FC2ブログ
ホーム > カテゴリー - 55 CHEVY 210

1955 CHEVY 210



 K上 さん の   55  CHEVY、  210


ハーネス の 引き直し と FITECH化、

コンチキット 取り付けなどで 預かりまして


sjfgsfhs (8)


ハーネス 引き直し に FITECH の セットアップ、  

ブレーキ の アップグレード も 完了し、


仮組み を 終えた コンチキット は 一旦 分解 して 


sjfgsfhs (10)


Mり さん に パールホワイト に 塗装を お願いして あるので

 
それらが 完成 してくる までの あいだは

バンパー部分 だけを  先に 組み立てて おいて


sjfgsfhs (9)


走れる 状態にして、 試運転 を 重ねまして


コンチキット の 組付けると、 全長 が 長くなるので

ダブルチューブ部分 で 長さが 変わった 分を


sjfgsfhs (11)


陸運局 に 持ち込んで、 構造 変更 しまして 


塗装 も 完成 してきたので、 組み立て 開始。

コンチ用の ホイールに タイヤ を 組んで


poiytttukk12 (1)


キャリア 部分 を  A田 くん に 組み立ててもらい


K上 さんが 塗装が 終わった、 タイヤカバー などを

Mり さん の ところから 持ってきて くれたので、


poiytttukk12 (2)


一緒に 取付け 手伝って 頂き、 S庭 師範 と

3人 掛かり で 組付けを 進めて いきまして


塗ってもらった ばっかりの  綺麗な ホイールに


poiytttukk12 (3)


カバーを 中心に 乗せたら、  タイヤの 外周に 巻く リングを 


タイヤ を かわせる 大きさまで、 3人掛かりで  グワーッと  

広げて 被せるので、 塗装が 割れそうで 超ドキドキ。。。。。。


poiytttukk12 (4)


リングを 被せると、 カバー に リング が 重なるので

こちらも 塗装が 割れそうで  ドキドキ ですが


水抜きの 穴 や センター 位置が ぴったりに なるよう、 


poiytttukk12 (5)


またまた  3人掛かりで 広げながら 組付けまして

ナンとか 傷を 付けずに 組み立てできて ナニヨリです。


コンチ の 組み立てが 無事に 終わったあと、


poiytttukk12 (7)


「  コンチ 付いたら、  コレも 付けたかった~ 」  と


K上さん が マフラー の ディフレクター を

取り付けしてまして、 楽しそうで ナニヨリです


poiytttukk12 (8)


コンチキット から  タイヤを 取り出したり、 

組み戻す 作業を 一人で やろうとすると、 


塗装 が ガリガリに なるのは 必至なので、 


poiytttukk12 (9)


K上さん の 55 CHEVY のように  ショーカーの ような

綺麗 に 作り込んでる クルマに コンチキット を 組んでも


ちゃんと スペアタイヤ として 使用 して、 路上で 一人で 

脱着するのは ちょっと 現実的では ないですね。。。。 


poiytttukk12 (23)


コンチキット の 組み立てが 完了し、 ハーネス を 引き直す際に


ワイパーモーター を  64年前の オリジナル品 から 

現代の 新しい 構造の モーターに 変更したので


jjggk.jpg


作動させる スイッチ も 現行の物に 変わって しまいまして

クラシックカー とは ほど遠い 見た目 が 残念 なので 


現行品 の スイッチ ですが、 1955 CHEVY の 

ノブが 付くようにして コーディネート しまして


poiytttukk12 (20)


作業 や 試運転の 時に 傷を付けて しまわないよう

養生 したり、 外しておいた パーツなどを 組み戻し


これにて  FITECH の トンネルラム EFI化 と、


poiytttukk12 (22)


ハーネス の 引き直し、 コンチキット 組み付けと 

ドロップ スピンドル化 が  すべて 完了 しまして
 

長らく お待たせして しまいましたが、 無事 納車 と なりました


uriui (1)


K上 さん は さっそく 納車後、 千葉まで ドライブに 行ったり


ライセンス トッパー や、 セーフティ スター を 取り付けて

光るように 配線 したりと  楽しんでるようで ナニヨリです


uriui (2)


FITECH の トンネルラム化 は 僕たちも 初めてなので


今後 も K上さん の フィードバック を もらいながら

乗りやすい クルマに なるよう、 サポート していきたいと 思います


VIVA!  S庭 道場 !!!!!  

