FC2ブログ
ホーム > カテゴリー - 72 WINNEBAGO WINNIE BRAVE

1972 WINNEBAGO BRAVE B18


 1972 WINNEBAGO BRAVE、B18

アメリカから到着し、整備を進めてまして


カスタムステアリングの取り付けを終え


747246276243 (4)


室内の照明や冷蔵庫、電子レンジに冷蔵庫など

家電品を動かすためのポータブル電源用の


元々はウィニー純正で、発電機を積んでいた


747246276243 (3)


場所に搭載していくこととなりまして、


ポータブル電源は、お出掛け前に

充電しておけば、室内の家電製品は


747246276243 (5)


1日使えるほどの大容量なので、


出先で発電機を使う事もなく

騒音や振動の問題も心配なし


yaryrirjt7ior68o0578 (7)


業務用に使ったり、災害時にも非常電源として

長い時間使えるのも便利です


広い車内をキンキンに冷やすほどの大容量で、


yaryrirt7ior68o0578 (15)


その分、消費電力も特大の天吊りエアコンは


ポータブル電源で動かすと、1時間しか

もたないことが実証実験でわかったので、、、、


yaryrirjt7ior68o0578 (6)


リアにヒッチキャリアを取り付けて、そこに

発電機を積んで、そこから電源をとることに


ポータブル電源を積む部分には、元々は 


IMG_108fdgyety6 (20)


ウィニーの純正発電機が搭載されており


クルマの大容量のガソリンタンクから配管が

分岐されてて、発電機にもガソリンを送れる仕組み


IMG_108fdgyety6 (21)


クルマが走りながら、発電機も動かせたり


クルマと兼用の大きな燃料タンクなので、

ガソリン補充の手間も省けるのですが


IMG_108fdgyety6 (22)


発電機スペースは、車外からアクセスになってこそ

いますが、車内に食い込んだ部屋なので


発電機を運転すると、騒音も振動もハンパなく


IMG_108fdgyety6 (23)


排気臭問題もあるので、50年前の古い発電機は

降ろして廃棄され、そのスペースを利用して


音も臭いも出ないポータブル電源を搭載へ


eywe5yuw46u357 (6)


設置部分の床と、固定部分には念のため

鉄板を貼って補強しておきまして


走行中に動いたり、倒れたりしないよう


eywe5yuw46u357 (7)


ナイロンベルトでガッチリ固定しておきますが


ベルトの長さの長さ摘に、バックル部分がちょうど、

ポータブル電源の本体に当たってしまうので


eywe5yuw46u357 (3)


eywe5yuw46u357 (1)


ナイロンバック屋さんのMっちゃんにお願いして

ベルトを短く詰めて縫い直してもらい、解決


発電機を積んでいた部分の扉には、


eywe5yuw46u357 (5)


eywe5yuw46u357 (2)


排気や排熱対策用でと思いますが、

全面にルーバーが設けてあり


潰れたり、切れたりしている部分もあったり


gfkuhl;oo;iip@p (1)


gfkuhl;oo;iip@p (2)


周囲ををコの字状に曲げて固くしてあるも

薄いブリキの板なので、強度がなくて


全体的にべろべろしてしまい弱いので


eywe5yuw46u357 (4)


潰れている部分を修正していき、


一番下の裏側部分に鉄製のL型の

アングル材を仕込んで補強しまして


gfkuhl;oo;iip@p (3)


gfkuhl;oo;iip@p (4)


切れてしまっている部分は、曲がりを直すも

薄いブリキで溶接もできないので、


強力な2液の金属接着剤で接着しておき


gfkuhl;oo;iip@p (6)


発電機を盗難やいたずらから守るためか


扉の下に、鍵がかかるキーシリンダーが

付いていたと思われる穴がありますが


gfkuhl;oo;iip@p (5)


gfkuhl;oo;iip@p (7)


何も付いていなかったので、クルマ用の

ドアキーのシリンダーがサイズ的に近いので


取り付け出来るように穴を加工し、取り付け


gfkuhl;oo;iip@p (9)


実際に鍵が掛かるようにしようとすると


部屋側に受け側を付けることになり、ポータブル

電源の操作や積み下ろしの邪魔になるので


gfkuhl;oo;iip@p (8)


