACHE  プロジェクト ”   進めて まして


ベッド の  パネル と、  リア フェンダー を 加工 し

ベッド を  組み立て されまして


20170314_072032.jpg


ベッド の  リア ゲート 寄り、  手前 の 部分 に


左右、  デッド スペース が  あるので  有効 活用 と、  

エンジン ルーム を  すっきり させるため


IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (43)


バッテリー を  デッド スペース へ  移設 することに  して


製作 した、  メイン フレーム に  取り付ける

バッテリー ボックス の  マウント ブラケット や


20170314_075228.jpg


バッテリー 収納 ボックス、  小物 入れ の 

塗装 を 終え、  組み立て も  進めまして


 
トラック なんだから、  荷台 使えよ って  話 ですが


20170314_075232.jpg


ちょこっと したもの を   しまって おける

収納 が あると、  使い勝手 が いいですね


バッテリー ボックス は、  エアサス や


20170314_075236.jpg


デュアル 電動 ファン にも  安定 して 

電源 を  供給 出来るよう


大容量 タイプ を  収められる サイズ に 作りまして


20170314_080013.jpg


アメリカ  サイズ でも、  日本 規格 の サイズ でも


どちらの  バッテリー を  使っても  対応 できるよう

クランプ の 構造 も  考慮 されています


20170305_013532.jpg


先日  セットアップ した、  エアサス や  

ACCU AIR ユニット に  引き続き


エアサス や  テール ランプ の  配線 や  


20170305_145128_LLS.jpg


エアサス の  配管、  ハイト センサー の 配線、


燃料 タンク に  内蔵 されている、  電磁 ポンプ や

燃料計 の  センサー の  配線、


20170305_145102_LLS.jpg


ブレーキ パイプ、  ブレーキ ホース などの  

セット アップ も  進めて いきまして


配線 は  モチロン、  ヒューズ ボックス から


20170305_145047_LLS.jpg


イグニッション キー から  ライト や  各 スイッチ、


ヘッド ライト や、  テール ランプ の ソケット、 

接続 コネクター に  至るまで、   全部  新品 で  


20170305_145117_LLS.jpg


LS エンジン の  フューエル インジェクション や

エアコン の 増設 にも  対応 できるよう
  


今回 も   アメリカン オートワイヤー 製 の、  


20170305_144126.jpg


アップ グレード ハーネス KIT を  使用 しまして


クルマ の  毛細 血管 である、  配線 隅々 まで

全部  リフレッシュ、 アップグレード していきまして


20170314_080414.jpg


燃料 ライン も、  ハイ プレッシャー に  対応 する

フィルター、 フィッティング を  使い、  


リターン ライン も  製作 しまして 


20170305_145026_LLS.jpg


今 は  荷台 の 板 を  貼ってないので

上から  簡単 に  触れて いますが


完成 したら、  クルマ の 下 からしか  触れませんので


 
IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (32)


下 から  整備 や、  修理 が  し易いように  

配慮 した  作りに セット アップ して、  後ろ周り が  完成。


次 は、  プロペラ シャフト の  セット アップ に  進みます


VIVA !   S庭 道場 !!!!!!



[ 2017/03/20 06:50 ] 59 CHEVY APACHE | トラックバック(-) | コメント(-)

1959  APACHE



 ”  APACHE  プロジェクト ”   進めて まして


S庭 師範 が  ベッド 周り の  作業 を 進めてるなか

エンジン 担当 の  DAICHI も  進めてるようで  


IMkjoklG_0496 (17)


IMkjoklG_0496 (16)


フード と  エンジン の  クリアランス を  チェック したり


家 に 置くと、  奥さん に 見つかるから、、、、 と、 

カウパー氏 が   エロ本 を  隠してないか や 


IMkjoklG_0496 (15)


デカい 体 で、  狭い ところが  好きな  あひる さん が  

また  挟まって しまってないか も  チェック し


問題 無いのを  確認 したら、  エンジン の 組み立てへ


IMftdftdtfyjoG_0674 (40)


エンジン ブロック は  ブラック に  ペイント し


ガスケット類 も  新しくしたら、  ポリッシュ 仕様 の

カッコいい  フロント ランナー KIT を  使って


IMftdftdtfyjoG_0674 (41)


