FC2ブログ

1940 MERCURY "BREEZEE" EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 40 MERCURY *BREEZEE > 1940 MERCURY "BREEZEE"

1940 MERCURY "BREEZEE"



 M本さんの 1940 MERCURY ”BREEZEE”


エアクリーナーは、このどちらかを

使いたいとM本さんが用意してくれた


g98gegqeg59598gerfgdsお (9)


2種類を仮組みした写真をみてもらい

大きいほうでと決まりましたが


アルミ地のままだと、雰囲気が合わないので


g98gegqeg59598gerfgdsお (8)


先日、内装や詳細の打ち合わせに

沖縄県から日帰りで来てもらった時に


エンジン単体ではなく、車に搭載して


g98gegqeg59598gerfgdsお (7)


車に搭載されたエンジンルーム全体の

ディティールを見てもらったうえで


エアクリーナーの仕上げ方を相談しまして


g98gegqeg59598gerfgdsお (2)


g98gegqeg59598gerfgdsお (6)


アルミ製のエアクリーナーカバーは


バルブカバーやインマニと合わせて

ガンメタにパウダーコートすることに


g98gegqeg59598gerfgdsお (7)


形状がステアリングシャフトと取り回しに

支障をきたすパイプヘダースは


4番シリンダーのパイプの接続を加工して


g98gegqeg59598gerfgds (10)


g98gegqeg59598gerfgds (11)


ステアリングシャフトのスペースを確保


スチール製のヘダースなので、

そのままでは錆びが出てくるので


g98gegqeg59598gerfgds (12)


ヘダースは熱くなっても耐熱性が高い

黒のセラミックコートで仕上げとなり


マフラー製作を進めるために一度組んで


g98gegqeg59598gerfgds (6)


マフラーの引き直しを終えたら、


エンジンからヘダースを外して

三協ラジエーターさんへ送りまして


g98gegqeg59598gerfgds (7)


g98gegqeg59598gerfgds (9)


マフラーと同じシルバーにする可能性が

あったので、色味が合わせられるように


マフラーパイプも色見本として一緒に送っておき


g98gegqeg59598gerfgds (8)


最終的にはヘダースはブラックに決まり

セラコートを終えて戻ってきたので


新品ガスケットを使って、組み付けを進めます


g98gegqeg59598gerfgds (13)


合わせてエアクリーナーのカバーも


エンジン部品と同じガンメタの

パウダーコートを終えて戻りまして


g98gegqeg59598gerfgds (1)


g98gegqeg59598gerfgds (2)


断面や裏側まで綺麗に仕上げてもらい


見えるところだけしか仕上げない

コスパ優先の海外製品とは違います


g98gegqeg59598gerfgds (3)


g98gegqeg59598gerfgds (4)


エアクリーナーのトップにはクローム仕上げの


化粧カバーも付いて、エンジン全体の

雰囲気が統一されてきました


[ 2024/01/29 10:15 ] 40 MERCURY *BREEZEE | トラックバック(-) | コメント(-)