ホーム > カテゴリー - 50 MERCURY * Ox Blood

1950 MERCURY  Ox blood



 S原 さん の  50 MERC、   ” Ox Blood ” 


CHOP TOP すると、  ガラス が  小さく なるので

視界 が  狭くなって、   周り が  見づらく なりますが


23790537685_450495b73d_k.jpg


クラッシックカー らしい、  当時 の  大きな  ステアリング も  

前方 の  視界 の  妨げに なります。。。。。


だからと いって、  小径 の  ステアリング を  付けると

クラシックカー の  雰囲気 を  損なって しまうので


El-Classico-50-Mercury-24-800x533.jpg


Ox Blood では、  直径 こそ   大きな タイプ ですが

楕円型 の  デザイン の  ステアリング ホイール を


ボス 部分 を  加工 して  取り付けてまして


20151202_203003.jpg


絶妙 な  楕円 なので、  視界 を  妨げませんし

ホーンリング も  付いてて、  クラシックカー らしくて  最高 です


そんな  Ox Blood の  ステアリング の  ホーン ボタン は


nkclvsfk;bk (1)


ステアリング 自体 が 違う  自動車 メーカー の モノなので 

メーカー の マーク が  入った  オリジナル品 を  付けるのではなく


1940 ~ 1950年代 の  マーキュリー の  エンブレム の  

デザイン を  使い、  Ox Blood の  ホーン ボタン サイズ に 合うよう、  


nkclvsfk;bk (2)


キャンディー レッド で  特注 した、  ワンオフ エンブレム でして


 
取り付け は、  ホーンリング に  はめ込んで  接着 でしたが

メンテナンス性 が  悪いとのことで  対策 と  なりまして


nkclvsfk;bk (3)


ナルディ や  モモ などの ような、   よくある  


”  パチン ”  と  ホーンボタン  が  センター に

はまる  造り に  していきたいと 思います  


  nkclvsfk;bk (5)


まずは  加工 の 際 に、  ステアリング や  ホーンリング に

傷 が  付かないよう、  しっかり  養生 しまして


リング と  エンブレム の  位置 関係 を  計測 して  検証


nkclvsfk;bk (4)


パチン と  はまって、  パチン と  外せるように するには

脱着 の 際 にだけ、 突っ張る 機構 が 必要 なので


はめ合い部分 に  板バネ を 付けて、 テンション を  掛けることに しまして


nkclvsfk;bk (6)


エンブレム は  樹脂製 で   溶接 や  接着 が  出来ないので

2,0mm厚 の  ステンレス板 を   切り出し、


エンブレム の  ベース プレート として   使っていきます


nkclvsfk;bk (8)


続いて、  ホーンリング の  溝 に あう  都合 の 良い サイズ の

板バネ なんて、  規格品 で  売っていませんので


板バネ も、  ぴったり サイズ に  造って しまいます


nkclvsfk;bk (9)


鉄 の 塊 に、  折り込みたい  板バネ の サイズ に  

削って  切り込み を 入れ、  メス型 の 治具 を  製作。


続いて、 先端 を  メス型 の  角度 に  合わせて  削った


nkclvsfk;bk (7)


オス型 の  治具 も  造ったら、   0,8mm厚 の  ステンレス板 を

作りたい  板バネ の 幅に  合わせて  切り出しまして、


ステンレス板 を  メス型 に  あてて、  オス型 で  叩くと 


    
nkclvsfk;bk (10)


nkclvsfk;bk (11)


ご覧 の 様な、  折れこみ が  出来る  仕組み でして、  


ベース プレート に   取り付ける 部分 を   90度 に  折り曲げたら、  

長さ を 合わせて  切断 しまして、  板バネ が  完成。


nkclvsfk;bk (12)


先に  切り出しておいた、  ベース プレート に  溶接 しますが


0,8mm という  ひじょうに  薄い  ステンレス板 なので

溶接 の 際、  熱 を  掛け過ぎると  すぐに  溶けて しまいます


nkclvsfk;bk (13)


ですので、  TIG 溶接機 の  設定 電流値 は、  

20A という、  超 低電流で   溶接 しまして


ベース プレート に  板バネ の  取り付け が  完了


nkclvsfk;bk (14)


続いて、  完成 した  ベース プレート に  

エンブレム を  取り付けて いきます


ちなみに  エンブレム は、  キャンディ カラー で  透けてるので


nkclvsfk;bk (15)


ベース プレート が  貫通 して  見えるように なるので


裏側 は  ステンレス地 の まま ですが

表側 は  鏡面 仕上げ の  板 を  使っています


nkclvsfk;bk (16)


そうする ことで、  エンブレム を  取り付けると


底 が 鏡面 なので、  綺麗 に 写り込んで

透き通って  深みのある  エンブレム に なります   


nkclvsfk;bk (18)


