FC2ブログ

1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE EL-CLASSICO VINTAGE and ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 48 CHEVY FLEETMASTER CONV > 1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE

1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE



 1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE


75年前のクルマですが、快適仕様へ

アップデートする作業を進めてまして


fgweqerr (5)


ドアとボディの建て付けを合わせると


各部のチリや、ドアの下面とボディの通り、

プレスラインも合うようになりましたが


98989h95he95ht5eheha (22)


ドアとクォーターパネルのトップ部分の

高さに違いが出てしまいまして


プレスラインを合わせても、その上の


98989h95he95ht5eheha (27)


高さが合わないので、上面をそれぞれが

同じ高さになるように合わせると


結局プレスラインが合わなくなりますし


jdkfgjkryskjry988yj65yjter (17)


運転席側は、良いところで合わせると

ドアがクォーターパネルより低くなり


助手席側は、ドアとクォーターパネルの


jdkfgjkryskjry988yj65yjter (16)


上面と、プレスラインの下のラインは

合っていますが、中央のプレスラインが


真っ直ぐでなく、途中で弓なりになっており


jdkfgjkryskjry988yj65yjter (19)


モールが付く部分ですが、モールと

通りが合わないという、事態になります


ドアを調べても修理したり、いじった跡は


jdkfgjkryskjry988yj65yjter (18)


一切、見受けられなかったので、


ここはチリ合わせできる部分ではなく

ドアの形状の問題のようです


jdkfgjkryskjry988yj65yjter (1)


当時の新車製造時のプレス技術の精度に

よるもので、当時からと思われますが


そのままだとカッコ悪いので

合うように鈑金していきまして


jdkfgjkryskjry988yj65yjter (3)


続いて、運転席側のクォーターガラスが

動くガイドレールを取り付ける部分が


平らになっていないといけないはずが


jdkfgjkryskjry988yj65yjter (4)


ゆらゆら歪んでいるので、レールを

取り付けた時の座りが悪く


ボルトを締めると引っ張られてしまい


jdkfgjkryskjry988yj65yjter (5)


レール側の取り付け面の穴も

純正の穴だと取り付けできず


穴を拡張した跡がありまして


jdkfgjkryskjry988yj65yjter (6)


レールの取り付け部分のブラケットも

純正品ではなく、作り物のようで


レールとブラケットはリベット留めですが


jdkfgjkryskjry988yj65yjter (8)


取り付けが無理するのか、リベット部に

負担が掛かって壊れかけていたり


レールをボディに取り付ける際は


どうやっても、ボディに当たってしまうので、


jdkfgjkryskjry988yj65yjter (2)


過去に事故などで修復した際に

きちんと直し切れていないようで


レールの取り付け面の歪みを直して


jdkfgjkryskjry988yj65yjter (7)


ピッタリ合うようにしたら、ボルト止めの

2箇所のワッシャーの当たりだけでなく


ワッシャープレートを製作して、広い面で

均等に当たるように対策しまして


jdkfgjkryskjry988yj65yjter (11)


レールのブラケットも直したら、レールを

脱着する際の当たる部分は


ボディ側がL型に折ってある部分なので


jdkfgjkryskjry988yj65yjter (9)


強度は落とさないように、Lの部分を

コの字型に内側に曲げていき


スペースを広げる加工を施しまして


jdkfgjkryskjry988yj65yjter (10)


レールが正しく取り付けできるように

なったら、クォーターガラスが開閉する


支点の部分の取り付けも、これまでより 


jdkfgjkryskjry988yj65yjter (12)


良い位置に来るようになったので


ボディとの穴位置も自然な位置に

来るようになりましたが、


jdkfgjkryskjry988yj65yjter (13)


支点の部分のパーツは、ボディを貫通して

プレートで固定する構造ですが


ボディのプレスにプレートが乗ってしまい


jdkfgjkryskjry988yj65yjter (14)


これもなぜ、ボディの穴に対して支点の

パーツはセンター位置に付いているのに


純正のプレートがプレスに当たるのか


jdkfgjkryskjry988yj65yjter (15)


謎ですが、プレスの上に乗らずに

平らな面で綺麗に当たるように


プレートも加工して取り付けとなりました


[ 2024/03/23 09:55 ] 48 CHEVY FLEETMASTER CONV | トラックバック(-) | コメント(-)