FC2ブログ

1940 MERCURY "BREEZEE" EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 40 MERCURY *BREEZEE > 1940 MERCURY "BREEZEE"

1940 MERCURY "BREEZEE"



 M本さんの 1940 MERCURY ”BREEZEE”


2リンク&ラテラルロッド構造だった

リアサスペンションを改良中


あさえうrhflpf998656 (14)


改良後も、現在組んであるデフを

引き続き、使用していきますが


アッパーアームをデフに接続する


あさえうrhflpf998656 (15)


ブラケットをデフ玉の上に付けたいけど


現在のGM製の10ボルトデフは

デフ玉の部分の材質が鋳物なので


あさえうrhflpf998656 (16)


鋳物には耐荷重の高い溶接ができず


デフ玉の両脇のホーシング部分は

鉄なので、ホーシング部分に溶接し 


あさえうrhflpf998656 (17)


デフ玉の上にブラケットがくるように

ブラケットのブラケットを製作しまして


アッパーアームの支点になる部分なので


あさえうrhflpf998656 (3)


大きな荷重が掛かってくる部分なので


ブラケットは12mmの厚みのある鉄板を

ベースに使って形を合わせて曲げたら


あさえうrhflpf998656 (4)


アッパーアームを接続するブラケット、


ホーシングに接続する部分や

ねじれや曲がろうとする荷重に


あさえうrhflpf7998656 (24)


耐えるように補強を入れて製作しまして


デフ玉の上に左右のホーシングを渡す

ブラケットが取り付けされるので


あさえうrhflpf998656 (24)


あさえうrhflpf998656 (42)


車高を下げて、デフが上がってきたときに


デフ玉の上に取り付けたブラケットが

クロスメンバーに当たるようになるので


あさえうrhflpf998656 (43)


クロスメンバーの下側を切開して

当たらない高さにしたら


切りっ放しだと、強度が落ちてしまうので


あさえうrhflpf998656 (32)


あさえうrhflpf998656 (33)


切開した開口部分に鉄板を貼って

蓋をして、ノッチ加工していきまして


ホーシングには、これまで2リンクプラス


あさえうrhflpf998656 (36)


ラテラルロッドだった時のアームやロッドを

取り付けるブラケットが溶接されていますが


今後は不要になるので摘出していき


あさえうrhflpf998656 (34)


ホーシングに取り付けしてあった

リアのエアバックブラケットは


これまでは2リンク構造だったので


あさえうrhflpf998656 (37)


車高の上下にデフが水平を維持せず


車高が下がるとデフがお辞儀していき

お辞儀しながらエアバックが潰れるので


あさえうrhflpf998656 (38)


エアバックブラケットは、車高が下がって

デフがお辞儀したときにエアバックが


綺麗に潰れる位置と角度で作られており


あさえうrhflpf998656 (39)


リンク方式を変更して、今後は車高が変わっても

デフは水平に上下するようになるので


今までのエアバックブラケットのままでは


あさえうrhflpf998656 (40)


逆にエアバックが綺麗に伸縮しなくなり

エアバックブラケットも作り直しが必要に。


そのため、ホーシングに溶接してあった


あさえうrhflpf998656 (41)


エアバックブラケットも摘出して、


新しいリンク構造に合わせて

ブラケットも作り直していきます


[ 2024/02/11 17:16 ] 40 MERCURY *BREEZEE | トラックバック(-) | コメント(-)