セット アップ を  進めて いきまして


新品 の  4速 オートマ も   準備 したら

新品 の  トルコン に  ATF を  注入 しまして


20170309_223344.jpg


4速 オートマ に 入れる  ATF は、  DEXRON Ⅲ ではなく

DEXRON Ⅵ  ですね


誤って  DEXRON Ⅲ を 入れると、  高速 走行時 に  


20170309_223356.jpg


泡だってしまい、  吉原 泡泡 王国 状態 に なって、  

”  チングリ返し の 刑 ”  に  なるそうなので、  気を付けて。。。。。。


オートマ には  積んでしまうと  作業 しづらいので 


20170309_224111.jpg


事前 に  ロックアップ や、  TV ケーブル、  

ディップ スティック を  組込み しまして


スピード メーター ピックアップ 部分 の  シール も


20170309_225043.jpg


新品 オートマ でも、  正しく  取り付け されていなくて

ATF が  漏れる ケース を  幾つか  経験 してるので、  


念の為、  一度 分解 して、  シール も  新品 に 交換 したら


IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (12)

 
IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (13)


セットアップ を 終えた  エンジン に  オートマ を  接続 して、

いよいよ、  クルマ の  搭載 していくようで


LS エンジン専用 で 製作 した、  吊り具 を  装着 し


IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (14)


DAICHI  と、  MASATO  で  作業 開始。


LS エンジン も  4速 オートマ も、   検証 から  

マウント 製作 など、  何度 も  載せ降ろし してるので


IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (15)


もう、  慣れたもんで  あっと いう間 に  

エンジン & ミッション  搭載 完了。


エンジン が  載ったので、  エンジン ハーネス や


IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (4)


燃料 ライン、  パワステ ホース の  製作 など


エンジン 始動 に  向けての   セットアップ も

着手 できるように なりましたので、  


IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (16)


作業 も  スピード アップ して、 進めて いきたいと 思います


DAICHI は  フューエル インジェクション エンジン の

コントロール モジュール と、  エアコン の  セット アップ へ。


20170314_072043.jpg


漏れ田 くん は、  燃料 や  ブレーキ、  エアサス の

ライン 製作 と、 室内 から  リア周り の  ハーネス 引き直し、


ステアリング コラム の  取り付け、  シフト リンケージ 製作 へ


20170309_0p53542s.jpg


河川敷 くん は   キックパネル 製作 や、  S庭 師範 の

鈑金 作業 を  手伝ったり、   


A田 くん は  ペラシャフト の  加工 に  進みまして


201703050604205d9d.jpg


S庭 師範 も  インナー フェンダー の  加工 に  着手 したようで


他 の  みんな とも  手分けして、  全速 前進 で  

アパッチ プロジェクト、  進めて いきます


VIVA !   S庭 道場 !!!!!!




[ 2017/03/18 06:26 ] 59 CHEVY APACHE | トラックバック(-) | コメント(-)

1959  APACHE



 ”  APACHE  プロジェクト ”   進めて まして


ベッド の  板 を  支える  支柱 を  支える

前端 と、  後ろ端 の  マウント を  作ったら


IMG_08ijihugyftftihp13 (54)


レーザー を  飛ばしながら、  荷台 スペース の

エリア を  確認 して、  地面 に  転写 しまして


誤差  1 mm 以内 で  正確 に  計測 し
 


IMG_08ijihugyftftihp13 (49)


IMG_08ijihugyftftihp13 (56)


使用 する  ホイール の  幅、  オフセット、

タイヤ サイズ も  計測 して、


タイヤ と  ベッド の   隙間 を  計算 しますと、


IMG_08ijihugyftftihp13 (55)


IMG_08ijihugyftftihp13 (50)


準備 している  22 インチ、   幅 が  235 と

大きい  ホイール & タイヤ を  装着 すると


タイヤ と   フェンダー の  内側 までの  距離 が  


IMG_08ijihugyftftihp13 (52)


  
10 mm しかないので、  ロール したときに  当たります。。。。。。


アパッチ は、 元々  フレーム も  デフ も  

通常 の  クルマ より   ワイド なので


IMmllkmgsfljgihsfigj;sf[gG_0588 (24)


デフ を   ナロード せずに   太くて  直径 も 大きい

タイヤ を  収めようと すると、  厳しいんですね、、、、、、


そこで、  フェンダー の 内側 に   出っ張っている 部分 を


IMmllkmgsfljgihsfigj;sf[gG_0588 (29)