ベース プレート の  センター に 穴 を  開けて おいて


エンブレム の  センター にも  穴 を あけて

ねじ山 を  作り、  ボルト で  固定 しまして


nkclvsfk;bk (19)


ホーンリング に  取り付け すると、  パチン と

程よい  テンション で  突っ張りながら  溝 に 収まり


裏側 から  確認 すると、  こんな 感じ で  


nkclvsfk;bk (17)


板バネ が  引っ掛かって、  止まる 構造 で  出来ました


見た目 も  パーフェクト ですし、  メンテナンス性 も  向上 しまして

  
誰にも  見えないし、  気付かれない 部分 ですが、、、、、、


El-Classico-50-Mercury-25-800x533.jpg


S庭 師範 の  あくなき  作り込み は、  妥協 を  許しません。


明日は、  YOKOHAMA  HOT ROD CUSTOM SHOW、 

横浜 で  お会いしましょう !


VIVA !    S庭 道場  &  S原 さん !!!!!!!



[ 2016/12/03 08:35 ] 50 MERCURY * Ox Blood | トラックバック(-) | コメント(-)

1950 MERCURY  Ox blood



 コーヒー でも  買って、   一腹 しようと   小銭 出したら、  


チャリーン と  落ちた 小銭 が  転がって

S原 さん の  50 MERC、   ” Ox Blood ”   の 下 へ


20161128_204314.jpg


「  おぅ、、、、、、  あと ちょっと で  取れるのに、  届かない。。。。 」

と、  DAICHI が  潜って  拾おうと してまして


「  もう ちょっと   奥 ですね 」   って、  S庭 師範 が  言ったか


20161128_202719.jpg


どうか  知りませんが、、、、、、、  ホント の ところ は

特注 した  ビレット ホイール から


バイアス タイヤ に  変えたので、  アライメント を  調整中。


20161128_202724.jpg


より  正確 な  アライメント 調整 を  するために


タイヤ 設置 で   測定 できる  治具 を 作り

調整 していた ようです


20161128_202732.jpg


落とした  小銭  探してたんじゃ なくて、、、、、


トー イン の 調整 で、  測定 しながら

タイロッド エンド を  回してた ようです


20150529_025253.jpg


春頃 から、  水温 は  高くないのに、   ブス ブス と  エンジン が

止まって しまう 時 が  出るように なり


パーコレーション だろうと、  対策 で  コールド エアー を  

吸えるよう  インテーク パイプ を  作るも、  その後 も


20150613_020107.jpg


エンジン が  始動 しなくなったり、  アイドリング が  安定 せず

プラグ も  カブって しまったり と、  


パーコレーション ではなく、  他 に 問題 が あるようで、、、、、


20150604_004943.jpg


フューエル インジェクション の  セッティング でも、  

モニタリング してると   狙った 値 に  こなかったりで、


不調 の  原因 を  調べて いきましたら
  


IMG_007kijokjohij@p[3 (7)


各 センサー に  異常 な  数値 は  見られませんでしたので

センサー で 拾えない、  機械的 な  不具合 の  調査 に  進みまして


フレーム の  フロア 下 付近 に  取り付け していた 


IMG_007kijokjohij@p[3 (8)


バキューム の  センサー に  接続 する  ホース が  長いと

悪影響 が  でるかも しれないと   


インマニ の  近くにに  固定 できる  ブラケット を  作り

センサー を  移設 し、  ホース を  短くしたり してましたら


IMG_007kijokjohij@p[3 (9)


フレーム に  固定 していた、  イグニッション コイル から

オイル が  滲んでるのが  発見 されまして、、、、、、


およよ、、、、  不調 の  原因 は  IG コイル だったそうで


IMG_007kijokjohij@p[3 (10)


コイル 交換 して、  インジェクション の  設定 や  点火 タイミング も  

調整 し直して、  絶好調 に  戻ったそうで、  ナニより です
  


ボンネット 閉めて  数時間  アイドリング させても

パーコレーション の  症状 も  出ないようなので


pedfegf.jpg


一連 の  不具合 は、  コイル 不調 と  いうことの ようです


コイル は  新品 使って  組んでたので、  まさか

そんなに  早く  壊れるとは、  思っても  みませんでしたが、、、、、、、


たいへん、  勉強 に  なりました。。。。。。


VIVA !   S庭 道場  &  S原 さん !!!!!!!



