FC2ブログ

1940 MERCURY "BREEZEE" EL-CLASSICO VINTAGE and ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 40 MERCURY *BREEZEE > 1940 MERCURY "BREEZEE"

1940 MERCURY "BREEZEE"



 M本さんの 1940 MERCURY ”BREEZEE”

アッセンブリー作業を進めてまして


ダッシュボードの組み付けを終えたら


gghe99etheth898eh (1)


ステアリングのホーン加工を行うため


外していたステアリングコラムも

組み戻していきますが


dfgaha99eheth (1)


オートマのシフトレバー部分が調整式に

加工してあるものが付いていまして


使っている板厚や、長穴加工されたプレートの


dfgaha99eheth (2)


強度が心配だったり、溶接の跡が

心配になる仕上がりだったりするので


きちんと作り直しておくことにしまして


dfgaha99eheth (3)


ステアリングコラムのシフトレバーと、

オートマ側のシフトレバーを


操作したときに動く弧を計測すると


dfgaha99eheth (4)


どの位置にリンケージの支点がくれば

スムーズに動くのか計算ができて


ダコタデジタルゲージに付属している


dfgaha99eheth (5)


現在のシフト位置を表示できる、シフト

インジケーターと、センサーの位置が合うかも


計算で導き出すことができまして


dfgaha99eheth (6)


それに合わせてレバーの形状と支点の

穴を開けたプレートを製作して


調整式のプレートを摘出し、組み換えまして


gghe99etheth898eh (2)


リンクの加工を終えたら、錆び止めを塗り


ステアリングコラムを組み付けしたら

オートマとリンケージを接続し


gghe99etheth898eh (4)


ステアリングシャフトも組み付けし


ステアリングコラムとシャフト、

シフトリンケージの設定を終え


gghe99etheth898eh (3)


先日、Yボーン化したリアのサスペンションも


塗装をして、仮組みの状態でしたが

レーザーを飛ばして確認しながら、


gghe99etheth898eh (6)


最終的な位置を合わせて本組みしていき


フロントサスペンションと合わせて

4輪アライメント調整を進めまして


gghe99etheth898eh (8)


フレームのセンター位置を導き出して


そに対して、4輪それぞれの最適な

走行姿勢の車高でアライメントを調整 


gghe99etheth898eh (9)


それに合わせて、ACCUAIRのハイトセンサーも

自動で②の位置になるようにセットアップし


次は各オイル類を入れて、始動テストに進みます



[ 2024/03/25 09:35 ] 40 MERCURY *BREEZEE | トラックバック(-) | コメント(-)