ホーム > カテゴリー - 50 MERCURY * Ox Blood *

1950  MERCURY



 S原 さん の  50 MERC、   ” Ox Blood ” 


オーナーズ マニュアル の 製作 も 終わり

いよいよ   沖縄 へ 輸送 と  なりまして


IMlokpkpllG_0185 (1)


自走 で  港 まで  走らせて、  万が一 にも

傷 を 付けることが  あっては  困るので  


Ox Blood は  積載車 で  輸送 と なりまして


IMlokpkpllG_0185 (2)


沖縄 行き の 船 が 出る、  東京 有明港 まで

積載車 に  積み込んで  運びまして


有明港 の  沖縄 行き の  船着き場 に 行きましたら、 


20170630_124148.jpg


大きな 船 が  停泊 してまして


有明 からは   毎週  水曜 と  金曜 に

那覇 行き の 船 が  出ている そうです


20170630_124155.jpg


船 の 先 には、   お台場 の  観覧車 や

フジテレビ も  すぐ そこに 見えてるので、


SCN お台場 の 会場 の  すぐ 近くですね


20170630_131536.jpg


船 に 積んで、  沖縄 に 持っていく

クルマ の 置き場 が あるので


そこで  Ox Blood を  降ろしたら


 
20170630_125830.jpg


輸送中 に 傷 が 付いてしまっても  解るように


船会社 の 人 に、  積み込み前 に  

クルマ に 傷 が ないのを  チェック してもらい


20170630_130743.jpg


通常  船 には  クルマ を 積む スペース まで

自走 で 乗り込んで  駐車 しますが


船 に  積み込み、 積み下ろし を する 際 に

作業員 の 人 に  運転 してもらったり  


20170630_134443.jpg


船の中で  停車中 に 傷を  つけられる事が あったら  困るので


積み降ろし の 際 や、  輸送中 にも  

誰 にも  触れられるずに  運べるよう  


20170630_134435.jpg


自走 しない、  パレット 積み での  輸送 を  お願いしまして


クルマ より  一回り  大きな パレット に 乗り込んで

揺れても  動いて しまわないように    


20170630_134757.jpg


4方向 に  テンション を  掛けて  固定 して、  

船内 で 汚れない様、  カバー を 掛けたら、  


フォークリフト で  船 に  積み込んで もらいまして


20170630_134751.jpg


金曜 の 夕方 に  出港 し、  月曜 に 沖縄 に  到着。


那覇港 での  引き上げ は、  S原 さん と

リアル シェビー さん に  お願い しまして


Screenshot_2017-07-06-07-47-38-1.jpg


傷 が 付くことも なく、 無事  輸送 できたようで 良かったです


那覇港 から  引き揚げた 足 で、  そのまま

陸運局 に 乗って行き、  登録 も  完了 したそうで


Screenshot_2017-07-06-07-47-45-1.jpg


遂に  Ox Blood が  沖縄 に  上陸 し、

S原 さん の もと、  走り出しました


1950  MERCURY  ”  Ox Blood ”    


Screenshot_2017-07-06-07-47-41-1.jpg


GNRS にも  出展 した、  ビカビカ の  ショーカー ですが

S原 さん が  ガシガシ  乗り倒して くれると 思いますので  楽しみです !


どこかで  見掛けた 方 は、  是非 声 を  掛けてみて ください!


VIVA !    S庭 道場  &  S原 さん !!!!!!!

 

[ 2017/07/06 17:03 ] 50 MERCURY * Ox Blood * | トラックバック(-) | コメント(-)

1950  MERCURY



 S原 さん の  50 MERC、   ” Ox Blood ” 


