FC2ブログ

1940 MERCURY "BREEZEE" EL-CLASSICO VINTAGE and ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 40 MERCURY *BREEZEE > 1940 MERCURY "BREEZEE"

1940 MERCURY "BREEZEE"



 M本さんの 1940 MERCURY ”BREEZEE”


2リンク&ラテラルロッド構造だった

リアサスペンションを改良中


あさえうrhflpf7998656 (25)


Cノッチして、2リンク&ラテラルロッドで

作ったサスペンションの構造に合わせて


クロスメンバーやボディのひな壇が作ってあり


あさえうrhflpf7998656 (26)


それらを壊して作り直しせずに


スペースの制限をクリアしながら

どう作るか検証して設計した


あさえうrhflpf7998656 (28)


アッパーアームの構造で問題ないことを

仮付けの状態で実際に可動させ


確認を終えたので、本溶接を進めまして


あさえうrhflpf7998656 (29)


開先部分は深くまで溶かしながら

1周しっかり溶接したのち、


さらにその上から溶接していき



あさえうrhflpf7998656 (6)


パイプの接合部分も、リブが入る部分も

リブに切り欠きを作っておき


その隙間から1周巻くように溶接し


あさえうrhflpf7998656 (7)


しっかり強度を出していきまして


ホーシングに付ける、アッパーアームの

ブラケットは、車高が下がった時に


あさえうrhflpf7998656 (21)


デフが上がってきても、ブラケットと

クロスメンバーが干渉しないように


出来るだけ高さが出ない設計にしたので


あさえうrhflpf7998656 (22)


ホーシングに取り付けしたあとは

裏側はクリアランスがなくなり


錆び止めの塗装が入らないので


あさえうrhflpf7998656 (23)


ホーシングに溶接する前に塗装しておき

再度、ブラケットをホーシングに仮組みし


リンク方式が変わったので、これまでと


あさえうrhflpf7998656 (15)


あさえうrhflpf7998656 (16)


車高の変動に伴う、デフの傾きが変わり


今までのエアバックのブラケット位置と

角度だと、綺麗にストロークしなくなり


あさえうrhflpf7998656 (18)


あさえうrhflpf7998656 (17)


リアショックもほぼ垂直に組んであったので

それだときちんとストロークしなくなるので


新しいリンクのデフの動きに合わせながら


あさえうrhflpf7998656 (14)


エアバックのマウントブラケットを

上下とも新しく作り直していき


ショックのマウントもアッパー側は新規で


あさえうrhflpf7998656 (11)


あさえうrhflpf7998656 (10)


ロワー側は、既存のブラケットを摘出して

適切な位置と角度になる場所に移設


デフを動かして、車高の変動を再現しながら


あさえうrhflpf7998656 (8)


あさえうrhflpf7998656 (12)


エアバックが綺麗にストロークして

周囲との干渉がない位置に仮付けし


リアショックもサイドトゥの動きをしても


あさえうrhflpf7998656 (9)


あさえうrhflpf7998656 (13)


ロッドに無理が掛からず、どの車高でも


ホーシングや周囲と干渉しない位置に

仮付けしたら、次は本溶接に進みます


[ 2024/02/14 17:00 ] 40 MERCURY *BREEZEE | トラックバック(-) | コメント(-)