[ 2016/12/02 08:27 ] 50 MERCURY * Ox Blood | トラックバック(-) | コメント(-)

1950 MERCURY  Ox blood



 S原 さん の  50 MERC、   ” Ox Blood ”    


キャディラック の  ソンブレロ キャップ を

専用 ホイール 以外 に  取り付ける 加工 してまして


IMG699954_0026 (15)


クローム で  仕上げてある、  新品 の ハブ キャップ と

同じく、  クローム 仕上げ してある  ホイール は


どちらも クローム 部分 に  溶接 してしまうと


IMG699954_0026 (8)


クローム が  ダメに なってしまうので

どのような 構造 で 作るか 検討 した 結果


ハブキャップ、  ホイール の  両方 に 後付け できる


IMG699954_0026 (9)


アタッチメント を  製作 し、  取り付けすることに  しまして


オフセット の 調整 を する時に 使う、

トレット スぺーサー を  参考 に


IMG_0kpjggkk046 (2)


鉄板 に けがき を 入れて、  同じもの を

4枚、  切り出して いきまして


2枚 は  ハブ キャップ の 装着 に  使い、


IMG_0kpjggkk046 (3)


もう 2枚 は、  Ox Blood の  フロント ブレーキ は

WILWOOD製 の  ディスク ブレーキ を  組んでいますが


ハブ が  アルミ製 なので、  アライメント 調整 を 行う 際、

  

IMG699954_0026 (10)


マグネット で  取り付けする、  ゲージ を  

ハブ の  センター に  取り付け しますが


アルミ ハブ には  マグネット は  付かないので


IMG699954_0026 (11)


切り出した  鉄製 の  ディスク を、  ホイール ナット を  


利用 して  取り付けし、   ゲージ を  簡単 に  

取り付け できる、 ツール として  使えるように しました


IMG699954_0026 (3)


ハブ キャップ の 裏側 の  カップリング は

専用 ホイール に 合わせた  深さに なっていますが


このままでは  Ox Blood の  ホイール には


IMG699954_0026 (16)


IMG_0kpjggkk046 (1)


出っ張り過ぎで、  取り付けできないので


検証 して  導き出した  深さ まで

カップリング を  切断 し、  高さ を  合わせまして


IMG699954_0026 (7)


カップリング の 中 の、 導き出した  深さ に 合うよう

フラットバー を 切り出し、  センター に 穴 を 開けまして


ハブ キャップ側 の  アタッチメント として  使います


IMG_0kpjggkk046 (4)


ホイール キャップ なので、  取り付け アタッチメント の

芯 が  ずれると、 走行中 に 振れたり


ホイール バランス が  崩れて しまうので


IMG_0kpjggkk046 (5)


きとんと  センター に  くるよう、  ハブキャップ の  

カップリング に  セット し、 まずは  仮付け しまして


ホイール側 の  アタッチメント も   ハブ を かわすよう


IMG_0kpjggkk046 (6)


オフセット し、  計測 して  ハブ キャップ側 との  高さ も

合うように  切り出した  鉄板 を  仮溶接 しまして


アタッチメント どうし を  接続 すると、  計算 通り の


IMG_0kpjggkk046 (9)


位置 に なることを  確認 したら、  本溶接 へ。


溶接 の 熱 で  アタッチメント や  ディスク が 歪み、  

精度 が  悪くならないよう、  クランプ して  溶接 しまして、 


IMG_0kpjggkk046 (10)


本溶接 の 後 も、  歪み を  出さないよう


熱 が 引いて  冷めるまで、  クランプ した 

状態 のまま に しておきます


IMG_0kpjggkk046 (12)


本溶接 を  終えた  アタッチメント は


冷えた あとに、  歪み が 出ていないのを  確認 したら

溶接 の 跡 を  綺麗 に  仕上げまして 


IMG_0kpjggkk046 (8)


錆止め を  塗って、  アタッチメント が  完成。


ハブ キャップ 裏 の、  クローム 処理 が  

されていない 部分 に  溶接 し、  


IMG_0kpjggkk046 (11)


ホイール側 は  ボルト止め する 構造 の   

アタッチメント を  製作 したので


クローム を  痛めることなく、  簡単 に ホイール キャップ を

脱着 できる 構造 に  なりました


IMG_0kpjggkk046 (13)


次 は、  ハブ キャップ の  センター に 付く、

エンブレム 部分 の  カスタム に  進めて いきます


VIVA !   S庭 道場  &  S原 さん !!!!!!!



