FC2ブログ
ホーム > 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * > 1940 LINCOLN ZEPHYR

1940 LINCOLN ZEPHYR



 K藤 さん の  1940 ZEPHYR 進めて まして


ボディ 全体 にある、 腐食 した 部分 の 修復 と

リジット マウント から  ボディ マウント化 を 進めてまして


22365478 (4)


フロント ガラスの 枠と Aピラー、 ドアの

オープニングが 完成したので


いよいよ ルーフ 本体の 製作に 取り掛かりまして


IMG_1576_LImm (12)


今回の チョップトップを やり直す際に、 K藤さん からの 

チョップ トップの ラインの オーダーが


「  フロントガラスは そのままに、 リアを 寝かせる 」


IMG_1576_LImm (13)


との事だったので、 フロント ガラスは 大きさを 

変えない サイズで Aピラーを 作っておきまして


あとは 後ろ側の ルーフの 沈ませ具合 次第で


IMG_1576_LImm (9)


ルーフの 後ろまでの ラインを 変えていけるので


剥がしていた ルーフを 一旦 仮載せし、 どのくらい 

リアを 沈ませると K藤さんの 理想のラインか 検証 


IMG_1576_LImm (10)


「  こんな 感じで どうですか!? 」  と、  様々な

角度から 撮った 写真を K藤さんに 見てもらい


ルーフラインも 決まりましたので、 加工が はじまりまして 


22365478 (6)


40 ZEPHRY の オリジナル ルーフは 

丸くて こんもり していた ルーフ ですが


リアを 寝かせていくと、 ルーフが 平らに なってくるので、 


IMG_1576_LImm (11)


リアガラスの 窓枠が、  丸いルーフに 付いていた 形状だと 


窓枠付近が 平らな ルーフに 馴染まなく なるので

形状が ルーフ傾斜させれば いいか 確認しまして


IMG_1576_LImm (16)


平らな ルーフに 合うように、 窓枠と つながる 

上側の 周囲を 新しい 鉄板で 作り直して


古い 部分と 差し替えて ルーフに 溶接して 

 
IMG_1576_LImm (15)


溶接跡を 仕上げたら、 全周を 溶接するので 

溶接の 熱の 影響で 歪みが 広範囲に 出るので


綺麗に 修正するため、 エアーハンマーの


IMG_1576_LImm (17)


持ち運び できる タイプを 作って  エアーハンマーで

ハンマリング していき、 歪みを 修正しまして


続いて、 これまでよりも ルーフが 沈んだので


IMG_1576_LImm (18)


ルーフと、 ドアの オープリングを つなぐ 部分も

カモメ みたいに  凹んでしまうので


パネルを 作る前に ルーフの 淵を シュリンカーで 広げていき


IMG_1576_LImm (23)


これまでの ルーフより、 丸みを とって 

平らに ならしていく 加工を 施しまして


シュリンカーで つまんだ 跡も  エアーハンマーで


IMG_1576_LImm (22)


綺麗に 成型していき、 丸い ルーフを 平らにしたら


再び ボディに 載せて、 次は ドアの オープニングを

つなぐ パネルを 作って いきまして


IMG_1576_LImm (21)


だいぶ 平らにした ルーフですが、 まだまだ 球体なので

綺麗な ラインで つながるように


平らな 鉄板を 切り出し、 3D形状に 加工して いきまして


IMG_1576_LImm (3)


次は その後ろ部分、 リアガラスの 脇と 

ドアの 後ろを つなぐ パネルの 製作に 進みます


VIVA !  S庭 道場  &  K藤 さん !!!!!!!!!!




[ 2019/10/21 20:38 ] 40 LINCOLN ZEPHYR  * V12 * | トラックバック(-) | コメント(-)