FC2ブログ

1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE EL-CLASSICO VINTAGE and ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 48 CHEVY FLEETMASTER CONV > 1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE

1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE



 1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE


75年前のクルマですが、快適仕様へ

アップデートする作業を進めてまして


fぐぇgへhうぇt4465え (p1) (14)


トランクハンドルと、ロックを掛ける

キーは問題無く使えていましたが


普段、キー穴を隠すキャップ部分が


fぐぇgへhうぇt4465え (p1) (20)


所定の位置で止まるようにする

ストッパー機能が壊れており


いつもキャップ位置がズレてしまい


fぐぇgへhうぇt4465え (p1) (13)


正しい位置でピタッと止めるように

ストッパーを直せる構造でないので


NOSのハンドルを探して買い直したら


fぐぇgへhうぇt4465え (p1) (11)


ハンドルに繋がっているシャフト部分が

ちょっと短い気がしますけど、、、、、


トランクハンドルが付くベース部分に


fぐぇgへhうぇt4465え (p1) (12)


ハンドルを組み換えようとすると


シャフトが短いハンドルだと深くまで

入ってしまい、建て付けが合わず


fぐぇgへhうぇt4465え (p1) (15)


ハンドル部分の見た目は同じですが

シャフトの長さが違うものがあるようで


1942-1948年まで共通と思ってましたが


fぐぇgへhうぇt4465え (p1) (22)


年式で違いがあるのか、何で違いが

あるのか、解明しきれませんでしたが


シャフトの長いNOSを探して買い直したら


fぐぇgへhうぇt4465え (p1) (23)


トランクのキーシリンダーを移植し

トランクハンドルの交換が完了


ドアハンドルのロックがおかしいので


いぇちゅ244t9r5y95wt (4)


ドアのロックメカニズムの調査へ


ドアのキーシリンダーからロッドが

ロックメカニズムに接続されますが


いぇちゅ244t9r5y95wt (7)


メカニズム側のシャフトの穴が

長年の使用によるものか


削れて広がってしまっているので


いぇちゅ244t9r5y95wt (6)


キーシリンダーを回して、シャフトが

動いても、メカニズム側が回らず


ロック、解除の動きが出来なかったようで


いぇちゅ244t9r5y95wt (5)


ドアハンドルを動かした後に、戻る動きを

アシストするスプリングの効きも悪く


過去に経年劣化で折れて交換したけど


fぐぇgへhうぇt4465え (p1) (7)


正しいスプリングではなく、違う形の

スプリングを組んだようで


本来のテンションが掛かっていないので


いぇちゅ244t9r5y95wt (1)


スプリングの力が弱かったようです


ドアハンドルのメカニズムを修理し

クルマに組み戻したら


いぇちゅ244t9r5y95wt (2)


ドアパネル、シートと内装も組み付けられ


前後バンパーやアウトサイドバイザー、

モールやベゼルも組み付けして


いぇちゅ244t9r5y95wt (3)


形になったので、定盤から切り離し


仮りのホイールとタイヤを履かせて

数年ぶりに地面に降りました


[ 2024/05/01 09:28 ] 48 CHEVY FLEETMASTER CONV | トラックバック(-) | コメント(-)