沖縄 への 輸送前 の、  整備 と  洗車 を 終え

オーナーズ マニュアル の 製作 へ


23163828563_55579fa38b_k.jpg


S原 さん には、  東京 に 来た時に  

Ox Blood を  運転 してもらってるので、  


操作 方法 は  解ってると 思いますが


20170616_033130.jpg


S原 さん の もとに 行ったあと、  


さらに 細かい 操作 方法 を はじめ、  

設定 の  変更 や、  メンテ の 仕方 など、  


20170630_034636.jpg


解らないこと が あれば、  読めば 解る

オーナーズ マニュアル を  作成


FIT の  プロジェクト カー は  クルマ と 一緒 に


20170630_040748.jpg


マニュアル も  作って  お渡し してまして


ゼロ から  FIT で 作った  Ox Blood は

こんな に 分厚い  ファイル に なります。。。。。


20170630_035325.jpg


20170630_034652.jpg


マニュアル は  全く 同じもの を  2冊 作って

1冊 は  オーナー に お渡しして


もう 1冊 は  FIT で  保管 しまして


20170630_034656.jpg


20170630_034700.jpg


解らない ことが あった時、  連絡 を もらえれば


お互い  マニュアル を 見ながら、  ~ の ページ の

~ に 記載 されている 部分 を 見てもらうと、


20170630_034704(0).jpg


20170630_034709.jpg


同じ マニュアル を 見ながら  説明 できるように してまして


中は、  各部 の 機能 や  操作 方法、

定期的 に  メンテ する 部分 や 方法 に はじまり


20170616_033156.jpg


アライメント 調整 した 際 の、  設定値 の 記録、


これは  いつか  足回り の 部品 交換 を することに なって、  

アライメント の  調整 を  やり直す時に  必要 ですね


20170630_040448.jpg
 

20170630_040443.jpg


ACCU AIR の  エアサス 操作 方法、

設定 の 変更 方法、  エラー 表示 や


トラブル シューティング の  資料 に


20170630_040507.jpg 


20170616_033222.jpg


ダコタ  VHX ゲージ の  説明書 は、

表示 や  設定 の 変更、  


トラブル シューティング の 時に  使います


20170616_033232.jpg


20170630_040523.jpg


VHX は、  針 の メーター 表示 以外 にも


オドメーター に、  時計、  デジタル タコメーター、 

最高 速度 や  0-400 タイム など


20170630_040529.jpg


20170630_040617.jpg


色々 表示 できる  ディスプレー が 付いているので


見たい 情報、  設定 を 頻繁 に  変更 するので

取り扱い 説明書 は  必ず  必要 ですね


20170616_033244.jpg


続いて  ヒューズ ボックス の  配置 や

クルマ の  電装品 の  配線図、


各 スイッチ に つながっている  配線 の 説明 や


20170616_033248.jpg


20170616_033254.jpg


配線 の 途中 に 設けてある  コネクター、  

カプラー の 配線 も  記録 してあるので


電装品 を 追加 する 際 や、  トラブル の 際


20170616_033302.jpg


20170616_033307.jpg


S原 さん や、  サポート して頂く  SHOP さんが


どの 配線 が ナンの 線 なのか  判別 したり

導通、  短絡 の  点検 に  大いに 役立ちます


20170616_033312.jpg


20170616_033321.jpg


どう 作ってあるか の  説明 も  重要 ですが


組み付け後、  セッティング が 必要 な  点火系、

インジェクション、  燃圧 など、  


20170616_033332.jpg


どのような  セッティング に  してるか の 記録 や、


取り付けした パーツ の、 説明書、  取付 要領書 も

全部 ファイル してあるので

 
20170616_033344.jpg


20170616_033354.jpg


ナニか  分解 しないと いけなく なった時 に


取付 要領書 を 見れば、  どういう 構造 で

どう  取り付けて あるのか   理解 できるので


20170616_033358.jpg


取付 の 逆 の 要領 で、  分解 していけますし


組み戻すとき も、  説明書 を 見ながら

組み付け方、  調整 方法 も  理解 できます


20170616_033405.jpg


WILWOOD の  ディスク  ブレーキ キット、

電動 ブレーキ システム、  エアコン


デジタル ゲージ に、  マロリー の  点火系、  


20170616_033409.jpg


フューエル インジェクション に  フロント ランナー、  

エアサス に  スターター、  パワステ、


ポップドア に  リモコン ユニット と


20170616_033415.jpg


組み付けた  パーツ それぞれの  説明書 と

配線、 配管図 を  ファイリング し


パーツ に 同封 されていた  ステッカー も  入れまして


20170616_033423.jpg


オーナーズ マニュアル が  完成。


S原 さん が  メンテ や  カスタム  する際 や、  

万が一、  トラブル が 起きて


20170616_033430.jpg


原因 を 追ったり、  修理 する 際 に

必ず  役に立って くれますし


Ox Blood を  サポート して頂く


20170616_033442.jpg


リアル シェビー さん も、  この マニュアル が あることで  


解らないことが あっても、 ぺらぺらー っと  見てもらえれば

きっと  すぐ  理解 して頂けると 思いますので


20170616_033454.jpg


作業 も  スムーズ に  進められるかなと 思います


そして Ox Blood を 作った 僕たち も

どう 作ってあるか、  どう 配線 したか など


20170630_040748.jpg


時間 が 経つと  忘れてしまう  可能性 も  高いので

僕らに とっても、  この マニュアル は  必要 ですね


次 は いよいよ、  船積み 作業 に  進みます


VIVA !    S庭 道場  &  S原 さん !!!!!!!



