FC2ブログ

1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE EL-CLASSICO VINTAGE & ANTIQUES

”現代でも快適に乗れるクラシックカー”をコンセプトに、1930年代~1960年代のアメリカ車を中心に輸入、販売、レストア、カスタムを行っています

ホーム > 48 CHEVY FLEETMASTER CONV > 1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE

1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE



 1948 FLEET MASTER CONVERTIBLE


75年前のクルマですが、快適仕様へ

アップデートする作業を進めてまして


yuetuwryuewrt95rt (6)


車高が下がるように、リアフレームを

逃がす”Cノッチ”をしていきますが


Cノッチと合わせて、乗り心地が向上するよう


yuetuwryuewrt95rt (7)


リアの板バネを、4リンク化していきまして


通常、リアは5.5Jのスタンダートリムしか

履けないクルマですが


yuetuwryuewrt95rt (8)


リアにも7Jリバースホイールを履いて

フェンダースカートも付けられるよう


幅の狭いデフを使用することになり 


yuetuwryuewrt95rt (9)


それに合わせて、フレームもナロード化


ロワーアームとアッパーアームの

設定を終えて、デフが傾いたときに


yuetuwryuewrt95rt (10)


ブレーキが一番メインフレームに近づき

その時でも当たらない形状で設計して


メインフレームの加工を進めていき


yuetuwryuewrt95rt (13)


トライアングル4リンクの設定も終え

動きに問題がないことを確認したら


フレームやブラケットの本溶接を進めまして


yuetuwryuewrt95rt (14)


メインフレームは、Cノッチ部分の前後は

オリジナルのフレームを使うので


つながりに違和感が出ないように


yuetuwryuewrt95rt (15)


オリジナルと同じ構造で作っていき


溶接方法も、同じようにスポット溶接で

接合する部分も忠実に再現しまして


yuetuwryuewrt95rt (11)


溶接の熱が冷めたら、塗装していきます


フロントのMUSTANGⅡ化した部分の

フレームなども錆びないように塗装し


yuetuwryuewrt95rt (12)


コイルやブレーキキャリパーなども

組み付けを進めていきます


FUNK STA 4 LIFE !!!!!!


[ 2024/01/14 20:22 ] 48 CHEVY FLEETMASTER CONV | トラックバック(-) | コメント(-)