FC2ブログ

1940 MERCURY "BREEZEE" EL-CLASSICO VINTAGE and ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 40 MERCURY *BREEZEE > 1940 MERCURY "BREEZEE"

1940 MERCURY "BREEZEE"



 M本さんの 1940 MERCURY ”BREEZEE”

アッセンブリー作業を進めてまして


ダッシュへダコタデジタルの組み立てを終えたら


jryuwru (11)


古いステアリングホイールをレストアしたり

カラーオーダー、小径化などを行う


STEERING KLISに依頼して製作した


jryuwru (1)


BREEZEE用のカスタムステアリング


IDIDITのステアリングコラムに装着できるよう

ボスも加工してもらってありますが


jryuwru (2)


ウインカーを出して曲がったあとに、


ステアリングを戻すとウインカーを

自動で消してくれる機能の


jryuwru (3)


”キャンセリング機能”は作られてないので

加工していくことになりまして


クラシックカーは、ウインカーを出したあと


jryuwru (6)


曲がっても自動でウインカーが消えず

自分で消すしかないクルマも多いはず


せっかくカッコよく仕上げてあるクルでも


jryuwru (5)


ウインカーを消し忘れて、出しっ放しで

走ってるクルマを見ると、ちょっと残念。。。。


BREEZEEでは、そんな事にならないように


jryuwru (4)


自動キャンセリング機能を作りまして


ステアリング側のボスの構造にもよりますが

ステアリングコラムの構造と、


jryuwru (10)


ウインカーをキャンセルする仕組みを

理解できればキャンセル機能がなくても


追加したり、機能させられる場合も多いので


jryuwru (7)


jryuwru (8)


ステアリングコラム側の仕組みに合わせて

ステアリングホイール側を加工していきます


今回はコラム側の位置や配置に合わせて


jryuwru (9)


jryuwru (12)


型紙をとって、テンプレートを製作


それを使い、ステアリング側にケガキを入れて

ステアリングホイールのボス部分に


jryuwru (13)


jryuwru (15)


キャンセルカムを動かすためのシャフトを

通す穴を開けまして、時計でいうところの


20分、40分の位置までステアリングを切れば


jryuwru (14)


出していたウインカーが自動で戻るように

キャンセルカム加工が完了しまして


次はホーンリングの加工に進みます


VIVA! M本さん & S庭道場!!!!!!!!!!


[ 2024/03/19 16:48 ] 40 MERCURY *BREEZEE | トラックバック(-) | コメント(-)