FC2ブログ

1940 MERCURY "BREEZEE" EL-CLASSICO VINTAGE and ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 40 MERCURY *BREEZEE > 1940 MERCURY "BREEZEE"

1940 MERCURY "BREEZEE"



 M本さんの 1940 MERCURY ”BREEZEE”


2リンク&ラテラルロッド構造だった

リアサスペンションを改良中


あさえうrhflpf998656 (23)


リンク方式を変更して、車高が上下しても

デフが傾かないようにしたので


デフが傾くのが前提の構造で作ってあった 


あさえうrhflpf998656 (21)


エアバックがブラケットは、新しいリンクでは

位置や角度が合わなくなりまして


既に位置を直すためでしょうか、幾つも穴が

開いてたり、長穴に加工した跡がありますが


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (19)


新しいリンクの動きには、どれも適合せず

新しい穴を開けないと合わないのですが


穴だらけだったり、隣の穴にかぶったりするので


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (17)


強度も落ちて、見た目も悪くなるので


フレーム側のエアバックの上側を固定する

”エアバックマウント部分”も作り直し


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (25)


リアフレームのクロスメンバーにエアバックを

取り付ける穴を開けた鉄板を渡して


溶接してある構造のエアバックマウントなので


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (27)


これまでの鉄板と同じ寸法で鉄板を切り出し


新しいリンク方式で、エアバックが正しく

伸縮する位置に穴を開けたら


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (15)


これまでのプレートを全て切り取って摘出し

新しい鉄板に差し替えて、接合しまして


事前に検証して位置出しをしたショックマウントや


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (14)


今回、新しいリンクのアッパーアームを

取り付けるための長いクロスメンバーは


たわみやねじれへの耐性をあげるため


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (18)


中間部分で既存のクロスメンバーとも

タブを作って接合しておきまして


追加したクロスメンバーの両端部分は


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (16)


フレームにしっかり溶接していきますが


フレームの内側を本溶接するときに

溶接の熱歪みが出る方向が


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (26)


フレームの外側が離れる方向に反る力が働くので


内側を本溶接する前に、外側に動かないよう

鉄板を溶接して、くさびも入れて抑えながら


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (23)


フレームの内側部分を溶接したら、


溶接しろを増やして、接合部分の強度を

上げるため、クロスメンバーの内部と


フレームを溶接して接合していき


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (24)


クロスメンバーの端の部分は、フレームと

渡すサイズで鉄板を切り出して、


断面を蓋をして補強しながら、フレームとの

接合部分を増やして補強したら


ghdheth216eth (1)


フレーム側の加工と本溶接が完了となり


インナーフェンダーがあるとクロスメンバーを

追加する作業でアクセス出来ないので


ghdheth216eth (2)


一度インナーフェンダーを切り取って

サービスホール化していた部分を戻し


インナーフェンダーの再生も完了です



[ 2024/02/24 17:00 ] 40 MERCURY *BREEZEE | トラックバック(-) | コメント(-)