FC2ブログ

1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 48 CHEVY FLEETMASTER CONV > 1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE

1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE



 1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE


75年前のクルマですが、快適仕様へ

アップデートする作業を進めてまして


pdfapkfekgdlkgdgsg98f9dafa (2)


ボディのレストアと鈑金作業を終えて

組み立てを進めまして


フロントガラスやクォーターガラス、


pdfapkfekgdlkgdgsg98f9dafa (1)


トランクリッドにリアフェンダー、


コアサポートにフロントフェンダー、

インナーフェンダーと組み立てが進み


99qeqe88fefe44f4fepor (25)


フロントフェンダーとインナーフェンダーを

連結して固定するブラケットは


表からボルトを入れて、裏側でナットで


99qeqe88fefe44f4fepor (26)


固定する構造ですが、裏側が狭く

手や工具を入れるのがタイヘンなので


この段階で裏側にナットを溶接して


99qeqe88fefe44f4fepor (27)


周りに何もなく、広々と作業が出来る

表側からボルトを取り付けるだけで


ブラケットを固定できる構造にしておき


99qeqe88fefe44f4fepor (28)


ブラケットに開いている穴は、


皿ネジ用でテーパー状になっており

ネジを入れれば芯が出るつくりですが


99qeqe88fefe44f4fepor (29)


フェンダーやインナーフェンダーの

穴位置とピッタリと合わず


1箇所、皿ビスの収まりが悪くて


99qeqe88fefe44f4fepor (30)


コアサポートの横につくブラケットで


皿ビスが1本、綺麗に穴に収まって

いないと、見えてしまって残念なので


99qeqe88fefe44f4fepor (31)


ブラケット側を切断して、3つの穴の

芯がピタリと合って、皿ビスが


全部綺麗に収まる位置で再溶接


sdfapfpefppepp;l887 (5)


加工を終えたら、再び強い錆び止めの

エスコを塗ってから組み付けしまして


綺麗に本番の塗装を終えてから


99qeqe88fefe44f4fepor (33)


組み付け中にこのような事態に気付いても

綺麗に塗装を終えていたら


切ったり、溶接したりと加工ができず


srwertewrtwe (24)


建て付けが合わせきらなかったり

無理をした組み付けになったりするので


すべて分解して部品ごとに修復したり


srwertew114rtwe (13)


カスタムを進めてきたので、それらを

一度全て組み立てしていき


組み立てる時に問題がある部分がないか


gywteywetyq5eywrt (29)


確認しながら、問題がみつかれば

この段階で対処しておきます


エンジン、オートマも変更になって


99qeqe88fefe44f4fepor (20)


純正の直6&マニュアル3速ミッションから

LS3エンジンと、4L60Eに変更になり


マニュアルミッション用のコラムシフトは


99qeqe88fefe44f4fepor (21)


純正コラムがフリートらしくてカッコいいので


純正コラムをそのまま使って、4速オートマを

操作できるようにカスタムしてきたので


99qeqe88fefe44f4fepor (23)


カスタムした純正コラムも組み付けし

オートマのシフトリンケージと接続


V8とパワステ化でスペースが無くなり


99qeqe88fefe44f4fepor (22)


それでもスムーズにギア操作ができるよう


ハイムスジョイントや振り角が増える

テーパー状のカラーを入れたり、


99qeqe88fefe44f4fepor (24)


省スペースで組めるように旋盤で

カラーを作って接続しまして


純正コラムを使ったシフターが完成です



[ 2024/02/04 16:18 ] 48 CHEVY FLEETMASTER CONV | トラックバック(-) | コメント(-)