FC2ブログ

1949 MERCURY "MERC9" EL-CLASSICO VINTAGE and ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 49 MERCURY *Merc9* > 1949 MERCURY "MERC9"

1949 MERCURY "MERC9"



 K田さんの 1949 MERCURY ” MERC 9 "


走行中にダコタデジタルのゲージが

全消灯する時があるそうで調査と


ewrywr4rg4wrgw9r9rw9grwwr (15)


以前、沖縄にあった時はヒーターは

不要なのでと外してあったけど、


それも使えるようにと預かりまして


ewrywr4rg4wrgw9r9rw9grwwr (16)


フルグラフィックのカスタムペイントで、

ビカビカのショーカーなので


作業中に傷を付けてしまわないよう


ewrywr4rg4wrgw9r9rw9grwwr (1)


触れる可能性のある部分はフィルムで

フル養生してから作業を進めていきます


ヒーターを使えるようにするついでに


ewrywr4rg4wrgw9r9rw9grwwr (2)


ウォーターポンプから水漏れするので


K田さんが自分で直そうと、ポンプを

取り寄せて用意してたそうですが


ewrywr4rg4wrgw9r9rw9grwwr (3)


それも一緒にフィットで交換してと、

ポンプやヒーターホースも預かりまして


ウォーターポンプを交換するには


ewrywr4rg4wrgw9r9rw9grwwr (4)


オルタやエアコンのコンプレッサー、

それらのブラケットも共締めなので


全部、分解してポンプを摘出したら


ewrywr4rg4wrgw9r9rw9grwwr (5)


外したウォーターポンプと、預かった

ポンプが同じか比較したら


うーん、、、、、ラジエーターホースを


ewrywr4rg4wrgw9r9rw9grwwr (6)


ewrywr4rg4wrgw9r9rw9grwwr (7)


接続する部分の径が違っているのと

プーリーまでの高さが違ってまして


プーリーを取り付ける部分のガイドの


ewrywr4rg4wrgw9r9rw9grwwr (8)


ewrywr4rg4wrgw9r9rw9grwwr (9)


ピンの直径も合わないので


同じショートのウォーターポンプですが

コルベット用と、コルベット以外用があり


ewrywr4rg4wrgw9r9rw9grwwr (10)


これまで付いていたのはコルベット以外


K田さんが用意してくれたのは

コルベット用だったみたいなので


ewrywr4rg4wrgw9r9rw9grwwr (11)


合わず、急遽フィットに在庫であった


ACデルコ製のコルベット以外用の

ショートポンプを使うように変更


ewrywr4rg4wrgw9r9rw9grwwr (13)


鉄の鋳物なので、錆びないように

塗装して、乾いたら組み付けへ


ダコタデジタルが全消灯する原因は


ewrywr4rg4wrgw9r9rw9grwwr (12)


ewrywr4rg4wrgw9r9rw9grwwr (14)


全消灯するとなると、電源が落ちるか


モジュールとゲージを繋いでいる

通信ケーブルの不良かと推測し


ghsdghdghdthryjhryjdfhjdfhd (8)


調べたら、モジュールに接続されている

配線の電源の線が緩くて


走行中の振動で、接触不良すると思われ


ghsdghdghdthryjhryjdfhjdfhd (7)


緩んでいたのはバッ直の回路だけでしたが


バっ直、イグニッション、アースの配線を

I端子を加締めて、接続し直しまして


vag9sfg595g95g9g9a55e9g15g114 (2)


ポップドア化してあるトランクの開きも

悪いとのことで修理を頼まれ


調べたら、ワイヤーが引き切らないので


vag9sfg595g95g9g9a55e9g15g114 (1)


引きしろの調整と、緊急用に付けてある

棒が曲がって機能していなかったので


ポップドアが壊れても手動で開けられるよう


vag9sfg595g95g9g9a55e9g15g114 (3)


緊急用のレバーを取り付けしておきまして


次は両ドアのポップドアも、開きが悪い

とのことで調査を進めていきます


[ 2024/03/06 16:31 ] 49 MERCURY *Merc9* | トラックバック(-) | コメント(-)