切り落として、  干渉 しないように  対策 と なりまして


フリート サイド ベッド は、  ベッド 側面 の  プレス 部分 で、  

上下 で  別れてる    2 ピース 構造 でして


IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (5)


ちょうど  真ん中 辺り で、  上下 を  合わせて

折り返して  一体化 してあります


タイヤ に  当たりそうな   出っ張ってる 部分 は、 


 
IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (20)


IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (17)


その  折り返してある  ”  耳 ”  の  部分 なので


当たるから と  切り取ると、   上下 の フェンダー の

接合 部分 が  無くなり、   切り離されて しまいます


IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (18)


そこで、  22 インチ タイヤ を  装着 したときに

タイヤ と  切迫 する  耳部分 を  計測 し


溶接 するので   周囲 の  塗装 を  剥離 したら、    


IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (28)


計測 した  ライン で  けがき を  入れ

ディスク サンダー で   耳 部分 を  切断。


切断 した  切り口 は、  分離 して しまわないよう

  

IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (30)


溶接 して  接合 して  対策 して おきます


続いて、  ベッド の  突き当たり 部分 の  パネル も

フレーム を   Z-ING 加工 した  関係 で  


IMmllkmgsfljgihsfigj;sf[gG_0588 (30)


パネル を   ノッチ 加工 する  必要 が あり、  

溶接 するため、  準備 で  塗装 を  剥離 しまして 


計測 により、  導き出された  ライン で  


IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (19)


ハット型 の  形状 で  けがき を 入れ


こちらも  ディスク サンダー で   長い面も

曲がらない様、   真っすぐに  切断 しまして


IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (23)


切断 して   切り取った  下側 の  パネル からは


荷台 の  支柱 に  取り付けられるよう、  

一番 下 の  L字 部分 だけ   切り取りまして

 

IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (24)


フレーム が   上がった 分 を  避けるよう

ノッチ した  パネル の   切断面 に  移植。


切断面 の 縦方向 は、  切りっ放しだと  


IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (27)


IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (26)


強度 が 落ちるて しまうので、  


鉄板 を  切り出して、  溶接 し   

耳 部分 が  再生 されました


IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (39)


強度 が 落ちないよう、   しっかり   全周 溶接 したら

溶接跡 を  綺麗 に  仕上げまして


突き当たり の  パネル の  ノッチ 加工 が  完了。


IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (40)


トラック の   リア フレーム 加工 の 際 は、


ベッド は  床板 だけ  外して  分解 せず、

フレーム 加工 を  終えたら、  ベッド を  載せて


IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (31)


C ノッチ した   フレーム の  上 の 高さ に 

板 を  張って  完成。   というのが  一般的 ですが


Z-ING に ともなう   パネル の  ノッチ 加工 や


IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (42)


太くて   デカイ  タイヤ を  避ける  加工 が あるので

検証 や、  加工 が  ひとり でも  やり易いよう


予め 全部  分解 して 作業 する   段取り で  進めて きまして


IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (45)


加工 を  終えた  パネル から   組み立てて いきまして

ベッド の  外周 の  組み立て が  完了


心配 だった   ベッド 内側 と、  タイヤ の  クリアランス は


IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (43)


はい、  耳 部分 を  切り取る  加工 を した お陰 で

ナンとか   干渉 は  避けられまして


フェンダー と  タイヤ の  クリアランス が   20 mm。  


IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (33)


ロール した 時 に   擦るのか、  擦らないのか

ビミョー な  距離 なのが  怖いですが、、、、、


走らせてみて、  擦るようなら   デフ を  ナロード ですね


IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (44)


ベッド パネル、  フェンダー の 加工 と、  ベッド の

組み立て も  終わり、   アパッチ プロジェクト、


だいぶ  カタチ に  なってきました


IMjhkj;lghkfjgfhklG_0847 (35)


そんな  59 APACHE は、  当然  安く ありませんが

現在 FOR SALE 中 ですので、 


ご興味 ある方は  お気軽 に お問い合わせ ください


E-MAIL : info@el-classico.com  PHONE : 048-933-9703




[ 2017/03/16 11:37 ] 59 CHEVY APACHE | トラックバック(-) | コメント(-)