[ 2017/07/04 18:38 ] 50 MERCURY * Ox Blood * | トラックバック(-) | コメント(-)

1950  MERCURY



 S原 さん の  50 MERC、   ” Ox Blood ” 


昨年 の  SPEED & CUSTOM SHOW で

BEST SHOW を  もらったので


23163828563_55579fa38b_k.jpg


今年 は  昨年 の  BEST SHOW CAR として

招待 展示 させて 頂きまして


無事  出展 を 終えた  3月末 から、  いよいよ  


2016015627_165137 (3)


2016015627_165137 (16)


2016015627_165137 (18)


沖縄 の  S原 さん の もとへ  送る 準備 に 入りまして


思い起こせば   一昨年 の 年末 に  完成後、  

2度 の  HRCS に、   SCN 東京、


2016015627_165137 (13)


2016015627_165137 (11)


2016015627_165137 (12)


本場  アメリカ  最高峰 の  GNRS へも  

遠征、  出展 も 果たしまして、   


2度 の SPEED & CUSTOM SHOW に   


2016015627_165137 (10)


2016015627_165137 (7)


2016015627_165137 (8)


横浜 の  ラズル ダズル など、  


オーナー の  S原 さん の 理解 も あり

国内外 の  カーショー に  出展 してきまして


1453945194996.jpg


2016015627_165137 (4)


1454055755138.jpg
沖縄 に  持って行ってしまうと、  カーショー に

出展する際 に  段取り が  タイヘン なので


早く  乗り回したいのを  我慢 してもらって、、、、


2016015627_165137 (6)


1454303220681.jpg


出展 が  続くうちは  FIT で  保管 させて もらいまして

ようやく  沖縄 に 運ぶ  段取り と なりました


みんな の  沢山 の 想い が 詰まった  クルマ なので


2016015627_165137 (9)


2016015627_165137 (15)


2016015627_165137 (20)


いよいよ  沖縄 へ、、、、、  となると

複雑 な  心境 に なりますが


早く 乗りたい  S原さん の  気持ち を  考えると

そうも  言ってられませんので


IMG;lppl;@;[;[;_0141 (1)


GW に  乗れるように と  輸送 準備 を 進め


8連 スロットル や、  インジェクション の  

セッティング を  煮詰め直したり と


IMG;lppl;@;[;[;_0141 (2)


最終 調整、 点検 に 入りまして


名古屋 往復 など、  そうとう 距離 も 走らせて

チェック、  駄目出し を  してきて いますが


IMG;lppl;@;[;[;_0141 (3)


大事に していた クルマって、   嫁入り 前 に なると

ナゼか  不思議 と グズる もので、、、、、、


エンジン 調整中 に  オーバー ヒート 気味 に なり


IMG;lppl;@;[;[;_0141 (4)


熱くなった  エキマニ の  近くを  通っていた

エアサス の  チューブ が  溶けて  エア漏れ して


TV ケーブル も、  熱 で  ガイド チューブ が  溶けて  


IMG_xfcghsfghsrd0125 (14)


固着 したり と   普段 は 起きない ようなことが  連発。。。。


再発 防止 で  ヒート シールド を 作って  追加 して

沖縄 行き の 船 を 予約 したら、  積込 数日前 の


IMG_xfcghsfghsrd0125 (13)