実際の鍵としての機能はしませんが


穴のままより、キーシリンダーが付いて

見栄えは良くなったということでヨシとしまして


gfkuhl;oo;iip@p (12)


日本もアメリカも、大きなキャンプ場では、

クルマを停める横に、コンセントがあって


そこと車をつなげば、ポータブル電源や


gfkuhl;oo;iip@p (11)


発電機を使わずに、家電品もエアコンも

全部使えるようになるので、車側にも


外部から電源を引き込めるコンセントが付属しており


gfkuhl;oo;iip@p (10)


それが利用できると、とても便利なのですが


ウィニーについている外部電源用コンセントは

アメリカのコンセントで、日本とは合わないので


rgatwrtwrtwrtwrtwrtwr (17)


日本のコンセントをさすと、アメリカ規格の

コンセントに変換して使える


便利な変換コンセントがあるので、取り寄せまして


IMG_350a9.jpg


2年前に法規改正になり、キャンピングカーは

左側に昇降口がないと陸運局が認可せず


日本では登録どころか、乗ることもできないので


rgatwrtwrtwrtwrtwrtwr (19)


ウィニーを日本で車検を取得するのは


事前の申請や検査など、色々タイヘンですが

ようやくめどがたって、いよいよ持ち込みへ


FUNK STA 4 LIFE !!!!!!!


[ 2022/06/25 08:41 ] 72 WINNEBAGO WINNIE BRAVE | トラックバック(-) | コメント(-)

1972 WINNEBAGO



 1972 WINNEBAGO BRAVE、B18

アメリカから到着し、整備を進めてまして


カスタムステアリングの取り付けを終え

室内の家電用の発電機の搭載に進みまして


hduydyituityuidt (6)


ウィニーの車内には、天井エアコンや

電子レンジ、冷蔵庫、給湯器に照明など


家電製品が沢山設置してありますが

それらの電源は大きな容量が必要なので


yaryrirt7ior68o0578 (16)


クルマのエンジンからとるのではなく

発電機を搭載して、そっちで発電するシステム


ウィニーは車体右側の後方に発電機を設置してあり


yaryrirt7ior68o0578 (19)


クルマのエンジン用の燃料タンクから燃料を供給し


走行中も家電を使いたい時は発電機のエンジンも

回しながら走行し、停車中は、発電機だけを回して


家電品を使うという構造になっていまして


yaryrirt7ior68o0578 (18)


ウィニーの右側後方には、発電機を積むスペースが

設けられいますが、さすがに50年前の発電機は


壊れたのか、今となっては性能が悪いのか


yaryrirt7ior68o0578 (17)


撤去されて発電機は積んでいないので

自分で調達して搭載していくことに


設置スペースが車体の外とはいえども


747246276243 (4)


室内に食い込んだスペースで、鉄板で囲った

箱になっているので、その中で発電機を回すと


エンジン音や振動、排気臭が室内に伝わって

臭い、うるさい、不快の3拍子確定なので、、、、、


2021012w6113353 (1s) (3)


車中泊なんて、出来たもんじゃありまめんの刑


そこで、”遮音、防振、臭い対策”をどうするか、

みんなで知恵を持ち寄って相談したら


2021012w6113353 (1s) (4)


出来うる様々な対策を施したとしても、

相当なコストも掛かると見込まれるわりに


快適なレベルにはほど遠いだろうという結論に至り


2021012w6113353 (2)


それなら、騒音、臭い、振動が出る発電機を使わず


防災やアウトドアブームで進化が著しい 充電式の

ポータブル電源を搭載するのが得策となりまして


2021012w6113353 (1)


リチウムイオンバッテリーを内蔵しているポータブル電源は

使う前に充電しておけば、持ち運びが可能


ポータブル電源なら、使用中も冷却ファンが回る音くらいしか

発しないので、使用中も臭いも振動もなく、快適そのもので


747246276243 (3)


キャンプに出掛けたら、夜はエアコンを掛けて

1日過ごせる容量が必要なので


市場に出回っている最大容量のモデルを取り寄せ


747246276243 (5)


重量30kgと、かなり大きいモデルですが、

それでも発電機の半分の重さで済みますし


それに補助バッテリーを連結すれば、容量を

さらに倍々で倍増可能との事なので


747246276243 (6)


