FC2ブログ

1955 BUICK ROADMASTER EL-CLASSICO VINTAGE and ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 55 BUICK ROADMASTER > 1955 BUICK ROADMASTER

1955 BUICK ROADMASTER



 Hさんの 1955 BUICK ROADMASTER


エンジンが掛からなくなったのと

ACCUAIRの修理などで預かりまして


tehehe7h8e8et (34)


車高を下げていくとマフラーにデフが

当たるのと、サイドトゥすると 


ロワーアームとマフラーが当たることが


tehehe7h8e8et (35)


解ったので、マフラーの修正へ


当たる部分以外は問題ないので

最小限の手直しで済むように進めます


tehehe7h8e8et (36)


マフラーはデュアルマフラーではなく

エンジン下で左右バンクから集合し


助手席側から1本でデフの後ろまで


kdsmkkmggadf_9 (2)


いったのち、デフの後ろで左右に

別れる作りになっていまして


全て溶接されて繋がっている


kdsmkkmggadf_9 (3)


1本物で作ってあるのでデフの

前後を手直ししたいけど


一部分だけ分解できない構造なので


kdsmkkmggadf_9 (4)


サイドトゥすると、ロワーアームに当たる

デフの手前の前の部分で切断し


後ろ側はデフの後ろの集合部分の


kdsmkkmggadf_9 (6)


手前で切断して摘出したら、


切断した部分には、ジョイントを設けて

加工後、フランジをボルト&ナットで


kdsmkkmggadf_9 (1)


組み戻せるようにしていきます


摘出した部分は、サイドトゥしたときに

ロワーアームが当たる部分を回避できる


kdsmkkmggadf_9 (7)


kdsmkkmggadf_9 (8)


形状に手直しするので、今のパイプは

出来るだけ使いながら進めることで


作業の時間と、使う材料が少なく済むよう


kdsmkkmggadf_9 (5)


進めていき、車高が全下げに

なった状態でも当たらないよう


デフを上げた状態や、サイドトゥで


kdsmkkmggadf_9 (14)


kdsmkkmggadf_9 (13)


デフが傾いた状態を再現しながら

その状態で当たらないルートに変更し


デフの手前から、デフをまたいで後ろまで


kdsmkkmggadf_9 (17)


kdsmkkmggadf_9 (21)


いく部分の取り回しを変更したら


パイプの前後にフランジを取り付けし

錆び止めの塗装を施しまして


kdsmkkmggadf_9 (16)


kdsmkkmggadf_9 (18)


手直しを終えたマフラーは、フランジで

簡単に組み戻せるようにしたので


ガスケットを入れて組み立てしていき


kdsmkkmggadf_9 (19)


kdsmkkmggadf_9 (20)


車高が全下げまでいっても、デフが傾いても

どこも干渉しない取り回しになりまして


次はエンジン始動不良の修理に進みます


kdsmkkmggadf_9 (15)


[ 2024/04/01 13:30 ] 55 BUICK ROADMASTER | トラックバック(-) | コメント(-)