FC2ブログ

1940 MERCURY "BREEZEE" EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 40 MERCURY *BREEZEE > 1940 MERCURY "BREEZEE"

1940 MERCURY "BREEZEE"



 M本さんの 1940 MERCURY ”BREEZEE”


2リンク&ラテラルロッド構造だった

リアサスペンションを改良中


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (27)


これまで、デフが前後に傾かないように

ロワーアームのデフ側は


4点で支える構造になっていましたが


ertwertwrtwr546t5wrt6owr (46)


これだと車高が上下したときに

デフが前後に傾いていまうので


ロワーアームをクルマから取り外したら


ertwertwrtwr546t5wrt6owr (43)


下側のアームはこの先も使いたいので


下側のアームを傷めないように、

溶接して一体化してある上側の


ertwertwrtwr546t5wrt6owr (44)


アームを綺麗に摘出して、普通の

ロワーアームの構造にしたら


再びクルマに組み戻していきまして


ertwertwrtwr546t5wrt6owr (45)


このままだと、デフの前後の傾きを

抑える支えがないので


デフが倒れないように固定しながら


ertwertwrtwr546t5wrt6owr (47)


ライドハイトの状態、車高が上下しても

デフが傾かない状態を再現しながら


アッパーアームをどう作るか検証し


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (24)


アッパーアームのデフ側は、デフが

左右にスムーズに傾くように


RIDETECH社のR-JOINTを使用し


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (23)


ボディとフレームの限られたスペースでも


R-JOINTを使ったアッパーアームを

設置できる形状を設計していき、


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (35)


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (36)


卓上でアッパーアームの2箇所の支点を

コンパスを使いながら動きを確認し


形状、寸法を決めていきまして


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (3)


アッパーアームは、鉄パイプを使って

設計した形状に曲げて作っていきます


パイプは強度が必要なので、ハーレーの


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (9)


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (11)


リジットフレームに使用する肉厚管を使用


通常より肉厚で固いパイプを曲げるので

ガスバーナー2丁を同時に使って


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (10)


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (12)


真っ赤になるまで炙って温める人と

曲げていく人に分担して曲げていき


作りたい曲げ形状に近くなってきたら


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (16)


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (15)


先に曲げて作った、”この形に”という

治具代わりのパイプを使いチェック


同じ形状になるように曲げていき


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (13)


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (14)


作りたい形状に曲げ終わったら、


ゆっくり冷ましたのち、パイプを

必要な部分で切断しまして


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (18)


R-JOINTをパイプの端に取り付けて


ネジで位置を調整できるソケットを

曲げたパイプに差し込めるように


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (5)


パイプの内径をソケットと合うように加工。


ソケットはパイプの端に溶接するだけだと

使用中に荷重が掛った時に 


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (6)


しっかり溶接しても、溶接した部分が

溶接の熱で固くなり、折れやすいので


ソケットの先端をパイプの内側に差し込み


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (4)


ソケット、パイプの両側に、深くまで溶かして

溶接ができるように開先を入れて


しっかり接合することで、折れない構造にします


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (8)


アッパーアームのデフ側に接続する

R-JOINT部分が出来たら


次はフレームと接続する側の製作を進めます


[ 2024/02/06 17:46 ] 40 MERCURY *BREEZEE | トラックバック(-) | コメント(-)