ウィニーのエアコンを運転させて、耐久テストしてみましたら

おおおっ、、、、なんと1時間で完全放電、、、、、


大型のエアコンは超効きますが、その分電気を沢山消耗するので、


yaryrirt7ior68o0578 (15)


市販最強とうたわれているポータブル電源をもってしても

1時間で、、、、増量バッテリーを連結しても2時間なので


ポータブル電源作戦は中止し、容量に対応した発電機を

搭載する作戦で、仕切り直します。。。。。




[ 2022/04/21 09:42 ] 72 WINNEBAGO WINNIE BRAVE | トラックバック(-) | コメント(-)

1972 WINNEBAGO



 1972 WINNEBAGO BRAVE、B18

アメリカから到着し、整備を進めてまして


先日、カスタムステアリングの取り付けを終え


rtywerywetyw4tu357 (8)


ウィニーのボディ形状と、内装カラーに合わせた


カッコいい四角いスケルトンステアリングに

なったぜいと喜んでいましたら


fdrjyuuio5680 (11)


ステアリングのボス部分より、コラム側の

パーツの方が僅かに直径が大きいので


脇から覗き込むと、プラパーツが見えますけど


fdrjyuuio5680 (12)


それでいいんですか!? と、GAKU君に言われ、、、、


良くはないけど、、、、、でも どうしようもないよね

ってハナシですが、それなら対策するよと言うので


fdrjyuuio5680 (1)


軽い気持ちでお願いしますと言ったら


オフセットとスプライン移植の加工を終えた

ボス部分は、再びスプラインを摘出されて


fdrjyuuio5680 (2)


旋盤で外径に合わせたカップを切り出し

角を滑らかに落として、テーパー加工


センター部分に摘出したスプラインの穴を開け


fdrjyuuio5680 (5)


fdrjyuuio5680 (3)


コラムとステアリングのオフセットに合わせて

削ったスプラインを差し込んだら、


ろう付けで接合していきまして


fdrjyuuio5680 (7)


まずはプラパーツを隠す、化粧カバーを製作


これまではスプラインの一部が、合いマークに

なるように切り欠きが入っていましたが


fdrjyuuio5680 (4)


fdrjyuuio5680 (6)


どこでも合わせられるようにスプラインの

切り欠きを落として、全周スプラインに加工し


ステアリングのボス側は、旋盤で平らにならして


fdrjyuuio5680 (10)


化粧カバー兼、スプラインと接続できるように


それぞれに固定のボルト穴を4箇所作って

ボルト構造でステアリングもリメイクしまして


fdrjyuuio5680 (8)


fdrjyuuio5680 (9)


ステアリングの加工し直し、化粧カバー兼

スプライン部分の製作となり


先日頑張って加工した部分は全て作り直して 


fdrjyuuio5680 (13)


フルリメイクになって大変だったと思いますが

見た目も強度も良くなってナニヨリです


ステアリングに仮組みして、チェックしたら


6E62D640-43B6-47A4-AD54-BBC71C13D899.jpg


最終組み付けに進みまして


しかし、何度見ても四角いステアリング

というのは、奇抜なデザインです。。。。。


ABD20815-6014-4AB7-AF37-6DA0521209FE.jpg


F19444DC-047F-47A9-92B1-4F4E6329BDF2.jpg


32B7418E-8039-4039-8BB2-C5747530F7D7.jpg


四角いデザインなうえに、スケルトンなので、


陽の光りを浴びると写真のように透き通って

見えるのも、なんとも愛らしくて最高です


29DE7184-79C5-4214-9C2E-2BEA2113C3C7.jpg


0EE5BFD7-2647-4B84-BD4D-9F70616E80CA.jpg


7AF76529-CC00-4410-BA62-064A4D6D3FA9.jpg


無事、プラパーツも見えなくなりまして

次は発電機の搭載に進みます


FUNK STA 4 LIFE !!!!!!!



