FC2ブログ

1940 MERCURY "BREEZEE" EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 40 MERCURY *BREEZEE > 1940 MERCURY "BREEZEE"

1940 MERCURY "BREEZEE"



 M本さんの 1940 MERCURY ”BREEZEE”


2リンク&ラテラルロッド構造だった

リアサスペンションを改良中


あさえうrhflpf998656 (28)


これまで車高が下がると、デフが傾いて

お辞儀してしまう構造だったのを


どの車高でも、常にデフが水平になるよう


あさえうrhflpf998656 (30)


アッパーアームを設定していくと


これまでのエアバックブラケットの

位置と角度だと使えなくなりまして


あさえうrhflpf998656 (23)


エアバックの下側の位置と角度が変わると


上側のブラケット側も位置を変えないと

エアバックが潰れて直径が大きくなると 


あさえうrhflpf998656 (25)


ホーシングやクロスメンバーに近くなって

干渉するようになってくるので


アッパー側のブラケットも作り直しが必要になり


あさえうrhflpf998656 (21)


鉄板を切り出して、エアバックに合わせて


検証した取り付け位置でフィッティングと

マウントボルトの穴を開けていき


あさえうrhflpf998656 (19)


エアバックをホーシングに取り付ける、

ロワー側のブラケットも設計し直しまして


これまでの2リンク&ラテラルロッドだと


あさえうrhflpf998656 (18)


路面の段差や傾きがあっても


デフは上下には動くけど、左右に

斜めに傾かない構造だったので


あさえうrhflpf998656 (20)


リアショックはデフの上下に合わせて


まっすぐ伸縮するだけでいいので、

設置もほぼ垂直に組んでありましたが


あさえうrhflpf7998656 (3)


今回リンク構造を変更して、これからは


路面の段差や傾きを拾って、デフは

左右に傾くようになるので


あさえうrhflpf7998656 (2)


リアショックが垂直に設置されていると


デフが傾く動きに連られて、ショックの

下側の支点が左右に振られてしまい


あさえうrhflpf7998656 (4)


ショックのロッドが曲がってしまうので


今後のデフの動きに合わせて、ショックの

上下の支点位置も変更が必要になり


あさえうrhflpf7998656 (5)


アッパー側のショックマウントブラケットは

新規に設計し直して、製作となりまして


ロワー側は既存のブラケットを摘出し


あさえうrhflpf998656 (26)


適切な位置、角度に合わせて付け直します


アッパーアームをホーシングに組むための

ブラケットと、エアバックブラケットの


あさえうrhflpf998656 (27)


本溶接を終えたら、アッパーアームを

フレーム側に接続するブラケットを


フレームに取り付けしたいけど


あさえうrhflpf998656 (44)


既存のフレームには、適切な場所に

フレームがない構造なので


肉厚の鋼材をフレームの左右に渡して


あさえうrhflpf7998656 (30)


アッパーアームとメンバーがギリギリで

原寸では干渉しない位置ですが


車重が掛かってたわんだりした場合でも


あさえうrhflpf7998656 (27)


アッパーアームを避けるようにノッチ加工


クロスメンバーにアッパーアームの

ブラケットを取り付けするタブを製作 


あさえうrhflpf998656 (29)


ブラケッの位置を調整できるように

タブに穴は長穴で製作しておき、


クロスメンバーの設置を進めます


[ 2024/02/13 17:16 ] 40 MERCURY *BREEZEE | トラックバック(-) | コメント(-)