FC2ブログ

1961 IMPALA CONVERTIBLE EL-CLASSICO VINTAGE and ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 61 CHEVY IMPALA CONV *T/L > 1961 IMPALA CONVERTIBLE

1961 IMPALA CONVERTIBLE



 I川さんの 1961 IMPALA CONVERTIBLE

不具合の修理作業で預かりまして


サイドガラスの開閉不良を進めてまして


ghdgh65656thqeth (13)


パワーウインドーのレギュレターを摘出し


新しいガラスを組み込む前に

動きが悪くなる原因を探っていると


ghdgh65656thqeth (14)


サイドガラスが上下する際に、ガラスの枠の

後ろ側がスライドする溝の中は


滑りがスムーズになって、クロームの枠が


ghdgh65656thqeth (15)


メタルタッチで擦れて、傷がつかないように

フェルトが仕込んでありますが


フェルトが無くなって、金属が剥き出しに。。。。


ghdgh65656thqeth (17)


反対側のドアも同様にフェルトがなくなり

鉄が剥き出しになっており


摩耗して無くなったのか、動きが悪いのに


ghdgh65656thqeth (18)


無理に動かしていたから削れたのか

原因は定かではありませんが


フェルトが無くなっている状態の上に


ghdgh65656thqeth (19)


ghdgh65656thqeth (20)


オレンジ色の塗装が乗っているので


クルマをオールペンしたときには、

既にフェルトは無くなっている状態で


ghdgh65656thqeth (21)


レールは外さずにドアの中に

残ったまま、ボディの塗装が行われ


その後、ガラスを組み込んだり


ghdgh65656thqeth (22)


ガラスの建てつけ調整をするときも


フェルトが無くなっているのは

補修しないままだった事が解ります


ghdgh65656thqeth (16)


これではスムーズに動かないので

左右ともフェルト部分を再生となりまして


レールを外すと、左右でタブの形状や


ghdgh65656thqeth (23)


ghdgh65656thqeth (24)


角度が微妙に違っており、どちらかが

違う年式やセダン用を使っていたり


リプロ品で形が違うのか解りませんが


ghdgh65656thqeth (27)


正しい形状に鈑金して、左右形を整えたら


レールの中に残っていた古いフェルトの

残骸は削り落として綺麗にしたら


ghdgh65656thqeth (26)


ghdgh65656thqeth (25)


新しいフェルトに張り替えていき、


ランチャンネルのフェルトの再生を終えて

サイドガラスの取り付けに進みます

[ 2024/05/11 16:03 ] 61 CHEVY IMPALA CONV *T/L | トラックバック(-) | コメント(-)