ロード テスト中 に  電磁 ポンプ 死にまして、  


新品 に 変えて  復旧 は しましたが、  まだ  新しい 

ポンプ だったので、  寿命 としては  早すぎますし、、、、、


20170428_040025.jpg


一流 メーカー製 の ポンプ なので、  製品 不良 として

片付けるのも、  少し 不安 が 残るので


船 に 乗せるのを 遅らせて、  他 に 原因 が 無いか

もう少し  様子 を 見てみる ことに。。。。。


 
20170428_040036.jpg


船 の 日程 を 遅らせて、  電磁 ポンプ の 

様子 を みながら  試運転 を 繰り返しまして、  


もう 大丈夫そうだね と、  改めて  船 を 予約 したら、  


20170428_050354.jpg


乗船 2日前 の 試運転中 に、  今度 は  まさかの  デフ ブロー、、、、、、、


Ox Blood として  仕上げる前 から  数年間 の 間、
  

あちこち の  イベント へ  走らせるのは  モチロン


20170428_055003.jpg


通勤 快速 として  散々 乗り回しながら  駄目 出し、  

対策 を  繰り返して、  完成度 を  高めてきまして


Ox Blood として  FINISH してからも 


20170428_052027.jpg


ノントラブル で  絶好調 そのもの でしたが

ホント、  嫁入り前 の クルマって  グズるもんですね


ロード サービス 呼んで、  積載 で  ガレージ に 戻ってきたら


20170428_050348.jpg


乗船 まで  時間 が 無いので、   急いで  デフ を  分解 し


在庫 で あった  新品 の  FORD 9 の  

サード メンバー に  組み替えしまして


20170506_211502.jpg


デフ ブロー後、  6時間 で  修理 完了。


シール が  乾くのを 待って、  翌日 試運転 したら

うーん、、、、、、  今度 は  デフ 鳴り が、、、、、


20170506_212852.jpg


新品 サードメンバー は、   うなり音 が 出るので  


よろしく メカドック K木 師範 に 来てもらって  

うなり音 が 出ないよう、 の 歯当たり 調整 を するか


20170506_212915.jpg


それとも   ブロー した サードメンバー の 

原因 を  調査 して、  そちらを 直すのと  


どちらが 良いか、  判断 を  ゆだねましたら


20170507_002331.jpg


POSI トラクション 入り の  FORD 9 デフ は


POSI の  クラッチ が  焼けてしまい

きちんと  伝達 できない 状態 でして、、、、、


20170511_225621.jpg


新品 なのに  音 が 出る  サード メンバー は

歯当たり的 には  悪くないので


音 の 出所 を  特定 するには   時間 が 掛かるので


20170512_052924.jpg


また また   船 の 予定 を 遅らせて もらい、、、、 


修理 に  万全 を 期すため、  アメリカ から  

サードメンバー、  左右 アクスル シャフト、 ベアリング と  


20170512_055159.jpg


全部  新品 を  取り寄せ しまして、  根こそぎ  組み替え。


その後、 よく 時間 を 掛けて  試運転 を  繰り返しまして

トラブル、  不具合 も  出なく なりましたが 


Screenshot_2017-07-01-09-27-16-1 (1)


そんな  5月末頃 には  沖縄 は  梅雨 入り してしまい、、、、、


クルマ が 来ても   ずっと  雨 で 乗れない と、  

梅雨 明け を  待っての  輸送 と  なりまして


Screenshot_2017-07-01-07-04-09-2.jpg


その間、  厳しい と 有名 な  沖縄 の 陸運局 でも

今後  問題 なく  車検 を 通せるように  
 


細かく 構造 変更、  公認 車検 を 取り直しまして


Screenshot_2017-07-01-09-27-19-1 (1)


オーナー の  S原 を はじめ、  沖縄 で  


Ox Blood の  メンテナンス や  車検 で

サポート して頂ける  リアル シェビー さん が


Screenshot_2017-07-01-07-04-19-1.jpg


クルマ の 取扱い や   調整、  トラブル が 

起きたときに  困らないよう、  


オーナーズ マニュアル、  取扱い 説明書 を 作りまして


  
Screenshot_2017-07-01-09-27-27-1 (1)


先日、  いよいよ  梅雨 が あけたとの ことで、 

再び  輸送 の 段取り が  始まりまして


船積 の 前 に、  みんな で  綺麗 に 洗車 して


Screenshot_2017-07-01-09-27-41-1 (1)


ビカビカ に  綺麗 したら、  オイル 交換 して、  準備 完了。


Ox Blood、  いよいよ  沖縄 に 渡ります

VIVA !    S庭 道場  &  S原 さん !!!!!!!


[ 2017/07/02 10:43 ] 50 MERCURY * Ox Blood * | トラックバック(-) | コメント(-)

1950  MERCURY  OX BLOOD



 S原 さん の  50 MERC、   ” Ox Blood ” 


キャディラック の  ハブ キャップ の  デザイン で

作ってもらった  ビレット ホイール と


IMG699954_0026 (16)


キャディラック の  ソンブレロ キャップ を  装着 する

バイアス ルック タイヤ の  2種類 を  用意 しまして


行き先 や、  雰囲気 で  使い分けるように してまして


IMG699954_0026 (4)


ハブ キャップ は、  キャディラック の  純正 ホイール 専用 

だったものを、  OX BLOOD の ホイール にも  装着 できるよう   


アダプター を  製作 して  取り付け できるように しまして


IMG;lppl;@;[;[;_0141 (12)


