FC2ブログ

1961 IMPALA CONVERTIBLE EL-CLASSICO VINTAGE and ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 61 CHEVY IMPALA CONV *T/L > 1961 IMPALA CONVERTIBLE

1961 IMPALA CONVERTIBLE



 I川さんの 1961 IMPALA CONVERTIBLE

不具合の修理作業で預かりまして


フロントのアームのブッシュがすぐ割れるので


vbdhg655hethaehooiい (17)


原因の調査と対策を進めてまして


バンプストップがなく、ストロークエンドまで

毎回ハイドロで動いてしまう構造なので 


vbdhg655hethaehooiい (6)


ウレタン製のブッシュは粘りがなく、

すぐに割れてしまうのと思われ


毎度ストロークエンドまで行ってしまう


vbdhg655hethaehooiい (8)


ハイドロの動きを、今後はそうならないよう

ハイドロ側でも対策を施していくのと


ウレタン製のブッシュの使用はやめて


vbdhg655hethaehooiい (11)


デルリン製のブッシュに変更となり


既製品で合うサイズがないので

アッパーアームに合わせて加工し


vbdhg655hethaehooiい (18)


ブッシュの中に入るスリーブも製作


アッパーアームはデルリン製の

ブッシュを組み換えて、ロワーアームは


vbdhg655hethaehooiい (9)


vbdhg655hethaehooiい (14)


R-JOINTの既製品で、ぴったり

合うモデルがあったので組み換えし


足回りを組み戻していきまして


vbdhg655hethaehooiい (4)


vbdhg655hethaehooiい (3)


タイロッドエンドは、車高調を組んでの

使用を想定していないので


車高を下げると可動域を超えてしまい


vbdhg655hethaehooiい (7)


タイロッドエンドが無理していたので


車高を下げても、タイロッドエンドに

角度が付かないタイプに組み換えし


vbdhg655hethaehooiい (12)


vbdhg655hethaehooiい (10)


フロントのアームのブッシュやロッドエンドを

交換する際、ロッドエンドを外しますが


ねじ込み式の構造なので、締め込み具合で


vbdhg655hethaehooiい (5)


アライメントが変わってくるので


同じ位置に組み戻しましたが、

そもそもちゃんとアライメント調整


vbdhg655hethaehooiい (2)


してあるのか解りませんので


4輪のアライメント状況を確認

するため、計測を進めまして


vbdhg655hethaehooiい (19)


vbdhg655hethaehooiい (20)


計測した結果、おかしなところがないか

検証していき、フロントのアライメントは


ハイドロが組んであって、毎回同じ位置に


vbdhg655hethaehooiい (24)


誤差なく、車高を合わせられないので


自動車工学に基づいて、ロワーアームが

並行の状態でアライメント調整しておきます


vbdhg655hethaehooiい (21)


vbdhg655hethaehooiい (22)


ロワーアームが並行の状態を保持する

治具を作って固定したら


キャンバー、キャスター、トーの数値を


vbdhg655hethaehooiい (23)


基本的な数値で合わせていき、


あとは試運転で走らせて感じた

感覚を基に煮詰めていきます


[ 2024/04/16 10:43 ] 61 CHEVY IMPALA CONV *T/L | トラックバック(-) | コメント(-)