[ 2016/11/14 11:45 ] 50 MERCURY * Ox Blood | トラックバック(-) | コメント(-)

1950 MERCURY  Ox blood



 S原 さん の  50 MERC、   ” Ox Blood ”    

レストア した、  オリジナル の  ゲージ から


ダコタ デジタル の  VHX に  変更 しまして


20160917_071338_LLS.jpg


マーキュリー は、  ダッシュ ボード を

丸ごと  外せるので  作業 は し易いですが


ウインドゥ 周り の  トリム や


20160917_071321_LLS.jpg


ステアリング や、  コラム も  取り外しに なるので


綺麗 に 仕上がっている  場合 は

分解 するのも  気を 使います。。。。。


20160914_023209.jpg


ダコタ デジタル の   VHX メーター は、  


スピード メーター を、  マイル 表示 ではなく

Km 表示 に  変更 して  作って もらいまして


20161107_201542.jpg


S原さん の 要望 で、  ライト を  オン に したときの  

文字 の 色 も、  赤 で  オーダー したので


クルマ の 雰囲気 に  合ってて、  ナニより です


20161107_201547.jpg


20161107_201559.jpg


以前 は、  ホイール メーカー に  オーダー して

作ってもらった   ビレット ホイール と


タイヤ メーカー に  オーダー して  作ってもらった、


1459418427350.jpg


ホワイト ウォール タイヤ を  装着 してまして


ビレット ホイール は  すぐ  くすんで  

白っぽく  曇って しまうので


1458555776956iu.jpg


手入れ が  タイヘンだなぁ、、、、、、 なんて  言ってたら


FUN CRUISE さん で  ホイール が  汚れづらくなる

コーティング が  できると いうので  お願いしましたら

  

1414401512283.jpg


一年 経っても   全く  くすみませんので、  一度 も  ホイール を

掃除 したことが  ありません。   スゴイ ですね、  コーティング 効果。。。。。。  


そんな  ビカビカ の  ビレット ホイール も  最高 ですが


IMG699954_0026 (1)


S原 さん には、  昔  装着 していた  バイアス ルック タイヤ と

キャディラック の  ソンブレロ キャップ も  捨てがたい


と、  言われてたので、  いつでも  付け替え できるように しときます


IMG699954_0026 (4)


昔 は、  USED の  ハブキャップ を  付けてましたが


S原 さん の ところに  嫁ぐ前 に  キャップ も  

新品 を  取り寄せ、  付け替えることに なりまして


IMG699954_0026 (3)


”  新品 に  付け替え ”  と 言っても、  用意 した

ソンブレロ キャップ は、  そのまま 付く ワケではなく、、、、


通常 の ハブ キャップの 様に、 ハブ キャップ の 淵 が  


IMG699954_0026 (5)


ホイール の  淵 に  パチン と  はまる 構造 ではなく、


裏側 の  センター に  カップリング が  付いていて

ホイール側 に  相手方 が 付いていて、  はまる 構造 なので


IMG699954_0026 (6)
 


キャディラック 純正 ホイール も  用意 しないと  いけません。


しかし、  キャディラック の  純正 ホイール は

60年前 に  製造 された  中古品 しか  ありませんし、、、、


IMG699954_0026 (2)


オフセット も、  PCD も、  Ox Blood には  合いません


そこで、  Ox Blood にあう  ホイール にも  装着 できる

構造 に  ハブキャップ を  作り替えて いくことに なりました。


IMG699954_0026 (7)


ホイール の  ハブ 部分 の  寸法 と、  ハブ キャップ を  

取り付けする 部分 の  ジオメトリ を  計測 しまして


どのような 構造 に 作るのが よいか、  検証 していきます
 


VIVA !   S庭 道場  &  S原 さん !!!!!!!



[ 2016/11/09 07:23 ] 50 MERCURY * Ox Blood | トラックバック(-) | コメント(-)

1950 MERCURY  Ox blood



 S原 さん の  50 MERC、   ” Ox Blood ”    


ゲージ 交換 の ため、  運転席 周り が

バラバラ に  されまして


20160917_071354_LLS.jpg


ステアリング や、  コラム も  取り外し。。。。。。。


ダッシュ 丸ごと  摘出 したら

作業台 で  ゲージ を  分解 しまして


20160914_023209.jpg


ダコタ デジタル の   VHX タイプ に

組み替え されました


スピード メーター は、  マイル 表示 ではなく


20160914_023127(0).jpg


20160914_023146.jpg


Km 表示 に  変更 して  作って もらったので


車検 の 度 に、  スピード 表示 を 

変更 する  手間 が  省けます 


prd_797.jpg


バックライト や  針 の 色 は


S原 さん の 要望 の  RED で  作ってもらい

OX BLOOD らしい  配色 で  ナニより です


20160917_071338_LLS.jpg


ダッシュ に   ゲージ を  組込み、

車体 に   組み戻し されまして


水温、   オイル プレス、  スピード、


20160917_071321_LLS.jpg


タコメーター、  燃料計、  電圧計 などの

センサー を  組込み、


配線 も  作り直し されました


20160917_071257_LLS.jpg


ゲージ 交換 も   完了 し、   再び  

ステアリング 周り の   組み戻します


  
VIVA !   S庭 道場  &  S原 さん !!!!!!!




[ 2016/09/17 22:10 ] 50 MERCURY * Ox Blood | トラックバック(-) | コメント(-)