FC2ブログ

1940 MERCURY "BREEZEE" EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 40 MERCURY *BREEZEE > 1940 MERCURY "BREEZEE"

1940 MERCURY "BREEZEE"



 M本さんの 1940 MERCURY ”BREEZEE”


2リンク&ラテラルロッド構造の

リアサスペンションを加工となり


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (37)


2リンク&ラテラルの構造は、もともと

リアが板バネ構造のクルマなど


板バネの枚数を減らして車高を下げたり


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (2)


板バネの取り付け部分をブラケットに

利用してロワーアームを組みやすく


アッパーアームを設置しないことで


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (1)


スラムドするクルマは、車高を下げると

アッパーアームがフロアに当たるので


アッパーアームを避けるための


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (29)


フロア加工や、リアシートの加工が

不要になるメリットはありますが


車高の動きにともなって、デフが前後に傾き


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (28)


ペラのユニバーサルジョイントや

ピ二オン部分に角度が付いてしまい


負担が掛かって壊れ易くなるのと


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (38)


段差を乗り越えたり、カーブ中に

ロールしてもデフが傾かないので、


ボディごとロールするようになり


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (39)


制動や乗り心地があまり良くないので


現在の2リンク&ラテラルの構造に

アッパーアームを追加して


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (40)


ラテラルロッドを撤去していきます


現在のアッパーアームが無い構造の

リアサスペンションに合わせて


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (41)


ボディ側もフロアやひな壇が作られてるので


塗装も終えて、組み立てをしている段階の

今からボディ側を切って加工するは困難で


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (42)


ボディ側への加工は塗装を傷めず

かつ、最小限にとどめながら


アッパーアームを追加するために


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (27)


レーザーを飛ばしながら、各部の動きと

寸法を計測して、構造を検証していき


デフ側のロワーアームのブラケットが


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (25)


溶接してある位置が左右でズレており


デフと接続するボルトも無理しないと

脱着できないので、このままでは


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (26)


無理しているブッシュは、短命になるし


厳密にはデフが傾いて付いてて、

左右のホイールベースが違っているので


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (31)


レーザーでデフが並行になる位置をだし


ブラケットを切断して、正しい位置で

再溶接しておきまして


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (32)


加工した部分の仕上げは後ほど

デフを外した時に行うことに


スペースがない中に、どうアッパーアームを


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (33)


組んでいけばいいのか検証したら


フレームにアッパーアームの前側を

支えるためのクロスメンバーを


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (30)


Cノッチしてあるフレームの前側に設置


肉厚があって強度のある鋼材を

メインフレームにしっかり溶接するため


ertwertwrtwr546t5wrt6wr (34)


インナーフェンダーの一部を切開して

アクセスできるようにしまして


次はアッパーアームの製作を進めます


[ 2024/02/05 15:49 ] 40 MERCURY *BREEZEE | トラックバック(-) | コメント(-)