ハブ キャップ を  取り付ける  アダプター は  

ホイール ナット に  共締め したのち


ハブ キャップ を、  アダプター に  センター ロック 


IMG;lppl;@;[;[;_0141 (5)


スタイル で  取り付けする  構造 に  なりまして


脱着 の 際 は、  エンブレム が  付く  

センター 部分 を  取り外す 方式 に。  


IMG;lppl;@;[;[;_0141 (6)


センター 部分 を  脱着 する際 に、  工具 が  必要 だと

作業 が  面倒 に なるので


オリジナル の  ハブ キャップ に 開いている  溝 に

 

IMG;lppl;@;[;[;_0141 (7)


IMG;lppl;@;[;[;_0141 (8)


引っ掛かる  溝 を 付けた  ベース プレート を  製作 し


スプリング で  テンション を  掛けて

ロック 出来るように していきます


 
IMG;lppl;@;[;[;_0141 (9)


エンブレム の サイズ に  ステンレス板 を  切りだしたら


ステンレス の フラット バー を  切り出し

端 を  おりまげたら、  十字に  配置 しまして


IMG;lppl;@;[;[;_0141 (11)


IMG;lppl;@;[;[;_0141 (10)


薄い 板 なので、  溶けてしまわないよう

15 A という、  超 低電流 で  溶接。


続いて、  ステンレス板 を  切り出して 両端 を 曲げて  


IMG;lppl;@;[;[;_0141 (13)


スケート ボード の  デッキ のような  板 を  作りまして

裏から  押し当てる  プレート として  使います


エンブレム の サイズ の 板 に  穴 を  開けて


IMG;lppl;@;[;[;_0141 (14)


IMG;lppl;@;[;[;_0141 (15)


マーキュリー の  モチーフ の  デザイン で


アメリカ で  作ってもらった  エンブレム を

取り付け できるように します


IMG;lppl;@;[;[;_0141 (17)


IMG;lppl;@;[;[;_0141 (16)


エンブレム の  裏 にも、  2箇所 に

ビス で  取り付ける  穴 を  開けまして


テンション スプリング を  取り付けたら


IMG;lppl;@;[;[;_0141 (20)


IMG;lppl;@;[;[;_0141 (19)


Ox Blood 用 の   エンブレム 部分 が  完成。


加工 された、  オリジナル ハブ キャップ の  裏側 に

製作 した  アダプター 取り付けして  


IMG;lppl;@;[;[;_0141 (22)


センター の  エンブレム 部分 を  取り付けて

ロック した ところ を  裏から 見ると


こんな 感じ に  なりまして、  良く 解らねえよ !  

って 方 が  多いとは  思いますが、  御心配 なく、、、、、、


IMG;lppl;@;[;[;_0141 (23)


カウパー氏 が  勃起 しながら  ブリッジ した 上 に 


バター犬 を  乗せている ところを  

イメージ してもらえればと 思います。。。。。。


VIVA !   S庭 道場  &  S原 さん !!!!!!!



[ 2017/05/23 08:20 ] 50 MERCURY * Ox Blood * | トラックバック(-) | コメント(-)

1950 MERCURY  Ox blood



 S原 さん の  50 MERC、   ” Ox Blood ” 


今週  沖縄 に  旅立つことに なりまして

最終 の  チェック と  整備 してまして


20170413_035140.jpg


沖縄 に  持っていったら、  塩害 で  痛まないよう

乗った後 は、  水洗い が  必至 とのことで


雨漏り の  点検 と  対策 を  進めまして


  
20170413_035157.jpg


Ox Blood に   洗車 ホース で  水 を  掛けて

室内 に  入ってくる ところ が 無いか  点検 しまして


CHOP TOP すると、  サッシ や  ガラス を

小さく 作り直す だけではなく


20170406_195347.jpg


サッシ や  ピラー、  ガラス の 角度 も  変わって


それぞれを  閉めた時、  本来 の  当たり とは  変わるので、  

普通 に  ウェザー ストリップ を  つけても  雨漏り します


20170406_195344.jpg


CHOP する 際 は、  ドア ウェザー や   三角窓 周り は、  


ボディ や  ガラス との 当たり も  見越して   造り込まないと

いくら  新品 シール を  使っても  漏れ漏れ ですね。。。。。。


20170406_195339.jpg


S庭 師範 は、  真ん中 で  内外 が  入れ替わり

特に  雨漏り し易い  三角窓 も


オイラー に  水 を  入れて、   ビュー ビュー 掛けて

過酷 な 状況 でも   雨漏り しないか  チェック中。


20170406_195338.jpg


Ox  Blood は  水 を  ジャバ ジャバ 掛けて 

洗っても、   雨漏り しないので   


見た目 だけでなく、  建付け も  造り込み も  完璧 ですね  


jfhjdfjsrytj (9)


