FC2ブログ

1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE EL-CLASSICO VINTAGE and ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 48 CHEVY FLEETMASTER CONV > 1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE

1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE



 1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE


75年前のクルマですが、快適仕様へ

アップデートする作業を進めてまして


hkfguhlhilhpiuj56565989899 (1)


フロントフェンダーとドアの間に付く

エクステンションパネルを


ボディとドアとの建付けを合わせて


hkfguhlhilhpiuj56565989899 (2)


取り付けすると、フロントフェンダーとの

建て付けがどうにも合わず


チリも面も均一に合わないので


hkfguhlhilhpiuj56565989899 (4)


フェンダー側の形が悪いのか、


エクステンション側が悪いのか

調べてみるも、どちらもいじった


hkfguhlhilhpiuj56565989899 (3)


形跡が見受けられず、フェンダーの

後端部分は折り返して耳になっており


エクステンションの前側は、補強で


hkfguhlhilhpiuj56565989899 (5)


耳部分がスポット溶接されており

コの字型になっているので、


どちらも固く作られている部分なので


hkfguhlhilhpiuj56565989899 (7)


経年で変型したり、歪んだとは考えづらく


当時のプレス技術の精度だよ、もともと

こんなものなのかもしれませんが


hkfguhlhilhpiuj56565989899 (6)


フィットでレストアし直しているこの段階で

しっかり合わせていきたいと思います


前側のカーブのラインや、面具合を


hkfguhlhilhpiuj56565989899 (9)


変えたくても、コの字型に成形されてて

固くて鈑金のしようがないので


まずはコの字型になっている耳部分の


hkfguhlhilhpiuj56565989899 (10)


スポット溶接を剥がして摘出していき


さらに一段折り曲げてプレスラインを

入れて強度を出しているので


hkfguhlhilhpiuj56565989899 (11)


チリが合わない付近は、プレスラインの

部分を含めてカットして摘出していき


エクステンションの一番下の部分は


hkfguhlhilhpiuj56565989899 (12)


過去の修理にぶつけて歪んだのを

きちんと直されていなかったようで


しっかり合うように鈑金し直しまして


hkfguhlhilhpiuj56565989899 (8)


歪みを直すと、エクステンションの下側を

固定するビスのタブの位置が


これまでの位置とズレるので付け直しし


hkfguhlhilhpiuj56565989899 (16)


下の部分の鈑金を終えた

エクステンションを仮組みし


全体の建て付けを合わせたら


hkfguhlhilhpiuj56565989899 (17)


摘出していたチリが狭かった周辺を


フェンダーとエクステンションが

チリが合うように擦り合せていき


hkfguhlhilhpiuj56565989899 (14)


hkfguhlhilhpiuj56565989899 (15)


面も合うようにセットして接合していき


強度を落とすために分解していた

耳部分もスポット溶接で組み戻したら


hkfguhlhilhpiuj56565989899 (18)


溶接の熱で歪んでしまった部分を


鈑金して均していき、運転席側の

エクステンションの修理が完了です



[ 2024/04/05 15:36 ] 48 CHEVY FLEETMASTER CONV | トラックバック(-) | コメント(-)