[ 2022/04/18 18:32 ] 72 WINNEBAGO WINNIE BRAVE | トラックバック(-) | コメント(-)

1972 WINNEBAGO



 1972 WINNEBAGO BRAVE、B18

アメリカから到着し、整備を進めてまして


シートに張り替えと、ライトスイッチの固定を終え


rtywerywetyw4tu357 (a1) (4)


ステアリングの交換に進みまして


このウィニーは、2010年のシボレーの

シャシー、サスペンション、デフ、


エンジン、オートマなど、機関系をスワップしてあり


rtywerywetyw4tu357 (14)


ステアリングギアボックスやコラム、

ステアリングホイールまで


全て現行品がスワップしてあり


rtywerywetyw4tu357 (13)


見た目は50年前のクルマですが

乗り心地も、まさに現行車


パワステ、パワーブレーキも付いてますし


rtywerywetyw4tu357 (12)


エアバックも装着されていますが


ステアリングが現行車のものだと

クラシックカーの雰囲気が崩れるので


rtywerywetyw4tu357 (16)


四角い車体の形状と、内装のグリーンに合わせ

KLISにオーダーして作ってもらった


クリスタルスクエアステアリングに変更へ


rtywerywetyw4tu357 (11)


現代には絶対に存在しない、四角いデザインの

ステアリングはウィニーにはうってつけで


内装色に合わせ、色はモスグリーンと指定し


rtywerywetyw4tu357 (15)


日中に運転しているとき、陽の光があたると

透けて見える、スケルトン構造で特注し


ボス部分も、使用するコラムの車両データと


rtywerywetyw4tu357 (17)


写真を送って、それに合うボスとオフセットで

作ってもらったカスタムステアリングが到着し


現行ステアリングと交換作業を進めまして


rtywerywetyw4tu357 (18)


現行ステアリングはSRSエアバックも

装着されているので、エアバックを外して


現行ステアリングを外し、エアバックや


rtywerywetyw4tu357 (19)


クルーズコントロールのスイッチなどの配線を処理し、


いざカスタムステアリングを付けようとしたら

うーん、、、、 ボスのスプライン部分のオフセットが合わず


rtywerywetyw4tu357 (20)


長すぎてコラム側のスプラインに届かないので


合わせたい長さになって、それ以上削って

しまわないよう、治具を作って削っていきまして


rtywerywetyw4tu357 (4)


計測した結果、余計な長さの部分を削っていき、

ようやくスプラインが届くようになったら、


およよ、、、、!? スプラインが合いませんで、、、、


rtywerywetyw4tu357 (2)


KLISには、2010年のシボレーと伝えてありましたが


もっと前の太いタイプのスプラインで作られており

ステアリングとコラムの溝が合わず、空回りの刑、、、、、


img_srl-aa75dvna (2)


付きませんでしたで終われないので、、、、、


外した純正のステアリングのスプラインを摘出し

カスタムステアリングに移植して合わせることに


rtywerywetyw4tu357 (1)


現行車のステアリングは、スプライン部分は

鉄ですが、周囲はマグネシウムでして、


鉄の周りにマグネシウムを溶かして流し込んで


gdhsdghsdg.jpg


一体化する鋳込みという製法で作られてまして


マグネシウムはサンダーで切ると発火するので

まずは大きなカッターでざっくり切って摘出し


rtywerywetyw4tu357 (5)


その後、旋盤で削ってマグネシウム部分を

削り落としていき、移植する部分を摘出


スラスト方向の抜け防止の溝部分に


rtywerywetyw4tu357 (6)


マグネシウムが残っていると、新しいステラリングに

移植して、溶接する際にスプラインの鉄より


マグネシウムは融点が低いので悪さをする恐れがあり


rtywerywetyw4tu357 (7)


摘出したスプラインをガスで炙って温めて

鉄より早くマグネシウムが解け始めるので


エアーを吹き付けて飛ばしてマグネシウムだけ除去し

完全に鉄製のスプライン部分だけを取り出したら


rtywerywetyw4tu357 (8)


まずは新しいステアリングの底面を旋盤で

削って正確な平面にしていき


摘出したスプラインをピッタリと差し込める穴を開け

オフセット位置を合わせて、ボス部分に溶接


rtywerywetyw4tu357 (9)


溶接の熱でステアリングが痛まないように

しっかり溶接していき、ボスの変換加工が完了


ウィニーのコラム、オフセットにピタリと合わせて

取り付けされ、ウインカーをだした後に


rtywerywetyw4tu357 (10)


自動でキャンセルされる機能も、きちんと作動するよう

作って、無事に取り付けされました


FUNK STA 4 LIFE !!!!!!!