         VIVA! K上 さん!!!!!!! 


[ 2019/08/01 15:00 ] 55 CHEVY 210 | トラックバック(-) | コメント(-)

1955 CHEVY



 5月 に 左膝 を 手術して、 自宅 療養 しながら

先週は  右膝の 手術で 入院 してまして、


全然 BLOG 更新 できてませんで、 どうも すみません


sjfgsfhs (7)


もともと 僕は 戦力外 なので、 自宅療養 してても

お預かりしている クルマ の 作業には 影響なし。。。。。


逆に 余計なことする ヤツが いないので はかどってる事と 思います

 
sjfgsfhs (2)


K上 さん の   55  CHEVY、  210


ハーネス の 引き直し と FITECH化、

コンチキット 取り付けなどで 預かりまして


sjfgsfhs (8)


DAICHI が 担当 している、 FITECH の 

トンネルラム KIT を 使った EFI化 も 


試乗 を 重ねながら セッティング を 煮詰めたら


sjfgsfhs (6)


K上 さん にも  来ていただいて、 一緒 に 乗って


試乗 に 出掛けながら、 アクセル の フィーリング、

レスポンス など  体感して もらいながら 


djhdghjg (5)


実際に 運転してもらいながら、 FITECH の

コンピューター で 調整 が 可能な 部分 は 


K上さん の 好みや 要望に 合わせて セットアップ していきまして


poiytttukk12 (10)


デスビキャップ や プラグコード も 赤だったのを

黒に 変更 して 、 コーディネート しまして


真っ黒 に なってしまったので、  写真 撮っても

全然 映えなく なりまして  ナニヨリです。。。。


poiytttukk12 (18)


セッティング も 煮詰まって きましたが、 FITECH の 

トンネルラム化 したら、キャブの時よりも  速く なったそうで、


今度は ブレーキ の 制動力 が 不足気味に。


poiytttukk12 (14)


トライシェビー は 元々 ブレーキ ペダルの 位置が 高く

床から 遠いので、  かかと を つけたまま 踏めなくて


ブレーキ ペダル が 踏みづらい と 巷では 有名。 


poiytttukk12 (16)


K上さん からは  アクセル ペダル と ブレーキ の

ペダル は 踏み変えやすいように


同じ 高さに して欲しい と 言われて いるので


poiytttukk12 (19)


以前に オリジナル の ペダル 位置 よりも 

奥の 位置に 来るように 加工 してある 都合上


ペダル ストローク を 増やそうと すると、 踏み込んだら 

ファイヤー ウォール に 当たってしまうように なるので
 

gfshfjs.jpg


そこで パワーブ-スター を 8インチ デュアル から

9インチ デュアル に 変更 して アシスト力を 上げつつ


ブースター の マウント ブラケット も CPP製 から


Screenshot_2017-07-15-16-52-08-1.jpg


カンチレバー式に 変更し、  レバー比 を 変えることで


同じ ペダル ストローク でも 踏みしろが 増やして

マスター シリンダー の 圧が 上がるように 加工 しまして


1502668035457.jpg


ブレーキ ペダル も 分解して  ペダル の アーム を

延長 して 床 に 近付けることで


かかとを つけたまま、 踏めるように 加工 して


poiytttukk12 (13)


これまでよりも ブレーキ ペダル が 踏みやすく

同じ 踏み込み量 でも 良く 効くように しまして


K上 さん に  ブレーキ タッチ、 制動力 も  

最高だー と 言ってもらえたので、  ナニヨリです


poiytttukk12 (12)


ペダル の 位置、 タッチ、 クルマに 合わせるのではなく 

自分の 好みに 合ってるのが  一番 ですね!


