FC2ブログ

1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE EL-CLASSICO VINTAGE and ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 48 CHEVY FLEETMASTER CONV > 1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE

1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE


 
 1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE


75年前のクルマですが、快適仕様へ

アップデートする作業を進めてまして


1948-chevy-fleetline-restoration-finished-metalworks-speedshop-7-scaledw (2)


このクルマのボンネットは、1枚モノではなく


左右で別れている2ピースの構造を

センター部分リベット留めしてあり


1948-chevy-fleetline-restoration-finished-metalworks-speedshop-7-scaledw (5)


裏側に左右を渡して固定している

ブレスが付きますが、


ブレスの穴が大きくなっているので


1948-chevy-fleetline-restoration-finished-metalworks-speedshop-7-scaledw (6)


以前アメリカでレストアした際などに、


穴位置が合わず、穴を拡張して

取り付けたのかと思ったら


1948-chevy-fleetline-restoration-finished-metalworks-speedshop-7-scaledw (3)


穴の位置は合っているので拡張する

必要はなかったものと思われ


なぜ穴が広がっているのか検証したら


1948-chevy-fleetline-restoration-finished-metalworks-speedshop-7-scaledw (4)


この年代の左右で別れているボンネットは、


60年代以降のクルマのボンネットのように

裏骨が入った袋構造になっておらず


1948-chevy-fleetline-restoration-finished-metalworks-speedshop-7-scaledw (7)


1枚の板だけのベロベロのボンネットで


左右をセンターでリベット留めしたり

裏に補強プレートが入っていても


1948-chevy-fleetline-restoration-finished-metalworks-speedshop-7-scaledw (8)


ボンネットを開閉するときは、ふにゃふにゃと

動いてしまうので、補強を固定している


ボルト部分でもボンネットが動いてしまい


1948-chevy-fleetline-restoration-finished-metalworks-speedshop-7-scaledw (9)


ボンネットが動くたびに、ボルトに補強材が

擦れて削れていき、拡張されたようです


広がってしまった穴を埋め戻して再生しても


1948-chevy-fleetline-restoration-finished-metalworks-speedshop-7-scaledw (10)


今後も同じように削れて広がっていくので


穴位置を合わせて、ワッシャーを溶接し

板厚を増しておくことで擦れても


1948-chevy-fleetline-restoration-finished-metalworks-speedshop-7-scaledw (11)


穴が広がらないよう対策してしおきまして


続いて、ボンネットが半ドア状態でも

開いてしまわないようにする


1948-chevy-fleetline-restoration-finished-metalworks-speedshop-7-scaledw (12)


セーフティーロックのレバーの支点部分が


加締めて固定してありましたが、

今回分解するのに当たって 


1948-chevy-fleetline-restoration-finished-metalworks-speedshop-7-scaledw (13)


加締め部は壊さないと外せませんでしたが


レバーが付いたままだと綺麗に塗装できず

分解した状態で塗装してから組んだり 


1948-chevy-fleetline-restoration-finished-metalworks-speedshop-7-scaledw (14)


メンテナンスや交換で外すことになったとき

加締めだと大変なので、今後の事を考慮して


Cリングで脱着が可能な構造に変更しつつ


1948-chevy-fleetline-restoration-finished-metalworks-speedshop-7-scaledw (15)


素材も錆びや摩耗に強いステンレスに

変更して、支点のピンを製作しまして


ボンネット裏の補強材と、セーフティロックの


1948-chevy-fleetline-restoration-finished-metalworks-speedshop-7-scaledw (16)


加工を終えたら、フードを取り付けますが


フードヒンジはリプロダクション品の新品、

ヒンジを取り付ける、ヒンジボルトは


1948-chevy-fleetline-restoration-finished-metalworks-speedshop-7-scaledw (18)


これまで付いていた、純正と思われるものを

使って組んでいきますが、


使用するヒンジボルトは段付きボルトで


1948-chevy-fleetline-restoration-finished-metalworks-speedshop-7-scaledw (17)


ボルトを締めきっても、段の部分が当たって

止まるので、ヒンジを押してしまわず


ヒンジが可動する仕組みになっていますが


1948-chevy-fleetline-restoration-finished-metalworks-speedshop-7-scaledw (19)


付いていたヒンジボルトは、段の部分の

厚みがヒンジの肉厚より薄いので


ボルトを締めるとヒンジを押してしまい


1948-chevy-fleetline-restoration-finished-metalworks-speedshop-7-scaledw (20)


ヒンジの動きが渋くなってしまうので


フィットに在庫であった、49-51 MERCURY用の

ヒンジボルトが、段の部分の外径が太いけど


1948-chevy-fleetline-restoration-finished-metalworks-speedshop-7-scaledw (21)


ネジピッチと段の厚みは合うので


段の部分の外径が合うように旋盤で

削っていき、使えるように加工となりました


[ 2024/03/27 13:12 ] 48 CHEVY FLEETMASTER CONV | トラックバック(-) | コメント(-)