昨年 の  SCN の 時 から    不調 に なった  

イグニッション コイル は、  新品 でしたが


しばらく  走って、  温まると  きちんと  火が 飛ばなくなり


jfhjdfjsrytj (11)


マフラー の  熱害 を  受けてるのかも しれないので


新品 コイル に  交換 しがてら、  マフラー から

位置 を  離して 取り付けるよう   ブラケット を  製作
  


jfhjdfjsrytj (3)


以後  点火 不良 の  症状 は   出なくなりましたが


今度 は   燃料計 は  4分 の 1 を  示してるのに

ガス欠 するように  なりまして、、、、、、、


IMG_xfcghsfghsrd0125 (10)


燃料計 の  センサー が  おかしいのか、、、、、、  


メーター を  DAKOTA の   VHX ゲージ に  変えたけど、  

セッティング が  ちゃんと  出来てなかったのか  調べたら


IMG_xfcghsfghsrd0125 (11)


Ox Blood を  仕上げる際、  燃料 タンク に

凹み が あったので、  新品 に  変えましたが


タンク 内 には、  出口 に いく  パイプ が  溶接 されてますが


jfhjdfjsrytj (4)


溶接 する  角度 が  悪く、  本来 は  底面 に ある  パイプ が  

だいぶ  上 を  向いてる  向き で   溶接 されてまして、、、、、


それじゃあ   燃料 少なくなったら   吸えません って  ハナシ です。。。。


jfhjdfjsrytj (7)


タンク の  製造 不良 で、  タンク 内 の  残り 15 L が  

吸えない 構造 に  造られてたので、、、、、、


燃料 を  全部 抜いて、  タンク を  降ろして

タンク内 の  パイプ を  底近く でも   吸えるよう

   

jfhjdfjsrytj (8)


手直し と  なりまして、  大変 な  手間 が  掛かりましたが


新しい タンク に 変えてから、  これまで   燃料 が   

4分の 1以下 に  なることが  偶然 にも  なかったので、  


jfhjdfjsrytj (10)


気が付かずに  沖縄 に  行ってしまわなくて  良かったです。。。。。。

 

燃料 タンク を  降ろして  手直しする  ついでに

電磁 ポンプ を    燃料 タンク 手前 に  設置 してましたが  


jfhjdfjsrytj (5)


jfhjdfjsrytj (6)


剥き出し の ままだと、  飛び石 や ナニかが 当たって  損傷 したり 


マフラー からは  距離 を  とって  設定 していますが

熱害 を  受け無いよう、  鉄板 を  切り出して


jfhjdfjsrytj (14)


電磁 ポンプ の   マウント ブラケット   兼、  

アンダー ガード  兼、  ヒートシールド を  製作 し、 


燃料 タンク の  ブラケット 部分 で  取り付け しまして


jfhjdfjsrytj (12)


これで  完璧 だね  って、  満足 し


S庭 師範 と  二人、    試運転 と  スピード メーター の  

セッティング で、  試運転 に  出掛けましたら


jfhjdfjsrytj (13)


30分 くらい  走ったら、  燃圧 が  上がらなく なりまして。。。。。


吹けないので、  ガレージ に  戻って、  原因 を  調べようと

ダマし ダマし  走らせて  帰路 に つきましたが


IMG_xfghsfghsrd0125 (3)


戻るまえ に   電磁 ポンプ  死亡 の 刑、、、、、、、、


路上 で  エンコ したので、   近所 に 住んでる  ルセーバ の  

Oたき くん に HELP に 来てもらいまして、  ガレージ に  戻り


在庫 の  電磁 ポンプ に  交換 し、  復旧。。。。。。


IMG_xfghsfghsrd0125 (2)


こちも  沖縄 に  行ってから  壊れなくて  良かったですが、、、、


納車前 に なって、  イグニッション コイル、   燃料 タンク、  

電磁 ポンプ と、  度々 の  製品 不良 に   苦しめられますね。。。。
 


VIVA !    S庭 道場  &  S原 さん !!!!!!!



[ 2017/04/26 05:50 ] 50 MERCURY * Ox Blood * | トラックバック(-) | コメント(-)