次 は コンチキット の 本組みに 進みます


VIVA!  S庭 道場 !!!!!  

         VIVA! K上 さん!!!!!!! 



[ 2019/07/28 16:20 ] 55 CHEVY 210 | トラックバック(-) | コメント(-)

1955 CHEVY



 K上 さん の   55  CHEVY、  210


ハーネス の 引き直し と FITECH化、

コンチキット 取り付けなどで 預かりまして


bFbdgn (11)


コチラも 全然 BLOG 更新 出来てません でしたが

作業 は 順調 に 進んで、 試運転 進めてまして


フューエル インジェクション化 したので、 燃料 ポンプは


bFbdgn (12)


インジェクション用 の 高圧ポンプ に 変更 しまして


ポンプ の 特性上、 ジージー と 作動音 が うるさくて

不快 なので、 消音 サイレンサー を 取り付け しようと


klhgguyiuo (8)


せっかく 製作 した ポンプ マウント は、 スペース の 都合上

再利用 できな句なり、 廃棄 と なりまして、、、、


55 CHEVY の 狭い 燃料タンク 周りでは 


klhgguyiuo (1)


サイレンサー を 付けた 燃料 ポンプ を

取り付けできる スペースも 限られるので


新しい マウント 作って  移設 しましたが


klhgguyiuo (7)


エアサス 組んであって、  車高 を 全下げ にすると 


ポンプ と 地面 が 10cm の 距離に なるので

万が一 何か あったら、 爆発、 炎上  怖いですね。。。。


klhgguyiuo (2)


という事で、 外付け ポンプ の より良い 設置 場所 が

どこを 探しても  ありまめんよ という 話に なり


しょうがないので、  燃料 タンク内 に ポンプが 内蔵されている

HOLLEY の スナイパー タンク を 使う事に なりまして

 
klhgguyiuo (3)


あらかじめ、 高圧 の フューエル インジェクション用 の 

ポンプ と、 リターン ライン が 付いてるので、 超楽ちん。


インタンク式 は、 ポンプ を 設置する マウントを 

現車 合わせで  設計 したり、 作らなくて 済みますし


klhgguyiuo (4)


フューエル ネック に  リターン ポート 追加 しなくて 済みます。


ポンプ は ガソリンの 中に 沈んでるので、 作動音 も 静かで

熱を 持たなく なるので、 ポンプ の 寿命も  長くなり


klhgguyiuo (5)
 
 
クルマに とっても 良いこと ばかりで、 作業 工数も 減るので


DAICHI には EFI化 が 決まった 当初 から 

「  タンク も 取り寄せて  」  と、 言われて ましたが


klhgguyiuo (6)


不良 在庫の 外付けポンプ の 在庫 が あったので、 

すっとぼけて インタンク化 せずに 進めたら、 


1歩 進んで  2歩 下がる。。。。。。。


VIVA!  S庭 道場 !!!!!  

         VIVA! K上 さん!!!!!!! 



[ 2019/07/11 18:17 ] 55 CHEVY 210 | トラックバック(-) | コメント(-)

1955 CHEVY



 K上 さん の   55  CHEVY、  210


ハーネス の 引き直し と FITECH化、

コンチキット 取り付けなどで 預かりまして


djhdghjg (1)


写真 撮っても  代わり映え しない ハーネス の

引き直し 作業 も ようやく 終えて


64年前 の 純正 ハーネス と お別れ しまして

 
djhdghjg (5)


FITECH の トンネルラム の セットアップ 進めてまして


55 CHEVY は、 ボンネット が 高いので 熱気 が 抜けず、 

エンジンルーム に 滞留 し易い とのことで


djhdghjg (4)


EFI化 しても、  渋滞中 に 滞留 した 熱い 空気を 吸うと  

調子 を 崩しますし、 調子の 良い コンディションを 作るには 

 
いかに コールド エアー を  送り込めるか が 肝 とのことで


djhdghjg (6)


コアサポート の 前まで 吸気 パイプ を 伸ばして、 


エンジン や エキマニ の 熱、 ラジエーター を 通った

熱い 空気を  吸わないように しまして


djhdghjg (3)


