FC2ブログ

AUTOMOBILE COUNCIL EL-CLASSICO VINTAGE and ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > EVENT & CAR SHOW REPORT > AUTOMOBILE COUNCIL

AUTOMOBILE COUNCIL






 先週土曜日は、幕張メッセで開催されている

AUTOMOBILE COUNCILに行ってきまして


当初メルセデスの出展を検討していましたが


fdばsgmmw@おgk@おwrg (2)


2月のノスタルジック2DAYSに出展した際

初めて出展するイベントだったので


イベントの趣旨や展示方法の理解があまく


fdばsgmmw@おgk@おwrg (33)


僕達のディスプレーの仕方のミスと、

配布するパンフレットの準備不足など


出展してみて反省点が多かったので、


fdばsgmmw@おgk@おwrg (1)


僕たちが興味があるイベントだからと

いきなり出展しにいくのではなく、


主催者の担当さんとは以前お話して


fdばsgmmw@おgk@おwrg (34)


イベントの趣旨や意向を伺いましたが


どんなイベントなのかをしっかり視察して、

出展している方達は、どんなブースを作るのか


fdばsgmmw@おgk@おwrg (12)


どんなクルマやディスプレーをしてるのか


しっかり視察したうえで、来年以降

出展するのかを考えることにしまして


fdばsgmmw@おgk@おwrg (13)


イベントは金曜日から日曜日の

3日間、開催されているので


土曜日に3人で観に行ってきまして


fdばsgmmw@おgk@おwrg (14)


事前に話を伺った主催者の方の話では

2月に開催されたノスタルジック2DAYSは


国産旧車を発行している雑誌社が

開催しているイベントなので、


fdばsgmmw@おgk@おwrg (15)


主に国産旧車ファンに向けたイベントで


来場者にアンケートをとった結果では

約7~8割が国産旧車目的で来場


fdばsgmmw@おgk@おwrg (16)


今回のオートモービルカウンシルは


カーグラフィック誌が主催しており

欧州のクラシックカーがメインのイベント


fdばsgmmw@おgk@おwrg (36)


そうなると、来場者の動向は逆転して

来場者の7~8割が欧州車のファンだそう


もちろん、どちらのイベントも共通して


fdばsgmmw@おgk@おwrg (32)


クラシックカー、ヒストリックカーの

ファンが多く来場するそうなので


ノスタルジック2DAYSにも、国産旧車

以外にも欧州のクラシックカーを扱う


fdばsgmmw@おgk@おwrg (31)


ショップさんも沢山、出展していましたし


オートモービルカウンシルにも、国産旧車も

沢山出展されていまして


fdばsgmmw@おgk@おwrg (30)


どちらのイベントにも、沢山の国内外の

自動車メーカーがブースを出展してまして


欧州はレストア文化が根付いているのは

自動車メーカーが数十年前の車でも


fdばsgmmw@おgk@おwrg (35)


いまだに部品を製造して供給していたり

部品を作る金型などを無償提供して


サプライヤーがリプロダクション品が

流通しやすい環境を作っているそうで


fdばsgmmw@おgk@おwrg (9)


国産旧車に比べると、部品や修理工場が


多く現存しているので、クラシックカーの

ファンも多いという事だそうです


fdばsgmmw@おgk@おwrg (10)


日本では、クルマも家も電化製品も


”新しいほうが、良い物” という考えが

強いように感じますし、正しいとも思いますが


fdばsgmmw@おgk@おwrg (11)


最近では、日本の自動車メーカーも


自社の古い車をクラシックカーの

イベントに出展してたりするので


どういう趣旨なのかなと気になったので


fdばsgmmw@おgk@おwrg (17)


今回、トヨタのGAZOOレーシングのブースで


沢山質問させて頂いたら、色々、楽しい話、

嬉しい話を聞かせてもらう事が出来まして


fdばsgmmw@おgk@おwrg (19)


トヨタが旧車向けの部品供給に本腰を

入れていくというので、SDGSやトレンド、


採算も合わないのではと思いましたが


fdばsgmmw@おgk@おwrg (3)


当時のパーツを作っていた工作機械が

今も稼働しているわけではないので


現代の工作機械で作っていくそうですが


fdばsgmmw@おgk@おwrg (4)


大幅に進化した現代の工作機械だと


3Dスキャンしたデータや、AIが自動で

学習して同じ物を作り出せるそうで


fdばsgmmw@おgk@おwrg (6)


技能工も工作機械を操作するオペレーターも

必要のない無人化が進んでいるそうですが


当時、最後は技能工が削ったり叩いたりで


fdばsgmmw@おgk@おwrg (7)


手作業で仕上げたり、合わせていた部分は


手の感覚による部分が大きく、そんな部分は

AIも学習しきれないんだそうで


fdばsgmmw@おgk@おwrg (8)


そんな感覚による手仕上げだった部分まで

機械で出来るようにするためには


当時の手の感覚を持つ技能工が

AIに学習させるしかないんだそうで


fdばsgmmw@おgk@おwrg (20)


自動化、無人化の一途であっても


当時の技能を絶やさず、継承して

いかないといけないんだそうです


fdばsgmmw@おgk@おwrg (22)


社内でいまでも昔の鈑金技術を持っている

50代の技能工と若手の技能工を交えて、


50人規模のチームでレストア作業を行いながら


fdばsgmmw@おgk@おwrg (18)


腐食したボディを修復するパネルにはじまり


マフラーやデフやミッションのギアなどの

機械部品まで、当時の設計図をもとに製造


fdばsgmmw@おgk@おwrg (28)


当時の新車と同じ品質に再生していく過程で


若手とAIに当時のメカや鈑金の技術を

伝承していくというプロジェクトだそうで


fdばsgmmw@おgk@おwrg (29)


もちろん、旧車ファンに部品を供給して


クルマは楽しいものだと、訴求していく

目的もあると思うので、近いうちに


fdばsgmmw@おgk@おwrg (23)


ヤナセが古いメルセデスなどをレストアする

クラシックカーセンターを開設したように


トヨタのクラシックセンターの開設も間近でしょうか


fdばsgmmw@おgk@おwrg (27)


色々と規制が厳しくなっていく一方で


いつまでクラシックカーが走れるのか

クラシックカーのカスタムや販売を 


fdばsgmmw@おgk@おwrg (25)


生業にしている僕達も、この先の将来には

打開策も見えず、不安になりますが


こうしてトヨタが旧車部門にも力を入れると


fdばsgmmw@おgk@おwrg (24)


言ってくれると、心強いというか嬉しい限り


そんなこんなでイベントの視察を終えまして

来年出展するならと考えることも沢山


fdばsgmmw@おgk@おwrg (26)


翌日曜日の来場者数は4万人だったそうで


欧州のクラシックカーのファンはとても多く

面白い世界があると勉強になりました


[ 2024/04/15 12:52 ] EVENT & CAR SHOW REPORT | トラックバック(-) | コメント(-)