FC2ブログ

1940 MERCURY "BREEZEE" EL-CLASSICO VINTAGE and ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 40 MERCURY *BREEZEE > 1940 MERCURY "BREEZEE"

1940 MERCURY "BREEZEE"



 M本さんの 1940 MERCURY ”BREEZEE”


2リンク&ラテラルロッド構造だった

リアサスペンションを改良中


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (1)


新しいアッパーアームと、デフの動きを

現物でも動かしながら確認を行い


デフに取り付けるエアバックやショック、


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (3)


アッパーアームのブラケットや


フレーム側に付けるブラケットの

仮溶接を済ませたら、


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (6)


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (12)


本溶接を行うため、デフをクルマから

外して単体にして、溶接がし易い状態で


ラックに固定して、準備しまして


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (7)


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (10)


ホーシングに付ける、アッパーアームの

ブラケットは、車高が下がった時に


デフが上がってきても、ブラケットと


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (22)


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (31)


クロスメンバーが干渉しないように


ブラケットを設置しても、出来るだけ

高さが出ない設計になっており


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (39)


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (34)


ホーシングへの接合部分も、横方向や

引っ張られる荷重に対しての


強度を考慮し、ベースプレートを介して


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (35)


接合する構造に設計されており


ただ溶接で付ければよいのではなく

溶接の特性を熟知しての構造ですね


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (28)


エアバックのブラケットは、これまでと

リンク方式が変わったので


車高の変動に伴う、デフの傾きが変わり


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (9)


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (8)


今までのエアバックのブラケット位置と

角度だと、綺麗にストロークしなくなり


新しいリンクでのデフの動きに合わせた


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (37)


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (36)


エアバックのマウントブラケットを

上下とも新しく作り直して本溶接


ショックのマウントのロワー側も 


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (29)


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (21)


既存のブラケットを摘出して、新規で

適切な位置と角度になる場所に移設し


ショックのスタッド部分とホーシングに


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (30)


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (38)


少し距離が出来るので、横方向の

荷重に負けないように


ホーシングとブラケットの隙間に合わせ


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (32)


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (33)


鉄板を切り出して、隙間にいれて

溶接することで補強していき


ホーシング側の本溶接が完了


sdfaふぁd54f5f461f6くぇふぇq (5)


この後、ショックのロワーマウント

ブラケットの溶接跡は仕上げして


フレーム側の本溶接に進みます


[ 2024/02/20 16:09 ] 40 MERCURY *BREEZEE | トラックバック(-) | コメント(-)