FC2ブログ

1940 MERCURY "BREEZEE" EL-CLASSICO VINTAGE and ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 40 MERCURY *BREEZEE > 1940 MERCURY "BREEZEE"

1940 MERCURY "BREEZEE"



 M本さんの 1940 MERCURY ”BREEZEE”


2リンク&ラテラルロッド構造だった

リアサスペンションを改良を進めまして


gdahtesrsartaet98th98th (5)


既に完成しているボディとペイント、


Cノッチフレームと2リンク&ラテラルの

足回り、それに合わせて作ってある 


gdahtesrsartaet98th98th (4)


ひな壇の形状に合わせて、リアシートも

骨格、取り付けベースも作ってあるので


それらを加工となると、超大事に発展


gdahtesrsartaet98th98th (1)


また年単位での作業が生じてしまうので


現在のボディ、メインフレームを変えず

限られたスペースの中でリンク化するため


gdahtesrsartaet98th98th (2)


アッパーアームは、フレーム側は2点支持、

デフ側は1点支持の構造で設計し、


いわゆる、”Yボーン”タイプで製作しまして


gdahtesrsartaet98th98th (3)


デフが並行に上下するようになり


ホーシングが上がってきた時にくる

バンプストップの位置も変更したら


gdahtesrsartaet98th98th (20)


デフにはアッパーアームのブラケットが

追加され、エアバックの位置と


リアショックの位置も変更したので


gdahtesrsartaet98th98th (7)


gdahtesrsartaet98th98th (6)


以前のデフと、リンクに合わせて作った

ブレーキパイプが合わなくなり


新しく、引き直していきまして


gdahtesrsartaet98th98th (8)


デフの上の分岐から、左右のドラムへの

パイプを作り直したら


メインフレームから、デフとの間の


gdahtesrsartaet98th98th (15)


gdahtesrsartaet98th98th (9)


ブレーキホースの手前までのパイプも


アッパーアームのブラケット用の

クロスメンバーの追加や


gdahtesrsartaet98th98th (11)


gdahtesrsartaet98th98th (10)


エアバックの位置の変更に伴い


デフを上下させて動きを確認しながら

潰れたり、挟まる事がない位置で


gdahtesrsartaet98th98th (16)


gdahtesrsartaet98th98th (17)


マフラーに近くなって、熱害が

出ない位置を探りながら


新しく作り直していきまして


gdahtesrsartaet98th98th (18)


リアサスペンションの変更に伴う


ブレーキパイプとエアバックの

チューブの引き直し、ACCUAIRの


gdahtesrsartaet98th98th (19)


ハイトセンサーの配線と、近接スイッチの

配線の取り回しの変更を終えたら


次は燃料ラインの引き直しを進めます


[ 2024/02/27 16:42 ] 40 MERCURY *BREEZEE | トラックバック(-) | コメント(-)