FC2ブログ

1947 FLEET MASTER CONVERTIBLE EL-CLASSICO VINTAGE and ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 47 CHEVY FLEETMASTER CONV > 1947 FLEET MASTER CONVERTIBLE

1947 FLEET MASTER CONVERTIBLE



 1947 FLEET MASTER CONVERTIBLE


アメリカでレストアの途中で引き上げ

フィットで仕上げ直しとなりまして


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (18)


シートレールの動きが悪いのと


スライドの解除レバーのスプラインが

潰れてしまっているので修理となり


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (35)


シャフトのスプラインは潰れてしまったので

外径が細くなってしまっているので


肉盛りしたのち、スプラインを切り直しし


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (39)


解除レバーのスプラインは再生不能なので

レバーを買い直して交換となりまして


シャフトが組み込まれているベースプレートは


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (40)


割れて曲がってしまっていたので


曲がりを直したのち、破断した部分を

溶接して修正となりまして


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (511)


シートをスライドして位置を合わせたら

ロックするためのスプロケットと


スプロケットが噛む穴が削れてしまって


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (23)


ガタが出てしまっていた部分は


穴の削れた部分に肉を盛っていき

溶接跡と穴の形を整えて再生しまして


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (25)


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (24)


シートを載せて固定するレール部分は


荷重が掛かって潰れたのか凹んでおり

そのままだとスムーズにスライドしないので


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (36)


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (37)


平らに鈑金して整え直しまして


軸がガタガタになり、転がらなくなった

ローラーは、レールから摘出して 


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (44)


ブラケットをサンドブラストで綺麗にしたのち


錆び止めを塗って、ローラーは新しい

べアリングを用意して組み換えまして


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (43)


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (513)


軸のピンは溶接でブラケットに固定し

錆び止めを塗っておき


他のパーツもサンドブラストで綺麗にして


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (5172)


ローラーをレールに組み戻していき


加締めを壊して摘出していた

ベースプレートも、シャフトを組み込み


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (45)


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (46)


溶接で接合して組み立てていきまして


反対側のシートレールも摘出し

動きが悪い原因を調査していき


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (30)


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (31)


こちら側は助手席側で、運転席側に比べて

人が乗っている時が少なかったのか


割れや剥がれなどの痛みは見当たらず


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (32)


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (33)


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (34)


古いグリスが固まっていたり、グリスに

ホコリが付いて固着してたりするので


分解してサンドブラストで綺麗にしていき


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (42)


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (5173)


ローラーはこちらも新しいベアリングに

組み換えて再生していき


分解したレールを組み戻して、再生完了





動きが悪かったシートレールは

スムーズに動くようになりまして


続いて、左右のレールを接続して


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (5174)


運転席側で解除レバーを操作すると


助手席側のシートレールのロックを

解除するリモートワイヤーと


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (514)


スライドするときに左右が一緒に

動くようにする連結ロッドは


どちらも一部が曲がっているので


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (515)


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (516)


曲がったままだと、操作したときの

動きが逃げてしまって、


同時にスムーズに動かないので


g5d9h5e9t5j9etj4e48jjetい (5171)


錆びや汚れも落として、曲がりを修正し


シートレールが前後にスライドする動きも

左右の連動もスムーズになりました




[ 2024/05/12 16:17 ] 47 CHEVY FLEETMASTER CONV | トラックバック(-) | コメント(-)