FC2ブログ

1940 MERCURY "BREEZEE" EL-CLASSICO VINTAGE and ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 40 MERCURY *BREEZEE > 1940 MERCURY "BREEZEE"

1940 MERCURY "BREEZEE"



 M本さんの 1940 MERCURY ”BREEZEE”


2リンク&ラテラルロッド構造だった

リアサスペンションを改良中


products-r-joint_exp_view_s_j93o-lk.jpg


アッパーアームは、フレーム側は2点支持、

デフ側は1点支持の構造で設計し、


いわゆる、”Yボーン”タイプで製作しまして


RideTech-PRI-Show-2017-new-products-2.jpg


デフ側の接続部分は、リンクの支点部分で

使うのには最適な、”R-JOINT”を使用


R-JOINTを取り付ける雌ねじ部分は


ghdh5e6tyh5etyre6w5h65et6h (1)


溶接の熱で歪みが出るので、ねじ山が少し

渋くなったので、リタップしておきまして


R-JOINT側も、仮組みした際にねじ山が


ghdh5e6tyh5etyre6w5h65et6h (2)


傷んだ可能性があるので、こちらも修正


車高を下げた時に、デフが上がってきて

フレームに金属どうしで直接当たって


ghadhadhghaehaeta.jpg


壊れないようにする、バンプストップは


リンク方式が変わって、車高の変動で

デフが前後したり、傾かなくなったので


ghdh5e6tyh5etyre6w5h65et6h (4)


ghdh5e6tyh5etyre6w5h65et6h (3)


これまで取り付けてあった位置と

ずれて合わなくなったので


Cノッチしたフレームの下にあった


ghdh5e6tyh5etyre6w5h65et6h (5)


バンプストップは、新しく追加した

クロスメンバーに移設することに


今度はホーシング側にバンプストップの


ghdh5e6tyh5etyre6w5h65et6h (6)


タブ ブラケットを取り付ける構造に設計し



車高を下げた時にちょうどいい高さで

バンプストップラバーに当たる寸法と


ghdh5e6tyh5etyre6w5h65et6h (7)


ホーシングの形状に合わせて作った

タブ ブラケットを溶接していき


バンプストップの移設作業も完了


ghdh5e6tyh5etyre6w5h65et6h (8)


この後、色々と仕様変更となったホーシングに

合わせてブレーキパイプを製作したら


リアサスペンションのアップデートが完了です


[ 2024/02/25 17:00 ] 40 MERCURY *BREEZEE | トラックバック(-) | コメント(-)