FC2ブログ

1940 MERCURY "BREEZEE" EL-CLASSICO VINTAGE and ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 40 MERCURY *BREEZEE > 1940 MERCURY "BREEZEE"

1940 MERCURY "BREEZEE"



 M本さんの 1940 MERCURY ”BREEZEE”

アッセンブリー作業を進めてまして


内装のデザインに合わせて、ドアハンドルは


sgg59w95g9eg59g59 (31)


純正のものだと雰囲気が合わないので


違う車種のハンドルを用意して

使用することとなりまして


sgg59w95g9eg59g59 (33)


クランクハンドルのレギュレターや

ドアハンドルのラッチの接続部分と


差し込み部分の形状こそ共通ですが


sgg59w95g9eg59g59 (38)


sgg59w95g9eg59g59 (44)


全然形状が違うハンドルなので


差し込んだ後に抜けないよう

ロールピンを刺す穴の位置と


sgg59w95g9eg59g59 (45)


ドアパネルとハンドルの隙間に入れる 


内装生地が擦れて汚れたり、敗れるのを

防止するエクスカーションを付けた時の


sgg59w95g9eg59g59 (39)


オフセット位置が1940 MERCURYとは


うまく合わないので、このまま内装の

ドアパネルを作ると、ドアパネルと


sgg59w95g9eg59g59 (40)


ドアハンドルの隙間が大きくなって

エクスカーションがプカプカになり


軸や外れ止めのピンが見えてしまうので


sgg59w95g9eg59g59 (41)


ドアハンドルは、ラッチとエクスカーションの

隙間を調整するカラーを削り出しで製作し


ラッチに先にカラーを入れたあとに、


sgg59w95g9eg59g59 (43)


sgg59w95g9eg59g59 (42)


エクスカーションを入れて、ハンドルを

付けるという順番に組み立てると


抜け止めのピンの位置が合うようになり


sgg59w95g9eg59g59 (3)


sgg59w95g9eg59g59 (4)


ドアパネルを製作して、ドアハンドルを

付けた時の出具合も合うようになりますが


エクスカーションは、高さが2種類あって


sgg59w95g9eg59g59 (46)


クランクハンドル用と、ドアハンドル用で

高さが違うので、その違いを調整する


バックアップ用のカラーも製作しまして


sgg59w95g9eg59g59 (47)


純正だと、ハンドルを付けたら抜けない

ようにするロックピンを入れますが


ピンだと、ハンドルやレギュレターの穴と


sgg59w95g9eg59g59 (2)


それに入るサイズのロックピンの

サイズの違いが、ガタになって


ハンドルを操作した時にグラつくので


sgg59w95g9eg59g59 (1)


ハンドルがグラグラ、ふらふらしないよう

ねじで締められる構造に加工し


ねじの頭は小さくないと収まらないので


sgg59w95g9eg59g59 (5)


ステンレスの皿ビスを用意したら


頭のテーパー部分を削っていき

極小頭ボルトに加工しまして


sgg59w95g9eg59g59 (6)


sgg59w95g9eg59g59 (7)


エクスカーションは、中にスプリングが

組み込まれており、真ん中部分が


押し込むと下がり、離すと戻る構造で


sgg59w95g9eg59g59 (11)


ロック用のビスで固定したり、外すときは


エクスカーションの内側を押し下げながら

ビスを取り付けないといけないので


sgg59w95g9eg59g59 (12)


sgg59w95g9eg59g59 (13)


sgg59w95g9eg59g59 (14)


sgg59w95g9eg59g59 (15)


とても作業がやりづらく、奮闘中に内装を

汚したり、傷つける可能性もあるので


ハンドルとエクスカーションの間にすすっと


sgg59w95g9eg59g59 (9)


sgg59w95g9eg59g59 (10)


差し込んでいくと、真ん中が下がる

専用工具も製作しまして


これで簡単にハンドルの脱着が出来ます


sgg59w95g9eg59g59 (17)


sgg59w95g9eg59g59 (16)


レギュレターとラッチに入れる

オフセット調整用のカラーと


エクスカーションのバックアップ用の


sgg59w95g9eg59g59 (36)


sgg59w95g9eg59g59 (37)


カラーは錆びないように塗装しておき


加工を終えたラッチも塗装したら

ドアに組み付けていきまして


sgg59w95g9eg59g59 (32)


ドアパネルを作った時の、パネルと

ハンドルのオフセット位置も完璧


次はステアリングコラムの組み立てを進めます


sgg59w95g9eg59g59 (35)


sgg59w95g9eg59g59 (34)
[ 2024/03/10 16:39 ] 40 MERCURY *BREEZEE | トラックバック(-) | コメント(-)