[ 2022/04/06 10:54 ] 72 WINNEBAGO WINNIE BRAVE | トラックバック(-) | コメント(-)

1972 WINNEBAGO



 1972 WINNEBAGO BRAVE、B18

アメリカから到着し、整備を進めてまして


雨漏りや風切音対策で、パネルの継ぎ目や


teyetyetyqwr (1)


サッシ周りなど、全てのシール部分をやり直しへ


今回も作業は68ワゴン乗りのT也くんに依頼

T也くんは仕事が建築シール屋さんなので、


teyetyetyqwr (2)


どんなシール材を使うか、どうシールするのが良いかも

専門家なので、上手くて早くて任せて安心。


今回もバッチリ、綺麗にシールしてもらいまして


teyetyetyqwr (6)


teyetyetyqwr (3)


張り替えに出していた、フロントシート2脚も

戻ってきたので、組み付けを進めていきます


クルマのシートですが、モーターホームのシートなので


teyetyetyqwr (4)


teyetyetyqwr (5)


360度、回転するシートレールだったり、


運転席や助手席に乗り降りしやすいように

肘置きが折り畳める構造だったり


teyetyetyqwr (7)


ちょっと勝手が違うのかもしれませんが


2週間掛からず仕上げて頂き、予備検査に

行くまでの間に完成できて、助かりました


teyetyetyqwr (8)


teyetyetyqwr (9)


色々と点検や整備を進め、先日試運転中に

右の後ろの方から異音が聞こえたので


音の出所をみんなで調査し、これかなという


teyetyetyqwr (11)


部分を導き出して点検しましたが、確証を持てず


ホントにあっているのか、はたまた、どこか違うところから

出てる音なのかを走りながら確認したいので、


teyetyetyqwr (12)


DAICHIを異音探査係に任命し、「後ろに乗ってて」

と、お願いして試運転に出まして


室内が白で汚れが付きやすいので、車内は土足禁止


teyetyetsyqwr (17)


後ろに乗ってと言われても、後部にはシートが無いので

靴を脱いで、トイレに座って走り回りまして


異音も無事、解決できたようなので次の作業へ


teyetyetyqwr (13)


メーターやステアリング、コラム周りは、


2010年代のシェビーのものがスワップしてあり、

ライトスイッチも移植されていますが、


teyetyetyqwr (14)


操作していたら、裏側に外れてしまったので


原因調査と対策のため、作業がやり易く

きちんと直せるようにダッシュを摘出


teyetyetyqwr (15)


ライトスイッチを取り付ける部分がどうなっているのか


裏側から確認したら、プラスチックのパーツを

ナット止めになっていましたがプラパーツが割れて


teyetyetyqwr (18)


スイッチを引っ掛ける爪の掛かりが甘くなってたり


ボンドで直した跡もありましたが、硬化して剥離してたり

していたので、それをまたボンドで直すのではなく


teyetyetyqwr (19)


金属でブラケットを作って、しっかり固定できるよう対策


ステアリングやステアリングコラムも現行車のものが

丸ごとスワップしてありますが、側面に大きな穴が。。。。


teyetyetyqwr (20)


コラムシフト車のコラムを取り付けしてあるも


ウィニーのオートマのシフトは、ダッシュにあるものを

使っているので、コラムシフトをそのままにすると


teyetyetyqwr (21)


teyetyetyqwr (22)


シフトレバーが二つになってしまうので、


コラム側のシフトレバーは撤去してあり

その部分が穴が開いた状態になってたので


teyetyetyqwr (23)


穴を埋めるパネルを鉄板で製作


ただの平面の穴ではなく、曲面で

すり鉢状だったりと、3次元なので


teyetyetyqwr (24)


teyetyetyqwr (25)


複雑な形状なので、手間が掛かりますが

固定もビスなどは使わない構造で製作


艶消しブラックで塗装し、取り付けましたら


tywtuwryetjrtku79p6 (6)


ブラックと思ったコラムは、グレーだったみたいで

パネルの色が合っていないのと


シートをダッシュの色に合わせて注文しましたが 


tywtuwryetjrtku79p6 (10)


合っていなかったので、、漏れ田くんも色弱確定。。。。


次は四角いボディのウィニーに合わせてKLISに作ってもらった

スケルトンのスクエアステアリングの取り付けに進みます


FUNK STA 4 LIFE !!!!!!!


[ 2022/04/02 18:00 ] 72 WINNEBAGO WINNIE BRAVE | トラックバック(-) | コメント(-)