ホーム > 59 CHEVY APACHE * アパ太郎   > 1959  APACHE

1959  APACHE



 ”  59  APACHE  プロジェクト ”   進めて まして


燃料 タンク の  取り付けを 終え、  エアサス ユニット の  

セット アップ に  進みます


IMG_08ijihugyftftihp13 (47)


今回 の  プロジェクト カー は、  トラック なので

エアサス ユニット を   設置 するには


小さな  キャビン内 か、  荷台 に  なりますが


IMftdftdtfyjoG_0674 (35)


座席 の  すぐ 後ろ で   コンプレッサー が  回ったり

バルブ が 開いて、  排気 したりすると


うるさくて  仕方 ありませんし


IMftdftdtfyjoG_0674 (36)


ベッド の  荷台 の 上 に  ドン と  設置 したら

ディティール が  悪くなりますし


ベッド や、 車体 の 下 に  設置 したら、  


IMG_08ijihugyftftihp13 (11)


路上 で  故障 でもして、  車高 が 上がらなく なったら

修理 も  出来なくて、  メンテナンス性 が  悪いので


いつでも  触れるところ に  設置 しないと  いけません


IMG_08ijihugyftftihp13 (12)


そこで、  リア フレーム を   ZーING して

かさ上げ したことで  生まれた  スペース で、


リア ゲート を  開けると  触れる 部分 に

セット アップ することに  なりまして


  
IMG_08ijihugyftftihp13 (13)


リア フレーム の  左右 を  渡すように

マウント フレーム を   製作 しまして


タンク、  コンプレッサー、 電磁弁 など、

エアサス 関連 の  全てを  集約 します


IMG_08ijihugyftftihp13 (14)


エアタンク には、  結露 で  水 が  溜まるので


錆ない  アルミ製 の  タンク を  使い、

溜まった 水 を 排水 する、  ドレン コック は


20170228_220127.jpg


手 を 入れて  操作 できる  スペース を  

確保 した  マウント フレーム に  なりまして
   


コンプレッサー も、  充填 スピード の  向上 と


IMG_08ijihugyftftihp13 (15)


1機  壊れても、  もう 1機 で  充填 して  帰れるよう、  

2機 設置 した、  デュアル コンプレッサー 仕様 に。


コンプレッサー の  取り付け は、  付属 してる  ゴム ではなく


IMG_08ijihugyftftihp13 (16)


IMG_08ijihugyftftihp13 (19)


制振性 の 高い、  日本製 の  防振ゴム に 変えて  

取り付け することで、  あの 不快 な  作動音 と  


振動 の  対策 を して おきます


IMG_08ijihugyftftihp13 (17)


万が一、  コンプレッサー が  2機 とも  動かなくても

GS や、  自転車用 の  空気入れ でも  


エアー を  入れて、  車高 を 上げて  帰れるように

緊急用 の  充填口 も   取り付け しておきまして


IMG_08ijihugyftftihp13 (18)


ヒューズ や、  リレー の  設置台 も  設けたり


 
配線 を  綺麗 に  まとめられて、  アース を  しっかり

とれる  ターミナル も  設けたり と


20170305_013532.jpg


狭い 場所 に  コンパクト に  まとlめられて

高性能 な  エアサス ユニット が  完成 です


VIVA !   S庭 道場 !!!!!!




[ 2017/03/11 12:45 ] 59 CHEVY APACHE * アパ太郎   | トラックバック(-) | コメント(-)