FC2ブログ

1940 MERCURY "BREEZEE" EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 40 MERCURY *BREEZEE > 1940 MERCURY "BREEZEE"

1940 MERCURY "BREEZEE"



 M本さんの 1940 MERCURY ”BREEZEE”


2リンク&ラテラルロッド構造だった

リアサスペンションを改良中


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (8)


設計した形状に曲げたパイプに

R-JOINTとソケットを仮組みし


ホーシング側のブラケットを切り出し


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (22)


ホーシングにあてがって、チェックしたら


アッパーアームのフレーム側と接続する

部分もパイプを曲げて製作していき


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (19)


こちらは、先に製作したホーシング側の

パイプと同じ曲げを作ったのちに


そこに繋がるように渡りパイプもあって


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (20)


渡り部分は、デフ玉を避けるように

中央が曲がって逃げていたりと


一発モノですが、複数の曲がりと角度、


あさえうrhflpf998656 (12)


寸法に狂いがないように作っていき


パイプの端の部分は、ホーシング側の

パイプと接続し、フレーム側は


あさえうrhflpf998656 (5)


ブッシュが入る部分のパイプと

接続していくので


パイプどうしが合わさる形状に


あさえうrhflpf998656 (7)


断面をザグっていきまして


強度の必要な部分なので

パイプどうしがしっかり合わせて


あさえうrhflpf998656 (6)


溶接しろも長くとれるようにしたら


捻じれたり、曲がろうとする負荷が

掛かる部分は、しっかり溶接しても


あさえうrhflpf998656 (8)


そのうち、溶接した部分が割れたり、

折れたりする可能性もあるので


力学的に負荷が掛かると想定される所には


あさえうrhflpf998656 (9)


リブを入れて、補強しておきまして


ハーレーのリジットフレームを作る

時に使用する、肉厚パイプなので


あさえうrhflpf998656 (11)


別々のパイプどうしを接続する部分は

溶接がしっかり奥まで届くように


開先をしっかりとって作っておきまして


あさえうrhflpf998656 (13)


まずは点付けで固定していき

アッパーアームが形になりまして


次はホーシング部分に進みます



[ 2024/02/09 09:14 ] 40 MERCURY *BREEZEE | トラックバック(-) | コメント(-)