コアサポート の ポートには ゴミを 吸わないように

スクリーン を 取付し、 エアフィルター は


パイプ の 中に フィルター が 入っている

インライン型の エアクリーナー を 採用。


djhdghjg (2)


エンジン の 振動で、 パイプ や ブラケット が

割れないように、 つなぎ目に 吸振性 の ある 


フレキシブル ジョイント を 使って 接続 しまして


djhdghjg (7)


FITECH トンネルラム、 インテーク パイプ の

セットアップ が 完了し、 エンジンも 始動 したので


次は 細かい 調整 と セッティング に 進みます


VIVA!  S庭 道場 !!!!!  

         VIVA! K上 さん!!!!!!! 




[ 2019/06/03 00:00 ] 55 CHEVY 210 | トラックバック(-) | コメント(-)

1955 CHEVY



 K上 さん の   55  CHEVY、  210


ハーネス の 引き直し と FITECH化、

コンチキット 取り付けなどで 預かりまして


gahdah.jpg


組み付けを 終えた コンチキット を 分解 し

塗装 したら 本組み するので


Mりさんの ところで 塗装の 準備が はじまったようで

 
bdg.jpg


キャリア の ロックピン も 新品が 到着。


塗装 から 戻ってきたら、 A田 くん に

組み立て を お願いすることに しまして


asgasfg (1)


ハーネス の 引き直し を 終えた DAICHI は

FITECH化 を 進めて いまして


燃料ポンプ を インジェクション用に 変えるので


asgasfg (2)


FITECH の 電磁ポンプ と プレフィルター を

取り付ける、 薄い 縦型の マウント ブラケット を 製作。


燃料 フィルター 兼、  燃圧 レギュレター 兼、 


asgasfg (3)


リターン 回路 を 兼用 した 優れものを 設置し


パーコレーション を 防ぐため、 タンク の

すぐ 近くで リターン 回路を 作ったら


bFbdgn (9)


フューエル ネック に リターン ライン を

接続 できる ポート を 作りまして


フューエル フィルター レギュレター を 取り付ける


bFbdgn (5)


フレーム と、 ボディ の 下回り は


シャシー ブラック と アンダー コート で

塗装 して 乾かしたら


bFbdgn (6)


bFbdgn (7)


フューエル フィルター レギュレター を 本組みして

燃料 ライン を 引き直して いきます


燃料 タンク から  プレフィルターに 接続し


bFbdgn (12)


bFbdgn (11)


電磁 ポンプ から フューエル フィルター レギュレター へ。


リターン ライン を フューエル ネック に 接続 したら

メインライン を 高圧 ホース で 製作。


bFbdgn (8)


これまで 燃料 ライン は、 ステンレス の パイプ で

製作 してありましたが、 鋼管 は 渋滞中 に


路面からの 熱が 伝わって、 パーコレーション するそうで


bFbdgn (13)


ゴムホース で 取り回しするほうが 良いそうです


バッテリー が トランク に 移設 してあるので

バッテリー ケーブル、 エアサス の チューブ と


bFbdgn (14)


ブレーキ パイプ を 固定 し直して いきまして


エンジン 手前 まで 燃料 ホース を 引き直し

そこから先は また 後日 製作を 進めていきます


bFbdgn (15)


ハブ ベアリング が 合わなくて、  A田 くんに

旋盤 で 削ってもらった ハブ は


これまでの ベアリング キャップ は 小さくて 使えなくなり


bFbdgn (3)


削った 径に 適合する、 新しい ベアリング キャップ が 

届いたので  取り付け しまして


はめ合い 具合 も ぴったりで ナニヨリです


bFbdgn (4)


次は FITECH の トンネルラム に 合せて

エンジン ルーム内 の 作業に 進みます


VIVA!  S庭 道場 !!!!!  

         VIVA! K上 さん!!!!!!! 



[ 2019/05/17 05:17 ] 55 CHEVY 210 | トラックバック(-) | コメント(-)